良く言われる言葉、それは”生活感”ありませんね。

 

誉め言葉として素直に受け止めたいです。

 

ペットがいる部屋とは思えません。

 

あり難きお言葉を頂戴します。

 

勿論、社交辞令と分かっていても嬉しい言葉ですね。

 

特に神経質に四六時中、掃除をしているわけでも無く

 

いつも自然体でいます。

 

シュナウザーと暮らすようになって20年近く

 

これと言って気を使っている点が無いのですが、

 

一点、あえて日常に取り入れていること

 

それは、一番安心できる唯一の色

 

黒、ブラックを取り入れる事です。

 

白く浮き上がる埃が目に付くから。。。利点でもあります。

 

自身にとっては?

 

それだけ

 

 

もう一つのほっと安心できるカラー

 

それは、反対色の白 ホワイトです。

 

鏡に白浮きや手垢が良く目につく

 

そう。。。一番目に付くところだけを重点的に気に掛ける事

 

それだけです。

 

自分自身 どこが気になるのだろうか?を考えます。

 

ペットがいると何が気になるのか?

 

私自身、香りや匂いに敏感です。

 

まず一番気になる事から1つずつ解決してれば

 

いつも自分流の心地良い部屋になれると思ってます。

 

鉄素材のサイドテーブルには数時間前に拭いたのにまた埃

 

こんな感じ、目に付くから綺麗にしようと思えます。

 

ただ見張っていることはしませんよ。。。

 

 

だって、可愛いおちびん子達がどこかしら毎日

 

パトロールしてたから・・・今 小さな子たちは2人ですけどね。

 

白い部屋に黒い抜け毛、きっとシュナウザーやケリーブルーテリアなので

 

目に付きますが、それでも少ないほうでしょう?

 

気になるときは、掃除機を毎回かけるのではなく

 

毛を絡めとってくれるワイプで拭き取ります。

 

お気に入りは、毛足が長いクイックルワイパー立体吸着ドライシートです。

 

良く吸着してくれます。

 

生活感のない部屋と思われている映像は

 

私にとっては生活感がありありの部屋なのです。

 

これが私の生活感ある日常です。

 

きついと続かない、緩やかにお掃除、片づけしませんか。

 

にほんブログ村 インテリアブログ 白黒インテリアへ
にほんブログ村

AD