$ろーかるせん 旅の雑記帳-hana-to-otome
 近鉄富田駅の2番線、3番線ホームにある像です。「花と乙女」で作者は中川為延氏とありました。素材は、小野田白色セメントだそうです。

 近鉄名古屋線側を向いているものの、浅野セメントと小野田セメントが貨物輸送のために敷設した三岐鉄道に所縁の深い像です。

 中川氏は、1904年広島市生まれの作家で、セメント彫刻を多く手がけました。小野田セメントがスポンサーとなって開催している野外彫刻展「白色セメント造形美術会」の委員を務め、セメント素材彫刻の推進普及に寄与しました。

 ただ、この像は、いつ製作されたものでしょうか。どのような経緯で、現在、近鉄富田駅のホームにあるのでしょうか。
 中川氏は1967年に亡くなられました。三岐鉄道が近鉄富田駅に乗り入れたのは1970年です。