ひとかげ

テーマ:
よしもと ばなな
ひとかげ

過去の作品「とかげ」をあえて14年経った今、リメイクしたもの

「ひ」をつけることによって「ひとかげ」

このセンスとてもいいですよね


最初にばななさんの解説があり、「ひとかげ」「とかげ」の順で

収録されています

私は過去に「とかげ」を読んでいた

だが、「ひとかげ」を読むにあたって、後ろの「とかげ」から読んでしまった

それが、間違いだったのかもしれない。

何年も前に読んで、忘れかけていた、ある意味未読のようなまっさらな

気持ちで先に「ひとかげ」を読んだら、また違ってよかったのかもしれない。


私には、やはり今も「とかげ」がよく思える

それはインパクトの面でも、説明の少ない文面においても

私好みなのだろう。


あえて、説明を増やしその他の人間関係も増やして、なんというか?

落ち着いたものにリメイクしたばななさん。

その分、お互いの思いやトラウマを多く語り、多く表現している、というか。

その人がこうなった理由や過程なんかがよくみえる



彼女は解説で

「私の若いときに書いた小説だけが好きな人というのもいて

彼らはかたくなに私の今の小説を否定したりします」

と書いていた


私は若いときの小説が前期で、今が後期だとすると、あえていうなら

中期の彼女の作品が一番好きです

なので別に初期も後期も否定するきもないし、かたくなにこの頃じゃないと

嫌だ。と思う読者ではなく、ばななさんが大好きなのです



前に「イルカ」を読んだときにも感じたこと。

言いたいことを伝えたい気持ちが多すぎて、そしてそれをちゃんと伝えたくて?

説明が多くなってしまうような?

そんな感じがする。


私には、わかりやすく書き直した?ように思えてしまい

やっぱり余計な言葉や説明が多いように感じてしまった

主人公が食事のあとにトカゲを誘うところや、「地獄に患者さんが多そうだから」という

ところなど、とかげの過去の秘密に関してもなんというか言葉での説明がおおすぎて

最初のまんまでよかったなぁ~と思えます。

主人公の職場の女性が花を飾る人うんぬんも、別にいいかなって。

Amazonのレビューや他の方の感想なんかを見ると、「ひとかげ」の評価いいですね。


まぁ、、私の感想です






AD

失われた町

テーマ:
三崎 亜記
失われた町

「となり町戦争」で人気がでた作家さんですね。

私は未読ですが、次の「バス・ジャック 」は短編集とはいえ、ん!?と思うところがあって

とても興味を持ちました。

独特の世界観がいいなぁ~って。

なので楽しみにしていたんですよね、これ。



うーーーーん。

よくわからないです。


そんなに長い本じゃないし、難しすぎるわけでもない

なのに読みが進まないんですよね。

それは、自分のツボにはいってないからだってわかってるんだけど

もうちょっと読めば違うかも?と思いながら結局最後までいってしまいました



この前の「通天閣」「雷の季節の終わりに」が、読むのが楽しくて、すぐに

読んでしまっただけに、あぁーダメかもなぁ、と思いましたね


SF?って書いてる方がいるので、こういうのってSFっていうのか?

わかりませんが

この世界ではないどこか。の話なのだけれど、説明不足すぎるような・・・?

勿論、自分もその世界を理解しようと思うし、全部を説明したら小説として全然

面白くないのはわかってる。

でも、それを狙いすぎてなのか?説明不足だし、特別な用語もほんとによくわかんないまんまだし

分離だとか居留地だとか、後付っぽく感じちゃうし。

結果、その世界に全然興味をそそられないんですよねーーー身削ぎとか、で、なんなの?みたいな

素敵だなって思う登場人物もいなかった。みんな中途半端。



「雷の・・」なんかも、ここではないどこか。なのですが、その世界観に

とても興味が持てたし、読んでいて理解していけたのだけれど。。



私の想像力が乏しいせいなのかもしれませんね




あまり面白いと思わないまま、なんとかようやく読み終わった、という感想です

なので、ここにも書かないかなぁ~、とも思ったのですが

記録として書いておきます。





AD

マリー・アントワネット 映画

テーマ:

見てまいりました!!
待望のマリー・アントワネット

20時45分~にしては、結構はいってましたね。

もう、なんともキルスティンダンストのかわいさ爆裂!
ずうっとウットリしてました。


marie



歴史上、有名な人物ではあるがその歴史的な背景や人生をメインにすえているのではなく
まだほんの14歳で国のために写真でしか知ることのない男性のもとに嫁いだ

マリー・アントワネットの青春映画なのですね、これは。
予告でもそんへんはしっかり表現されているので、何を期待して
この映画を見るか?によって評価は大きく分かれていくと思いますが
ちゃんとそこを分かって見に行った人は、期待を裏切られることはないと思います



そして、祖国のため、母のため、あの若さでなんとか夫とうまくいくように努力する姿。
私はせつなくてちょっとウルっときました。
何を言われても気丈に振る舞い、結果、夫の愛をばっちり獲得し、子供を授かることのできた
彼女はあっぱれでしょう。



marie3marie2



かわいく、ガーリー街道をただひたすら突っ走る。衣装・小物・スイーツ・ヘアメーク!!
すばらしいです
ほんとに、色使いのかわいさにうっとりするばかり
キルスティンの、青みががってみえるほどのきれいな白い肌に、碧い瞳・かわいいチーク(笑)
これだけで見る価値ありです!
泣き顔も、出産後の顔も何をとっても素でカワイイ!



パーティーでのレースの仮面(?)も、別宅を持ってからのナチュラルなドレスも
素敵でしたね。
彼女(ソフィア)は青春映画として「恋愛」に重点を置くのでなく
「若い女の子たち」を描くのが上手ですね。
ほんと絵になるシーンだらけです



ずらーっと並ぶヒールに混じってパステルブルーのコンバースがあるのもご愛嬌!
ただ、ちょっと間延びしてPVやイメージ映像のような感覚になるときも
ありましたね
私はそれ目当て(?)でいったのでOKですが。そういうのが苦手な男性と一緒だったら
辛かったかもしれません(笑)



marie4

私的には、彼女が夫にとても愛され、彼女も夫をちゃんと支え敬っている
という面があるところで、とても気分良くこの映画を観れましたね
ただギャンブル好きで浪費家でオシャレなだけじゃー、かわいくないですもんね。



あの世界を堪能するためだけの映画
それが目当ての人には大満足だと思います!!



AD

通天閣

テーマ:
西 加奈子
通天閣

大好きな西加奈子さんの、作品です


さえない中年男と、恋人と離れ離れになった女の子の盛り上がりのない

グチばかりの生活が交互に書かれている

最初はやたらと生活の描写がおおくて、後半に盛り上がるのも特徴ですよね


失くした恋を思い、忘れ、うやむやにして日々をただ過ごそうとしている男

失くしそうな恋を思い、忘れず頑張って彼を待つ日々を過ごしている女の子


お互いギリギリのとこで生活してる

そんな二人の物語が後半にきてようやくシンクロして、あぁそういうことだったのか。

と気づくとやっぱり切ない


もっと愛してやればよかったと悔やむ心

愛してもらいたい、愛する人にそばにいて欲しいと思う心

そしてそれがかな叶わなかった悲しみ


女の子のほうの気持ちが痛いほどわかって、それなのにゲラゲラ

笑っちゃうようなとこもあって

そのリアルさが私にはいつも大きな魅力です。


いつも思うことだけど、

どんなにどん底で悲しくてもつい笑っちゃうようなことあるし、

くだらないって思って生きてたってどうしても感動して熱くなっちゃうことがある

人ってそうやって生きていくんだと思う

助けてもらおうなんて思ってないし、一人でやれるって思ってるのに全然だったり

慰める気もなくても結果慰めてたり

その慰めがありがた迷惑なのに泣けたり。


自分は誰にも愛されてない。なんて拗ねたりしないで、誰かを愛していけばいいんだよね。





悪夢探偵

テーマ:

見てまいりました

「悪夢探偵」


予告を見て面白そうだなぁーと楽しみにしていました。



akumu
うーーーむ。

松田龍平さん、久しぶりなのでとてもよかったです。

巷では弟が結構人気で、私の周りでも翔太派が多いのですが

私は断然龍平派です!


情けなくて全然正義の味方じゃない、変なヒーロー?(笑)

いやいやながらやってるとこが面白いですね。

hitomi刑事の要求はほんと身勝手ですもん、実際。

服のボロボロ具合とか、貧乏具合とかなんだかなぁーと

思いながらも、やっぱりイイ

キャラがたってる感じです。





それに比べると、hitomiがねぇ。。

勿論映画初出演で、健闘している様だし、本人も映画は断ってきたけど今回は。みたいな

話をしていたし

これで充分なのかもしれんけど、私には残念でしたね

演技が単調に思えて退屈になってしまう。

キレ者の女刑事というと「アンフェア」の篠原涼子を思い出しますが、全然そっちのほうが

いいかなぁーー。


実際、なんというか

非現実的なストーリーで、人の深層心理と夢(悪夢)の中での映像が

多いんですが、うーーーーん。。

エイリアンみたいのも出てきて、追い詰められる様はほんと怖いです

ただ、あぁほんとに怖いと後々まで思い出すような怖さはなく。

かといって、そういう不思議なこともあるのだろうなぁ。。といつまでも

考えるほどでもない?

実際犯人?といえる人も過去にトラウマがあるだけで、別に同情に値する人でもないしねぇ・・


マンガチックであれば、もっと!

そうでないなら、意味がわからないような?

どっちにしても中途半端な印象を受けましたね。

キャスティングも映像も、なかなかなのにストーリーがそれほど面白く

ないような

そんな印象です




まぁ、いつものことですが期待が大きいと肩透かしをくらう

それは映画のせいではなく、自分の期待のせいなんだと思う

でも終わったあとに「すごかったねぇ~」とか「面白かったねぇ~」みたいな

言葉は出なかったかな。


これはシリーズにするのと海外に配給することを念頭において

作られているようで。

今回は「悪夢探偵誕生の巻」みたいな感じで(笑)

次回はもっとよくなるかもしれませんね。

いつもhitomi刑事と組むとなると微妙・・?

松田龍平は立派に悪夢探偵でした。はまり役だし、やはりウマイです

格好悪いところを、格好ワル過ぎなくするギリギリのとこって

格好いい(?)!!

もっと好きになりました(笑)


あ、あとあのロゴマーク?みたいの?ナイトメアっぽいやつ?

あれ全然出てこないですねーー。


毎度のことですが、主題歌は二重丸。

なんでいつも、主題歌ばっかりいいんだろうなぁーーと不思議なくらい




akumu2

雷の季節の終わりに

テーマ:
恒川 光太郎
雷の季節の終わりに

いやぁ~、読んでいる間夢中になりました

久々にヒットだなぁ、一気に読んじゃいました。


同じようなことを前作の「夜市」 でも書いてますね(笑)

恒川さんの書く、独特な世界と登場人物の佇まい?は

私にとって、とてもツボのようです


なんていうか。。上品なんですよね


今回は長編ですね

前作(二編)、どちらも幻想的なこの世のものではない世界が

出てきましたが今回も魅力たっぷりです

深く考えることなく、そんな世界があるのだろう。と

特に前半は引き込まれましたねぇ~

「雷季」のほんとうの意味をナギヒサが語ったときの衝撃

あぁそういうことだったのね。

と賢也と同じようにショックを受けました。


それぞれの登場人物に別れて一章ずつ話を紡いでいくのですが

それが徐々にからまりあって、過去と現在が交差し、あぁこの人が。。と

理解していくところがまたいいです。

逃げてからの「風わいわい」と賢也の対話

そして時間軸がずれての、風わいわいの悲しい過去

なんか優しいんです

心のつながりとか約束とか、そういうのを大事にしているんです

彼の話はいつも。


今回は大ボスともおもえる(笑)最悪な敵がでてきたりもするんだけど

流れる雰囲気は変わりません。


いいなぁ、

ほんとに独特で、好きです。

どっぷり、この世界にハマってしまいます。

二作目で、たまたまではなく才能を見た感じがします。


次作もほんと楽しみ


百万遍 青の時代 上下巻

テーマ:
花村 萬月
百万遍 上
花村 萬月
百万遍 下

ここ数日に渡って、むむむーーーっと

読んでいました

萬月さんの自伝ともいえる、この超大作(続編もあるので、また読みます)


ゲルマニウムの夜でおなじみ?となる設定ですね

作家さんは、やはりどんなにうまくて才能があっても、勿論フィクションが大半を占めるとしても

自分の経験したことしか書けないのだなーといつも思います。


私は作家さんを好きになると、その人のものばかり読んでしまう傾向があるのですが、

そうすると読む本、読む本、似たような設定だったりする場合が多いです

東野さんのように、よく考えられるなぁ~と思うほどに色んなパターンを書ける

人もいるのでしょうが、書きたいことや言いたいこと伝えたいことが明確な人ほど

そうなるのかもしれません。

私にはまさに身を削って書いてる、というように思えたりもします


それを、飽き飽きだとかまたかよ、とかそれしか書けないのか。と思うか

それでさえ面白いと思うかは、人(読者)にもよって違ってくるだろうし

作家の力量によっても違ってくると思います。

一風違った雰囲気をかもし出していても、根本では一緒で、この人らしい。と

思える人のほうが好きなので、この百万遍 青の時代もどっぷり浸かって読めました


世を冷めた目で客観的にとらえることを覚えてしまった早熟な少年

強烈な自意識とそれを恥じるココロ。

強烈な罪の意識に苛まれつつもがきながら、そんな自分をごまかす術をも

身に着けていく

波乱万丈な青年時代をころがり落ちるように流されていく主人公惟朔の独白と独特な哲学、

内面での様々な葛藤がこの小説の魅力になっていて

色々悟ったこと言ってるけど、やっぱりまだ幼くて愛に飢えてて寂しがりやで

この世界にたった一人、と孤独をかみ締めてもがいている。

そんな主人公が切なくて痛くて愛おしいです。

若さゆえに欲望に忠実で人を傷つけてしまう、衝動をおさえきれずに落ちていく。


流されるままにようにみえて、自分でちゃんと選択していく惟朔は

すごいなぁ。と。


続編の、古都恋情もあるので、まだまだ目を離せません

きっとまた、他の萬月作品を彷彿とさせる、恋愛模様が描かれているのでしょう

それも楽しみです。








エスケイプ/アブセント

テーマ:
絲山 秋子
エスケイプ/アブセント

サラっと読んでしまいました

エスケイプが面白くて、一気に読んだ感じです


双子の兄弟の旅の話。

双子なだけあって、結果考えることは同じ

過去の自分を「なんだったんだろ?」と思いながら生きている

片割れの存在を気にしながら無視してる


エスケイプのほうがメインなのかなぁ。

相変わらずの独白・毒舌・自分つっこみ(笑)

絲山さんらしい、おかしさです。


これからどうすっかなぁ

なるようにしかならない。死ぬまで生きてくしかない。



ハヅキさんのこと

テーマ:
川上 弘美
ハヅキさんのこと

「ざらざら」 がなんかよかったので、借りてきました



面白くないですね(笑)



好きな人は多いのかなぁ~。

でも私は、「ざらざら」の二番煎じでありつつ、統一感がない

そして、どれも「だから何?」という感じに思えました。

日常の何気ないことを切り取った。というのがほんとそのまんまで

切り取って終わりかい!と突っ込みたい(笑)

沢山入っている短編、どれが良かった?と思い返してもどれも印象に残ってない

目次を見て、探そうとおもうけどほんとわかんない!

という感じでした


「ざらざら」のときは、それなりにコレが良かった!と読後に思えるものが

あったのですが。



短編集とはいえ。私は一冊に三編くらいのボリュームがあったほうが好きですね

龍さんの映画小説集や料理小説集は、短編でもよかったけど(ジャンルが違いすぎて

比べる対象ではないか)




きりひと讃歌

テーマ:
手塚 治虫
きりひと讃歌 (1)

「どろろ」と一緒に借りてきた手塚作品。

私は元来手塚作品に詳しくなく、予備知識もなく、なんとはなしに借りてきた、という感じです


モンモウ病という奇病に、翻弄される人類

姿が獣に退化(?)しているというだけで、人間としての尊厳を奪われていく

桐人。

これはどろろ の百鬼丸と一緒ですよね


その様は読んでいてキツイです(涙)


自分たちと違うものを、徹底的に排除しようとする人間

体が不完全なものを、同じ生き物として認めようともしない。


桐人は、モンモウ病に犯されながらも、モテますね

やはり正義を貫き、目的をもち行動する者にみんな心を奪われるのでしょうね。

登場人物は全員が、善であり悪であり。まったくの悪人というものは存在しない。

みんなが悩み、自分の思う正しいこと。を貫こうとあがいている



これも希望がもてる結末でよかった

桐人を必要としてる人間が沢山いる。愛し続ける女もいる。