訪問ありがとうございます!


畑の食育スクールko-tona garden nola は、

子育て専念のため閉じることといたしました。

今までありがとうございました。

↓↓


http://ameblo.jp/nolakotona/entry-12232880897.ht

  • 16 Aug
    • ヘアドネーションに憧れて

      ヘアドネーションに憧れて、ずっとショートだった髪を伸ばそうとしています。ウチタンスの肥やし候補上位なミナペルホネンのハギレ使って、くるみボタンヘアゴムを作りましたこれで、髪を伸ばすのにもモチベーションあがるかな?でも実は、もう切りたい気持ちがむくっと頭出しています。ヘアドネーションできるまで伸ばせるかなー道のりは長いぞ!サト

      1
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 蓮池

      先日、散歩してたら、ふと前がひらけて蓮池があらわれました。蓮池があるって知らなくて、びっくり。なんだかご褒美をもらった気分…幸せって、日常の中にキラリとするものかなそんな風に思ったある日サト

      6
      テーマ:
  • 04 Aug
    • タピオカ粉で

      アメリカ帰りの友達からもらったタピオカ粉。   何使おうかなぁって思ってたけど、 すぐ無くなりそう。   おからと、塩麹で蒸したかぼちゃとライスミルクを入れて   もちもち焼きドーナツ     甘みは、かぼちゃとライスミルクのほんのりした甘みだけ。     一緒につくるおやつは、楽しくて美味しい こんな時間が幸せだなぁ   1歳の娘もぱくぱく。   いつまで、こういうおやつを一緒に作って   「めちゃ美味しい〜」   って言ってくれるのかなぁ     サト    

      6
      テーマ:
  • 24 Jul
    • アレルギー実習にて…原動力は愛だなぁ…もう感謝しかないなぁ…

      今年、食物アレルギーの勉強をしています。11月まで、月2回程度、みっちり学ぶ予定。 自分の子どものため、そしていずれ地域のお役に立てるようになれば…と受講しています。 昨日は、アレルギー食と一般食の調理実習。コンタミネーションに注意しながら調理する人、調理器具にしるしをつけて、食器なども間違いが起こらないよう分けて。ポテトサラダと巣ごもり卵。キャロットクッキー片方はバターあり、片方は菜種油で 実習内容もよかったのですが、その後の時間がとっても良くて… みなさん手際よく早めに終わりそうだったので自己紹介しながら意見交換を行っていきました。 アレルギーっこのお母さん保育園の調理員さんに管理栄養士保育士幼稚園教諭助産師病院栄養士調理機器メーカー委託給食会社食品メーカーの品質管理 さまざまな職種の方がいらっしゃいました  その中で困りごとに対する「わたしのところではこうしてますよ~」っていう意見交換がわたし感動して泣きそうでした。  アレルギーっ子もそうでない子も隔たりなく安全に一緒に楽しい時間を過ごさせてあげたい。  そのためにかける手間と時間、工夫…小麦が食べられない子のために米粉パンを手作りする保育園安全に給食が届けられるように3重のチェック体制卵乳が入っていないおいしいパンを製造しているメーカーの情報交換に アレルギーっこもおかわりしたい。だからみんなのおかわりをアレルギー対応のものに。園外活動の時はアレルギーっ子はどうしてるか? それから、アレルギー対応をするために食品メーカーがかけているコストのことも。アレルギー対応食品をつくるために検査する費用、1ロットあたり何十万もするそう…ミートボール一袋の値段を考えたらアレルギー対応食品をつくることはほぼボランティア?むしろ赤字??でもそれを社会貢献としてとらえアレルギーっこのいる家庭を応援してくれる食品メーカー  そして、もう成人されているご自身のお子さんが重度のアレルギーで小中学校はずっとお弁当持ちだったおとなしい性格だと思っていたら高校になって、まわりのみんながお弁当になりみんなと一緒になったことで人が変わったように明るくなった お子さんは今、小中学校の頃は楽しい思い出がないという食べることが楽しいということは本当に大事お子さんにはかなわなかったけれど、同じような境遇の人の力になれればと、今こういうことをしているとおっしゃるスタッフの方 毎年、教育委員会と話し合いをして学校給食にも意見を取り入れてもらっているそう  それぞれの場所で行われていることをそれも、その方の熱量をのせてその声をきくことができて… この実習参加できて本当によかった。 真ん中には愛…原動力は愛だと感じました   息子が2歳のとき、3か月だけ保育園に通っていた時アレルギー対応してもらって 食べるの大好きだから、毎日一番に食べ終わって全種類おかわりしていたそう 「今日は、○○たべた」って毎日言ってた 息子の中には保育園は美味しい給食をみんなと食べておかわりも毎日して…きっと楽しい思い出とともにあるはず  今回、みなさんのお話を聞きながらなんてありがたいことだったのだろうと改めて…感謝 食べる時間は楽しい気持ちを共有する時間であってほしいなぁと改めて思った日でした。 サト

      14
      テーマ:
  • 20 Jul
    • 子どもとおやつ〜簡単すぎる!乳製品不使用アイスクリーム

      梅雨明けしましたね〜今年もアイスクリームの季節がやってきた今年も、くみんちゅさんのレシピにお世話になりますあっ。食べたい1歳の手が冷凍したバナナと、冷凍したお好みの果物くみんちゅさんはアガベシロップとかココナッツオイル入れてたかな?我が家は甘味は入れずに甘味を引き立てる自然塩を少し子どもと食べる時はココナッツオイルも今のところは入れてないけど今回は、昨年の秋に茹でてつぶしておいた栗を一緒にフードプロセッサーでガーってやるだけ今回は息子がほとんど作りました…って、材料入れてスイッチ入れるだけなんだけど…これは本当に簡単で美味しい栗はこのために冷凍しておいたのですーアルミホイルに包んでおくと、冷凍臭がしません砂糖たっぷりじゃない美味しいアイスクリーム乳製品アレルギーの息子も食べられる卵アレルギーの子も食べられる大人にとっても罪悪感なし次は何にしようかなぁ〜今が旬の桃、冷凍しようかなサト

      12
      テーマ:
  • 17 Jul
    • 名前のショートストーリー

      名前のショートストーリー作家のながたにひろこさんからわたしの名前のショートストーリーを作っていただきましたとても素敵なストーリーありがとうございます大地に耳を当てて心を澄ませる聴こえてくるのは根を伸ばし硬い土をほぐす音窓を開けるように両手をひろげて芽をだす音豊かな命の息吹この手に太陽と月をもち感じるままに創っていく奏でよう命の音を最近自分の中で「音」というキーワードが頭を離れなくて。大好きな音楽から近ごろ遠ざかっていたなぁ〜なんて思っていたら最近の疲れからか中耳炎になってしまってもう1週間もひどい耳なりの中にいてあぁわたし自分の内の声を大事にしてなかったかも、と落ち込んでみたり…耳が重くて痛くて不便で仕方ないのに歌いたい衝動に駆られて古いギターを引っ張り出してきて大好きな歌を歌ってみたら涙が出てきてびっくり。その日の夜にショートストーリーが届きました。音…わたしにとってはとても大事なものだったんだなぁとながたにさんのショートストーリーを読みながら手帳に書き留めました。大地の鼓動を感じて命の音を奏でてみたい。これから素敵な出会いがあるかなぁ〜もしかしたら、もう出会っているかな…ながたにさん、ありがとうございましたサト

      2
      1
      テーマ:
  • 07 Jul
    • からだを緩めて、こころを解き放って

      うららかサロンのしまちゃんと一緒に開催しています篠秀夫先生の、講座とワークショップ。第3回目でした。直前に、息子がアデノウイルスによる胃腸炎娘が謎の発熱39℃焦りましたが、当日には2人ともわりと落ち着いて母に預かってもらい、参加することができました(あぁ感謝!)篠秀夫先生の本はわたしにとって佐々木正美先生の本と並ぶ育児のバイブル篠秀夫先生のブログ森へ行こう実際にお会いする先生は小柄で穏やかでとてもパワフル。今回も、しまちゃんが声かけてくれて本当に良かったなぁと思う一日になりました。この日一番はじめのワークはなんと「千鳥足でフラフラ歩く」千鳥足でなんて、歩いたことない!篠先生に言われたように、ふにゃふにゃヨタヨタ歩いて行き交う人とぶつかるぶつかる…楽しくなってきて、途中から笑いが止まらない酔っぱらって千鳥足になってる人はこんなに楽しい思いをしているのかな普段、無意識にからだを緩めることなんてないから、からだがゆるゆる、こころも解きほぐされて頭もやわらくなっていく感じ。外に出たら、「きちんと」しなくてはと意識が働く。からだも頭も固いな、と思ったら、お家の中でたまには意識してからだをゆるめよう。それから、自由に木を描くワーク。同じ木なのに、大きい木小さな木葉っぱだけの木に葉っぱがない木緑一色な木繊細な木に力強い木その人の内面が出てくるワーク。わたし、実は絵を描くことは特別好きでもなかったのです。。。特に上手でもないしね。でも、絵を描くってこんなに楽しいの!?と、描きながら歌いたくなるぐらい楽しかったはじめは、画用紙を欲張りすぎたかなーと思っていたけど、紙面が足りなくてどんどんツギハギみんなそれぞれで面白い自分で抱えていたものを感じて、それを解き放ったようなその前に、からだと心をほぐしていたからだと思うのだけど、これは、今回わたしにとってとても大きな発見でした後半の座学ワークでは絵本から気質を読み解いていきました。読みなれた絵本が、こんな見方ができるとは…と面白かった。同じ絵本でも読む人の気質によって、共感できたり、理解できなかったり。気質って、もともと持っているものはあるけれどみんないろいろ持ち合わせていてその時その環境で出てくる気質が違っていたりこれを知ることで、普段イライラするような事が起こっても面白おかしく過ごせちゃいそう。自分から出てくる感覚を味わって、シェアするときにみなさんから出てきた言葉が素敵だったなぁ✨わたしにとっては、多治見の森のようちえん、森のわらべ多治見園でスタッフしていた頃にご一緒していてお久しぶりに会えた方々も何人かいてその方々から出てくる言葉があぁ、やっぱり〇〇さんの視点とか感じ方、〇〇さんらしいなぁ、素敵だなぁとしみじみ感動する時間でもありました。次回がまだあるなんて、なんて贅沢なんだろう楽しく満ち足りた気持ちで帰宅。 次回が待ち遠しいですご縁に感謝サト

      7
      テーマ:
  • 02 Jul
    • おさかなおさかな

      父子ふたりで、魚釣りに出かけて「つれたつれた」ってウキウキ口調で電話してくる我が家の男子たち帰ってきたら、ちーーーーちゃい鯖3尾くらいとそこそこの大きさのキス3尾くらいとこれまたとってもちーーーーーちゃい鯛。(イヤこれ返すサイズでしょ…息子がどうしても持って帰るとうるさかったようで)父「釣ってきたら、ちゃんと捌かないとお母さんに怒られるからな」と言いながら始めると息子、ぼくもやりたいと大騒ぎ…仕方なく一緒にやってあげる父片栗粉をまぶして油の中へ投入〜〜その間に母は玉ねぎ人参切って南蛮漬けのつけ汁作って…完成したのを写真撮るの忘れたよ興奮して電話してきたわりにちっちゃいやないかーい!と思いましたが美味しかった息子は揚げたてを頬張って「甘い〜〜」と嬉しそうでした〜自分で釣った(正しくはお父さんが釣った)お魚は特別美味しいよねごちそうさまでした息子は魚の図鑑を見ながら、「これはなんちゃらサバだ」←母全く興味なく名前覚えられなくてごめんと楽しんでおりました。お父さんとのお出かけ楽しめてよかったねサト

      5
      テーマ:
  • 26 Jun
    • やめても、続けていること

      大事に思っていたnolaをやめて(大事に思っていたからこそ、できなくなったのかな、、、) それでも、地味に、細々と、続けていること。  地元の新聞屋さんの通信のレシピ「のらさんの季節のレシピと豆知識」。2012年から始めて、6年目。 これを連載している間に生活はすごくかわりましたが、この紙面はそうかわっていない(そういえば掲載欄が大きくなったかな!) 6年目を目前にして、ドキドキしながら編集者さんにやめたことを告白したものの、「いや~でもこのレシピ好評で、毎月読者さんに反応いただくので…もしよければ続けていただきたいです」 とのことで…(イヤ絶対ハズレなレシピもあるよね!?絶対ハズレあったはず!)と思いつつ。ありがたい言葉に続けることになりました わたしとしても、毎月原稿を書くのは楽しみだったりして(時にはギリギリもがいてますが…イヤ最近子ども2人になって、もがき率あがってますが) そんなこんなで節目?の6年目は今までの野菜を使ったおやつからちょっと志向を変えて調味料シリーズをはじめてみました。(実は野菜のおやつシリーズがちょっと飽きたから…というのもある) 今回のテーマは「酢」で、いつも常備しているはちみつピクルスと和風ピクルス。 続ける場をいただいていることがとてもありがたい  息子を出産した日は締切日で娘を出産した日は締切日間際で でも月に一度のことだから、前もって2ヶ月分作って送ったりできて。(のに、肝心な6年目の4月号…息子のバタバタ入院などあって穴開けたのが悔やまれる…)  やめたいです!て言えば、多分、すぐやめられることなのかもしれないけど、 これは細々と続けたいな、と思える。わたしにとってやりがいにもなっているのかな、と思ったりしています。 もうしばらく、お世話になろうと思います。(担当Aさんにはほんと感謝) サト

      12
      テーマ:
  • 22 Jun
    • お弁当生活

      毎日お弁当。少しずつ、お弁当生活にも慣れてきたかなぁ…昨日の母弁当、息子弁当、娘弁当。今日の息子弁当。この間、お友達のお弁当にゼリーが入っているのを羨ましそう見ていた息子…似てるものを入れて見ましたカップの中はもずくだけどね息子はもずく大好きだからきっと喜んでくれるはずこのお弁当用もずく、保冷剤がわりにもなるしスグレモノですねいつも、お弁当箱空っぽになって帰ってきます。食べ過ぎだよね今日も元気に行ってらっしゃい〜〜サト

      6
      テーマ:
  • 21 Jun
    • アナベル

      庭のアナベルも今が見ごろ明日は雨予報ようやく梅雨らしいお天気なのかなぁ〜かわいいなぁ〜サト

      テーマ:
  • 18 Jun
    • 昨秋、少し風通しを良くしたからか、今年は梅がびっくり豊作。こんなにとれたのはじめて。計ってみたら、5kgくらい。今年は梅買わなくてよかったかもサト

      4
      テーマ:
  • 09 Jun
    • ストロベリームーン

      いつもなら、寝かしつけながら自分も夢の中。でも今夜はストロベリームーンだからかなんだかわくわく。あまりに明るくてキレイで…しばし月光浴今日の空は雲がとても素敵な表情をしていてわくわく…なんだろう、何か素敵なことが起こりそう今夜は、いつもより丁寧に髪を洗って前髪切ろう。なんかそれだけで新しく楽しいことが起こりそうな気がするサト

      8
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 篠秀夫先生の気質&体あそび

      うららかサロン主宰で理学療法士のしまちゃん(ブログ→日々の暮らしに笑顔をプラス!うららかサロン しまこの日々)の 「篠先生を呼びたい!手伝ってくれる?」 の言葉に 「うん、いーよ~」と乗っかった感じで始まった篠秀夫先生(ブログ→森へ行こう(心と体と子育てと))の気質の講座&ワークショップ連続開催計画。 全6回のうち第1回が終わりました 篠秀夫先生のことは森のわらべ多治見園のスタッフをやっていた時に知り  先生のブログも、(毎日この長文を…すごい、ていうか読むの大変)と思いながら読んでいました篠先生のブログは腑におちることが多く、それから先生の著書は自分のバイブルに。 そして先生の気質の話はわたしももっと知りたいと思っていたところで… まさかこのような形で、こんなに贅沢な時間を味わえるとは言いだしてくれたしまちゃんに、しまちゃんの背中を押してくれた森わら園長智ちゃんに感謝感謝  小柄で穏やか、でもアグレッシブな先生に引き込まれます。 わたしははじめと最後に一言だけあいさつするだけなのに人前で話すのが久しぶりすぎたか、なんだかぐでんぐでん。 今までだったら、それ結構へこんでいたけどどうでもよく思えるほど、幸せで嬉しい時間でした。 午前中は気質について知識を深めて(といってもまだ序章)   午後は造形遊びや     体を使って親子遊び      盛りだくさんな贅沢な時間おとなも子どもも本当に楽しそう 普段、こういう輪の中にはあまり入っていかない息子も篠先生の人柄と、一緒に参加していた大好きなお姉ちゃんにつられて徐々に楽しんでいました 先生のお話の中ではうんうんうなずきたいポイントがいくつも… 気質の話を聞きながら、あぁ!自分はだからこうなのか!とウロコがぽろりと落ちたり 講座外でおっしゃっていた人間は道具を使えるようになったから脳が大きくなった。脳が大きくなったから道具を使えるようになったのではない。考えるより動くが大事… そんなことが自分に響きました。参加したみなさんはどんなことが響いたのかな   それと。この講座の準備をしている中息子が長期入院を言い渡され、講座行けないかもと、代わりに手伝いをお願いしたり  結局、早く退院できてほっとしていたら直前になってしまちゃんの子が入院するかもとなり、大慌てで当日の引き継ぎ準備したり こちらも入院はしなくてすみましたが  幼い子連れで何かをするというのはある意味…爆弾かかえながら何かをしようとするようなものなのかも 子育て中に限ったことではないけどひとりで抱え込まず複数一緒にやるって大事だなぁ…と感じた講座でもありました。 大げさにいえばチームで動けばリスクマネジメントができるんだなぁと。(といっても、わたしがやってることはお手伝い程度なんだけど) あぁwakaba相方マドマドとも、「2人いると良いね」て言ってたなー(わたしは専ら頼る方(^▽^;)みなさんのおかげで生きてます。 とにかくとにかく、わたしにはとても収穫の多い第一回講座でしたありがとうありがとう  個人的には反省点もありましたが(次は下の子は預け先をさがそう…などなど)次がとても楽しみだなぁ 10月5日には智ちゃんと篠先生のトークライブが開催されるそう。そちらも楽しみ。 篠秀夫先生の著書。ポケットサイズで大事なこと凝縮されてます。↓ 子ども発見―子育てと自分育て Amazon  サト  

      6
      テーマ:
  • 20 Feb
    • ひよこ豆のお味噌♪

      ずっと気になっていたひよこ豆の味噌を仕込んでみました 我が家、味噌と梅干しはここのところ、生産量>消費量なので、、、仕込むのをセーブしていたのだけど、 やっぱり!作ってみたくなり。 偶然?家にどーんとあったひよこ豆で。 半日以上水につけて、やわらかくなるまでゆでてつぶして、、、 麹は、米麹のみで。おいしいお塩を入れてまぜまぜ 「おいしくなぁれ~」と言いながら容器に入れてちょうどいい甕が出払い中でぬか床用の容器出動…酒粕でフタしてカビ防止 できあがり~と、思ったら、嬉しそうに指で穴あける息子 「コラーーーーーーー!!」でしめくくるひよこ豆味噌仕込みでした ちなみに…酒粕がやけに細かいところは、息子が張り切ってちぎったところ美味しい味噌に育つのが楽しみだな サト  

      16
      テーマ:
  • 18 Feb
    • ひな人形に思いを乗せちゃう。

      今日は雨水。畑はじめの日だな~ってぼんやりと思いますが、 良縁に恵まれるとのことでひな人形を出すにはいい日だそうですね 我が家は先日よく晴れた友引だったか、まあまあいい日(店員さんが大安の日に届くように日にちを決めてくれたので、一応…ちょこっと六曜を気にしてみる)に、ひな人形を出しました  今年は娘の初節句。 母から、あんたの持っていきなさい~持っていきなさい~と何度も言われながらも、のらりくらりとかわしていまだ自分のひな人形は実家に。。。私が幼い頃に主流だったと思われる七段飾り。 このタイミングで偶然発掘された昔の写真。 母が子供のころ、ひなまつりに友達に呼ばれお家におじゃましたところ立派な七段飾りがあって それがうらやましくてうらやましくて仕方なく、私が生まれた時にはお雛様は絶対七段!!て思っていたそう。 そしてわたしは落ち着いた感じの木目込み人形に憧れ。そして逆に親王飾りだけのシンプルなものがいいなぁと思っていたりして。 地元の人形店ではとても華やかなものが多くて地味好きなわたしは(屏風は模様ついてないシンプルな金屏風がいいな~)とか(着物もあんまり金糸ない方が好きだな~)とか思いながら 店員さんには「渋好みですね~」って言われながら(『渋好み』って、いい言葉だ~地味が好きなだけなんだけど)そこでは決めきれず ちょいと足を延ばしてわぁコレ好きっていうものを見つけました。 シンプル店員さんが、自分で小物を作っても楽しいと教えてくれて(わぁ~それも素敵)って思ったけど、結局できていません 母はわたしが、わたしは娘に…娘に思いを託すオンナたちです娘は反動でもっとにぎやかなのがいいって思うのかも染めや織り、着物の色の話を聞いたりお人形を選ぶ時の顔の角度聞いたり、とっても楽しかった 桃の節句の日まで、楽しませてもらいます あの重すぎる七段飾りも、楽しむ方法を教えてもらったので来年あたり持ってこようかなあのお道具をいじったりするのが楽しかったりするもんね。 サト 

      3
      テーマ:
  • 10 Feb
    • さつまいもだんご

      息子とおやつづくり。白玉粉に、たくさん作ってあった焼き芋をマッシュしていれて、豆乳入れてこねこね…丸くするのはまだ難しいようだこないだ、小豆にりんごで甘みつけたのが美味しかったと聞いて、今回はりんごをすりおろして甘みをつけてましたりんごを刻んで食感があっても美味しいかもお代わり、おかあさんのぶんもやってあげるね!と親切によそってくれましたが、、、右→ぼくの左→おかあさんのだいぶ量が違いますけどねま、今回は許してやろう。。。優しい甘み。美味しかったですサト

      5
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 「家庭料理のおおきな世界」糸井さんと土井さんの対談が素敵すぎて。

      立春すぎました。   気が付いたら1カ月たってしまった。 お正月に、FBのお友達がシェアしていた記事がとってもよかったんです   ほぼ日刊イトイ新聞の 糸井重里さんと土井善晴さんの11回にわたる対談が わたしにとっては、何度も読みたい内容で   PCにブックマークしとけばいいんだけど、 ブログを読み返したときに、 コレがその時わたしの心に響いたんだなぁっていうのを記録しておきたくて。。。   大きくリンク 2017新春対談 家庭料理のおおきな世界   細かくリンク   第1回 黒豆の煮方、米の炊き方。   第2回 和食の2つの方向。   第3回 料理屋の料理と、家庭の料理と。   第4回 いのちの価値は「鮮度」   第5回 ええ料理ってなんやねん。   第6回 家庭料理は民藝や。   第7回 生きることはばらつき。   第8回 きれいかどうか。   第9回 一汁一菜でよいという提案。   第10回 こんな食堂があればいい。   第11回 人のためになることを   リンク先がいずれ消えちゃったらショックだけど…   特に心に残ったところ↓   そう。そして日本人は特に その「両面性への意識」がすごいと思うんです。 常に<生きようとする美意識>と <死のうとする美意識>の両方があって、 それを、場合によっては、同時に重ねて たのしみ味わうこともあるのです。 … … 物事の両面を感じておもしろがりながら、 自然のように自由に判断していくべきというか。     うふふまた読み返すのだ   サト

      6
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 2017年の節分は

      2月3日、節分。 昨年は、お寺に行って豆まきしてきたな~と思い返してました。昨年のこと 今年は、節分の日に幼なじみがウチに遊びに来る約束をしていて。 (そういえば、約束した日って節分だなぁ~)と思ったわたし。ふと、幼なじみが 「そういや、わたしこないだ飾り巻きずしのインストラクターになった~」とサラリとのたまっていたのを思い出して 「飾り巻きずしつくってみたいなぁ」と言ってみたところ(しかも直前に…ゴメン) 「いいよー!」といろいろ準備してきてくれて一緒に飾り巻きずし作りました  娘がとてもとても機嫌が悪くて息子はいつものようにひっちゃかめっちゃかでいろいろちょっと手こずったんだけど デキル女(あ、幼なじみのことです)のおかげでいろいろ楽しめました息子も一緒に巻きました〜いろいろ用意してくれてて鬼パンつくってみたり息子のは…なんだろこれ…でもめちゃ楽しんでた そんなこんなで、今年は恵方巻きじゃなくて飾り巻きずしな節分でした。晩ごはんにも登場。 こんな節分もいいなぁ✨いろいろ細やかな気遣いができる 幼なじみ。おかげさまで楽しめてほんと感謝ですまた飾り巻きずしやりたいなぁさぁ立春を迎えよう〜 サト  

      4
      テーマ:
  • 29 Jan
    • 敏感肌にうれしい〜ノンケミカル紙おむつ

      娘がうまれてから、教えてもらったもの セブンスジェネレーションの紙オムツ。 「7代先のことまで考えて行動する」というネイティヴアメリカンの言葉から来ている名前だそうです その由来のようにノンケミカルで環境に配慮した紙オムツ。無漂白なので、真っ白じゃなくてわら半紙みたいな色。 敏感肌の赤ちゃんにも優しい 何年前だったか忘れてしまったけど、経皮毒のことを知って布ナプキンに変えてからものすごく快適になりました おとなよりずっと柔肌な赤ちゃんにとってもケミカルより布の方が気持ち良いはず布おむつを干すのは気持ち良いしね でも24時間毎日、布おむつは負担に感じたりして。お出かけの時はすぐおむつ替えできない時もあったり紙おむつの方が便利でいい時もある。。。(おむつなし育児がいいじゃんて思いながら、2人目も挫折ぎみ。あーせっかく譲り受けたおまるが〜〜)  普段は布おむつだけど、お出かけのときは紙オムツ。 そんな人(あ、わたしですね)に良さそう 吸水ポリマーがおしっこ吸った時の、あの独特なニオイがしません お値段は、普通の紙オムツを思うとなかなかしますです でも、普段布おむつだったらお出かけの紙オムツをこれにしてもいいかも いいのはわかってるけど、お値段が、、、と足踏みしていたんですが今回は、お友達がまとめ買いをするとのことで声かけてくれて、一緒に買ってもらいました 「7代先のことまで考える」に惹かれちゃう 使ってみたら、やっぱりいいなーいいもの教えてもらっちゃったありがとう〜  サト

      10
      テーマ:

プロフィール

サト

性別:
女性
お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
はじめまして、サトです。 愛知県春日井市在住。 管理栄養士、食育インストラクターです! ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旧ランキング

学び・教育
3410 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。