こんにちはですカナヘイうさぎ
遅くなってしまいましたが、やっと更新!

25日土曜日!
栃木県内のうさぎやさん三店舗にて、
まろに☆え〜るでのイベントでしたカナヘイハート

なんと書店さんでのイベント!
私としてはニコニコ書店会議に参加させていただいたり、
宵闇倶楽部は書店さんでの開催だったりしましたが、
まろにでは初めてーカナヘイきらきら
本が大好きな三人なので、楽しみにしてたんですよーカナヘイ花
{05FDCE92-DEF5-4837-9796-7503A5D30196}
{3941836F-2930-4FCE-A9E4-72E84467D241}

各店舗さんでは、まろにの特設コーナーも!
私たちのオススメ本も置いていただいているのですよーカナヘイ花
ありがとうございますカナヘイきらきら
{C316255D-B309-408F-8615-8EDEEA2D4DC1}
{671F0685-711D-44B3-8A0C-391607A8965B}
{6676A69D-8341-4AB6-B857-A8F450C05465}
{61D6B7A1-249C-45B0-98B3-E8F1CF681C62}
私のオススメ本は、外薗昌也先生「黒異本」。
{73C21984-9E3D-4680-ADD7-EFE9FBC414EC}
こちらは漫画家の外薗昌也先生が蒐集した、実話怪談本ですドクロ
にわかには信じ難いような本当の話がみっちり詰まった、
けれども人間的でゾッとする怪談ばかり。
事実は小説より何とやら。
黒だけではなく、赤異本、白異本とシリーズがあり、
すべてコミカライズもされていますカナヘイきらきら
黒・赤はコミックスも出ていて、
白は連載中なので、webゴラクエッグさんで読めますのでぜひー!
あ、ちなみにこの「黒異本」。
読んだ方や関わった方に“障り”があった報告が相次いでいます…笑
外薗先生のブログをご参考にですつながるうさぎ上矢印上矢印

そしてもう一冊は、ランサム・リグズ
「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」上・下
(原題「ハヤブサが守る家)です鉛筆
{5550ED3D-9084-49C1-85B8-9B3CDF7134A8}
言わずもがな、ティム・バートン監督の最新作として
上映中の映画の原作です。
リグズの趣味が古い写真の蒐集だったことから、
持っている写真たちの設定を考える内に生まれたお話だそう。
基になった写真も本に掲載されているので、
想像も膨らむファンタジー!
変わった個性を持っているマイノリティーを
応援してくれるジュブナイル…。
映画と合わせてどうぞですカナヘイきらきら

自分のオススメ本!ということで、
各店舗さんごとに、手書きのポップも書かせていただきましたカナヘイうさぎ

{0B47AE2F-967F-428B-A0B5-AB9B4E1E8077}
三者三様のポップたち…
店舗さんごとに内容も違うので!
ぜひ店頭でお確かめ下さいませカナヘイ花
{9A31C9D8-79EA-46F0-967A-EB69F69E7A39}
{1D8F4870-98E1-4F5D-A414-5E67794EA926}

イベントの様子もちらっと載せちゃおうかなつながるうさぎ
こちらは宇都宮テクノ店さんでの様子!
じゃんけん大会…やってますねカナヘイびっくり
{F1074B48-243E-4418-A20C-C13C17B18011}

こちらは休憩中のお二人コーヒーカナヘイきらきら
スーパーセルフィーたいむ!
{B28A5967-D058-4329-ADE7-90183B346C82}
{C74426F9-BB3B-4B01-B47E-E5484DE4C154}
タリーズさんのソイラテをいただきました…カナヘイハート
うさぎやさん、ありがとうございますカナヘイきらきら
てかこの写真、もとこが
「いおりんの本柄の服の写真撮るの忘れたー!」
と言ったら、横に座ってたしたらしゃんが、
「代わりに撮るよ!」とめっちゃ撮り出したシリーズw

そう、この日は本柄+野乃花カラーのコーデでしたショートケーキカナヘイハート
{B40C60AE-030C-4D4A-938B-341951616AD7}
{6FA04525-2856-420B-B2C7-71645C827607}
{4AF509B1-DC46-4B20-8911-D5B72690AA44}
文学少女を目指して…!
(本を読むという意味では合ってるんだけど、
お淑やかさ的な…ねw)

横道に逸れちゃいましたがアセアセ
こちらは宇都宮東口店さんでの様子。
トーク、白熱しています…!
{A825CF12-CAE7-4FBD-97C5-DAC55D14E4AA} 

そしてラストは、自治医大店さん。
本への熱い想いがどんどん滾っていって、
みんなが引いてしまったんじゃ…カナヘイ!?と思うくらいの
テンションでした…あんぐりうさぎカナヘイびっくり
だ…大丈夫でしたでしょうか…?
{0A86FADB-5A27-437D-B913-90FAEFC4CCDD}

書店さんでのイベントで、たくさん本について
お話させていただけて、本当に幸せでしたカナヘイきらきら
最後の挨拶でもとこさんも言っていたように、
ぜひ皆さまにも本を手にとって、
自分の好きなものを探してほしいなと思いますつながるうさぎ
本も映画も、手に取ってみて面白くてもつまらなくても、
好きでも嫌いでも、無駄になることはないと思います。
ぜひ、自分の「好き」と「嫌い」を持ってほしいなー
なんて思っておりますカナヘイうさぎカナヘイきらきらカナヘイ花

最後になりましたが、地元から、そして遠くから、
足を運んで下さった皆さま、
本当にありがとうございましたカナヘイハート
なかなかアクセスが大変だった場所もあったとお聞きしました…。
そんな中、たくさんのえ〜ら〜さんにお会いできてうれしかったです!
アットホームで距離が近いあたたかさで、
私もほっこりした気持ちで楽しむことができましたカナヘイ花
またこういうイベントやりたいなーカナヘイハート
{E827C67A-1233-4109-B30D-44D9F9A25F32}

そしてうさぎやさん、日販さん、とちテレさん、
下野職員の方々…
関わって下さったすべてのスタッフさんにも感謝ですカナヘイきらきら
こんな素敵な機会を下さりありがとうございました!
{D785794C-65D7-467F-8C6E-57BF7A4E1F0F}

…P.S.
こちらは下野職員のスタッフさんからの差し入れカナヘイうさぎマカロンピンクマカロン

桜のモンブランなんておしゃれ…!カナヘイきらきら
持ち帰って来たのでw、ティータイムにゆっくりいただきますカナヘイ花
{8EC14702-A16D-4F00-ADAE-D0491F9E5772}

うりちゃんのICカードステッカーもいただいちゃいました!
{93DB42D8-C48F-49C1-9139-95560915F281}
ちゃんとそれぞれのカラー(私は赤)のをいただきましたーカナヘイきらきら
うれしいっっ大泣きうさぎカナヘイきらきら

ほんとに充実した1日でした!
{4C664029-AE19-4EDB-B082-AE58F766D18C}

今日の1本!『カムバック!』

テーマ:
続いてもう一本!

サイモン・ペッグが大好きな私ですが、
彼を語るには欠かせない相方がいます…。
そう、それはニック・フロスト!!
チャーミングなおデブちゃんのイメージがありますが、
そんな彼がキレキレのダンスを見せてくれるのが
『カムバック!』(14)。

{8A8F1B59-BDA6-49C8-A05E-5ED4A4D07C6F}
ブルースは子ども時代、妹とペアを組んで
数々の賞を総ナメにしてきた天才サルサ少年だった。
だがいじめられて大会を欠場してしまったことがきっかけで、
ダンスを辞めてしまう。
大人になり、平凡な会社員として働いていたブルースは、
職場に新しく赴任してきた女上司・ジュリアに一目惚れ。
しかしなんと彼女は、サルサを嗜むダンサーだった!
彼女を振り向かせるため、
ブルースは封印していたサルサと今一度向かい合うことにーー!

お話はホンッットーにベタですw
爽やか美人な女上司、
「あいつは俺に夢中だぜ?」となぜか自信満々な同僚、
そんな風に自信は持てず、気後ればかりの主人公。
でもね、またニックがそんな役どころが上手いんですカナヘイきらきら

ペッグとの共演作では、だらしなーいおデブとか
神経質なおデブとかオタクなおデブ、って感じでしたが、
『キンキーブーツ』(05)で見せてくれた
むさい偏屈偏見男もインパクトありましたし、
また今回も全然違うイメージを見せてくれます!
そう考えると、ペッグの顔芸と比べて
地味な印象がある気がしていましたが…
ニックは多才なんだなぁと再認識カナヘイきらきら

クリス・オダウド演じる同僚の
そこはかとない嫌な奴感もいい感じに効いて、
頑張れブルース!と応援したくなること間違いなし。

特にひねりもなく先が読める展開ではあるのですが、
ラテン音楽を聴きながらほっこりハッピーになるには
最適な作品!カナヘイハート

ペッグもわかりやすーく、わかりやすーい顔で
カメオ出演しています!
オススメですよー!



今日の1本!『日本で一番悪い奴ら』

テーマ:
深夜にこんばんはです…流れ星(ひっそり

ここのところまとめてどどーんと更新しているものの、
観たのにメモすら忘れていた作品があり…!
慌ててこちらでメモメモ鉛筆

『日本で一番悪い奴ら』(16)。
{8FA1902B-6A24-4E82-8479-AF0BE85D4935}

大学時代に柔道に精を出し、その腕っぷしの強さを買われ
北海道県警の刑事となった諸星。
正義感は人一倍だが、真面目すぎる性格からか
うだつの上がらない日々を過ごしていた。
しかしある日、先輩刑事から「刑事は点数だ。
点数を稼ぐため、Sをつくれ」と教えられる。
Sとはスパイのこと。
言われた通り暴力団員のSをつくり、
正義感の導くまま奮闘する諸星だがーー。

原作は、実際にあった事件の告白本。
北海道県警の実在事件なのですが、しかも2002年と
比較的最近の事件なのですあんぐりうさぎ

この作品の見どころといえば、
主演・諸星役の綾野剛さんの演技!
例のごとく、日本のドラマや映画をそんなに観る方ではない私は
綾野剛さんにも詳しくなかったのですがタラー
妻夫木聡さんと同じく『怒り』(16)の儚げで、
今にも消えそうな訳ありのゲイを演じていたのを観て
ガラッと印象が変わったのを覚えていますカナヘイきらきら

この諸星も、また表情が全っ然違うのですよー!
刑事になりたての時は、真面目で純朴そうな青年の顔、
でもSを率いてから、署内の評価が上がるにつれ、
どんどん横暴で偉そうな態度になっていくんです。
その変わりっぷりが本当に凄い!カナヘイきらきら
どっちが悪者だかわからないくらい。

話の内容的には、一人の刑事が人生を狂わせてゆく…
という実話を基に構成されているので、淡々とはしているのですがサッ
綾野剛さんの圧倒されるようなお芝居を観るだけでも
見応え十分かと思います!カナヘイきらきら

邦画のクライム映画がお好きな方はぜひ!