『悪童』byTEAM NACS

テーマ:


悪童


9/6の大千秋楽を、ライブビューイングで観てきました。

CUEのモバイルでチケット落選、ライブビューイングもダメで諦めかけていたら、追加の会場がいくつか出て、それで見られたようなもの。

ありがとうチネチッタ。


ナックスさん初めてな長女を連れて行きました。

~あらすじ~
かつては街一番の遊興施設「レジャーセンター竜宮」。
今は閉鎖されて廃墟となったこの場所に、立て籠った男がいた。
その男に呼び出された4人の男たち。
立て籠った男の目的は何なのか。
5人の男たちは、当時のことを思い出しながら記憶の旅に出る。

5人は幼馴染。
みな、悪童だ。(公演パンフレットより)

普段は作・演出をもりーだーこと、森崎さんがやるナックス。
今回は脚本を古沢良太さん、演出をマギーさんに依頼。
外部の人が作り、演出されたナックスさん達。
新しく、大人な感じがしつつも、とてもナックスらしい舞台。

5人は中学の同級生。
同じ卓球部。
そこにいないもう一人の仲間の話から、当時の記憶、人の記憶力の曖昧さ、いい加減さ、自己愛が見え、もしかして暗い話になっちゃうのかなとハラハラしながら観ていたのだけど、欠けたピースが繋がりすべてが見えた瞬間がとてもハッピー。
そしてラストシーンが、5人の宣伝写真さながらにぴたりと止まって、何とも粋な演出で、おっとな~な感じで、おしゃれで。
うわ、かっこいい!と心を鷲掴みにされたのでした。

あれだけの伏線を全部回収するなんて、古沢作品凄い!と感激しきりでした。

長女は初ナックスさんだったけど、すごい!おもしろい!かっこよかった!と大興奮。


そしてカーテンコールは30分以上かかり、もりーだーが最後には「みんな大丈夫か!」と心配してくれた(笑)

お芝居第一部、カーテンコール第二部だね。

来年のお知らせなど、いろいろ。

とっても楽しかったけれど、またチケット取れなさそう・・・。


チネチッタを出たら雨で。

雨男大泉洋はきっちり仕事をしていきました。



AD

『やってみるのだ!』

テーマ:

都立家政の駅近くにある『ちび太ン家』。

キャラメルボックスの筒井くんのお姉さんがやっているお店。

お料理も絶品で、リーズナブルで、家みたいな素敵なお店。

(あー、おでん食べたい!!)


そんな『ちび太ン家』プレゼンツの即興芝居企画、「やってみるのだ!」。


ダンナの仕事の都合で、なかなかパッと行きます!って言えなかったのだけど、追加公演の回を見ることができました。



やってみるのだ!


8/29 20時 「やってみるのだ!」

大内厚雄、畑中智行、左東広之、筒井俊作(以上キャラメルボックス)

日替わりゲスト 原田樹里(キャラメルボックス)、金沢涼恵(クロムモリブデン)


始まる前に、アンケートでテーマやセリフを書いて役者さんが回収。


一つ目の即興芝居は、テーマがSF、シチュエーションが北極・南極。
二つ目は、テーマがスポ根、シチュエーションが海。

それぞれが衣装をつけ、小道具を持ち、言うと決められた台詞を言い、ラストまで持ち込む。
その設定に持っていきたいんだろうな、と思っていると、違うことをぶっこまれたり、探り合ったり、伺ったり。
決められた台詞がうまく入って繋がれば、おおぅ…と嬉しくなるというか安堵する。


一つ目のテーマとシチュエーションを聞いた瞬間に畑中くんが崩れ落ちる。

よっぽど嫌な組み合わせなんだな~と思っていたら、悪戦苦闘。

そんな姿が面白くも愛おしく、ガンバレ!と祈るような気持ちになる。

横で進行役(セリフが出たかのチェックなど)の左東くんがめちゃくちゃ笑ってた。

舞台の上に立ってない人は笑って見てられるからいいよね(笑)


ドキドキワクワクで、笑いっぱなしの一時間半強でした。

ダンナ休みになって、無事に観られて良かったのだ!


写真は有志でお送りしたお花。

とっても豪華♡


やってみるのだ!お花

AD

2015夏休み

テーマ:

まだ夏の記録・・・

私のブログは年内に追いつくのか?!


さてさて、「時をかける少女」を観劇した後は、実家への帰省。

いつもはダンナ実家にも帰るのだけど、義両親の体調がよくなくて、今回はなし。

奈良の私の実家へ。


しかし大泉さんばりにタイミングが合わなかった。

たまごかけご飯の「但熊」に行こうとしたら、年2回のお休みのうちの1回に大当たり。

実家近くのうなぎのみしまやに行こうとしたら、定休日。

タイミング的にその日しか行けなかったので、ガッカリ。

特にダンナは但熊に行きたがっていたので、気の毒だった。


でもこれは大丈夫だった!



マイスター八千代

マイスター工房八千代の巻き寿司!

関西圏では有名なお店で、テレビでも紹介されている。

全国ネットでは、ケンミンショーで紹介された。

買う時は事前予約がオススメ。でないと整理券をもらわないと買えないらしい。

我々が行ったのはお盆ど真ん中だったので、両親が事前に予約しておいてくれた。

その日はたまたまお店が空いていて、お店にあったもの(ドーナツとか大福とか)を買えたけれど、普段はすごいらしい。


きゅうりがすごく大きく感じるけれど、甘めの卵焼きや他の具とよく合って、後味がさっぱりしていい。

鮭が巻いてある方も、紫蘇が入っているんだけどすごくおいしい。

中国自動車道のインターからかなり離れた場所にあるけれど、おいしいからみんな買いに来るんだね。

ほんっと美味しかった!

また食べたいと思ってもすぐに食べられないから、それが残念。



ダンナが一足先に戻ってからは、地蔵盆のお祭りに行って横浜に戻り、友人の家に遊びに行ったり、長女の宿題が大丈夫か確認して、夏休みは終わりました。

AD


時かけ

8/1、19時の回を観ました。

『時をかける少女』は、歌しか知らない私。
先日テレビで放送された映画は録画したけどまだ見ないまま。
知らないままでもいいかな?と思ったけど、さくっと予習してみた。


今回の舞台化は、映画の物語のその後。

芳山和子の姪の、尾道マナツという少女が主役。

ゲストにD-BOYSの池岡亮介くん。

去年の夏のキャラメルの公演にもゲストで出たけど、とてもいい俳優さん。

そしてもう一人、キャラメルOBの近江谷太朗さん。

1階席の後方。
長女と共に小中高生シートだったけど、今回は全体がよく観られていい席。

マナツは生き生きとはじけるように。

ウザいくらいに元気で、ちょっと生意気なところが今時の子らしい。
あんなにたくさんタイムリープして大変だったろうに。

舞台でタイムリープをやると大変です。

逆再生を何回も実際にやるんだから、頭がこんがらがりそうだったと思う。

池ちゃん演じる輝彦はかっこよかったなあ。
アイドルのような見た目と、男らしい声音に胸キュンです。

そして切なくて素敵だったのは、ぐっちーさんとたろさんコンビ。
和子の服の色、ラベンダー色で。
記憶を消されても、深町くんのことがいつも心の奥底にあるんだなって思ったらウルウル来てしまって大変でした。

そして素晴らしいと思ったのが左東くん演じるおじいちゃん!
じじいっぷりがハンパなくて、最初誰かわからなかった。
声音と言い、背中の曲げ具合といい、完璧!!

メイトさん曰くなツインタワー夫婦ににやりとしたり、かじもんの衣装が似合ってて、いいチャラさでくすっとしたり。
また輝彦くんはマナツに会いに来るかな。会いに来たらどうなるかな、とワクワク。
夏らしい、爽やかで清々しい作品だったと思います。

ガレセ参戦!

テーマ:

7/29、キャラメルボックスのガレージセールに参戦。


この日は『時をかける少女』の公演真っ最中。

昼公演と夜公演の合間のロビーで、過去に使った衣装や小道具を売るという、ファンには垂涎モノのイベント。


うっかりしていて、ガレセぎりぎりのタイミングで「あ、夏休みだから行けるじゃん」と気づく有様。
いや王子(岡田達也さん)が売り子だから無理だな、って迷いつつ、メイトさんに背中を押されて参加。
いざ入ってみたら、なんか最後にとんでもないもの買っちゃってたよ(笑)

開始30分前くらいに着いて、娘たちと並ぶ。

結構な人が並んでいて、人見知り次女固まる。


始まって、みんなお目当てに群がる。

小道具はあっという間になくなってた。

長女はふらふらとあちこち勝手に探索。

衣装などを観ていたら、王子こと岡田達也さんがうちの次女を見つけて頭ポンポンしてくれた。

次女はにかむ←羨ましいぞ!


ガレセ①

『クロノス』の辻堂店長のTシャツ(左)と、来美子のTシャツ(右)。

しましまだらけ(笑)



ガレセ②

サポーターズクラブのグッズ色々。

そして買うつもりがなかったのに買っちゃったのがこちら。


ガレセ③

『ヒア・カムズ・ザ・サン』の八角テーブル!

大物買うつもりはなかったのに、ふと目について、色がいいな~と思ったらほしくなった。

これ、元からこの色ではなく、役者さんが塗ったもの。

売り場で散々悩んで、買うことにした。

着払伝票記入してたら、メイトさんもほしくなって買っちゃった!と。

ガレセマジック恐るべし!


帰る直前にハワイアンなお花のレイを見て、どうしようかな~と戻したら、みっこさん(大森美紀子さん)が次女にこれあげる~って首にかけてくださった。

次女、即効外したけど、家に帰ったら首にかけて嬉しそうにしてた。


テーブル買ったことで、ガレセのバイヤーメイトさんに「これで立派なバイヤーだね」と認定された。

次の歯止めが効かなさそうで怖い(笑)