野波ツナブログ

最新刊「うちの困ったさん」9月28日発売!
旦那さんシリーズ最新作「旦那さんはアスペルガー みつけよう笑顔のヒント」 
あわせてよろしくお願いします。


テーマ:

※これは「雑感」ですので、ツナの個人的な思いや考えです。どうぞご留意ください。

 

 

診断にまつわるあれこれ① 

診断にまつわるあれこれ②

診断にまつわるあれこれ③

で書いたように、パートナーの受診や診断にはさまざまな困難があります。

 

となると、カサンドラで心身に不調をきたした人ができることは

まずは自分の状態を良くすることです。

 

心と身体はつながっているから

身体の不調が良くなれば心の不調も少し良くなるし

心の不調が良くなれば身体の不調も少し(だいぶ)良くなります。

 

心と身体、どっちから手をつけるかは人それぞれですが、

一番必要なのは十分な睡眠をとれるようになることです。

 

クローバー私ツナがカサンドラの時期は、眠りたくても眠れないことが多かったです。

すごく疲れているのに、布団に横になって目を閉じると、言いようのない不安感に襲われて動悸がしました。ガーン

やっと眠っても、ものすごく嫌な悪夢を見て飛び起きてしまう。びっくり

だからお酒をあおるように飲んで、気絶するように寝ていました。うずまき

でもそういう睡眠は良い睡眠ではなく、起きた時に全然疲れが取れていませんでした。汗

そんな時に持病(バセドウ)のかかりつけの病院で眠れないことを話したら、軽い睡眠導入剤を出してもらえました。

それを飲んだら久しぶりに良く眠れて、目覚めた時にちょっとだけ元気になった感じがしました。お願い

 

クローバー薬に頼るのはあまりよくないのかもしれません。

本当は、日中の軽い運動やゆっくりした入浴などが良いのでしょう。

でもカサンドラで苦しい時はそれが難しかったりします。

(私はカサンドラどん底の時にどんな風に入浴してたのか、まったく思い出せません)

とりあえずちゃんと眠って、ちょっとずつ元気になったら

その後は薬に頼らずに眠ることができるようになりました。

あと、薬を持っていることで『もし眠れなかったらこれを飲めばいいんだ』と思うと不安が薄まりました。

 

身体の不調は、まずは病院に行ってお医者さんに相談して、検査や投薬などの治療を受けましょう。

 

 

では、心の不調はどうしましょう?

 

カサンドラ者に不足しているのは、情緒的な交流と自己肯定感。

 

そこに一番効き目があるのは、『共感』です。つながるうさぎつながる花1つながるピスケ

 

共感し・共感されることで

理解される喜びを得て

“自力で”自己肯定できるようになります。

 

ガーベラ共感を得るのにもっとも的確なのは

同じ立場(カサンドラ)で苦しんでる人と交流することです。

状況の違いはあっても、苦悩の根底が同じであれば、詳しく話さなくても(たった一つのエピソードでも)おおいに共感し合えます。

共感があった上で思うようにおしゃべりをしたり愚痴ってみたりすると、驚くほど気持ちが軽くなるものです。

 

クローバーそのための場として自助グループが各地で立ち上がっています。

 

しかし、自助グループが近くに存在しないとか、

そういう場に出て行く元気がないとか、

人に会うのが怖いとか(カサンドラの症状には対人恐怖もあります)、

いろんな理由から参加に至らない方も多いと思います。

 

また、人によっては

家庭状況などの違いが気になるという事もあるかもしれません。

 

 

クローバーブログで自分の状況や気持ちを文字にする・同じ立場の人に向けて発信する、というのも

良いことだと私は(体験から)感じています。

 

ただ、人によってはある程度心が元気になってないとできないかもしれません。

 

自分の状況や気持ちを具体的に書くのは苦しいことです。

現実とあらためて向き合うことになるし、余計につらくなることもあります。

文章を書くことが好きじゃないという人もいらっしゃるでしょう。

 

 

ガーベラ他の選択肢としては、専門家の力を借りること。

 

心の問題を扱っている病院やクリニックに行くことになると思いますが、

その場合に気をつけてほしいことがあります。

 

!「カサンドラだと思います」とは言わない。

!そして、旦那さん(パートナー)が未診断の場合は「アスペルガー」という言葉も出さないほうが良い。

 

これには2つの理由があります。

 

flower1まず一つ目は

カサンドラは、DSMに認定されていない…つまり正式な病名ではありません。

ということは、お医者さんはカサンドラについて知らないと思ったほうが良いです。

(それは決して勉強不足というわけではありません)

 

flower1二つ目は

医師は、自分の病名を決めて来る患者を厄介だと感じるからです。

患者の話を聞き、状態を見て、病気を見つけ、治療方針を決めるのが、医師の仕事。

その場合、余計なバイアスがかからない(偏見や思い込みがない)状態が望ましい。

 

じゃあ、どうするのがいいかというと、

「カサンドラ」や「アスペルガー」という言葉を使わずに

自分の状況を説明することですビックリマーク

 

・自分の心や身体の状態を具体的に話す

・どういう時に不調を感じるか、実例を挙げる

・原因と思われる、夫(パートナー)の言動とやりとりの具体例を挙げる

 

この 『カサンドラという言葉を使わず自分のカサンドラを説明する』

『アスペルガーという言葉を使わず夫(パートナー)の特性を説明する』

という作業は、大変ですけれども、自分の状況を俯瞰し把握する意味でも重要なことだと思います。

あらかじめ紙に書いて持って行くといいでしょう。

 

発達障害に詳しいお医者さんであれば、話を聞いて理解してくれると思いますが、

夫の発達障害と妻の不調をリンクして考えてくれるかどうかは、運次第です。

 

単独の診断名として考えられるのは

『抑うつ状態』『うつ』『適応障害』『不安障害』あたりだと思います。

 

ただ、『抑うつ状態』ならば良いですが、『うつ病』と診断された場合は気をつけてください。

カサンドラによる抑うつ状態は(原因がはっきりしているので)、

一般的な「うつ病」の投薬治療をしても改善しない、という専門家の言葉があります。

 

 

クローバー病院やクリニックの治療の一環で、あるいはご自身で、カウンセリングを受けるという方法もあります。

金額の面で折り合わないこともあるかと思いますが、選択肢の一つとして。

 

カウンセラーの間でも、「カサンドラ」はまだまだ知られていないようです。

ただ、カウンセラーは、話を否定せず時間をかけて聞いてくれます。

それだけでも気持ちがだいぶ楽になるかもしれません。

 

とはいえ、病院よりも密接な信頼関係が必要になるので

合わないと感じたら、我慢しないで他のカウンセラーに当たりましょう。

 

 

注意気をつけるべき点は、

カウンセラーはクライアント(あなた)の話を聴くのが一番の仕事だということです。

 

否定しない。アドバイスしない。結論を急がせない。

これが、良い(正しい)カウンセラーです。

 

ですから一度では効果がなく、だいたい10回くらいの長期になります。

その中でじっくり話を聞き、クライアントが自分自身の力で結論を見つけるサポートをします。

 

カウンセラーに聞いてもらいながら、自分自身の声を聞き、自分の心に気づき、自分の望む未来像を見つける。

そんなのまだるっこしいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、【急がば廻れ】。ランニング

長い時間をかけて沈んでしまった自分の心は、時間をかけてゆっくり“自力で”浮上させる必要があります。

その過程を噛み締めながら進むことが大切なのです。

 

「一度で劇的に効果がある!」

「カサンドラもうつも治せます!」

と言うようなカウンセラーがいたとしたら、それは避けるべきです。

心の問題はそんなに簡単なものではないし、

気持ちのいい言葉を言ってもらって良くなったように感じても、それは一時的な、表面的なものに過ぎません。

 

注意気をつけるべき点はもう一つ。

心理士の資格を持ったカウンセラーを選ぶことです。

 

民間のカウンセラー資格の中には短期間で取得できてしまうものもあります。

 

クローバーじつはツナも、ある民間カウンセラー資格を持っています。

それは、お悩み相談をたくさんいただく中でどのようにお話を聞き、受け止めればいいのか、その正しい姿勢を知りたかった、というのが目的。

 

仕事のかたわらに通信講座で半年ほど、テキストを読んだりCDを聞いたり、課題を提出して添削を受けたりして、認定試験を受けて取得しました。

えっ、こんなに簡単に取得できるの?びっくりというのが正直な感想です。

もちろん、人さまに対しカウンセリングしようなどとおこがましいことは考えてませんが、

そんなものでも資格として掲げて、カウンセラーとして開業することは可能なわけですあせるあせる

 

 

病院やクリニックに所属するカウンセラーは国家資格である心理士の資格が必須なので心配は無用ですが、

それ以外の場所でカウンセリングを受けようとする場合は十分に注意していただきたいと思います。

 

***********

 

コメントをくださった方から、とても良い情報をいただきましたので

一部転載させていただきますね カナヘイうさぎ

 

 ブーケ2   ブーケ2   ブーケ2  ブーケ2  ブーケ2

 

私は、市区町村の役所と保健福祉センターが定期的に実施している
「心の相談室」が最初でした。
ここでは精神保健福祉士が話を聴いてくれました。
2時間前後だったと思います。無料です。

ココで答えをくれるわけではありませんが
悩みの種類から、相談施設をアドバイスしてくれましたし
2時間みっちり聴いてもらえただけでも
すこし楽になりました。

行政の広報誌に掲載されている「相談案内」にも
夫婦の悩み相談・女性の生き方相談など
専門家のカウンセリングが受けられる情報が出ています。

うちの市では予約制で全て無料です。

私は、本格的なカウンセリングを選ぶ前の足がかりとして
利用できてよかったと思っています。

 

 ブーケ2  ブーケ2  ブーケ2  ブーケ2

 

qooさん、ありがとうございましたビックリマーク

(12月7日加筆)

 

********************

コメントは承認制です。反映されるまで時間がかかりますのでお待ちください。

(アメブロのアカウントがないと投稿できません) 
人を傷つけたり不快にするおそれのある内容、私ではお答えできない相談などの場合、原則公開を控えさせていただいています。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(3)
同じテーマ 「雑感」 の記事

テーマ:

以前からお伝えしていました

12月9日(金)の講演会

参加お申し込みの期日が迫ってきました。

12月3日(土)がお申し込みのシメキリですビックリマーク

皆さまのお越しをお待ちしておりますキラハート

 

 「わたぼうしの会」 主催講演会

「家族なのに、わかりあえない」

 ~カサンドラ症候群~

 

 共催:秦野市

 後援:伊勢原市/秦野市社会福祉協議会/伊勢原市社会福祉協議会

 

日時:12月9日(金) 10時~13時

場所:神奈川県秦野市 秦野文化会館 小ホール

参加費:500円

 

【プログラム】

第一部・野波ツナ講演

第二部・真行結子さん講演(カサンドラ自助グループ「フルリール」代表)

第三部・真行結子さん&ツナのトークセッション

 

!この講演会に限り、当日使用する資料を通信販売します。

 参加したいけど行けない…という方はぜひご利用くださいビックリマーク

 

参加お申し込み・資料お申し込み・お問い合わせなどは

サゲサゲ↓「わたぼうしの会」講演会案内サゲサゲ↓を御覧下さい。

http://www2.hp-ez.com/hp/wataboushi/page13

 

*********

 

講演会終了後に、有志の方が「カサンドラランチ会」をするそうですキラキラ☆

(残念ながらツナは参加できないのですが…)

 

カサンドラ仲間と話してみたい・話を聞いてみたいと思っていらっしゃる方、

この機会にいかがでしょうか!? つながるうさぎつながるピスケつながるうさぎつながるピスケつながるうさぎ

 

講演会では聴く(インプット)だけなので、

その後にこうしたアウトプットの時間を持てると

気持ちが整理されたり、モヤモヤが解消したりすると思います。

 

 

********************

コメントは承認制です。反映されるまで時間がかかりますのでお待ちください。

(アメブロのアカウントがないと投稿できません) 
人を傷つけたり不快にするおそれのある内容、私ではお答えできない相談などの場合、原則公開を控えさせていただいています。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前お知らせした番組の放送日が決まりましたキラキラ

 

あす、11月24日(木)だそうですビックリマーク

番組は同じく

関西テレビ 『みんなのニュースワンダー』の中の1コーナーです。

 

社会の情勢によってはまた変更もあるかもしれませんが

その場合は再度おしらせいたしますね。

 

 

*************

 

(以下は11月10日に書いた延期のおしらせ)

 

!昨日、以下のようにお知らせしましたが

なんと放送延期になってしまいましたビックリマーク

 

“トランプショック”の影響だそうですあせるあせる

 

放送日が決定しましたら、あらためてお知らせいたします。

 

楽しみにしてた皆さま、リブログしてくださった皆さま、

申し訳ありません…えーん

 

***************

 

(以下は、11月9日に書いた記事です)

 

 

あす、11月10日(木)関西テレビの番組

『みんなのニュース ワンダー』で

カサンドラ症候群がピックアップされますビックリマーク

 

番組内の「私のモンダイ!」というコーナー(17時台)です。

 

なんと、『旦那さんはアスペルガー』の再現ドラマがあるそうですよ~ びっくり

 

事前に台本を送っていただいたので、私から多少の修正と、アキラさんの雰囲気をお伝えしました。

アスペルガーを演じるのって難しいと思うのですあせる

ちゃんと伝わったらいいのだけど。

 

どんな風になるのかな!? ドキドキです!

 

ほかに、カサンドラ者の声として

自助グループ「あじさい会」のインタビューもあるそうですキラキラ☆

 

 

これをキッカケに、ご自身のカサンドラに気づかれる方がいたらいいなあ…と思いますし、

成人アスペルガーとその家族の苦悩について、少しでも知ってもらえたらいいなあ…と思います。

 

私は見られないので残念ですが、

関西テレビが視聴できる地域の皆さん

番組をご覧になったら、ぜひご感想など教えてくださいませドキドキ

 

 

 

********************

 

講演会 「家族なのにわかりあえない~カサンドラ症候群~」

12月9日(金)10時~13時 秦野市秦野文化会館

 ・真行結子(フルリールかながわ代表)

 ・野波ツナ

 

花参加できない方に向けて、当日使用する資料の通販もあります。

 読むだけでも講演の内容がわかるように作りましたビックリマーク

 

詳しくはこちらサゲサゲ↓ わたぼうしの会HPにてご確認ください。

 http://www2.hp-ez.com/hp/wataboushi/page13

(クリックすると別ウインドウが開きます)

 

********************

 

野波ツナ新刊 「うちの困ったさん」(リイド社)

こちらもどうぞよろしくお願いしますラブラブ

 

 

 

 

********************

コメントは承認制です。反映されるまで時間がかかりますのでお待ちください。

(アメブロのアカウントがないと投稿できません) 
人を傷つけたり不快にするおそれのある内容、私ではお答えできない相談などの場合、原則公開を控えさせていただいています。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(4)

テーマ:

※曜日を間違えていたので修正しました!

 

12月9日(金)の講演会では、

当日ご質問にお答えする時間がないため

ご質問がある方は事前に参加フォームから送っていただいています。

(参加予定者のみ。受け付けは「わたぼうしの会」 こちらを御覧下さい)

 

!ご質問の受け付けは、明日の11月15日までとなっております。

どうぞお早めにビックリマーク

 

!また、参加申込は12月3日までです。

こちらもお早めにどうぞビックリマーク

 

事前にいただいたご質問と、それに対するお答えを印刷したものを当日お配りします。

(すべて匿名にしますのでご安心ください)

これは当日の質問タイムの代わりですので、参加された方のみ配布となります。

 

 

さて、当日使用する資料が出来上がりました 爆笑 ♪

これまでの講演では、資料は話の補助的なものでしたが

今回は資料の単独販売があるということで

これだけを見ても内容がわかるように、イラストもふんだんに使用して詳しく作りました。

我ながら力作です!! お願いキラキラ

 

フルリールかながわ代表・真行結子さんの資料と共にまとめられたものが

「わたぼうしの会」から1冊500円で通信販売されます。

これまで資料を販売するということはなく、今後も予定はありません。

今回限りの特別企画です。

 

ご都合のつかない方や遠方の方、カサンドラの不調で来られない方など

この機会をぜひご利用くださいキラキラ☆

 

参加お申し込み・資料お申し込み・お問い合わせなどは

サゲサゲ↓「わたぼうしの会」講演会案内サゲサゲ↓を御覧下さい。

http://www2.hp-ez.com/hp/wataboushi/page13

 

 

 

!無許可でのコピーや公開、およびこの資料を使用して他者が講演やセミナーなどをおこなうことはかたく禁じます。ご注意ください。

 

 

********************

コメントは承認制です。反映されるまで時間がかかりますのでお待ちください。

(アメブロのアカウントがないと投稿できません) 
人を傷つけたり不快にするおそれのある内容、私ではお答えできない相談などの場合、原則公開を控えさせていただいています。

 


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

※これは「雑感」ですので、ツナの個人的な思いや考えです。どうぞご留意ください。

 

 

診断にまつわるあれこれ① 

診断にまつわるあれこれ②

の続きです。順番に読んでね!照れ

 

 

 

大人の発達障害の診断は、子供に比べてとても手間がかかります。

年齢が上がれば上がるほど難しくなります。

扱える病院やお医者さんはとても少ない汗

 

 

成人発達障害の診断が難しい理由はいくつかあります。

 

注意 第一に、子供の頃の様子がはっきりしないこと。

発達障害は生まれつきのもので、小さい頃から特性が表れています。

そのために親からの聞き取りが必要ですが、

親が高齢になっていて記憶があいまいだったり、既に亡くなっていたりすると、情報が得られません。

母子手帳や幼稚園の連絡帳や小学校の通知表なども資料として有用なのですが、

探し出せなかったり、残っていない場合もあります。

 

注意 第二に、他の疾患の可能性を考慮する必要があります。

 (高次脳機能障害、パーソナリティ障害、双極性障害、統合失調症など)

 

子供の頃にネグレクトや虐待を受けていて劣悪な環境にいると、

脳の発達に影響が出てASDやADHDのような状態になることもあります。

 

注意 第三に、二次障害を併発していることがあり、

そうすると表層の症状に隠れて発達障害が見つけづらくなります。

(うつ病、パニック障害、PTSD、不安障害など)

 

ここまでは実務的な手間の問題と言っていいかもです。(患者にとっても、医師にとっても)

 

以下は医療現場の事情 病院

 

 

注意 第四に、

病院(医師)は患者自身のためにならない診断や治療はしない、という基本理念があります。

(重篤な他害や自害や犯罪を起こした場合などは別ですが)

 

子供の場合は、まだ成長途中で社会に出る前なので、療育によって身に付くことがいろいろとあります。

(年齢が低ければ低いほどノビシロがあります)

また、「生きづらさ」を感じて自分から受診した成人の場合は、自覚しているので、カウンセリングやSSTが期待できます。

 

しかし、既に就労など社会生活を送っていて、本人が「生きづらさ」や「困り感」を持っていない場合、

診断のメリットがないと判断されることが多いです。

逆に、診断が下りた場合のデメリットが考慮されます。 

(ショックを受けてQOLが下がる・自尊心を傷つけて二次障害を起こし社会生活を送れなくなるなど)

 

       【旦那さんはアスペルガー/アスペルガーとカサンドラ】 コスミック出版

 

また、そうした人は頭が良いので

問診やテストである程度「望ましいであろう内容」を考えて答えられます。

あるいは、自己認識に誤りがあって事実でない内容を答える場合があります。

 

『パーティーなどでいろんな人と雑談することが出来る』とか

『物より人に興味がある』といった設問に

「たいへんあてはまる合格」と答える夫に、

えっ!?違うでしょ!?びっくり とビックリする妻、、というのはすごくよく聞きますあせる

 

たとえば、

ASD(アスペルガー)の基準の一つであるAQテストは閾値は33点で、

これを越えることが診断の材料になります。

 

定型の人の場合はせいぜい10数点までにおさまり、

20点台後半とかになると傾向が大いにあるそうですが、

数値としては閾値を越えない限りは「基準に至らず」となります。

 

 

注意 そして、ここに重要な問題点があります。

第五の理由と言ってもいいかもしれません。

 

WAIS-ⅢやAQテストの結果は数値で出ますが、その結果だけではなく

「医師による検分」

つまり、検査に立ち会って様子を観察し、患者と質疑応答し、そのやりとりや患者の雰囲気を総合的に見ることがとても重要なのです。

そのためには、専門的な知識と共に、多くの臨床経験が必要です。

(つまり、大人の発達障害を正しく診断するためには、子供の患者だけではなく大人の患者をたくさん診た経験が必要ということ)

臨床に優れた医師は、問診の段階である程度判断できるといいます。

 

これができるお医者さんの数が、絶対的に少ないと思われますあせる

 

注意 第六の理由として

大人のASD(アスペルガー)には、有効な医療行為がないビックリマーク

ということが挙げられます。

 

ADHDの場合は症状をやわらげる薬がありますが(ちなみに副作用がきつい)

ASD(アスペルガー)には薬がまだありません。

(オキシトシン薬に期待できる効果はコミュニケーションの障害の改善のみだし、まだ治験段階)

 

もしASDの薬ができたら、病院はもうかるでしょうね。

っていうか、もうけようとする病院が出てくるでしょうね。

ASDの確定診断をバンバン出して、薬を出して、診療報酬を稼ぐようになるかも??

それはそれで怖いですねあせる

 

余談ですが、

「なんでも病名をつけるのは医者がもうけたいからだDASH!

というのは、そういうわけで成人アスペルガーには当てはまりません。

むしろ、診断を出しても全然もうからないっていう…汗

 

 

 

…と、成人発達障害、成人アスペルガーの診断が難しい理由はいろいろあります。

 

そうした結果「アスペルガーではない」という診断になった場合…

 

診断が下りなかった旦那さんが

「なんだ、やっぱり自分は問題ないじゃないかビックリマークにやり

「このままの自分でいいんだビックリマークウシシ

という自信を持つと、もう特性をかえりみる機会がなくなります。

 

「おかしいと言う妻のほうがおかしいビックリマークムキーッ

と考えるかもしれません。

 

ASD特性の中には人間関係を二極化する傾向がしばしばあり、

ヘタすると、妻を「自分の敵」として認定してしまいます。

 

そうなると関係はこじれて、以前よりも大変になってしまうかもしれません汗汗

 

 

 

診断のタイミングで一番良いのは、

特性によって、大きな失敗をして、本人が自信を失った時です。

(そういう実体験をお持ちの方からのコメントもいただきました)

 

その時、責めずに(難しいでしょうけれど)

いきなり核心を突かずに

たとえば…『あなた自身のせいじゃないのかも』と特性の話をしてみるとか、

本人のプライドを傷つけない言い方で

「お医者さんに相談に行ってみる」という方向に誘導してみるといいと思います。

 

“自分のために受診する” というチャンスを待って、その時を逃さないように。。

 

それまでの気力と体力を養うために、

まずは自分のカサンドラを少しでも回復させましょうビックリマーク

 

回復が進んだら、もしかしたら診断のことはどうでもよくなっているかもしれません花キラキラ

 

 

********************

 

講演会 「家族なのにわかりあえない~カサンドラ症候群~」

12月9日(金)10時~13時 秦野市秦野文化会館

 真行結子(フルリールかながわ代表)

 野波ツナ

 

今回は「カサンドラ回復」と「子供への影響」を中心にお話します。

 

花参加できない方に向けて、当日使用する資料の通販もあります。

 読むだけでも講演の内容がわかるように作りましたビックリマーク

 

詳しくはこちらサゲサゲ↓ わたぼうしの会HPにてご確認ください。

 http://www2.hp-ez.com/hp/wataboushi/page13

(クリックすると別ウインドウが開きます)

 

********************

 

ありふれた人たちはてなマーク

ありえない人たちはてなマーク

野波ツナ新刊 「うちの困ったさん」(リイド社)

どうぞよろしくお願いしますラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。