1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

高橋善丸著『ここちいい文字 The Pleasures of Typography』

テーマ:エッセイ
2017年02月18日(土)
 
 

 

グラフィックデザイナー高橋善丸氏の著書『ここちいい文字 The Pleasures of Typografhy』

出版して4ヶ月たった今も、青山ブックセンターに特設ブースがあるそうです。

おしゃれで、見ているだけで楽しいです。文字デザインの可能性にわくわくします。

この本にはあざみエージェントの本もたくさん紹介されています。

オススメですよ~♪

 

ちなみに、あざみエージェントの本で文字デザイン・ブックデザインとして

掲載されているのは以下の本です。

見開きページで右側に本の全体像、左側に文字デザインと

その説明(製作の契機や意図など)が掲載されています。

ちゃんと出版社名も掲載されています。

 

  西条眞紀句集『逆光』

  山内令南作品集『夢の誕生日』

  佐藤みさ子句集『呼びにゆく』

  小田切南句集『お母さんへ』

  平井美智子句集『なみだがとまるまで』

  西郷かの女句集『冬の陽炎』

  浮千草句集『夢をみるところ』

  倉本朝世句集『なつかしい呪文』

  弘津秋の子句集『アリア』

  熊谷美智子句集『ダリの抽斗』

  佐藤幸子句集『ブリキの夜汽車』

  

 そのほか、 私が詩遊社時代に制作した

 

  倉本朝世編『定金冬二句集 一老人』

  樋口由起子句集『容顔(ようげん)』

  中村マサコ句集『左手の約束』

 

などが掲載されています。

 

hakoniwa

「週末に読みたい本」でも詳しく紹介されています。

http://www.haconiwa-mag.com/magazine/2017/02/kokochiiimoji/

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

私の使命

テーマ:地球解放
2017年02月17日(金)

 

  私の使命は何かと考えれば「書くことなり」と天の即答  山内令南

 

この句は2011年、自宅療養中に書いた小説「癌だましい」で

文學界新人賞を受賞、直後にお亡くなりになった小説家・山内令南さんが

病床で書いた一句。

ベッドでは、いつも「紙をください」と看護師さんに頼み、パンフレットや

チラシの裏などに、エッセイのほかに川柳や俳句・短歌・詩などをまさに

命の火が消えるまで書き続けていたそうだ。痛み止めを打つと意識が

朦朧とするのでそれを拒否し、激痛に耐えながら書き続けていたという。

「書くは命 書くは使命」というメモが死後見つかり、柩に入れてあげた

というお話を伺った。

その山内令南さんの没後にそうやって残された川柳・短歌・俳句・詩などを

まとめてほしいと依頼されて制作したのが山内令南作品集『夢の誕生日』

 

私の使命ということを考えていて、ふと彼女のことを思った。

私はなぜこの時代に生れて来たのか。私の使命は何か。

それは地球解放のためのお手伝いをすること。

イベントが現実味を帯びてきた今、イベントに向けて少しでも

環境を整える手助けができればと思う。

私たちが本来のあり方に気付き、惑星地球が愛と光を取り戻すために

自分なりに出来ることをつづけていく、それが私の使命だと信じている。

自分自身の心の声に耳を傾けながら進んでいきたい。

私のハイヤーセルフ・ミラナスがバックアップしてくれているから、

勇気を持って、イベントに向けて必要な情報を少しずつ

アップしていきたいと思う。

 

 

【コブラレジスタンス情報】

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1782.html

 

私たちの地球はもうすぐ解放され、闇の勢力は一掃されるでしょう。

彼らがこれまで何をしてきたかがその時、一斉にメディアによって

明かされるでしょう。

 

 (イベント時のフラッシュ)

イベント時に届くソースからの強力なエネルギー

フラッシュからイベントまで15分しかかからない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

千金紋

テーマ:エッセイ
2017年02月15日(水)

 

先日、たった一日だけ大阪での時間があって

その日が奇蹟的に手相講座の日だったので

かろうじて出席できまして。これも神の思し召しか。
授業で、今年は人生をリニューアル・リセットする年、行動する年であること、

それとレア中のレアな手相のお話がありました。


何と、そのレア中のレアな線が私のてのひらに出現しているではありませんか!

「千金紋」という名前のその線。別名富豪線って言うんだそうですが、うーん、

そんな兆しのかけらもない介護の日々なんですけど~、

いやいや何事も信じることが大事。

ともあれ、その千金紋、シェアしときます。

ロト7、買ってみる?(笑)

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

土下座と排泄の世話

テーマ:日常あれこれ
2017年02月03日(金)

 

実家での四日間、自宅での三日間、しばらくはそんな往復。
実家には数段の階段があるので、車椅子用のスロープをレンタルした。

これでヘルパーさんの手間と、母の痛みがなくなって有難い。
土下座と排泄の世話が出来れば怖いものなしだ。

誰でもかかって来なさい~(笑)

 

 

食材の買い出しにお隣の駅へ。

もちろん、無人くんです~(笑)

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

実家で

テーマ:日常あれこれ
2017年01月27日(金)

 

実家の庭の雪が朝日に輝いている。
泊まり込んで4日目、母は相変わらず立ち上がることは出来ないけれど、

少しずつ痛みがやわらいで、私も介助にも慣れた。

来週には母のリハビリができる病院施設へ行く予定。

週末は大阪に一旦戻り、来週改めてこちらへ来て2,3日過ごす。

週末は弟が来てくれるし、その他の日にはヘルパーさんに家事援助に

入ってもらうように手配した。

しばらくは大阪と和歌山の往復になりそう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

母の腰椎圧迫骨折

テーマ:日常あれこれ
2017年01月24日(火)

 

母が腰椎を圧迫骨折して立てなくなったと連絡が入った。
これから実家へ。

最初に受診したクリニックの対応に疑問を持っている私。

母の激痛に耳を貸さなかった医師。

軽い鎮痛剤を処方しただけでほったらかした医師。

それどころか我慢して動けと…。風呂に入ってもいいと…。

おかしいじゃないか。

あれから一週間、骨折当初は立てた母だが、

今は全く立つこともできなくなってしまった。

別の病院を受診すべきか、父と話し合わなくては。

母や私が直面している厳しい現実がある。

でも、もちろん、それを包んでくれている宇宙の大きな愛を感じてもいる。

 

母が一日も早く回復しますように。お守りください。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

木のことば

テーマ:ひかりのメッセージ
2017年01月20日(金)

 

今朝のルネッサンスの丘は賑わっていた。

時間が少しずれただけでこの丘の様相は一変する。

 

いつもの楠木に触れる。いつものご挨拶。

今日は賑やかだろう?と返ってきた。

昨日、目を大事にしなさいと言われたから

昨日は少し目を休める日にしましたと報告する。

 

ルネッサンスの丘を降りて舗道を歩いた。

空が明るい。見あげると裸木。

そうか…そうだな、と。

還暦を目前にして、どうあるべきかの答えが

そこにあった。

 

私はこれまでの人生でたくさんの人と出会い

その出会いの中で多くの学びを経験させもらって

ここまで歩いてきた。有難いことだ。

でも、一方ではそこまで伸ばさなくていい枝を伸ばし、

そんなにつけなくていい葉っぱをたくさんたくさんつけて

結果的に、自分自身を暗くしていたんだなぁ。

ここらで裸木になってみるかぁ~

シンプルに純粋に自分自身を見つめ、向き合ってみよう。

 

見あげた裸木はただただ潔く、うつくしかった。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

光は平等に愛を注ぐ

テーマ:地球解放
2017年01月18日(水)

今日の朝日。

光は全てをわけへだてなく照らしてくれます。

溢れる愛を注いでくれます。

人間も動物も植物もあらゆる生命あるものは

みんな愛を共有して共存しているんだと思います。

 

 

今日はこんなメッセージをご紹介します。もちろん、

長いのでかいつまんで。

 

「あなた達を支配、コントロールしている人たちは

何も見えていません。生命力の強さを 侮っているのです。

生命とは そんなに弱いものではありません。

どんなに固い土地、コンクリートからでも 芽は出てくるのです。

そして その芽から ほころび始め 固いコンクリートも崩れていくのです。

 生命力は コントロールできるものではないのです。

(中略)

 彼らは あなた達の真のパワー(生命力)を侮っているのです。

 囲めば何とかなる・・脅せば何とかなる・・と思っています。

しかし脅されれば 脅されるほど 開き直りの時が近づいてくるのです。

やりたければ やればいい・・と、覚悟が出来てきます。

 覚悟ができた人は どうやっても従わせることができないのです。

 (中略)

こんなムチャクチャなやり方をする人たちとは付き合っていられません

・・もうまっぴらです、もうたくさんです、もうイヤです・・と

はっきりと主張できるようになるからです。

そして もう今のピラミッド社会にいるつもりはありません・・

と開き直ることが出来るからです。

今のあなたのピラミッド社会はあなたが支えているのです。

上にいる人たちが支えているのではないのです。

あなた達 一人ひとりが支えているのです。

その人たちが もうまっぴらです・・と支えるのを止めれば

すぐにそのピラミッドは崩れ去ってしまいます。

 

(中略)

 今まで自分たちが知らないうちに どんなにひどい社会にいたのか・・

はっきりとわかる時が近くなっています。

ですから もっとムチャクチャしてもらった方がいいのです。

ムチャクチャしてくれれば 今まで気が付かなかった人たちも

何かがおかしい・・と 感じるようになり いろいろ考えるようになります。

目が覚める人が 増えてくるということです。

ですから グルンとひっくり返る時期が早くなります。

でも ムチャクチャに共振して 怒りを持ったりしないでください。

 同じ土俵に立って振り回されないでください・・

遠くから 冷静に見てください。

そうすれば これまで見えなかったことがどんどん明らかになってきます。

人を長い間 恐怖でコントロールすることは出来ないのです。

恐怖は 続かないのです・・

愛がなければ 長く続けることは出来ないのです。

(中略)

 愛を求めて人は大きく動きます・・それが次の時代への流れです。

ピラミッド社会から横並びの愛に満ちた”個”の時代へと移行していきます。

その大きな流れ、うねりがもうすでにはじまっています。

そのことを信じてください。

 後ろを振り返るのではなく(今までの社会に怒りを持つのではなく)

これからはじまる新しい世界にフォーカスしてください。

それは あなたが好きなこと、楽しいことに集中する・・ということです。

その楽しい波動が次の世界を創造するのですから・・・・」

 

詳しく読みたい方はこちら↓

http://www.salon-muu.com/message/ashtar008.html

 

 

 

 

 


 

いいね!した人  |  リブログ(0)

本当は病気なんてないのかもしれない

テーマ:地球解放
2017年01月17日(火)

朝の太陽のかがやき。

一日のはじまりにあたって、ちょっと気になったことなど。

 

 

 

  病名に大阪湾の匂いあり
  病名は電車に乗って移動中  朝世

...

昔、「病名」という連作で、こんな変な川柳を作った私ですが、

最近、何故こんなに病名が増えてきたんだろうと疑問をもっていました。

環境の悪化?医学の進歩?それだけかなぁ。

そんな疑問に答えてくれるメッセージを受け取りましたので、

かいつまんでご紹介します。

 

「身体の不調には 出来る限り名前を付けないでください。
名前がついてしまうと 本当にその病気になってしまいます。
病気に名前がついているのではなく、名前が付くからその病気になるのです。
わかりますか?
反対なのです・・思考はエネルギーですから、病名を受け入れてしまうと

身体はその病名に即した(こういう症状になりますよ・・)と教えられた症状を

創造してしまうのです。
思考のエネルギーは 身体をデザインすることが出来ます。
だからこうなります・・と自分で思考してしまえば身体はそのようになるのです。

ですから ここのところ病名がどんどん増えていっているのです。
何も名前のない時にはそんなに重要視されなかった不調が

名前を付けられると立派な病気になり、 そこにフォーカスすれば

あなたの身体は本当に病気になります。
あなたの社会には 病気が増えると利益が増える人たちがいます。

そのことを わかってください。

 

病名は 気にしないでください。病名に振り回されないように

気をつけてください。(中略)
そして なぜ こんなに病名が増えて行くのか・・少し考えてみてくださいね。

環境が悪くなったせいだけではありません。 病気の人が増えると

誰が得をするのか・・周りを見てみてください。
少しだけでいいですので ピラミッド社会の仕組みに興味を持っていただけると

たくさんのことが見えてきます」

もっと詳しくメッセージを読みたい方はこちら↓

http://www.salon-muu.com/message/ashtar010.html

 

なるほど。
それと、病人だから入院するんじゃなくて、入院したら病人になるんですよね、

それは義母の介護を通して体験しました。

病人は病院で創られる!

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

タキオンヒーリングチェンバー体験記 余話

テーマ:地球解放
2017年01月14日(土)

 

【忘れていたこと】


全く失念していたことがありました。
チェンバーに入るきっかけは尾てい骨の負傷でしたが、
ロフトベッドから落下した時、同時に右足も強打して

捻挫と打撲がありました。
チェンバーに入る当日の朝まで湿布をしていないと
痛くて寝られない状態だったんです。
尾てい骨と右足、ダブルの痛みに悩んでいたんですね。


ところが、ところが、タキオンヒーリングチェンバー一日目、
入り終わってから、右足が「全く痛くなかった」ことに
気づきました。(遅い…)人間って痛い時は意識がいくのに
全く痛みがなくなってしまうと「忘れて」しまうんですね~
で、その事に今、「ああ、そう言えば」となったわけで。
もちろん、チェンバー初日終わってから、一切湿布なんて
貼ってません。だって、全然痛みがなくなったんですもん(笑)

 


【余談】

私は三年前から手相のお勉強をしています。

なので、自分の手相を毎日観察しています。

手相は自分の意識の変化につれてけっこう毎日変化します。

驚いたことに、タキオンヒーリングチェンバーを受けてから

手相が劇的に変化しました。本当に、劇的に。

手のひらにこれまで見たこともない線が数本、現れました。

これは驚きです。(さっそく手相の先生に報告しました)

現れた複数の線、自分なりに「あたり」を付けてみたんですが、

もしそれが本当に起きたら素晴らしいです

画像を先生に送りましたら、先生も滅多にない珍しい線だとのこと。

 

タキオンヒーリングチェンバー体験記をいくつか読んでいましたら、

体験後にソウルメイトとの出会いなど、素晴らしいサプライズが

起こったとの記述があって、それはすごく納得しています。

とにかく、今現在も、自分のエネルギー場の状態が以前と比べて

格段に良くなったのがわかりますから。

世界は自分の内側にある、自分が創り上げたものですし、

自分が変われば世界が変わるんですね。楽しみです。

 

チェンバーにはちょっと期間を置いて、あと数回は入らせて

いただこうと思っています。

それにつれて、自分自身や周囲の環境にどんな変化があり、

どんなことが起こるのか、また機会をみて書いてみたいと

思います。

 

このタキオン技術があまねくいきわたる時代になれば

全ての病はなくなってしまうと思います。

早くそんな世界になってほしいですね。

 

*尚、「タキオンヒーリングチェンバー体験記Ⅱ」に出てくる

「量子ゆらぎ調和器」の説明はこちら(「海野いるか堂」ブログより)*


「究極の量子ゼロポイント技術です。
4~10mの半径内の時空の基本構造を調和させます。
その半径内において人生のあらゆる側面(身体的・感情的・精神的)を
改善させます。ポジティブな意思決定と自由意志をサポートします。
タキオン化処理はしていません
間違いなく地球上で最強の保護と調和の装置!」

 

 

 

おわり

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。