【札幌5日目】

今日はアクティビティの日。

モニター参加メンバー、たすくくん、ゆいさん、今村さん、
JTB北海道の伊藤さん、札幌市の川上さんと、
6人で定山渓へ。

8時20分集合にマンション下に集合。
目覚めたのが8時17分。

炸裂ダッシュで準備して、急いで1階のマンションロビーへ。

立派なバスを手配いただいて、まずは乗馬体験へ。

$ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

僕が乗ったのは、ノアくん。


12,3歳と言ってた気がする。
人間で言うと、40後半から50歳前後といったところ。
(年齢に×4くらいをするらしい)

もっと若い馬もいるそうだけど、
こういう乗馬体験を担当する馬は、
ある程度、年齢を重ねた馬たち。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-ノアくん

若すぎると、いきなり暴れてしまったり、
なかなか言う事を聞かなかったりするそうです。



馬に乗るのはもちろんはじめて。

緊張しながら、乗馬体験がはじまる。

手綱をもって、それを引っ張れば「止まれ」の合図。
右に引っ張れば「右に曲がれ」、左だと「左に曲がれ」、
お腹を蹴ったら「進め」、何回も蹴ったら「走れ」の合図。

みんなけっこう上手く操作していたけど、
僕はけっこう四苦八苦。

コーンの間をジグザグに歩いたり、
細い道を歩くときに勝手に草を食べられたり、
だいぶなめられている感じでした(涙)

でも、自分より大きな生き物が、
自分の意図で右に曲がったり、少し走ったり、
止まったりするのはすごく新鮮。

言葉が通じないのに、こうやってコミュニケーションできるのは、
ほんとスゴイなぁと思いました。

乗馬体験が終わったあと、担当してくれた女性の方が言っていたのが、
「馬たちにも性格があるんですよー」
ということ。

この子はとても賢くて、とか、
馬によっていろんな性格があるそうだけど、
僕が乗ったノアくんは、

「ちょっとバカなんですよねー」

とのこと。

だから、あんまり言うこときかなかったのか、
それとも自分の乗馬がいけてなかったのか。

後者な気もしますが、
新鮮な体験ができて楽しかった。

札幌市内は、こういう自然なところもあるし、
買い物とか、ご飯屋さんが集中しているところもあり、
どこも東京みたいに混雑していないし、
ストレス少なく過ごせるなぁと思いました。



乗馬の次は果物狩りへ。

今回は、いちごと、プルーンと、プラム狩りを楽しみました。

JTB伊藤さんの名言「プライム」という言葉が、
僕らのなかで流行し、

みんな「わー、プライムだ、プライムだー!」
といってはしゃぎながら果物狩りを楽しみました。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-プルーン
プルーン

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-プライム
噂のプライム(プラム)

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-たすくくん、ゆいさん、今村さん
プライムをいただく3人

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-たすくくん、ゆいさん
プライムにかぶりつくたすくくん、ゆいさん

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-JTB伊藤さん、札幌市川上さん
JTB伊藤さんと、札幌市のスイーツ王子川上さん

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-いちご
いちご

この果物園は、けっこううまく?商売をやっているなーと思いました。

まず、おっちゃんのセールストークが、
「お得感」を感じさせるもので、

「今回、プルーンかプラムだけなんだけど、特別に両方とも採っちゃっていいよ!
 ついでにいちごも!」

みたいな感じで、本当はこれは特別サービスなんだよという感じで、
トクした感を演出してくれる。

たぶん、そういうトークスクリプトになっているんだろうけど、
分かっていても嬉しいもの。

特した気分で、果物をたくさん食べました。

ここは、果物狩りだけでなく、
窯焼きのピザ体験もやってて、おっちゃんはあちこち忙しく
動き回っていました。

当然お土産屋さんも併設していて、
アップセル、クロスセルという利益を高める工夫をばっちりやっていた。

お土産屋さんの場所では、
「今年は良いトウキビ(トウモロコシ)が採れたんだよ」
と、生のままのトウモロコシをその場で皮を剥いて僕らにくれた。

これも、たぶん試食的な位置づけで、
僕はまんまとおっちゃんの術中にはまりトウキビを買っちゃいました。
(でも、本当に美味しかったし、安かったです。1本200円)

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-トウモロコシ
トウモロコシにかぶりつく人たち

みんなで果物狩りを楽しんだ後は、いよいよBBQ!
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-リヤカーを引く川上さん
リヤカーを引く川上さん

果物を食べたとはいえ、その日はじめての朝御飯だったので、
ウキウキしながら、火をおこす。

JTBの伊藤さんは飲まないのに、僕らのためにビールも調達してくれて、
申し訳ないなと思いつつも、思いっきりビールを楽しみました。

BBQでいただいたものは、本当にたくさん。

牛肉に、ウインナー、ジンギスカン、
トウモロコシやアスパラガスなど美味しい野菜に、
僕が「あり得ない」と言ってしまったほど感動したのが、
サーモンとホッケ。

両方共スーパーで調達してくださったそうですが、
その味があり得ないほど美味しい。

今まで食ったホッケのなかで一番美味しかったし、
サーモンもめちゃくちゃ美味い。

いま、こうやって思い出しながら文章を書いていても、
ヨダレが出そうなくらいの美味さ。

北海道のホッケはマジで化物級のうまさ。

これはマジです。

食ったことがない人には、本当に食べて欲しい。

大きいホッケ2匹入って、
たしか600円とか700円だったと思います。

何度も言いますが、本気でうまいです。

涙を流す人がいてもおかしくないくらい。
(ちなみにたすくくんは、とんこつラーメンはじめて食ったときに、
 涙を流したそうですw)

自然のなか、ビールと、美味しいお肉とお魚を満喫しました。
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-自然2

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-自然1
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-楽しげなみんな2
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-楽しげなみんな

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-鮭
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-肉



その後は、食後の温泉へ。

こちらも面白いところで、なぜかインド料理屋が併設(笑)

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-インド料理2
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく-インド料理1

一見、意味不明ですが、
「なんでインド料理屋さんがあるんですか?」
と聞いたところ、

温泉を開業する前に、
オーナーがインド料理屋をやっていたから、
その名残でやってますとのこと。

納得したような、しないような、
という感じですがw,味は評判だそうで、
札幌市の川上さんも「ここは美味しいですよ」
と言っていました。

温泉も、適度に空いていて、
全然ストレスを感じずに楽しめました。

札幌に来て感じたことで、
僕にとっての大きな魅力が、このストレスが少ない
ということ。

僕はゴミゴミしたところがあまり好きではないので、
商業施設も混んでいなくて、飲食店も(人気店は別でしょうが)
そんなに混んでいなくて、こういうレジャー的な場所も混んでいなくて、
何よりカフェが混んでいないというのは、すごくありがたい。


こういう日々のストレスが少ないことによって、
エネルギーロスを抑えることができるので、
そのエネルギーをより生産的なことに向けられる気がしています。

東京だと、通勤でエネルギーを使い、
買い物しに街を歩いていても混雑でエネルギーを使い、
平日のランチタイムもお店が混んでてエネルギーを使い、
カフェで仕事しようと思っていても座れるカフェ探しでエネルギーを使い、

などなど、一概にはもちろん言えませんが、
エネルギーのロスは比較的多いのかなと思います。
(ストレスの感じ方は人にもよるので、ほんと一概にはいえませんが)

札幌に1週間ほど住んでいて、
この部分は素直にメリットだなと思います。

ほんと生活の中でのストレスが少ない。

冬になるとまた違った一面だあるのでしょうが。。。


話は戻って。

温泉のあとは、僕はバスで爆睡。

少し部屋で仮眠をとって、夜はみんなで白ワインを堪能。
(この時も寝坊しました。みんなホントごめんなさい。。。)

みんなと話を楽しみ、美味しいカキを楽しみ、
白ワインを堪能し、たのしい夜を過ごしました。

ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

※このブログは、宮越屋珈琲というお店で書いていますが、
 このカフェ(喫茶店?)はノマドには最高のカフェかもしれません。
 電源はついているし、僕がいったところの地下は半個室になっていて、
 作業にマジ集中できます。
 コーヒー1つ(2杯分くらい)で550円、おかわりは300円なので、
 けっこうリーズナブル。
 札幌でPC仕事をする人には、めちゃくちゃおすすめです。


ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく
ノマドで場所にしばられず、自由にはたらく

東京にもあるようですね。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13030119/
AD

コメント(2)