日本語が変

テーマ:

こんばんは。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


物、落としていますか?


俺は、物を落とす人が嫌いです。

特に助手席に座った人が座席とドアの間に何かを落とし、

シートベルトに拘束されながら

席下を覗きこみ手でガサゴソしている姿がとっても嫌いです。


あの時間において、右側から聞こえる俺の話など

全く耳に入っていないのにも関わらず、

適度に相槌をうたれた日なんてのは絶交日和です。



物をよーーーく落とす人っているでしょ。

失くす、じゃなくて、落とすの。落下させる人。

少し動けばゴトッ!バサッ!と何かを落として、物音をさせる人。

ああいった人には、一体何が足りないのでしょうか。

補えるものなら与えてあげたい。

誰の為でもない!俺の為に!

オススメのサプリがあったら教えて欲しいです。

物を落とされるのがイヤなんです!


と、早い話、器が小さいんです。

おちょぼハートなんです。

お洒落小鉢なんです。



ここ最近、

自らのあれそれを隠したり、

潜めたり、

忍ばせたり、

歳を取るにつれて苦手な人への意識が過敏になってきたりと、

なにかと心苦しい私ではありますが、

みなさまいかがおすごしでしょうか?


段取り、していますか?


俺は、段取られないのが苦手です(日本語)。

ギッチギチのプランナーはイヤだけど、

最低限の用意や準備はしていてほしいのです。


「ここはね、もう何度も来ているところだよ。

ホラ、駐車場に入ったよ。

お、いいところが空いているね。

ここに車を止めるよ。」


わざわざ口にせずとも伝わっているであろう

台詞を胸に駐車を済ませ、

ドアを開け、さぁいざショッピンッ!というトキニ!

なっかなか助手席から降りてこず、

この期に及んで鞄をガサゴソしている人を見ていると、

テントウムシの行動を

180分見守りつづけるの刑を宣告したくなる程です。


キミハ、君は今に至るまで、

ただ座っていただけじゃないか!と。

目的地に着いていることにも気付いていただろうに!

と。キーッ!!


と、早い話、心が狭いのです。

つまようじ入れに詰められた

楊枝と楊枝の距離くらい狭いのです。

お洒落小鉢なのです。



話は変わりますが、今朝いつもの様に電車に乗っていると、

お母さんと手を繋いだ幼稚園児(将来有望)が

窓の外を背伸びしながら覗いていました。

その姿を見て、俺は


「あぁ俺も昔こんなことしてたなぁ」


と遠い過去を思い返すと同時にこんなことを思いました。

成長するにつれ、背伸びしてまで

目にしたいものなどなくなってしまったなぁと。

ただ単に目線が高くなったということではなく、

例えば今の身長があれば、

それ以上に高い場所を覗きたくなるのが

自然なんじゃないかと思ってしまいまして。

じゃあ、逆が増えたかというと、

わざわざ身をかがめてまで

再確認したいことなどありはしないしなぁと。

自販機の釣銭口に手を入れ、

お小遣いを期待する

大人を見ることも減ったしなぁと(全然関係ない)。


今の俺にとって、「成長」とは単なる慣れでしかなく、

定義みたいなものをつけるなら「失っていくこと」だったりします。

なんだか虚しくなりますが、

そんな日々を生きながら


「当たり前の様な毎日が幸せなのさ」


なんて心にもないことを時々思いつつ、

適度にあくびをして、ミルクティーを過剰摂取するまでです。



そんな俺ではありますが、

今現在誰にも話していない目標に向かって、

それなりに先々のことを考えて動き出しています。


そこへ至るためのひとつとして、

今後、今までが嘘だったかの様に

ブログをベシベシ更新することでしょう。


何を隠そう。ここは日記ですもの。

気力さえあれば、毎日の様に書いたっていいんですものね。

短くとも、意味などなくとも、

一瞬で風化されるものであっても。

人さえ傷付けなければ。

自由であるとしても、多少の許しを得ながら継続していくという、

この閉塞と解放の間でカパカパと口を開きながら

必要最低限の酸素を欲する場所が心地良かったりするものですから。

というわけで、これからも低粘度でよろしくお願い致します。


フゥ。なんだかちょっと疲れたので眠るていでいきましょう。

AD

MMDooL

テーマ:

中年ミドラーゼ



ムカついたので割り込んで見ました。



お大人げない。

そしてお久しぶりです。秀幸です











「アドレス教えてくれない?」


おそらく。


いや、確実に。


人生で初めて口にした台詞。



これは事件よ姉さん。

協調性親近感皆無で底抜け薄情な俺が人様に連絡先を聞いたのよ。

照れはしなかったけど、口にした瞬間周りにいた人たちが唖然としていました。


で、当然その後


「え?あの子のこと好きなの?」


なんつう話になるわけで、

多分彼女から離れた今でも奴らは好き勝手

話しているんだろうと思うのですががが、

これがもし仮に「恋」というやつだとしたら、

こりゃもう兵庫県は高砂市が揺れる程の大事件です(超小規模)。


俺が人に連絡先を聞くっていうのはね。

普段俺と関わっている人からしたら

前歯が揺れるくらいのニュースなの(決まって下歯)。

揺らし屋本舗。ぴーです。ゆらすぜおらー



この凄さを敢えて伝えようとするならそうだなぁ。


マングースがハブに土下座するくらいありえないこと。

いや、アンミュレがドームで宙を舞うくらいありえないことだな。

いやや、UNDERCODEからワンコインCDが出るくらいか。

んーLUNASEAが実はCGだったってくらいかな。

目黒鹿鳴館でジャニーズがカウントダウンライヴやるくらいって言ったら伝わるかなぁ。


あ。ピッタリなの見付けた!

俺が人にアドレスを聞くくらいのことなんだ!


って、戻ってんじゃん(´・д・`)


いやはや、こいつは我ながら明日の読売の四コマ辺り潰しちゃうくらいの勢いだわよ。

コボちゃんには悪いけど、一日くらい休んでください。

メンテナンスエンジェルに俺はなる(´・д・`)!!



・・・って、今でもコボちゃんなのかな。



いやーでも世の中にはこんなに良い子がいるんだな

ってくらいの素敵ガールと出会ってしまいました。


だがしかし、慣れない赤外線で攻め入ってきた

アドレスに住むジャニーズアイドルの名前が俺の目を潰したの。





こいつぁ・・・面食いだ(´・д・`)・・・





と、早くも終わりを迎えた恋未遂なアドレス流通。



彼女が出来た途端ブログを辞めた三年前の俺に

戻ってしまいそうな予感がしないでもありませんが、

まぁそれはそれで「お幸せに」と、

オリジンの唐揚げなりままどぉるなり

贈り付けていただけたら幸いです。


「〒0418 東京都で一番イケメンな人」


とでも宛名に書いていただければ絶対届きます。





なんて言ってたらードンッ



中年ミドラーゼ




ちょっと見てよ!これ!


リンダリンダを観た人ならにやけるでしょこのままどおる!

みっちーがパーキングで売ってるアレよ!

おかんが福島言ったついでにって買ってきたのよ!

問答無用で手を止めず6個食べたら、

そこから先何を食べてもままどぉるにしか感じなくなってしまいました。



そんなママドな日に乾杯です。

AD

いい気分?

テーマ:

なんでも、俺の周りの女子の間では

今ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが流行っているらしいです。

なんでも、最近そのグループ内の一人が行って来たとのことで。

なんでも、それはまぁ興奮気味にそこで起きたことを話すもので。



そしたら、その話を聞いていた後輩女子(ちょっとかわいい)が。



「秀幸さん!UFJ連れてってくださいよ!!」




ですって。


そんなわけで、近い内に連れて行ってあげようと思います。

俺もそろそろ記帳しないと残高が把握出来ないものですから。

最近の女子は意外と近場で遊びたがるんですね。学びました。



そういえば、その昔。

仕事があまりに忙しかったせいで、

夏休みにどこへも遊びに連れて

行ってくれなかった父(剛さん)を恨み、


夏休みの


「思い出発表会」


なる課題でその恨みを発散した覚えがあります。



発表会は、授業参観の日。

小学4年生。

一度目のモテ期を迎えた頃でした。

二度目は70歳前後で来るらしいです。

予言者よ。慰めを。及び訂正を。




生徒・先生・保護者の前に立ち。

教壇にスタンバイ。




「夏休み。お父さん、お母さん。

遊びに連れて行ってくれてありがとう。

セブンイレブン。

おでんがたくさんあって美味しそうでした。

でも、

『切手を買いに来たんだからダメ』

と言われて食べられませんでした。

お菓子は高いからダメだと言われました。

お父さんの仕事が忙しかったから

お母さんとたくさんセブンイレブンに行きました。

お菓子は買ってもらえませんでした。」




このループ。

ループしながらも合間合間に

母の顔色をうかがいニヤける俺。

未だに親戚一同から

「鬼っ子」

と呼ばれるのも無理はないです。



その年の冬休み。

忙しい父を俺以上に必死になって引っ張り出し、

あちこち色んな場所へ連れて行って

もらえたことは言うまでもありません。

余程恥ずかしかったんでしょう。

冬休みのは発表会なかったんだけどね。

へっへへ。



そんな母も後何ヶ月と何日で誕生日を迎えます。

パッとしないので、

お祝いはもっとパッとする日にしてあげたいと思います。

「いくつになるのか知らない」

という衝撃の悲しい事実を、

「いくつになるのかは内緒にしておいてあげたい」

という優しさの影に隠して長男は今日も眠ります。


おやすみなさい。

AD