試みの水平線 【道北旭川発 ニジマス釣り日記】

ラパラジャパン・フィールドスタッフの のむ子でございます。
北海道の上のほう、道北旭川でニジマスをルアーで付け狙っておる自称「ニジ屋」で御座います。

あけましておめれとうごさいますよ(・∀・)ノ

テーマ:

どうも のむ子ですよ。


先日、ブックオフでCDを眺めておりましたら、横で店員さんが棚の整理をしておったんですがね。永遠の名盤・BON JOVIのNewJarseyをためらいもせずに「N」のコーナーに置いていったので激怒しました。




そんな話わどうでもいいんですがね。







【2月19日(日)】
晴れときどき雪


さて日曜わ寝坊しまして10時半に起床しましたワシ。こうも毎週毎週寝坊しておりますと最早いつも通りであり、焦りも慌てもせず、超のんびりと出発進行(*´ω`*)


とくに用もないのに釣具屋に立ち寄ったりしまして、店長としょーもない話をしておりましたら、話の流れで先週のリアルへらにじ川に行くことになってしまいましてなあ。


あの川わ遮蔽物があんまり無いのであり、オバハン下やらカバー下やらの物陰で油断しておる魚がおらず、昼間わ少々やりにくいのであり、今日わスカッと晴れとりますので、なかなかマンドクサイ展開になってしまいましたわい。ふむう、、('・ω・')





ほんなんで先週の川に到着。なんとな〜く水が多いような気がしまするが、あまり気にせずスプンをヒラヒラ。しかし反応がございません。それならばと重いルアーを探しますれば、ルアー箱の隅っこで「 我関せず(=_=) 」みたいなツラをしとった18グラムのテツジンを発見。


たまに仕事せな二軍落ちにするど!とテツジンを脅してキャスト開始。橋の上流から橋脚をかすめるようにダウンでキャスト。ドカンと着底させてからテロテロ巻いて、橋脚前で微ストップとかしてましたらドカンと地球がヒット(汗)


なんとか無事に回収しまして、ふたたび同じことを繰り返しますれば、案の定また地球がヒット。みたび同じことを始めて、みたび地球がヒット(TдT)




そんなことを5回ぐらい繰り返しますとだんだん嫌になってまいりますが、残念ながら止めるつもりわありませぬ。まったくありませぬ(๑•̀ㅂ•́)و


、、冬に水が多い。これすなわちどっかから雪解け水。超冷たい雪解け水。お魚いわく「 おらたづもう寒くで動きたぐねえがらな。今日わ底のほでずっとしてるべそうするべ。晴れてっがらっでいづでも元気なわけじゃねえがらな。」



ちゅうことであり、本日わボトム一択であり、それならヘヴィスプーンのボトムノックやら、底からちょっと浮くような普通のバイブレーションでいいんじゃねーの?みたいな気もしますがね。

それだとルアーの体積っちゅうか、身幅があり過ぎるのであり、そんなもんこの川で巻いたら虹鱒より先にアメマが襲いかかってくるのであり、ただでさえヤル気が出ないのにそんなゴロンとした物がくえるか!作り直してこい!(# ゚Д゚)


と、ニジマスが海原雄山みたいなことを言うかわ知りませんがね。こーゆー季節のこーゆー日のこーゆー天気のこーゆー場所でわ板バイブでございましょう。たぶん。





そんな感じで、黒いテツジンの黒いフラッシングパワーで橋脚前をしつこくしつこくベタ底微ストップなどしておりましたら、こんなのがガツンときましたよ。


テツジン18グラム(BFCG)





やけに色づいて、お腹まるまる、、、

アカン!これわママニジや!さっさとリリースせねばねば(¯―¯٥)





ざっくり69センチのビッグママ。ほんまゴメンなさいよママン。元気なタマゴ産んでくださいませよ〜(*´ω`*)




ほんな訳で、冬産卵組のニジッ子達もブライダルシーズンに突入のご様子であり、これ以上パパママ虹鱒達の邪魔をするわけにわいきませぬからなあ。
実釣時間30分ほどで早々に撤退しました日曜日だったのであり、帰ってもやることが無いエリート喪男のワシ的にわ大変困りましたとかそんな話でした。ハイ('・ω・')





※よんぺい殿から「ダサい曲を貼れ!」との無茶な指令を受けましたので、ダサカッコイイ曲でお茶を濁したいと思います。






↓さあ!スターソルジャー世代のおまいら達!このバナーに1秒間16連射を決めるんだ!
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


どうも のむ子ですよ。


もう釣りの話とかやめて、ワシとまいやんが結婚するにわどうすればいいか皆で考えようぜ!(わりと本気で)



そんな話わどうでもいいんですがね。







【2月12日(日)】
晴れ


さて日曜わたいへんお日柄もよく、気温も高かったので絶好の釣り日和とあいなりましてな。いや、魚的にでわなく人間的な意味合いで(汗)


まあまあ、外遊びしやすいことわ間違いなさそうなので、ちょっと歩いてみるべと久しぶりにスノーシューなど装備しましてウチの裏の川を久しぶりに下がっていきましたらな。
去年の台風のおかげなのか、ずいぶんと景色も地形も変わっておりましたのであり、今日わお魚探しのストレンジャーになりそうだのう、、、ふむう('・ω・')




てなわけで川底の地形をスプーンで確認しながら探検スタートであり、本日の川底のむ子探検隊わ「 極寒の北海道!真冬の大河川に奇跡の巨大ニジマスを追え!!!ガーン!!!(←効果音) 」をお届けしますこうご期待。







探検隊の前に立ちはだかる氷の魔境!そこに隠された謎とわ何か!崩れ落ちる雪庇が隊員たちの命を狙う!道なき地獄の河原をすすむ川底隊のルアーに流木が牙をむく!だがその奥に伝説の怪魚・巨大ニジマスが息をひそめてい(長くなるので省略)





、、自宅から約1キロ、近所の○○川わ今なお底しれぬ大魚をいだく悠久の大河川である。我々わこの大河を捜索するため、最初の目的地である広大な瀬に到着した。まだニジマス探索の旅わ始まったばかりである。


休む間もなくアキアジ用のミディアムヘヴィの剛竿の準備を始めるのむ子隊長。巨大ニジマス相手に並大抵のロッドでわ命が危ない。百戦錬磨の隊長だが、その表情からわ不安の色が見える。

巨大ニジマスをおびき寄せるために、この日我々が用意したルアーわ40種類に及んだ。相手はただのニジマスでわない。この魔境の主として君臨する怪物ニジマス。その習性わ謎に包まれているからだ。





のむ子隊長が最初に選んだルアーは沈下速度に22グラムのモアシルダ隊員。まずわこの広大で水押しの強い瀬をしらみ潰しに捜索していくようだ。
渾身のフルキャストからリトリーブせずにゴロゴロと川底を探っていく地道な作業を続けていると、熟練のモアシルダ隊員が何かを発見した!



のむ子隊長 「 どうしたー!? 」


モアシルダ隊員  「 隊長!穴です!瀬尻ちかくに穴があります!!! 」





、、下流のヒラキに向けて、広大な瀬が一気に絞り込まれ、その重さを増した水流のなか、まるで釣り人を拒むかのように息をひそめていた川底の穴。果たしてこの暗黒奥に幻の怪物・巨大ニジマスが存在するというのか!!!




まずわモアシルダ隊員が穴への潜入を試みる。だが上流から押し寄せるブ厚い流れに阻まれ、沈下自慢のモアシルダ隊員ですら底まで届くことができない!


そこでさらに沈下性能の高い35グラムの五目スプーンジグ隊員で、穴の入り口より10メーター上流から再度潜入を試みる!



のむ隊長 「 よしッ!!!底に届いたぞッ!! 」





しかし先発隊わ何も見つけることもなくベースキャンプに戻ってきた。やはりこの穴でわなかったということなのか。




のむ子隊長 「 よし!潜入を諦め、穴から巨大ニジマスを誘いだそう! 」



第二アタック班わヒラヒラとした沈下姿勢とスライドの短いダートが自慢のXRCD5隊員と、ケツ毛自慢のビブラックス・バレットフライ隊員だ。どちらも穴の入り口付近に忍び寄り、巨大ニジマスが好むというダンスを踊るも反応がない。



その後も歴戦の隊員達がアタックをかけるが、一向にその姿をあらわさない巨大ニジマス。やはりここにわいないのか。その存在自体が空想の産物だったというのか。川底隊が重い空気に包まれたその時だった。



今回特別に川底のむ子探検隊に同行していた早巻きのスペシャリスト・カキピー隊員が決死の覚悟で穴にめがけて飛び込んでいったのだ!!!



固唾をのんで見守る隊員達だったが、早巻き自慢のカキピー隊員も大河川の重い流れに今にも溺れそうである。
これ以上のアタックわ危険だと判断したのむ子隊長が、帰還命令を出そうとしたその時!強烈な手応えとともに突如ロッドが絞りこまれ、一気に下流へと猛烈に走りだした!!!


巨大ニジマスの口を離すまいと必死に食いつくカキピー隊員!ついに伝説の巨大ニジマスが我々の前に姿を現したのだ!!!ガーン!!!(←効果音)





カキピー2016年モデル隊員。




あら?なんやねんこれ巨大ニジマスちゃうわイトウやないけ(笑)




ほんな感じで激レア物の近所イトウをカキピー号が引っ張りだしやがったという話であり、ウチの歴戦の隊員達が束になってかかってもサッパリ釣れへんかったのに、カキピー放ったら一撃でドンであり、なんなのカキピー、、、恐ろしい子( ゚Д゚;)




そんなカキピー号ですが、もうすぐ発売されるそうであり、詳しいことわルアーマン殿のブログにてチェキラウでございますぞう!!!(・∀・)



そんな話でした。ハイ。




今夜わ懐かしの808でもどうぞどうぞ




にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

テーマ:


どうも のむ子ですよ。


サチモスを買いそうになるヤワい心と戦っております今日この頃。あのようなオシャレ音楽に馴染んでしもうたら素敵な大人になってしまうのであり、それだけわ避けねばならぬ!ならぬのだ、、ぐぬぬ('・ω・')




そんな話わどうでもいいんですがね。







【2月11日(土)】
晴れ


さて土曜日わいつも通り寝坊しまして昼頃から近所の川へ。入渓地点わ新しい足跡だらけでしたが、先行者の車が見当たらなかったもんで油断して川辺に着きましたら、まだ粘っておられる若い方がおりましてなあ。 
 


ならばワシわ奥の方でやるべと先行者を迂回しがてらチョイとご挨拶。お話を伺えばルアーフィッシングを始められて4年目の冬だと申されますこの方。
いまだに釣りが楽しくて楽しくて仕方ないそうであり、週に数回わ出勤前に川に行くそうであり、今日わ休みなので朝から6時間ちかくアチコチで粘ってらっしゃるとのこと。






ナイスファイトであり、素晴らしい心意気でございますな!
(*´ω`*)






雪ニモ負ケズ、寒サニモ負ケズ、ボウズニモ負ケズ。ニジマスを釣るために不断の努力を惜しまないその姿に好感を持ちましたワシであり、懸命に頑張ってらしたらいずれ冬ニジの間合いやコツが分かってこられるはずでございます。

努力すれば必ず釣れるといふものでもございませんが、努力しなければ釣れる魚も釣れませぬ。ワシが今までお会いした名人や達人の皆様方わなまら努力なさってきた方ばかりであり、努力大事。とっても大事でございます(・∀・)





ほんなんでワシ的にわ超珍しく2つ3つアドバイスをしましてな。ほな頑張ってつかーさい。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラと颯爽と奥に向けて歩きだしたんですがね。

ちょっと行ったら流れで岸がえぐられてドン深になり、それ以上奥に行くのが大変そうになっていたので激怒しました。なんなのカッコよく去ろうと思ってたのに。超恥ずかしいんですけど('・ω・')






仕方ないので若い方からちょっと離れた場所でキャスト開始。薄っすら泥濁りしとったので先発わファイヤータイガー色のULシャッド。手前岸に流れが一気にぶつかっとるので、奥のトロ〜い辺りでデッドスティッキングしておりましたらヒット。


ULシャッド・ファイアータイガー色(FT)




うへえ、、、なにこれ気持ち悪い(汗)





デカめのリアルへらにじ。しかも無班。こんなもん昔わパルプの排水あたりにしかおれへんかったのに、最近わ妙に多いですなあ。どしたん旭川。なんかヤバいんとちゃうんか?('・ω・')






お次わサクラ色のカウントダウンディーパーを直アップ。先ほどワシの行く手をはばみよった岸際のエグれめがけてチョ〜ンチョ〜ンチョ〜ンと。おでんを指でつつくリズムでチョ〜ンチョ〜ンチョ〜ンとしましたらゴンとヒット(笑)



カウントダウンディーパー(NSRP)




おおお。なかなか良かサイズですぞう!





ざっくり52センチぐらいですな。ちょっと岸がナナメっておりましたもんで、見苦しい写真になってまいました。あいスイマセンです('・ω・')






これわもう2〜3匹おりそうだなと思い、今度わ秘密兵器の野村重工を投入。流れに乗せてベタ底をズリズリさせ、エグれのところで小ジャーク。食わんのでもう一丁おなじラインを流し、今度わ小ジャーク&小ジャークでドン!!!


野村重工(自作)





微ワニ顔。ちょいとスリムですが、こつらの魚もまずまずデカそうでございますぞ!(・∀・)





こつらも52センチほど。今日わラッキーラッキーが続きまして実力以上のものが出ておりますなあ(笑)





ほんなんでとても喜びましたワシであり、近くに人がいてるのも忘れて「 ウヒョー!!(・∀・) 」とか言うてましたら、先ほどの若い方が寄ってきてしまいまして超恥ずかしい(汗)

テレ隠しに「 このシンペンが何グラムで、これこれこんな風に沈むので、あの辺にキャストしてラインスラッグを、、 」などと能書きを垂れておりましたらな。


若い方から賞賛をいただきましたのであり、いや〜それほどでも〜〜とクレヨンしんちゃんのマネをしておりましたところ、その若い方が「 師匠! 」とか仰りだしたので、いやいやいやいや。それわちょっと待ちたまえよと。




いやね。ワテら今日初めてお会いしたですからね。ワシがどんな釣り人だか得体が知れないじゃないですかと。今日たまたま超絶ラッキーラッキーデーで釣れてたけど、普段わサ〜〜ッパリ釣れないハッタリ野郎かもしれないじゃないですかと。忍者ハッタリくんかもしれないじゃないですかと。


そんなワケの分からぬ輩の話を鵜呑みにしてわ遺憾かもしれませんぞと。せっかく貴殿が今まで積み上げてきたものがパーにまでわならずとも、かえって冬ニジまでの道のりが遠回りになってしまうかもしれませんよと。


もしワシが自称ベテラン(笑)でなかったとしても、貴殿とワシとでわ同じステディリトリーブでも巻く速さが違ったり、普段行っとる川も違いますので、ワシと全く同じやり方わ合わぬかもしれませんぞと。


自分の努力を信じなさいよと。ガムシャラに頑張ってきた自分を信じなさいよと。




よー、そこの若けえの。おれの言うことを聞いてくれ。おれを含め誰の言うこともきくなよ。

よー、そこの若けえの。きみだけの花の咲かせかたで。きみだけの花を咲かせたらいいさ!(・∀・)



 

、、そうしっかり言うてやれば良かったと思いますが、その時わ浮かれて「 さようさよう(# ゚Д゚) 」とか言うておりました小物感ハンパねえワシであり、後からチョイと反省しましたとかそんな話でした。ハイ。






こっちも名曲なんだぜ(*´ω`*)



にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。