夏時間が終わったというのに、今日は暑い一日でした。夕方になって、少し涼しい風が出てきました。昨年10月に夏時間になったとき、たった?1時間なのに、なかなか慣れなくて、時計ばかりが気になったことを覚えています。今度は逆・・・ま、1週間くらいはまごまごするかもしえません。

 

さて、今年に入り、新しく2か所の婦人部から講習依頼がありました。そこも含めて6カ所で1日から17日までで、9回教室をしました。

モジの中心で実施している教室は婦人部に関係なく、誰でも参加できます。月に2回、違うメニューで講習しています。希望者が多くて、一度では入りきらず、午前、午後と2回実施していますので、6カ所なのに9回になるわけです。

 

2月1日水曜日 モジの中心で今年2回目の教室。

「鶏と野菜の四川風あえ物」「タケノコとハムのスープ」「春巻き」「玉子チャーハン」を作りました。春巻きは皮も焼きました。シリコンのはけを使って、皆さん、初めて焼いたとのことでしたが、なかなかの出来でした。穴が開いたり、破れたりしたものも、ちゃんと中身が出ないように「修理」して!!

玉子チャーハンのご飯を一回にに必要な分ずつ、私が鍋で炊きました。

最近は御飯といえば「炊飯器」、鍋で、ガスの火で炊いたことが珍しかったのか、何人もから

炊き方をたずねられました。停電になったら、ご飯が炊けない!!モジに来て、「雷雨」で二回30分くらい停電がありました。やはり、ガスの火でも炊けることは大切かも知れないと思いました。次回は「御飯炊き」を実習することになりました。

 

 

 

2月8日水曜日 初めての会場、係の方に、材料の他に必要な鍋、ボールなどををお願いしておきました。大体どこの婦人部も大きなサイズのものはありますが(いろんなお祭りに大量に作るため)、家庭料理用がなかなかないのです。3つのグループで実習しましたが、私がお願いしたとおりに道具を用意してくださったので、とても初めての会場とは思えないやりやすさでした。それに、皆さんとても料理することに慣れていらして、私の思った通りに全部、仕上がりました。

「けんちん汁」 「千種揚げ」 「トマトの和風サラダ」 杏仁豆腐

 

 

特に、千種揚げは、3グループとも、衣を全く残さずに揚げました!!

 

2月11日土曜日 こちらも初めての会場、とても熱心なリーダーの方がいらして、4グループになりました。

「キャベツのスープ」 「サンドライス」 「アメリカ風サラダ」焼き餃子」「杏仁豆腐

 

 

 

4グループで、しかも5品、初めての会場・・・作り切れるだろうか・・・本当に心配でした。

でも、婦人部のつながりがしっかりしていて、各グループごと、協力し合って、ちょっと時間はかかりましたが、大きな失敗もなく仕上がり、皆さん、おいしいと喜んでいただけました。

そして。来月の講習の日時、内容もみんなで決めました。

 

2月分をみんな、ご紹介しようと思いましたfが、まだ、4回分もあります。今日はこの辺で、また明日、続きを書くことにします。

 

AD

実は、1月は色々とありまして・・・

 

1月11日、今年になって初めて、サンパウロに出かけました。目的は「予防注射」のため。

 

ご存知のように、海外に出かける時は、時と場所によって、「予防注射」が必要です。今回、ブラジルに2年間滞在するために、「黄熱病、A型肝炎3回、B型肝炎3回、破傷風3回、狂犬病3回」が必要でした。JICAのボランティアに決定してから出発までの間では時間が足りなくて、全部を打って来てません。1回に左右の腕に2種類打っても、次を討つまでに最低1週間は必要でしたから、間に合いませんでした。

 

予防注射によっては打ってから何年も有効というのもあります。主人はぎりぎり10年前のJICAのボランティアのときのが有効なものもあり、残りがB型肝炎と破傷風1回ずつ。私は長期滞在は初めてですから、残りがA型肝炎、B型肝炎、破傷風1回ずつ。

 

サンパウロの予防注射をうってくれる機関に出かけ、二人とも2本破傷風とB型肝炎を打ってきました。主人は終了。私はあと1回、A型肝炎を打てば終了です。

 

1月16日にサンパウロにある「丸一」の醤油工場をお尋ねしました。

 

実は、「醤油」は32年前に初めてブラジルを訪れたときからその存在に驚いていましたが、今回、スーパーマーケットの醤油売り場の充実感に以前とは違う驚きを感じました。今回はその醤油の会社の多いこと、さらにそれぞれの会社が何種類も製造していること。

 

色々なメーカーの醤油が並ぶ日系のスーパーマーケット「SHIBATA」にて


いわゆる「濃い口」、これは日本のものと比べると、その色の濃さにはちょっと参りました。日本と同じつもりで使うと特に煮物が醤油の色を超えて、少々こげ茶色になってしまいます。そこで、醤油を減らして、その分塩を使ってみたり・・・今回の料理講習のボランティアのお手伝いをしてくださっている方が、教えて下さった「薄口」、これを濃い口と一緒に使うことで、だいぶ煮物の見た目がよくなりました。その「薄口」は「丸一」の「破天荒のうすくち」です。

 

左端が破天荒の「うすくち」

 

丸一の色々な商品

 

武用社長にもお会いでき、色々な取り組みをなさっていて、様々な「食」のお話をしていただけ、とても参考になりました。

 

1月19日、JICAの『なんとかしなきゃ!プロジェクト』 のお手伝いでイビウーナ(サンパウロから車で2時間くらいの町)に行きました。「ピラルク」という魚を

「和」の味でおいしく食べるレシピの開発。イビウーナの文化協会婦人部の皆さんのご協力をいただいて、その模様のテレビ撮影がありました。その内容は BS-TBSの
「さかなクンの地球応援団 未来に残せ!アマゾンの大自然」
前編:3月  8日(水) 19:00-19:54、 後編:3月15日(水)   19:00-19:54 で放送されます。私たちの協力した部分は8日の分になると思います。もしお時間ございましたら、ご覧いただきたくお願い申し上げます。映るのは数秒かも知れませんが・・・

 

撮影風景

 

イビウーナの皆さんと

 

イビウーナからモジに戻り、少しだけ雨にぬれたら、風邪をひいてしまいました。日本ではほとんどかかったことがないのに・・・25日の講習会の後、声がほとんどでなくなってしまいました。2,3日で話せるようになりましたが、ちょうど講習がなくて助かりました。

 

ブラジルでは、昨年の10月中頃から、「夏時間」でしたが、先ほど、元に戻りました。

1時間戻りますので、ちょっと得をしたような・・・日本との時差は-12時間、つまり昼、夜が逆転しています。

 

2月の講習についてはあした載せます。

AD

ブラジルは今、「和食」がとても人気!・・・だから、私他2名、「和食」を通して、日本文化を広めるボランティア活動をしています。

 

ブラジルで「日本の料理」といえば、「すし」「天ぷら」「あんかけ焼きそば」「焼き餃子」・・・

 

エビがいっぱい入った直径20㎝近い「天ぷら」

 

肉と野菜がいっぱいの「あんかけ焼きそば」

 

「焼き餃子」と「ラーメン」のセットも人気

 

すしは巻きずし、手巻きずし、握りずし・・・巻きずしが太巻き、細巻きだけではなく、「裏巻き」

のりが中ですし飯が外側、さらにそれに衣をつけて揚げて「ホッチロール?!」というらしいのですが・・・

 

人気の店の刺身とすしの盛り合わせ

 

裏巻きに衣をつけて揚げた?ホッチロール?

 

巻きずしと握りの詰め合わせ

 

すしの食材はほとんど手に入ります。焼きのり、かんぴょう、干しシイタケ、「かにかま」もスーパーにありました!!しかも「KANIKAMA」で売られています。私がよく行くスーパーの魚売り場の冷凍のケースにむきえびと一緒にありました。

 

日本と違ってこれ一種類だけ

 

2月3日、朝から、かんぴょうと干しシイタケを水で戻して煮て、かつおだしを取って厚焼き玉子を焼きました。キュウリは「ぺピーノジャポネ(日本のキュウリ)」をスーパーで購入、かにかまも買いました。青シソは友人から頂きました。

御飯を炊いて、合わせ酢を作り、すし飯にしました。「酢」は日系の会社が、すし用を売っています。近くの友人を誘い、太巻き、細巻きを一緒に巻いて、楽しみました。

 

用意した具 太巻き完成

 

今年の恵方は「北北西」・・・でも太巻きはちょっと丸かじりは無理?!

友人3人で、わいわいと・・・切って食べました!!

 

 

 

AD