ウランとココペリ

テーマ:


そういちの平庵∞ceeport∞



世界中で発見されたウラン鉱山で採掘にウラン採掘に従事し被爆した人々が多い。

多くの先住民の中でもホピ族の伝える言葉が、僕には、ずっとひっかかる。

「ここは、アメリカ大陸の背骨であり、ヒマラヤなどと同様、地球の自然エネルギーの震源で、もしここが破壊されたら、全地球的な規模で変動が起きる」

「この地面には、使い方によっては人類を滅亡してしまうものが埋まっている。人類がこれを争いではなく平和に利用することが出来るようになる日まで、この場所に留まりこれらのものを守っていくようにと。 また、空から灰のびっしり詰まったひょうたんが降ってきたら、ホピ族に伝わる予言を広く世界に伝えるよう」

「東に黒い太陽の昇るとき、ホピは雲母の家に向かい、世界は滅びに向かう。」

というアメリカ先住民ホピ族の予言は、あまりにも有名だ。

ホピ族に関して知りたい方は↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%94%E6%97%8F

http://www.jp-spiritual.com/hopi1.htm

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand21.html

ウラン採掘の段階から世界の先住民族は核被害を受け続けている


http://www.peace-forum.com/gensuikin/news/110610date.html

上のサイトなど見ていると、植民地支配の構造が、そのまま現代に及び状況は、悪化するばかりという印象を受ける。

ホピが伝えたと言われる精霊ココペリ(kokopelli)に何故か以前から惹かれ。



先住民ハンドメイドのココペリアイテムを見てると何故か、心安らぐ。

苦難の歴史を歩む、アメリカ先住民の願いや祈りがこちらにも伝わってくる。

家の中のあちこちにココペリアイテムがあり、まるで、僕は、ココペリ教徒のようだ。

脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名というのもあり、

http://sayonara-nukes.org/shomei/

自宅で簡単に出来る反原発の行動のひとつだ。

重い病に侵され仕事を辞めて早くも2年が経った。

ともすれば、深い虚無感や死の淵に引きずりこまれるような、感覚が僕を襲う。

その感覚は、この星の訴えや叫びじゃないか?

などと思うことがある。

最後にホピの祈りの言葉を添えて・・・・・・

ホピの祈りが世界に届くことを

海をこえて たとえ自分たちを憎む人々のためにさえ

私たちは祈る

私たちが兄弟姉妹のように生きられる日が

いつの日にか来るように

世界のすべての人々に 私の愛と敬意が運ばれることを

ホピはその日のためにこそ

偉大なる精霊からホピというその名を与えられたのだ

ホピ それは平和という意味である


http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/HopiYogen.htm

(-∧-)合掌・・・


http://members3.jcom.home.ne.jp/3723559801/

AD