ノマドの森から - from the Nomadic Woods -

移動を続けるノマドの森から届く不定期郵便


テーマ:
列車に揺られて6時間。
次の街、バンドンへ。
暑い、やはり暑い。
安宿を探して右往左往。
これはもうお決まりだ。
知っているのは友達から教わった携帯番号のみ。
さすがに初対面。
いきなり泊まらせてとは言いづらいので、
とりあえずは宿を探す。
だが、どの宿も汚な過ぎる。
一泊すらしたくない。
駅に戻り、公衆電話から彼に電話。
彼は、マレーシアの僕の友人から話は聞いていたよう。
でも突然の電話にびっくりしていた。
20分後、駅に原付で迎えに来てくれる。
友達が居て、本当に良かった。
「荷物はそれだけなのか?」
「これだけだよ。」
かなりびっくりしている。
僕の荷物は余りにも少ない。

原付の荷台に乗っかり、彼の家に。
彼は実家住まい。
姉と母が迎え入れてくれる。

彼の部屋にいくと、
そこはハードコア一色。
まるで僕の実家のよう。

そこでまた、ストーリーは始まる。

photo:01


バンドンまでの道程

photo:02


途中の村

photo:03


棚田

photo:04


バンドンの乗り合いタクシー
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
初めての南半球。
シンガポールから飛行機で赤道を越えた。

ジャカルタ、スカルノハッタ空港に到着。
シンガポールの空港が綺麗過ぎたせいもあるが、
それにしてもこの空港はかなり古ぼけている。
空港の時点で、ここはインドネシアだと感じる。

空港からバスでジャカルタ市街地へ。
暑い。やはり暑い。

バスは市街地のはずれのようなところで止まり、
そこからは歩いて安宿街を探す。

初めての土地ではいつもさまようのが定番だ。
バッグを担いで炎天下を右往左往。
地図はインターネットで探し、
パソコン画面に向かってデジカメで撮ったもの。
ほとんど手掛かりなし。地図の意味が無い。

地図は諦め、人に尋ねて回る。
英語が通じない。
安宿街の名前は「ジャラン・ジャクサ」(ジャクサ通り)。
それだけを連呼する僕。
現地の人も現地語と手振りで教えてくれるが、
手振りから理解するにかなり遠い気がする。

かなり歩いたところで外国人を発見。
白人なので英語は間違いなく通じる。
すかさず声を掛けると、かなり丁寧に教えてくれた。
そして、1時間は歩く必要があるらしいことも知った。

時間はある。タクシーやリキシャはよく走っているが、
それに乗るというオプションは持っていない。

水分補給してそれを絶えず発汗しながらひたすら歩く。
ついに辿り着いた少し汚い通りは安宿街の匂いがした。
それからさらにホテルを探し歩いてようやくチェックイン。
荷物をおろして通りに出て、インドネシアのビンタンビールを飲む。
ビールは今までの辛さを全て美化してくれる。

色々な匂いを吸い込んだ安宿街の路上。
外国人と客引きがうろつき、
夜になると娼婦がたむろする。
路上で飲むビールは、そんな風景も美化してくれる。


それにしてもジャカルタは人が多い。
バスには人が満載で、あらゆる道路が交通渋滞。
渋滞の隙間をバイクが走り回る。
車道脇の歩行者道路は、バイクの為の道になっている。
逆走するバイクは全然珍しくない。

ジャカルタでの目的は、インドビザの入手。
次に行く国はインドなので、ここでビザを取る。

書類不備で2回もインド大使館に出向き、
発給まで5日間、またインド大使館に受け取りにいかねばならない。

5日間もあるので、僕は次の街に移動する。
次の街はbandung、更なる冒険を求めて。

photo:01


ジャカルタ、スカルノハッタ空港

photo:02


ナシゴレン

photo:03


路上の卵焼屋

photo:04


ジャカルタの細道

photo:05


ジャカルタの夜


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
僕は、気がつけばマレーシアとシンガポールとの国境に立っていた。
ひどい二日酔いのままシンガポール行きのバスに乗り込み、
どろん、と眠りの底に居座っていたら、国境まで来ていた。
意識もおぼろに出入国審査を済ませ、また同じバスに乗って、
シンガポールの街中のちょっとはずれに辿り着く。

僕のシンガポールの最初の印象は、
シンガポールは思っていたほど綺麗ではない。
道にゴミを落としても、タバコの吸殻を落としても罰金の、
とてもクリーンな街を意識しているシンガポールだが、
全体がそうなわけではない。
公園ではビール片手にその辺に座り込んで談笑している人が何人もいるし、
吸殻も結構落ちている。
国全体がストイックでは無いことに、少し安心した。

バスは何処だかもわからない道端に僕らを降ろした。
近くの地元の人に道を聞いて地下鉄駅に向かい、
乗車して目星を付けていたドミトリーを目指す。
降り立ったブギスという繁華街はほとんど東京と同じような、
大都会のど真ん中だった。
大きいビルが立ち並び、マクドナルドやスターバックスなど、
国際的なチェーン店が目白押しだ。

インド人のカレー屋や中華系の食堂が多いのは、
マレーシアと変わらず、ここも多民族国家だからだ。
もともとはマレー人しか住んでいなかった漁村だが、
今では中華系人口が70パーセント以上とマレー人を上回る。マレーシアと同じようにインド人も10パーセント近く住んでいるようだ。
宗教も多様で、お洒落なショッピングストリートに、
いきなりヒンドゥー教の寺院が現れたりする。

マレーシアでお世話になったハードコア仲間が、
シンガポールのハードコア仲間と連絡を取ってくれ、
ここではその仲間達と遊んだ。
夜のマーライオンをバックに酒盛りを始めた。

彼らが酒をおごってくれ、
ハードコアを酒のつまみに、夜遅くまで飲んだ。
音楽の話題に終わりは無い。話すことは幾らでもある。

翌日は早朝に起きてインドネシア、ジャカルタへのフライト。
翌日と言っても宿に帰って2時間仮眠を取り、空港へ向かう。
またしてもひどい二日酔い、というか酔ったままの出国手続き。
意識もおぼろに飛行機に乗り、気がつけばそこはインドネシアだった。

photo:01


ブギス駅周辺

photo:02


ヒンドゥー教寺院

photo:04


マーライオン
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。