沈むさかな

テーマ:
式田 ティエン
沈むさかな

きみは・・ですべて語られるところが、「疾走」を思い出してうざかったです

誰かの語り口調の物語はあまり好きではないし、読みにくい


まぁどうして、きみは。。だったのかは最後の頃に種明かしがあるのだけれど


面白く読んでいたけれど、なんていうのだろう?

何が一番のメインなのか、よくわからない話だった

父親の事件なのか、最後のネタバレなのか。胎児実験のことなのか?

どっか一つにより絞って書いてくれたほうが感情移入できるのではないかな?


それなりに読んだけど、最後、尻つぼみ感があって、最終的にはなんだかなぁ。。と思ってしまった

AD

砂漠

テーマ:
伊坂 幸太郎
砂漠

大好きな伊坂さんの作品です

人気作ですねぇ。


いつものとおりのクセのある西嶋君という設定

そこに超能力であったり、事故で腕を亡くしてしまったり。という

特異なエピソードもありつつ、マージャンをからめて青春小説


もう、ほんと、魔王でKOされているので

かーるく読んでしまいました

やはり物語にふせんがはられていて、後々あぁそうだったのかぁ、と

思う場面もありつつ(鳥山はボクシングジムに通っていたところなど)

じわっとくるけど、重くはならない感じで読みやすかったですね


でも、ベスト3に入るようなのではないです(笑)

AD

逃亡作法

テーマ:
東山 彰良
逃亡作法―TURD ON THE RUN

文庫?版の装丁をみると、中身のノリとバッチリなんだけど

このハードカバーのほうの装丁は全然中身とマッチしてないような?

思っていたのとは全然違う仕上がり。


なかなか面白かったです

まさに映画化されるんじゃないの?って感じにエキサイティング


でも、私の中でなぜか?途中飽きてきて、斜め読み?っぽくなってしまったのも

事実

ずっとイイ感じのテンションは持続できない。

その点がやはりベテランさんではないのかなぁ~

前半はクールでエキサイティング。随所随所に笑いもあって。

でもなーーんか後半は中だるみ。


でも映画化されたら見るだろうな。今が旬の俳優さんをふんだんに使えば

面白いものができると思います

AD

遅れています

テーマ:

更新、遅れています

というより全然書けていません

でも、コンスタントに読んでいるのですよね・・

それなりに話題作も。


何を読んだのかすら忘れかけている、今日このごろ

まとめてUPしてみようと思うけど、記憶が曖昧

ううーーむ



容疑者Xの献身

テーマ:
東野 圭吾
容疑者Xの献身

図書館でも予約待ちがすごくて、いつになるか?とおもっていましたが案外すんなり

借りれました


白夜行でにわか東野さんづいてる私ですが。超話題作のこちら


面白いですねーー。

まさに純愛ミステリーというのでしょうか


ほんとうのところをいえば、そんな人がいたら怖い。し。困る(笑)

愛する人の犯罪を隠蔽するために、他の殺人を犯す。自分が自ら犯罪者になってまで。

という献身ぶり?が核になっていますが。

そんなことのために殺されてしまうホームレスの方の命は?と思うと、なんか・・・・

単なる思い込みの激しすぎる男の片思い兼、無差別殺人。というようにも思えます

そこを感動にもっていってるのかもしれないけど、私の今の気分ではツボにきませんでした


読んでいて楽しいけど

正当化できるものでも、共感できるものでもありませんね。

私には容疑者Xという人はちょっと怖いかも(苦笑)

こういう人に愛されるのは、ある意味、ありがた迷惑かもしれません。