引越し業者は評判が命か?

テーマ:

2008年3月29日(土)に引越することになった。


はて、引越し業者はどこ頼めばいいのだろう?




2008年2月28日(木)

ネットで検索すると何件か引っかかりました。

引越 価格 安い


初めての引越しはここ!引越し価格ガイド
比較.comで引越し比較!


 :

 :

 :



2008年2月29日(金)

金額を聞いて驚きました。


な、なに~!!


そ、そんなばかな!!


と、ココまでが前回の話です。


前回まで→「引越しするなら価格が安いとこで



カルガモ引越しセンターのお方は、


私の予想の1.5倍の金額を言い放ちました。


しかも、相手は自信満々に言うのです。


「どうです。安いでしょ。



私の予想金額。


それは、10何年か前。


今住んでいる所へ引越した時の費用の2倍の金額でした。


前回の引越しは 2DK→3LDK


今回の引越しは 3LDK→3LDK


勿論、荷物は増えました。

それに引越しシーズン真っ只中。

ゴールデンウィークに旅行へ行くようなもんです。


でも、前回の3倍の金額は無かろう・・・

そんな事を考えていると


カルガモさんが聞いてきました。


カルガモだと思ってください「うちは何社目ですか?」

ショック!「1社目です」

カルガモだと思ってください「他社さんの見積もりは取ってないのですか」

ショック!「頼んでいますがまだ来ていません」

カルガモだと思ってください「大手他社だと10万以上高くなりますよ」

ショック!「そ、そうですか」

カルガモだと思ってください「うちにしませんか?」

ショック!「いちど良く考えます。」


電話を切って思った。


なに~!!大手他社だと10万以上高くなるだって!!

前回の4倍~5倍するじゃない。

ま、まあ。かかるのならしょうがない。

ぞうさんの見積もりを聞こう。



翌日

2008年3月1日(土)

約束の時間に ぞうさんがやって来ました。


ゾウさんの営業マンは、気さくで丁寧な方でした。

普段4トントラックを操ってるのだが、今日は営業だと言う。

毎日、荷物運びだと疲れるからだろうか。


象「えっ。そんな金額でできるって言ってるんですか。」

象「うちでは、この金額が精一杯ですね。」

ショック! ちょうど、10万円高い金額だ

象「3月29日でこの広さだとこれが精一杯です。」

象「4トントラック1台と2トントラック1台用意して4人で

  朝から夕方まで作業するのでこの金額です。」

ショック!「そ、そうですか。考えます。」

返事は、3月3日まで待って(トラックを押さえて)もらう事にしたが

この時点では、再度確認してカルガモ引越しセンターに決めてしまおうと思っていた。


カルガモは4トン1台と3人用意すると言っていたが、

ゾウさんの言うことでは、家から離れたところに4トンを

止めないといけないから運搬が大変だと言っていたからだ。


が、しかし、つながらない。

ずっと話中だ。

仕方がないのでカルガモのフリーダイヤルに掛けて電話を寄こしてもらうことにした。

が、これが良くなかった(かどうか、ほんとのところは解らないが)。


カルガモが捕まる前にアリさんがやってきてしまった。

アリさんの営業マンは、ちょっとぶっちゃけたお方。

営業一筋のようで、決断を迫ってくる。

そして・・・


ありんこ「うちでは、これが精一杯の値段です」

ショック! 13万円以上高い金額だ

ありんこ「他の日なら色々、方法があるので安くできるのですが・・・」

ショック!「すみません。お断りします」
ありんこ「3月28日(金)ならどうです?8万安くしますよ。」

ショック!「か、考えておきます。」
ショック! そ、それでも元が高いから5万も高い。
ありんこ「でも、大丈夫ですかね?」
ショック!「えっ?何が?」
ありんこ「いや、追加料金とか取られませんか?」
ショック!「えっ?何んで?」
ありんこ「うちは2トントラックを3往復分させるつもりなんですよ」

そんな言葉を残してアリさんは、去っていった。

これを聞いて妻はビビってしまった。

で、ネットで検索。

すると・・・

う~ん。さすがにゾウさん、アリさん、ドラえもんの評判はいいが

他社はイマイチの評判もあった。


これを見て妻は、ゾウさんにしようと言い出した。

だが、よく考えて欲しい。

前回の引越しの時もネコさんに見積もってもらったら

とんでもない金額が出たではないか。

2DKの引越し・3月頭の引越しにも関わらず、

今回のゾウさんの金額だったではないか。


だから、ペンギンに頼んだのではないか。

ペンギンは大手ではないが、気持ちの良い対応をしてくれたではないか。

だから今回は、ペンギンにしようって言っていたではないか。

ペンギンのトラックに空きがあれば、ペンギンにしたのではないか?


カルガモよ早く電話してこい。

契約するよ。

しかし、カルガモから電話があるも先日の担当者は休みとかで連絡は翌日を待つことになった。



2008年3月2日(日)


カルガモから電話がない。

こちらから連絡を入れると担当がみつからないと言い

電話に出た方が新たに見積もりし直すと言ってきた。


荷物の詳細と懸念事項、追加料金は取られないか等を述べて待つこと小1時間


折り返し電話がかかって来て、前回と同じ料金。

2トントラックでの往復、追加料金は取らない・・・などと話しているまさにその時


チャイムが鳴って、声がする。


ぼくドラえもんです。


妻の目が輝く。

妻はドラえもんファンなのだ。


そして、俺に目配せをする。

お客が来ているのだから電話を切って対応するようにと。





あ、もうこんな時間だ。

今日は、この辺でおしまいにします。


続きは 引越し業者は選ぶには? をご覧ください。





引越し業者へのリンク

松本引越センター (TVチャンピオンで優勝してますね~)

アート引越しセンター

カルガモ引越しセンター

アリさんマークの引越し

ハート引越しセンター

ダック引越しセンター

サカイ引越センター

ペンギン引越しセンター


  結婚情報サービス比較


AD

コメント(5)