5ドラム、2ギター、1ベース!


ノムラセントラルステーション!




2007年、「コダマセントラルステーションがあるのなら、自分もやってもいいんじゃないか」と思い、ツインドラムとベースのユニットとして結成。ライブをしてみるもドラムがうるさいとのもっぱらの不評っぷり。




2008年、仕方がないのでもう一人、犬小屋をバスドラムとして使う男を3人目のドラムとして迎え、スリードラム、ギター、ベースの5人編成でライブ。




2009年、3度目のライブにして自主企画。モーモールルギャバンを迎える。このときはさらに一人ドラムが増え、4ドラムでのライブ。




同年6月、ついに女性ドラムを迎え、5ドラムとして活動を始めようとするも、一人が肺炎で欠席し、4ドラムのままライブ。




2010年、ギターが「その日は別バンドでレコーディングのため、ライブに出られません」と言ったので、急遽他のギタリストにヘルプを頼むも、当日結局来れることが判明し、まさかのツインギター編成。




同年3月。なんだかんだ4人ドラムのままだったが、ついに5人のドラムがそろい、ファイブドラム、ツインギター、ベースの現在の編成にて活動を続ける。




2011年~ドラムが増えたりなんやかんやし、2012年2月、自主企画「Wノムラエクスプロージョン」にてまさかの7ドラムを果たす。




2012年5月、杯ブリッドフェス『seapus』に出演。
メンバーがベース野村、
ドラム…ニンさん(マイクロタゴス)、あきちゃん(TWO FOUR)、セージ君(ex.ボラデラックス)、神田君(不完全密室殺人)、フッキー(i GO)、太田君(nothingman)、松田(農村)、伊藤専務(テレポテ)、常見(palitextdestroy)
ギター…しょうご君(i GO)、茜谷さん(i GO)、河本(palitextdestroy)、
パーカッション…長谷川(ワッペリン)、シン君(犬丸ラーメン)、岡田(The キャンプ)、堀嵜ヒロキ(Egoistic 4 Leaves)、
ライブペイント…マッチ(紙コップス)、麻衣ちゃん(書道家)、
と、総勢19人にてライブを決行。ライブ終盤にはマッチと俺で日本昔話ばりに山と海を攻めたりしてまさにカオス(混沌)にふさわしいステージであった。
9月には、鶴舞公園にて行われた『HOIP』に出演。その後、急遽K.Dハポンにて行われた『ノビロック』にも参加し、1日2本のライブを行う。

2013年5月、杯ブリッドフェス『seapus2013』に再び参加。14ドラム、5ギター、1ベースの大編成にて出演。2年連続のアクロバティックなステージを展開する。
7月、大阪の『見放題』に出演。12ドラム、2ギター、1ベースの編成でBIG CATのオープニングを飾る。当時、ツイッターのタイムラインが「ガーデニング」で荒れるなどの謎の盛り上がりを見せた
8月、nothingman主催のフェス「ワルフェス」に出演。17ドラムのビートを鶴舞の空に見事響かせる。恐ろしい爆音の影響か、その日の夜より高熱にうなされた。


全員が名古屋で著名なバンドのメンバーとして活動しながらの活動であるが、常に祭りのようなライブでのモチベーションは高い。




■今までに参加したメンバー■( )内は普段所属するバンド




●野村(レッサーホース)…ベースボーカル


●倉田(ブラウスミーポップ)…ギター


●篠田(JONNY、Dr.Right)・・・ギター


●ニン(レジオキング)…ドラム


●ウエダセージ(ex.MOTHBALL,ex.ボラデラックス)…ドラム


●マッチ(紙コップス)・・・犬小屋ドラム


●神田(不完全密室殺人)・・・ドラム


●石井あき(TWO FOUR)…ドラム


●つねみ(palitextdestroy)…ドラム


●松田(農村)…ドラム


●イトー専務(テレポテ)…ドラム


●岡田(THE キャンプ)…ドラム


●太田くん(nothingman)…ドラム


●村上(明日、照らす)…ボーカル


●茜谷さん(i GO)…ギター


●しょうごくん(i GO)…ギター


●りゅうし(The キャンプ)…ギター


●高津(シャビーボーイズ)…ギター


●河本(palitextdestroy)…ギター


●ドランキー伊藤(Xero Fiction)…ドラム


●あかねちゃん(ex.レジオキング)…ドラム


●わかなちゃん(ネルコスキー)…ドラム


●篠原さん(246スタジオ)…ドラム


●けーた(ビビビビ)…ベース


●鵜飼くん(HOIP)…ドラム


●長谷川(ワッペリン)…ドラム


●中川将治(ウイニーラジオショップ)…ドラム


●ryo-gくん(バカトケムリ)…ドラム


●もっちゃん(キャティビーンズ)…ドラム


●かじくん(ナトリネ)




なぜかメンバーになってくれているマルタ騎士団のようなメンバー


●カジカ(ソンソン弁当箱)…???

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-04 19:24:48

i GO for VSMYBLUES

テーマ:ブログ
9/3、VSMYBLUESのワンマンライブをサポートさせていただいた。バンド結成10周年の記念ライブ、さすがに盛り上がった。

セトリはこんなかんじ。随所にコメントを挟みながら紹介。
1.新曲
2.ドロップヒーローワールドエンド
3.プレイバックブルーハート
4.ミッドナイトカオス
5.アイソレーション
6.タッチ&ストレート
7.オールドパッション

一曲目以外はiGO時代の曲ばかり。俺がiGOを知ったのはドロップ〜なので、これをやれたのはうれしい。そしてお客さんもこれが2曲目ということでテンションダダ上がりだったね。タッチ&ストレートは本当にこの曲が好きな人がいるので、今回できてよかった。ライブに来て好きな曲が聞けることほどうれしいことはあるまい。ワンマンならなおさらである。

8.再生
9.ミスターノーフューチャー
10.40年
11.話をしよう
12.日本
13.誰も死にたくはない

制作中のアルバムと、前作TRUE or FALSEからの曲。ミスターノーフューチャーと再生は、自分がiGOに関わって最初に出来た曲。自分としても感慨深い。ベース的な話をするなら、ミスターノーフューチャーでスラップ奏法を取り入れている。最近はそんなに多くないけど、2000年代初頭はたくさん使われていた。ミクスチャー世代なのである。

14.バリアフリー
15.easy boy
16.だらすこ節
17.荒海節
18.IN THE CITY
19.青春
20.I×T×R

後期iGOのセトリに野田村に捧げる曲を混ぜたハイブリッドなターン。VSMYBLUESと名前を変えたのはやっぱりだらすこ節ができたのは大きいと思っている(メンバーが言ったわけではなく、あくまで私の予想であるが)。
iGOはロックバンドであるが、ロックだけのジャンルに収まらなくなってきた。だけど「ロックバンドiGO」を見に来た人たちに物足りなく思うかもしれない。なので改名することで、よりジャンルに幅が出てきた…と、勝手に思っている。ちなみに私は荒海節が好きだ。

21.反動
22.UNDER THE RAINBOW
23.ハローディスティネーション
24.パーフェクトリバティボックス
25.VSMYBLUESのテーマ

ここまでで本編終了。パーフェクトリバティボックスという曲が死ぬほど好きなので、演奏できるのはサポート冥利につきる。

アンコールはTWO FOURと、元竹電の山下を交えてのFUN!!FUN!!ファンファーレ。山下がステージに立てたのがうれしい。
リハーサルのとき、けっこう声が出てなかったんだ。当然だ、歌ってなかったのだから。しかし、本番は見事な歌声。彼はライブ後に言っていた。「やばい、楽しかったわ。」と。どれくらいの人が彼を楽しみにしていたか知らないが、彼があれだけ楽しく歌えていたのは間違いなくお客さんたちのおかげだ。彼に代わってお礼を言うをありがとう。ちなみに俺は演奏しなかったので、客席で楽しんでいた。

友情出演のTWO FOUR。これがまた最高であった。
一曲目がまさかの「素敵なミュージック、素敵なライフワーク」!最高だろこれ。一気に2008年の気持ちに戻してくれたわ。2曲目のアスファルト照らす太陽の歌も最高。猫町くんが入ってバンドの雰囲気が変わったが、その中でもダブっぽい感じが本当に良い。もっとこうすけのボーカルにディレイかけたくなる。
最後の曲も良い。あれ聞くとこうすけのギターテクに感動する。

これからもVSMYBLUESは続いていくだろうし、自分もサポートはできるときはどんどんやっていきたい。とりあえず次のVSMYBLUESは9/18今池まつり。その次は10/1atハックフィン。そのときのベーシストはなんとiGOのケンタくん!楽しみだ。

では。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-08-23 19:02:25

無駄をするのが人間だ。

テーマ:ブログ
プロフェッショナル〜仕事の流儀〜を見ていたら、タイトルの言葉が出てきた。ニコニコ動画の経営者の人の言葉。自分はいいなと思った。自分は無駄は必要なものだと思っている。減らすべきものは減らすのは大切だが、無くしてしまうと味気なくなってしまう。エンターテイメントに似ているなあと思う。無駄を最高に楽しむのは贅沢なことだ。「今日一日、何もしなかった…無駄な1日を過ごした」と言うよりも「今日は何もしなかった、たまにはこんな日もいいか」と思えたほうがいいしね。

ノムラセントラルステーションはドラムがたくさんあって、たまにツイッターなどで、「ドラムの役割とかもっとしっかりしたほうがよいのでは」という意見もあるのだが、あくまで無駄にたくさんドラムがあることが面白いので、私としては贅沢なことをさせてもらっていると満足している。
たまにDQS(ドラムが11台とかあるバンド)を見ていると、ちゃんと役割がタイトに決められててすごいなあと思うが、それはまたやりたくなったときに考えることにしよう。

ノムセンはしばらくライブはないのですが、誘われればやります。懐の深いライブハウス及び、イベンターのみなさん、もしよろしければ、声をお掛け下さい。

では。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-30 01:52:37

スタジオの大掃除。

テーマ:ブログ
度々紹介しているが、我が家にはスタジオがある。今日はここの大掃除をした。楽器類を全部出し、片付けをして掃除機をかけた。ハイライトはカホンの中からトミカのパトカーが出てきたときであった。リスは自分が採ったドングリを土に埋めて隠すが、どこに隠したかよく忘れるらしい、トミカをドングリに見立てて思わず笑った。 
スピーカーケーブルの断線も見つかり、割と大掛かりな作業となった。

夜はクラムボンのコピーバンドで練習をした。ドラムはおなじみnothingmanの太田くん、ボーカルは紙コップスのキクちゃん。年に一回くらいのペースでライブをしているのだが、今回も実に良い。

12/30 クラブロックンロール「ドランカホリック!」
開場 18:30 / 開演 19:00 前売 / 当日 ¥2500 (3チケット付) 

YiS
のむ~んボン
HOSHINOKU’S
 
日付的には今日だね。
是非来てね。
取り置きはnomoon79@hotmail.comまで。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-12-29 00:09:15

年末。

テーマ:ノムセン
今日は仕事納めの1日だった。
朝起きてすぐに職場に電話。
「すみません、今日は大掃除をするので有給を使います。」ということで仕事が納まった。
で、今日はひたすら大掃除をした。まだまだやり足りないところは多いが、そこそこはきれいになった。明日は自宅スタジオをきれいにする。

年明けはノムセンライブが決まった。

2016.01/03
ロックンロール新年会 -宴-
開場 18:00 / 開演 18:30前売 / 当日 ¥2500 *1DRINK&お鍋1杯付
バンドやろーぜ!
ノムラセントラルステーション(小)
フジファブリック専務バンド
D.pride
The Freak
*振る舞い酒有り

おなじみロックンロールのライブ始めイベント。
今回は小編成ということで、メンバーは
<ドラム>
ニンさん(マイクロタゴスなど)
神田くん(ex.不完全密室殺人)
かじくん(26時)
<ギター>
大森(百長)
そしてベースボーカル野村。

今回のライブをプロモーションとして、「大丈夫!ロックンロールでもライブ、できますよ!今年こそはよろしくね☆」
と、サカスプに応募するつもりだ。

みんな、よろしく!

では。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-03 12:51:37

nothingman「Ocean」

テーマ:ブログ
nothingmanのフルアルバムを購入した。アルバム「ライトマイライフ」以来応援しているバンド。
で、聞いてみた。ツイッターではベースの今井くんが「10年の結晶です」とリプをくれたが、自分はいい意味でまた違う印象を受けた。言うなら「10年間やってきたnothingmanの今」とでもいうか。

まず最初に速い曲スタートでなくなった。ドリームキャッチャー、あと少し、スローモーションなど、CDの1,2曲目にアップテンポな曲を入れてくることが多かったが、今回は1曲目openingから2曲目loop the sunへの湧き上がるような熱量。これ最高。

3曲目はシングルのタイトルチューン、「この時代を愛していてね。」

4曲目にしてアップテンポの曲。
アトミックハートにおけるイノセントワールド。
cult grass starsにおける世界の終わりなど、名曲は4曲目なことが多い。
Oceanにおける「空に歌えば」になるか。

5曲目はnothingmanがよくやるプラットホームの生活音を最初に入れた「home town」。コンピレーションアルバム「circle of life」に収録のミドルチューン。

6曲目の「窓の向こう」は、じっくり聞かせたいとともに、アルバム全体を落ち着かせるキーになる曲。

7曲目の「相思相愛」は、この曲の初披露の瞬間を俺は知っている。幸せの順番のアンサーソング的な曲だと思う。

8曲目「地平線」11曲目「グッバイグッドラック」は「この時代を愛していてね」のシングルに収録の曲。

最後にしてタイトルチューンの「Ocean」はまさにnothingmanというべき絶妙なところをついた曲。

全体的にはnothingmanらしさに溢れているが、楽曲にしろアルバムの展開にしろレベルアップしている。「今の」nothingmanを堪能できるアルバムである?もちろんこれができるまでの10年間があってこそのことだと思うので、今井くんの「10年間の結晶」というのも納得。

あらためてnothingman、アルバムリリースおめでとうございます。
{97199197-1741-45B0-9373-6DA2177582C9:01}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。