連休2日目、3日目を利用して、
アイコン仲間の吉川さんに招待していただき、
穂別のキャンプに参加しました。

このキャンプは、ある意味とんでもないキャンプで、
40名以上が参加して、料理も感動するくらいに凝ったものが出てきます。

普通キャンプといえば、4-5人とか、多くても20人くらいでしか行ったことが
ありませんが、北海道はさすがのスケール(?)で、
大人数のキャンプを楽しんできました。


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
マンションの入口。アイコン仲間の大川さんに迎えにきていただきました。


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
道中はあいにくの雨。。。でしたが、ラーメン好きの2人で、かなりラーメントークが盛り上がりました(笑)

寅乃虎 (スパイシーカレー麺)
ここは、キャンプ後に連れて行っていただいたが、
かなりヤミツキにやりそうな味。
東京にきたら流行りそう。。

えびそば一幻 (エビソバイチゲン )
大川さんの今の一番のお気に入りはここのお店。
一回、車で目の前を通っていただいたが、かなりの行列。
新千歳空港でもあったので、今回の間にチャレンジしておきたい。

らー麺 ふしみ
味噌ラーメンなら、ここがおすすめだそうです。
ファミリーでも行きやすいところなので、家族連れにはおすすめ。



キャンプ場には、13時前には到着し、
シトシトと雨が降るなか、大宴会がスタートしました。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
キャンプなのにビールサーバー(笑)
やっぱり、北海道はサッポロ!自然の中で飲むビールは格別でした。


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
楽しそうな吉川さん!たくさんの焼き鳥を準備していただきました!

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
絶品だった北海道の郷土料理「ちゃんちゃん焼き」

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
味噌の味がよく染みてて、ヤミツキになる美味さでした。
(旨すぎて、4回おかわりしましたw)
この時点で胃は限界に・・・



ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
巨大テントで、みんなで宴会


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
可愛らしい宿泊手形をもらいました

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
わいわい

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ホルモン

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
夜はこんな感じ


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
薪で焚き火をして、飲む酒は美味かったです



ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
朝はカレーでした。
カレーはキャンプの定番ですが、朝に食べるのもまた新鮮。

前日にたらふく食べたのに、
3杯もカレー食べちゃいました(笑)


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
コーヒーとカレーがまた合うんですよね。


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
大川さん自家製のスコーン。
みんな凝った料理を作って、ほんとすごかった。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
スープチャーハン。こちらも美味しかったです。


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
近くに小川もあって、静かで、のどかで、本当に過ごしやすいキャンプ場でした。
札幌の近くにはこうしたキャンプ場がたくさんあるらしく、
すぐに自然のある場所に行けるのも、札幌の良いところだなぁと思いました。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
巨大テントを遠くから

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
子供もたくさんいて、「そういちろうくん」が、めちゃ可愛かった。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
転ぶ瞬間。



ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
そして締めは、大川さんとラーメン。

寅乃虎 (スパイシーカレー麺)

こってりを頼みましたが、味はかなり良かったです。

横浜にあったら、間違いなく週に1回は通っちゃうくらい、美味い。

札幌はほんとうに美味しいものが多い。

ほんと、帰りたくないなぁ。。。


AD
大通公園の100歳のバースデーパーティーに参加しました!

みんなでバースデーソングを歌って、
テレビ塔の明かりを吹き消すというおちゃめなイベントもありました。
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

地元の小学生からの、大通公園へのありがとうの言葉とか、
ほんとに地元の人に愛されてる公園なんだなぁと思いました。

すごくキレイだし、
いい思いに育まれてきた公園なんでしょうね。

土地というか、場所に感謝するという気持ちは、
素直に素敵だと思います。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

大通公園のために作られたバースデーケーキ


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

まわりの様子。


そして、そして、バースデーパーティーの後は、
たすくくん、ゆいさんと家の近所のジンギスカン屋さんへ。

ふくろう亭 (フクロウテイ)

後で食べログをみて知りましたが、
総合点3.88とかなりハイレベルなお店です。

にもかかわらず、一人3000-4000円くらいで食べれるという、
かなりコスパの高いお店。

こんなに美味しい店でも、激コミじゃないところが、
札幌のいいところですね。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

ビールと、ワインを2本あけて、ジンギスカンな夜を満喫しました。
AD
【札幌5日目】

今日はアクティビティの日。

モニター参加メンバー、たすくくん、ゆいさん、今村さん、
JTB北海道の伊藤さん、札幌市の川上さんと、
6人で定山渓へ。

8時20分集合にマンション下に集合。
目覚めたのが8時17分。

炸裂ダッシュで準備して、急いで1階のマンションロビーへ。

立派なバスを手配いただいて、まずは乗馬体験へ。

$ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

僕が乗ったのは、ノアくん。


12,3歳と言ってた気がする。
人間で言うと、40後半から50歳前後といったところ。
(年齢に×4くらいをするらしい)

もっと若い馬もいるそうだけど、
こういう乗馬体験を担当する馬は、
ある程度、年齢を重ねた馬たち。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-ノアくん

若すぎると、いきなり暴れてしまったり、
なかなか言う事を聞かなかったりするそうです。



馬に乗るのはもちろんはじめて。

緊張しながら、乗馬体験がはじまる。

手綱をもって、それを引っ張れば「止まれ」の合図。
右に引っ張れば「右に曲がれ」、左だと「左に曲がれ」、
お腹を蹴ったら「進め」、何回も蹴ったら「走れ」の合図。

みんなけっこう上手く操作していたけど、
僕はけっこう四苦八苦。

コーンの間をジグザグに歩いたり、
細い道を歩くときに勝手に草を食べられたり、
だいぶなめられている感じでした(涙)

でも、自分より大きな生き物が、
自分の意図で右に曲がったり、少し走ったり、
止まったりするのはすごく新鮮。

言葉が通じないのに、こうやってコミュニケーションできるのは、
ほんとスゴイなぁと思いました。

乗馬体験が終わったあと、担当してくれた女性の方が言っていたのが、
「馬たちにも性格があるんですよー」
ということ。

この子はとても賢くて、とか、
馬によっていろんな性格があるそうだけど、
僕が乗ったノアくんは、

「ちょっとバカなんですよねー」

とのこと。

だから、あんまり言うこときかなかったのか、
それとも自分の乗馬がいけてなかったのか。

後者な気もしますが、
新鮮な体験ができて楽しかった。

札幌市内は、こういう自然なところもあるし、
買い物とか、ご飯屋さんが集中しているところもあり、
どこも東京みたいに混雑していないし、
ストレス少なく過ごせるなぁと思いました。



乗馬の次は果物狩りへ。

今回は、いちごと、プルーンと、プラム狩りを楽しみました。

JTB伊藤さんの名言「プライム」という言葉が、
僕らのなかで流行し、

みんな「わー、プライムだ、プライムだー!」
といってはしゃぎながら果物狩りを楽しみました。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-プルーン
プルーン

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-プライム
噂のプライム(プラム)

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-たすくくん、ゆいさん、今村さん
プライムをいただく3人

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-たすくくん、ゆいさん
プライムにかぶりつくたすくくん、ゆいさん

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-JTB伊藤さん、札幌市川上さん
JTB伊藤さんと、札幌市のスイーツ王子川上さん

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-いちご
いちご

この果物園は、けっこううまく?商売をやっているなーと思いました。

まず、おっちゃんのセールストークが、
「お得感」を感じさせるもので、

「今回、プルーンかプラムだけなんだけど、特別に両方とも採っちゃっていいよ!
 ついでにいちごも!」

みたいな感じで、本当はこれは特別サービスなんだよという感じで、
トクした感を演出してくれる。

たぶん、そういうトークスクリプトになっているんだろうけど、
分かっていても嬉しいもの。

特した気分で、果物をたくさん食べました。

ここは、果物狩りだけでなく、
窯焼きのピザ体験もやってて、おっちゃんはあちこち忙しく
動き回っていました。

当然お土産屋さんも併設していて、
アップセル、クロスセルという利益を高める工夫をばっちりやっていた。

お土産屋さんの場所では、
「今年は良いトウキビ(トウモロコシ)が採れたんだよ」
と、生のままのトウモロコシをその場で皮を剥いて僕らにくれた。

これも、たぶん試食的な位置づけで、
僕はまんまとおっちゃんの術中にはまりトウキビを買っちゃいました。
(でも、本当に美味しかったし、安かったです。1本200円)

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-トウモロコシ
トウモロコシにかぶりつく人たち

みんなで果物狩りを楽しんだ後は、いよいよBBQ!
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-リヤカーを引く川上さん
リヤカーを引く川上さん

果物を食べたとはいえ、その日はじめての朝御飯だったので、
ウキウキしながら、火をおこす。

JTBの伊藤さんは飲まないのに、僕らのためにビールも調達してくれて、
申し訳ないなと思いつつも、思いっきりビールを楽しみました。

BBQでいただいたものは、本当にたくさん。

牛肉に、ウインナー、ジンギスカン、
トウモロコシやアスパラガスなど美味しい野菜に、
僕が「あり得ない」と言ってしまったほど感動したのが、
サーモンとホッケ。

両方共スーパーで調達してくださったそうですが、
その味があり得ないほど美味しい。

今まで食ったホッケのなかで一番美味しかったし、
サーモンもめちゃくちゃ美味い。

いま、こうやって思い出しながら文章を書いていても、
ヨダレが出そうなくらいの美味さ。

北海道のホッケはマジで化物級のうまさ。

これはマジです。

食ったことがない人には、本当に食べて欲しい。

大きいホッケ2匹入って、
たしか600円とか700円だったと思います。

何度も言いますが、本気でうまいです。

涙を流す人がいてもおかしくないくらい。
(ちなみにたすくくんは、とんこつラーメンはじめて食ったときに、
 涙を流したそうですw)

自然のなか、ビールと、美味しいお肉とお魚を満喫しました。
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-自然2

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-自然1
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-楽しげなみんな2
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-楽しげなみんな

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-鮭
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-肉



その後は、食後の温泉へ。

こちらも面白いところで、なぜかインド料理屋が併設(笑)

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-インド料理2
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-インド料理1

一見、意味不明ですが、
「なんでインド料理屋さんがあるんですか?」
と聞いたところ、

温泉を開業する前に、
オーナーがインド料理屋をやっていたから、
その名残でやってますとのこと。

納得したような、しないような、
という感じですがw,味は評判だそうで、
札幌市の川上さんも「ここは美味しいですよ」
と言っていました。

温泉も、適度に空いていて、
全然ストレスを感じずに楽しめました。

札幌に来て感じたことで、
僕にとっての大きな魅力が、このストレスが少ない
ということ。

僕はゴミゴミしたところがあまり好きではないので、
商業施設も混んでいなくて、飲食店も(人気店は別でしょうが)
そんなに混んでいなくて、こういうレジャー的な場所も混んでいなくて、
何よりカフェが混んでいないというのは、すごくありがたい。


こういう日々のストレスが少ないことによって、
エネルギーロスを抑えることができるので、
そのエネルギーをより生産的なことに向けられる気がしています。

東京だと、通勤でエネルギーを使い、
買い物しに街を歩いていても混雑でエネルギーを使い、
平日のランチタイムもお店が混んでてエネルギーを使い、
カフェで仕事しようと思っていても座れるカフェ探しでエネルギーを使い、

などなど、一概にはもちろん言えませんが、
エネルギーのロスは比較的多いのかなと思います。
(ストレスの感じ方は人にもよるので、ほんと一概にはいえませんが)

札幌に1週間ほど住んでいて、
この部分は素直にメリットだなと思います。

ほんと生活の中でのストレスが少ない。

冬になるとまた違った一面だあるのでしょうが。。。


話は戻って。

温泉のあとは、僕はバスで爆睡。

少し部屋で仮眠をとって、夜はみんなで白ワインを堪能。
(この時も寝坊しました。みんなホントごめんなさい。。。)

みんなと話を楽しみ、美味しいカキを楽しみ、
白ワインを堪能し、たのしい夜を過ごしました。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

※このブログは、宮越屋珈琲というお店で書いていますが、
 このカフェ(喫茶店?)はノマドには最高のカフェかもしれません。
 電源はついているし、僕がいったところの地下は半個室になっていて、
 作業にマジ集中できます。
 コーヒー1つ(2杯分くらい)で550円、おかわりは300円なので、
 けっこうリーズナブル。
 札幌でPC仕事をする人には、めちゃくちゃおすすめです。


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

東京にもあるようですね。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13030119/
AD

札幌でノマドの実験をします

テーマ:

JTBさんと札幌市さんの企画、札幌暮らしモニターに当選し、いま札幌に来ています。

昨日(9月5日)に、JTBさん札幌市さんとの懇親会でいろいろお話を聞いて、
すごく想ったのが札幌の人々の地元愛。

僕も大阪で、大阪の人も地元愛が強いかなと思っていましたが、
札幌の人たちはそれ以上。

それだけ、人を引きつける魅力が札幌にはあるのだと思いますが、
これから3週間、そのあたりをじっくり味わいたいです。

札幌市の皆さんも、JTBの皆さんもみなさんめちゃくちゃ気さくで、
話をしていて楽しかったです。

僕は第3弾のモニターで、第2弾、1弾の方の様子はこちらから。
http://ameblo.jp/sapporokurashi/entry-11007423712.html


■ノマド実験@札幌

今回、札幌に滞在する中で、オフィスじゃない場所でも、
業務がまわるよう、ノマドワーカーに挑戦しようと思います。

打ち合わせはスカイプでやって、テキストベースのやりとりはChatworkをつかって、
データはDropboxとSugarsync、Evernoteに置いています。

これらを使ったら基本的に不自由なく仕事ができそうですが、
実際やってみると困ることとか、改善した方がいい点が出てくるので、
そういった部分を洗い出す上でも有意義な期間にしたいです。

何かの本で読みましたが、ザッポスはコールセンターも在宅でできるようにしてるそうだし、
やろうと思えば、オフィスなんてなくすことはできるんでしょうね。

オフィスがなくなれば、家賃がいらないので固定費が大きく削減できるし、
椅子とか、机とか、日用品的な備品とか、そういうものもいらなくなりますね。

新入社員の人とかは無理だろうけど、
ある程度のスキルを持ってる人は、自分の好きな場所ではたらくのは、
そんなに難しいことじゃないかもしれませんね。

僕はB型なので(笑)、自由に仕事がしたいタイプなんですが、
会社としてもそういうワークスタイルが確立できるように、

業務の仕組みも、会社の制度も、給与体系とかも、
納得出来るものが作りたいなと思っています。



■ノマド1日目(9/6)
今日、1日目のノマド生活を送ってみて、
まず思ったのは通勤がないとラクすぎ(笑)

仕事はじまるまで、自分の好きなように過ごすことができるし、
逆に通勤ってほんとストレスなんだなぁと感じました。

僕は横浜なのでまだマシですが、東京の通勤なんてほんと鬼。

昔、丸ノ内線や銀座線で通勤してたけど、
それこそすし詰め状態だし、

それに慣れるっちゃ慣れるんですが、
相当なストレスを抱えている人が周りにたくさんいただろうし。

シンガポールの住んでる友達が東京に帰って来たときスカイプで、
「東京のサラリーマン疲れすぎ(笑)」
と送ってきたことがありましたが、
海外と比べると、東京は疲れた印象の人が多いみたいです。
(札幌はどうなんでしょう?)

そういう通勤のストレスがないことで、
エネルギーが充実した状態で仕事に取り組めるし、
それって仕事の生産性にも響くのかなと思います。


で、今日は、家の近くのスタバに行きました。

Starbucksすすきのイトーヨーカドー店
http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1003331/

19時過ぎに来たんですが、東京ではかんがえられないくらい空いていて、
すごく快適でした。

イーモバの電波が少し悪くて、接続できない時間帯もありましたが、
概ねストレスなく仕事ができました。

というか、空いているのでめちゃ集中できて良かったです。

空いているカフェというのは、ノマドにとっては天国のような場所だし、
札幌にこういうカフェが多ければホントにここに住んで
仕事するのもありだなーと思います。

東京とか横浜に比べて家賃も安いし、
蒸し暑くないし。

晴れてたら中島公園とかで仕事するのもいいなぁと思いましたが、
あいにくの天気だったので、また今度に機会に。

明日は、オフィスにいる人と、
仕組み作りの打ち合わせなど頑張ります!