東京DOLL

テーマ:
石田 衣良
東京DOLL

石田衣良さんの作品はだいすき

この本も人気があって予約待ちでした。


が、ううーーーーーむ。という内容

恋愛小説。と大々的にうたっているし、勿論恋愛小説なんだけど・・


すっごく残念


自分が読んだ、感想では。

オタクな男がバーチャルな、ありえもしない女の子を想像していいように書いた

小説みたい?

うーー説明が下手ですけど。


ヨリの人物像や、知り合う過程、セックスにのめりこむところとか

主人公の生活設定。

ベタな男の人が、妄想でこうなったらいいな。と

おもうことをそのまんま小説にしちゃったみたいな(笑)

まぁ、ベタな男の妄想。を想像してる自分が女だから、実際は違うぞ。なのかもしれないけど

男の中のこんなんアリでしょ?っていう妄想話。以上に意味を感じなかったし

何が言いたかったのか?

よくわかんなかった。


ちょっとHな漫画とかにありそうな設定(笑)

AD

ニート

テーマ:
絲山 秋子
ニート

気になる作家、イトヤマさんの最新作

彼女の作品はとっても好きなものと、うーん?ってものが交互にやってくる(笑)


私にはこの本はツボでしたね。

なんていうんだろう?

好き、嫌い。付き合ってる。結婚する。

そういう簡単な言葉では片付かない男女の関係。

そんなのどこにでもあるのに、こんな風に書いてくれる人はいない

設定も会話も、感情もすごく今っぽい。

現代の小説だ。


自分の周りには俗に言うニートはいません。

年齢的なものもあるんだろうけど

でも気持ちはわかる。

でも、肯定的にはまーーーたくなれません。


物語としては、最高!

でもニートに関しては感情移入も、共感もできない、オバタリアン(超!死語)なnon

なのです。

AD