1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月10日

敬老のつどい

テーマ:枚方市議会

9月9日()

午後に、敬老のつどい が枚方市民会館大ホールで開催されました。

来賓として第1部の前半だけでしたが参加しました。

 

201681日現在

枚方市の人口は 405,072

65歳以上 106,598人 高齢化率26.32

100歳以上 145(男性17人、女性128)

最高齢者(女性109歳、男性105)

 

ご長寿本当におめでとうございます。

 

「人生の先輩方」という表現を蓮舫さんがされました。

良い表現だな、と思います。

 

私の両親も健在ですが、二人とも80歳代です。

 

一人ひとり大切にされる社会を求めて…

 

1部では、来賓が降壇した後、優良老人クラブ・ひとり暮ら老人会の表彰、高齢者保健福祉月刊啓発標語特選作品の発表と表彰、小学生の作文発表等が行われました。

残念ながら次の予定があるので、ホールを出ました。

特選標語「年重ね 今日も笑顔で声掛け合って 助けられたり 助けたり」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年09月10日

9月3日

テーマ:活動

93日は、朝から忙しい一日でした。

 

民進党として初めての代表選挙が、2日に告示され、第1回候補者集会が大阪で開催されました。

 

蓮舫候補・前原候補・玉木候補 三人がそれぞれ決意表明をされ、候補者間討論、ゲストスピーカー発言とその発言に対して、候補者がそれぞれ述べられました。

会場からの質問もあり、11:0012:30と短い時間ではありましたが、盛り上がったのではないかと思います。

新しい民進党の顔になる人です。神本中央選管委員長が「民進党の結束につながる代表選になることを願っています。」と発言されましたが、その通りだと思います。

 

 

午後からは、第27回大阪・母と女性教職員の集い に参加しました。

―子ども・教育・人権を語ろう― と毎年9月第1土曜日に行われています。

「わたし・あなた・みんながありのままでいられるように」がサブタイトル

 

全体会は

開会行事として実行委員長や来賓のあいさつ、基調報告、集会アピール採択

シンポジウム

「マイノリティ女性の声が届く日まで!~国連女性差別撤廃委員会日本審査に参加して~」

解放同盟中央女性運動部(中田理恵子さん)

アプロ・未来を創造する在日コリアン女性ネットワーク(李月順さん)

DPI女性障害者ネットワーク(藤原久美子さん)が、山﨑鈴子さん(部落解放同盟中央女性運動部部長)のコーディーネーターとして、それぞれ取り組みを報告されました。

国連女子差別撤廃委員会 (CEDAW) が今年3月、日本政府に女性差別解消ための政策を実施するよう求める勧告を出しました。

その主な内容の中で「マイノリティ女性への包括的な差別禁止法の制定」があり、フォローアップ事項として、実施状況について2年以内にフォローアップを行う一つに、「アイヌ・在日韓国朝鮮人・移民女性等に対する偏見解消に向けた取組」が出ています。

その勧告を引き出すための精力的な活動を聴くことができました。

とにかく、マイノリティ女性の課題を可視化するために実態調査が必要ということで、実態調査をそれぞれの団体独自で行われ、その内容も聴くことができました。

勧告は5回目となりますが、なかなか取り組みが進んでいないのが現実です。政府が勧告に対して、まじめに取り組むことを望むとともに、私たちが勧告をどのように活かしていくのか、も問われています。マイノリティ女性の複合差別について可視化を図り、とりくみを進めていきましょう。

 

夜は、楠葉へ…

みん里☆0円こども食堂が昨年10月からスタートし、1年を迎えるということで、こども食堂「みんなのつどい」に参加しました。

活動の紹介や、ボランティアのおかあさんのことば、みんなで歌ったりと、楽しい時間となりました。地域の皆さんが、こども食堂を通してつながっていることを実感できるそんな時間でした。夜ご飯を食べましたが、二次会にも誘っていただき、さらに新しい出会いを楽しみました。

とにかく梅原先生をはじめみなさんとってもキラキラしているのが、すごいですよね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月27日

2016大阪教組 夏季セミナー

テーマ:活動

819日~20日 大阪教組夏季セミナーに参加しました。

講演Ⅰ

子どもの貧困「まずは、ごはん!」をどう支えるか

講師:徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループ)

大阪子どもの貧困アクショングループの立ち上げに至るまでの、ご自身の活動も含め、あつい思いを聴かせていただきました。

日本では、この貧困問題を自己責任で終わらせようとする風潮があります。生活保護バッシングもそうですが、「自分が悪いのに、何で税金を投入しなあかんねや」と…。

相対的貧困と絶対的貧困の違いを理解できていない人もあるようなので、貧困の見えにくさもありますが…。

規制緩和で非正規労働者の増加、男女賃金差、住宅問題、奨学金問題等々、結局は国の施策の問題、国の責任なのです。

何が必要か…諸外国並みに子どもたちに公的資金の投入と人による支援です。

「まずは、ごはん!」からつながり、温かさを伝え、SOSを出せるひとへ ⇒ 子どもが歩いていける距離にひとつ、子どもが駆け込めるような居場所や人を!

          

「当事者」の声を聴くことを重要視した活動をされている徳丸さんのお話は本当にパワー溢れ、ストレートにその思いに共感し、これらの課題に自分なりにとりくんでいかなければ、と改めて思いました。

 

大阪子どもの貧困アクショングループとは…

○「まずは、ごはん!」こどもの「今」をサポート。セーフティネットから抜け落ちる親子とつながり、公・民のセーフティネットにつなげ、生活を安定させるためのサポート。

○短期的な緊急介入、中期的なモデル事業「養育の社会化」、長期的な政策提言と活動を展開。

 

 

講演Ⅱ

スマホ時代の子どもの現状と対策~実例から考える学校での取り組み~

講師:石川千明さん(一般社団法人 ソーシャルメディア研究会)

SNSの利用者の低年齢化、コミュニケーションがしづらい子どもたち の現実を知り、

ネットトラブル事例やその対策を聴きました。

マナー常識ももちろん身につけていかなければならない範囲のことにもなるのですが、やっぱり人権意識ですよね。

LINEでのいじめの問題も面と向かって言葉を交わすのとは違って、文字づらでの誤解から生じるトラブルにびっくりしました。

インターネットが無くなるわけがないので、正しく怖がらせて、正しく使わせる。

そのために啓発活動が必要ですが、それは子どもだけではなく大人の問題でもあるということでした。

「スマホの問題は使う側の心の問題であり、子どもにさびしい思いをさせない」と。

 

 

講演Ⅲ

一億総活躍社会の意図するもの

講師:竹信三恵子さん(和光大学)

「非正規雇用」の現状と課題ということで、いくつかのデータをパワーポイントで説明されました。「正規雇用と非正規雇用労働者の推移」「非正規雇用労働者の推移(年齢別)」では、特にアベノミクスで、労働者が増加したと言われているが、その非正規率は高くなっており、また社会保障等の問題で短時間パートが増えていること、年齢別では、働き盛りの年代に非正規が多く、生活が成り立たない実態、また高齢者の非正規雇用も増加しているので、年金だけでは生活できない実態等を指摘されました。

そのことを確認したうえで、1)「一億総活躍社会プラン」の中身 2)一億総活躍策と国民搾り上げ作戦 3)日本の格差拡大 4)何が必要なのか レジュメ通り予定時間いっぱいを使って詳細に話されました。その勢いに圧倒された感があります。

アベノミクス、安倍の経済政策は、総活躍と言って、福祉の後退(税金を弱者に使わない)をさせ、公共サービスを女性・高齢者に担わせることであり、民のためのものではなく、企業のためのものである。規制緩和を進めることによって、非正規と同じ労働条件の正規が増え、人件費の圧縮企業のみ儲かると。

右肩上がりの経済成長など望めないのが現実、成熟した社会の持続可能性を求めなければならないわけで、転換が必要であると、社会保障を減らして軍備増強してどうする?! 近隣諸国と事を起こさない外交が必要である!!と怒っておられました。

その通りです!!  民進党への苦言も呈しておられましたが、納得するところもあるので…。

 

大阪教組の夏季セミナー 書記長の「とりまく情勢と大阪教組のあきのとりくみ」も含めて多くのことを学ぶことができました。教育課題、子どもの貧困の問題等々しっかりととりくんでいくエネルギーをいただきました。

 

 

82021日は、枚方まつりが開催されていました。

21日に、保護司会のブースで社会を明るくする運動の一つとして、風船配布やアイスクリーム販売の店当番をしました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
















Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み