のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!

 聞き書きと本づくり。町と人と温泉めぐりの旅をつづっていきます。


テーマ:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日というか今日、ある県の旅館ご主人達の前でお話させて頂くのですが、
取組の参考になればと振り返っている町、温泉、宿の殆どが、
震災などのネガティブからポジティブにかえる努力をし続けたところ。
中越地震の松之山、阪神大震災の有馬、東日本大震災の秋保や会津、
被災者受入の群馬みなかみ、城崎もそう。

熊本の地震が週末に発生してテレビやSNSで様子を見続けて、
同じく週末に発生した東日本大震災を思い出したのは私だけではないと思うけど。
5年前はTwitterが情報拡散の中心、
メールで支援呼かけがどんどんきて少しだけ混乱した。
旅と本づくりを仕事にしている自分の無力感に襲われながら、できることを考え、
全国の震災地取材を2011年3月下旬から開始した
(まずは2004年発生の中越地震の新潟山古志村へ行った、
震災教訓やメッセージをいただきながら、現地の復興状況も取材)。
東北入りは2ヶ月後の2011年5月上旬だった。
福島にも行くと家族や友達に伝えたら、原発事故があったせいで、
結構反対されて、心配された。それでも福島いわき湯本に行けてよかった。
古瀧屋の若旦那さんと会えて話せてうれしかった。みんな悔しくて泣いていた。

私なりに過去の経験を活かして、今回の熊本大地震の状況を照らし合わせながら動きたい。

九州取材を入れてたけど延期することに。
新聞やテレビのように情報のスピードをそこまで求められない私に、
旅ジャーナリストにできること。
邪魔にならず、傷つけず、少しでも役立てること考えつつ。

まずは目の前の仕事をきちんと。
そして九州や震災の地で苦しんだ皆さんのお手伝いができるよう頑張りたい。

まずは九州のみんなの安全と一日も早い平穏な日々と復興を祈っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【旅先ぷちハプニング~鯖ずし編~】
西日本某所、旅取材にて。お昼ご飯に鯖ずしを買いました。お店で食事をしている時間がなかったので、移動中の車内で寿司をつまもう、ということで! 1本1200円也。大きいからカメラマンと半分コしよーと、助手席の私、開けてみたら、なんと切れてない!「そっか、プラスチックナイフで切ってください」ってことか、と探すも、ナイフが入ってないのです。がーん、そもそも車でつまむにしても、鯖ずしはなかったなぁ、と反省(←見かけるとつい買うほど好物!)




すると運転中のカメラマン氏、車を停めて、何やら道具箱から釣り糸のようなものを取り出しました。撮影小道具として、昔はよく使ってたというテグス!撮影物をテグスで吊るすと写真では糸は見えないという優れもの? 「強度あるからこれで切れますよ」と言われ渡されるも、「えー!」。しかも、よりによって肉厚すぎる鯖。必死にテグスを動かすも、想像通りダメ!こうなったら鯖を手でちぎろーかとヤケになりつつ格闘して10分、なんとかテグス作戦成功!お酢が車中で香りまくるも、鯖ずしが半分に切れました。鯖ずしハーフをラップに包んで、各々車内で丸かぶりしたのでした(写真左下)。田舎のお母さん手作りの素朴な味わいも、大満足!


数日後、東日本某所、再び鯖ずしと対面。ホテルメイドでハーフサイズ880円也。買う前にお店の方にまずは確認です。「食べやすいサイズに切れてますか?」。答えは右下の写真。感動の切り口!電車内にて、ひと切れずつ上品に頂きました。安定の味!

いろいろあるよね、旅のぷちハプニング!時々更新します、、あんまりあると困るけど(笑) 今日もみなさん、お疲れ様でしたクリ~♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


週末は「のかラジ」、音声で旅情報を発信します。

発売中の『女性自身』
~オトナの女ひとり旅デビューマニュアル~についてご紹介します。

ひとり旅の不安解消アドバイス&オススメコース、、、
自由気ままにあなただけのステキ旅を!!!

こちらからどうぞ(再生ボタンを押すと音声がはじまります)
>>>のかたあきこ3月21日のサウンドノート






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。