のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!

 聞き書きと本づくり。町と人と温泉めぐりの旅をつづっていきます。


テーマ:
$のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!


写真は福井県鯖江の誠照寺。子供達が本堂でかき氷、、に驚いたのですが、、
お寺は昔(本来)そういう場所だったのかなぁ、と思ったのです。
広くて自然があって木造建築で、面白い話をしてくれるお坊さんがいて、、
なんだか楽しくて居心地がいい!
お寺とコミュ二ティについて考えます!皆さんのイメージはどんな感じ?


以下、みなさんからいただいたコメントと、のかたの返事(フェイスブック含む)☆

田辺 一雄さん>>実家のあった場所のすぐ近くで、本当に昔はよくここで遊んでました。こういうところは大切にしないとなかなかすぐにできるものではないし、大切にしたいですね!

のかた あきこ >>鯖江もこんな風景が日常にもどって来るまでには、まちづくり人の頑張りがたっくさんあるんですよねー☆ 藤田さん、金子さん、そしてご住職さま、、みなさま。。大切にしないと残らない、、、ホントそうですよね。みんなが集まりやすい場所にある広大な土地、、、鉄筋の商業施設にするにはもってこいな、感じですものね。でもそれではせっかく繋いできたものが途切れてしまいますね。

桑原 真琴さん>> 寺合宿、結構楽しいです。みんなでご飯作って、議論して。仰るように昔から共創の場だったんだなと思います。

竹内 宏之さん>> 良い写真。伝わって来ますね。今日は何か良い事がありそうな気がしてきました。ちょっぴり得した気分です。ありがとうございます!!

藤代 冥砂さん!!>>ここ行ったことあります!鯖江!

のかた あきこ>>>わわわーー!!藤代冥砂さーーーん、、そうですか。メガネの町、鯖江です!このお寺では毎月、御縁市など骨董市が開かれておりますよ。また是非おこしくださいませ。牧野市長&鯖江のみなさん、とっても素敵ですよ☆

堤久美子さん>>写真を見て心がじわっときますね。今も残っているんですねぇ~懐かしい風景!!!地域には宗派によって何件がありますが、知人のお寺さんは高齢者のよりどころのようです。そこに子どもが入ると子どもの教育の場と高齢者の生き甲斐づくりになると思うのですが・・・。

のかた あきこ>>おおーー。わたしカメラマンではないけど写真いっぱい褒められて嬉しいなぁ☆ 心で撮っております! 

籾井 恵秀さん>>昔からお寺は地域の「縁側」だったんだと思います。時間を超えて人や物や想いがつながるのがお寺。縁が集まる場所、縁がつながる場所、そして忘れてた縁に気づく場所…。がんばって「無縁社会」なんて冷たい言葉を早く死語にしたいですね!地域の縁側…ペナンのお寺でも改めて感じました。お寺は死んでから行くとこじゃない、生きてる人が集う場所だって。

のかた あきこ>>籾井さん、海外よりおかえりなさい。届きましたよー、、、というわけで。。。「地域の縁側」いい表現ですね。そして皆さん、のかの写真に「懐かしい」とコメントされている。。つまりまた出会いたい風景、、ということですね。

横井 直人さん>>私も小さい頃の遊び場は神社だったり、お寺だったりしました。
江戸時代からは寺子屋というものが始まり、寺院が地域のコミュニティーとして確立したのではないかと考えます。また、「神様、仏様の宿る場所」という日本人のアイデンティティにも関係があるのかもしれませんね。

のかた あき>>横井さん、ありがとうございます。こういう時代になると救いを求めにお寺に行く人が多い、、ですね。パワスポもそうですね。でもそれはいいことですね。単純に心地いいんだと、私は埼玉県秩父の神社に行って思いました。大きな木と美しい建造物と広がりのある土地と!

佐藤 浩さん>>ウォールにも書きましたが,のかたさんのお仕事は日本人が「もう一度出会いたい光景」を発掘する旅ではないかと拝察しております!

のかた あきこ>> おおーーー、佐藤さん、、ハードル高っ。。うそです、ありがとうございます。もう一度会いたい、そしてずっと残したい、そういう町、人、温泉、、、ですね。

シェアしてくださった宮城の佐藤さんウオールも、素敵なご意見いっぱい、ありがとうございます。のかウオールでもシェア、、下記転載させていただきますね。

まずは佐藤さん>>「町と人と温泉めぐり」を仕事にしていらっしゃるライター,のかたあきこさんの写真です。素敵な写真です。地域活性化の要諦は,それぞれの地域に残されている日本人の懐かしい光景を「再発見」することなのではないでしょうか。近代化の過程の中で忘れられてきた,人間が共同体の中で生きていく知恵,人間が自然と折り合いをつけながら生きていく知恵などを再発見し,共同体としての再生を図ることなのではないかと感じました。
写真のように寺院や神社は共同体の「中核」として,時には人間に畏れを与え,時には集いの場を提供し,時には癒しや弔いの場として機能していたのではないか…。思えばラジオ体操も習字の練習も寺院だった…。経済合理性や近代的合理性ばかり追求してきた現代人の忘れ物を探し発信していく旅…のかたさんの仕事はそういうものなのかなと,勝手に考えてしまいました…。どうでしょうか。

さとみ 伊集院さま>> お寺や神社はいいですね。だれでも迎えて包んでくれるかんじです。側がず~と回っていて、木材がすべすべで手触りがいいですね。日本の木の建物はなんだか癒しだな~と感じます
のかた あきこ>>木で造られたものは人に優しいですよね。私は温泉宿の大浴場素材では桧風呂が一番すきです。でも高価で手入れも大変そうです、お宿の方はー☆

Waichi Yamauchi さま>>子供の頃は、村の鎮守である神社も遊び場になっていて、よくかくれんぼなどして遊んだものです。神聖な場所に子供ながら厳かな気持ちになったものですが、そーゆー場所で遊ぶのってなんか好きでしたねぇ(´ε ` )♪

中村 よもぎ直子さん>>のかたさんな写真好きです☆

滝川 正幸さま、ありがとうございます>> お寺やお宮さんでよく遊びましたよ…。

藤森 孝幸さま、ありがとうございます>> 本堂では遊んだ記憶はありません。お寺をコミュニティスペースにとの話はありますね~かき氷どうですかね? 

前川 進さま、ありがとうございます>> 昔の子供の遊び場は、お寺、神社でしたね♪ これが、無くなったことが今の日本にしたのですね♪

宮下 直樹さん>>お寺や神社はコミュニティの中心でしたもんね。
のかた あきこ>>京都市内、、お寺だらけだけど、今もきっと、コミュニティの中心ですよね。

笹口 さおりさん>>久慈市のお寺、慈光寺も子どもたち呼んで寺イベント盛んです。夏の寺合宿子どもと参加しようかな~と思っています。

このテーマ、引き続き考えます。お寺もだけど、図書館とコミュニティ、美術館&博物館とコミュニティ、駅とコミュニティ、そして温泉宿とコミュニティ、、、公共施設や宿泊施設と町のあり方を考えていきます。よろしくお願いします。コメント大募集です☆


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京深川出身のシンガーソングライター「ゆっきーさん」が歌う「神戸岡本商店街のうた」を
(木下事務長了解のもと、笑)石畳の通りにこそっと置いて撮りました
(そうだ、たしか「気仙沼まただいん」の通りだった!!!)

$のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!

Yukkiyさんと岡本商店街との出会い、、、
岡本&東京がんばってる商店街同士の振興→江東区を盛り上げるYukkiyさんとの交流→松田さん、Yukkiyさんの活動と歌声に惚れる!→岡本商店街の歌を依頼→Yukkiyさん岡本滞在から感じた思いを歌詞に、歌がうまれる☆→お昼の岡本USTチャンネルのテーマソングとしてますます商店街応援ソングに→CDパッケージのイラストも岡本応援のイラストレーターさん→Yukkiyさん、岡本のイベントなどでLIVE→SNSを通じて私もファンに→今もみなさんがっちり熱い交流、、、。。。私の中では
こんな認識です。松田さん、あってますか?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月の読売まちづくり人連載は神戸市岡本商店街の松田朗さん。

阪神大震災で自宅は全壊し、大好きな町も壊滅状態になった。
それから17年ひたすらに、
「大好きな町と人に恩返しをしたい、岡本を日本一有名な商店街にしたい」
という思いで、町づくりに励んだ。
もうすぐ岡本では復興のシンボルとして大切にしてきた「梅」が見ごろを迎える。
「今日を生きる。今をしっかり生きる。
復興支援は“明日の命”を与えられた者の役割だと、最近強く感じている」と松田さんは話す。


「商店街だから商店街を応援しよう。商店復活というのが街の再建の肝、、、」。
松田朗さんはじめ地域の皆さんは、昨年より気仙沼市の復興支援を行っている。
「岡本商店街は震災をバネにして、ネガティブな要素をポジティブにかえてきた。
そう考えると東北の被災地の皆さんにも、元気を与えることが出来るのではないか」


松田さんと岡本商店街をご紹介する月刊「旅行読売3月号」絶賛発売中です。
神戸のみなさんの支援、本当に素晴らしいと思う!

$のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月10日(金)

『d design travel山梨号』出版記念パーティが
甲府の「フォーハーツカフェ」で開かれました。

小布施の花井館長に連れていってもらい、
編集長のナガオカケンメイさん、奥様の松添みつこさんにご挨拶。
D&DEPARTMENT PROJECT社長の相馬さんと再会でき、
副編集長の空閑さんにもご挨拶でき、うれしかったです。

会場にはたくさんのファンが駆けつけ素晴らしい出版パーティーでした。

$のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月10日(金)

資料を見ながら、小布施まちとしょテラソのこれまでを振り返る。これは2008年12月の記事「建設工事がはじまりました」。たくさんの人がたくさんの時間と思いをかけて、新図書館は2009年7月に開館!地域と旅人、そして小布施リピーターの大人気スポットとなってます☆

$のかたあきこの聞き書き、町、人、温泉!

この日は、甲府で図書館経営研修があり、図書館関係者に向けて講演される「まちとしょテラソ」花井館長の取材でした→その後は山梨県立図書館見学(11月に新山梨県立図書館が駅前にオープンします)

館長の講演が終わって山梨の図書館関係者さんから質問が出たのですが、、、
笛吹市の方が開口一番に「すごくうれしかったです、、今日の話しは、形は違うけど考え方は自分と同じだと思えてうれしかったです」とコメントされていて、私もうれしかったのです。


花井館長よりコメント>大切なプロセスの塊!みんなカラーをだして!図書館は、人への投資!未来をつくる大事な装置なんだな!

文屋、木下さんのコメント>図書館の存在意義、位置づけ、まちにおける役割・機能についてのパラダイム転換を、実験、実証しながら、全国、世界にお伝えする役割が、花井本の使命なのでしょうね。お役所 の縦割りの中の、教育委員会所属、という位置づけも、見直されてゆくように思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。