ノグチノブコのなんでも書き出しノート

国指定の難病(SLE)患者の私が、精神的に病気を克服できたくらいに効果のある、自分自身との対話、他人との関わり方の工夫をご紹介してます(ときどき文房具ネタも)


テーマ:
SLEが発覚するまでの
経緯を振り返っています。

前回の記事の続きです。



時期:病気確定の半年前~3か月前



さっそく駅前の整形外科に行きました。

リウマチの検査をしてほしいと頼んだら
すぐに採血をしてもらいました。


後日結果を聞くと、
ほぼ間違いなく

「リウマチではない」


指先の腫れや痛みは
「ただの関節炎」という診断。

指の腫れや痛みというのはよくある、
塗り薬を塗って安静にしていれば
そのうち治るとのこと。



・・・そうなの?(゜ロ゜)



半信半疑で帰宅しました。

しかし、
もらった塗り薬を塗って見たものの、
状態はあまりよくならず。

太さも変わらず。





ただの関節炎??

そういう類ではないような気が
するんだが・・・(´ヘ`;)



腑に落ちない私は
別の病院でも診てもらうことにしました。

今度は地域の総合病院です。




「関節が腫れているので
整形外科に行きました。

関節炎と診断され薬をもらいましたが
全く治らないんです。

再度の検査をしてほしいのですが」



担当医
「この指の曲がり方、
もしやスワンネック!?

リウマチの症状かもしれないよ」(゜ロ゜)!


(スワンネックとは?
リウマチで見られる関節が
反りかえった状態のことです。)



そして、とりあえず採血。



後日結果を聞きに行くと、
またしても

「リウマチではない」

という診断でした。



結局、私の場合スワンネックではなく、
指の関節が柔らかいだけでした・・・・・




私「この腫れは何なんでしょうか」(´ヘ`)


担当医「関節炎でしょう。

この病院は膠原病の
専門医がいないんだ。

気になるならリウマチ科のある
大学病院に行ったら?

検査費用は高額だけど
より詳細に調べられるよ」(ー_ー)



検査費用が高額とは・・・

腫れや痛みは気になるけど
耐えられないほどじゃない、
関節炎と言われているわけだし、
行く必要あるのかな(´ヘ`;)



この時点でいったん
検査はやめることにしました。


  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ノグチノブコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。