のぎく保育園ブログ

お日さまいっぱい ともだちいっぱい
のぎく保育園とのぎくっこ達の楽しい園生活を綴ります。

のぎく保育園は

安心して子どもを産み育てたいという切実な保護者さまの願いを受け、1975年5月に「のぎく保育園」の前身である「のぎくベビーセンター」が生まれました。
それから30年、産休明けからの保育や年度途中入所の子どもたちの保育を担ってきました。
また、一時預かりやアレルギー食の対応、手作り給食や手作りおやつなど、保護者さまと一緒に保育につくしてきました。
その30年の歴史を認可のよりどころに、子どもたちが子ども時代を子どもらしくすごし大切にされていると思える、「あ~今日も楽しかった。明日も行きたい」と思える保育園をめざしています。

保育の基本方針

・誰もが安心して生み育て働きたいという願いに応え、ホッとできる保育園。
・1人ひとりの子どもたちを大切にし、子どもの成長を共に喜び育ちあえる保育園。
・「食べることは生きること」手作り給食・おやつをつくります。
・職員1人ひとりを大切にし、明るい職員集団をめざします。

保育目標

明るく元気な子ども
よく食べ、よく遊び、よく眠る健康な子どもたち

自主性のある子ども
自分を表現し伝えられる子どもたち

何ごとにも興味をもち、感動できる子どもたち

仲間を大切にする子ども
友だちと喜びや感動を共有し、感受性豊かな子どもたち
自然を愛し、命を大切にできる子どもたち

のぎく保育園のホームページ





テーマ:

12月14日(木) のぎく保育園にクラルテさんが来て下さいました。

子ども達は、朝からソワソワ、舞台をつくって下さっている時から

とても楽しみにしていました。

演じてくださるお兄さんとお兄さん、                  絵姿女房が始まりました。

どの子も真剣です。

楽しいお話に見入っています。

小さな赤ちゃんが泣いてても子ども達には演者の声が届き、泣き声も気になりません。。

幕間にお姉さんが手遊びをして下さって気分をほぐしてくださいました。

次はトウモロコシはだれのもの というコスタリカの民話でした。

舞台に見入る子ども達です。

                                     猟師のおじさんは人が出てきてみんなその迫力に圧倒されていました。

ウサギさんが育てたトウモロコシをカミキリムシやにわとり、きつね、おおかみにまでに狙われるけど、最後に猟師さんが現れて

ウサギさんの基にトウモロコシが戻ってきてめでたし、めでたし、子ども達もほっとしたお話でした。

とても楽しい時間を過ごすことができました。     来年も又来て欲しいね。    園長

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

12月13日(水) お店屋さんごっこをしました。

2歳さんは、喫茶店 フッレシュジュウスとケーキの美味しいお店です。

上手にお接待していました。

5歳さんは、お化け屋敷、かさお化け、雪女、ろくろ首、ゾンビ等とても怖いお部屋でした。

4歳児さんは、ラーメン屋 さん、厨房は大忙しでしたよ。

3歳児さんは、マクドナルド、おお急がしの店内で一度は食べるのを断念、少し空いてから

もう一度食べに行きました。

小さい子たちも分園からかけつけて、お店屋さんを楽しみました。

小さなおカバンがとてもかわいいね。喫茶店ではケーキとジュウスを楽しみました。

 

お化け屋敷は怖くて、泣いてしまう子も・・・・・5歳児さんは、少し戸惑っていましたね。

 

のぎく保育園の楽しいイベントでした。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

12月7日(木)  今日はのぎく保育園のおもちつきの日です。朝早くから

地域のおじさんや、保護者さんが駆けつけてくださり、用意が始まりました。

もち米が蒸しあがり餅つきが始まりました。

子ども達も順にお餅つきです。杵は重く中々つくのは、難しいよね。

1才児(たんぽぽ組)さんは、今日は、給食の豚汁の具をちぎってお手伝い、調理室に届けてくれました。

出来上がったおもちをみんなでまるめ美味しく頂ました。

あんこ、みつ、きなこ、大根おろし、好きな味で頂ました。  美味しかったね。                       園長

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。