神戸元町 野島整体院 院長の野島が療術家の視点から健康に真に役立つ情報を提供しますビックリマーク 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-04-19 00:11:21

点穴バージョンアップ

テーマ:ブログ
スタッフを実験台にして「あること」を試している。

師匠からは人間には2つの穴があると教えられた。

東洋医学でもない、師匠の経験からの発見で、最近実感してきて、その場所に点穴を施している。

実践でも使い始めていて、頭がスッーと楽になって、目がシャキッとするみたいです。

技は奥が深い(^^;;

完璧に使いこなせるまで練習します!
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-04-17 10:00:13

治療院実践会か(^^;;

テーマ:ブログ
治療系コンサルタント。

実に多い。
そして悩む治療家の人も多いだろう。

だから成り立つ産業になっている。

あるサイトにはDVD教材で売上10億だって(^^;;

実際、買っても役に立つものは10本に1本もないのに(^^;;

もはやこの業界は食い物にされてる。

特に治療家でもない人が治療家の悩みを理解できるとは思えない。

人の身体を任せてもらえるかどうか。
どういうことか考えたことがあるんだろうか?

それはその人がどっかり自分に乗ってくる。

全てを受け入れて治療家が治療に当たれるか。

治療とは自分の器量、度量が問われるのだ。

リピート率を上げる?
簡単に言うなよな(^^;;
その根本には深い信頼関係を繋げないといけないといけないんだから。

私たち治療家は技術と同時に自分の内面を磨かないといけない。

器量、度量は鍛えられるので、あらゆる問題を想定をして「自分ならこう答える」を出しておくべきだ。

その答えはその人のオーラとなり、語らなくても理解してもらえるから。

厚みというのかな(^^;;
頑固にも感じられるんですが(^^;;

そうやって初めて評価が生まれ、相手の身体のケアを任せてくれるようになるんです。

技術=内面的器量、度量。

要はバランスです。

技術ばっかり磨いても、経営ノウハウを学んでも、自分の見識を広げようとは誰も言わない(^^;;

こうなって初めて繁盛院なので。

一時的な数字ではなく、安定的な数字になる。

本気で、ちょっと横行しつつあるこの業界に喝を入れていこうと思う。




AD
2015-04-17 01:07:01

突出型ヘルニア

テーマ:ブログ
いろんなヘルニアがあるなぁと患者さんから教わる(^^;;

椎間板の髄核が圧迫によって靭帯を突き破ったらヘルニアです。

しかも今日来院された患者さんは一度椎間板の手術をしたにも関わらず、違う場所にもヘルニアが出来、2度も手術(^^;;

しかも神経を傷つけているみたいで、フクラハギの痺れは一生のお付き合いになるそうだ(^^;;

骨盤の位置を変えて、臀部、腰部の筋肉を緩めて痛みを軽減させた(^^;;

椎間板は壊れやすいので、負担がかからないように臀部、腰部を柔軟にしておく必要がある。

壊したら時間もお金も膨大になるので、腰に不安がある方は、早めにケアをして柔軟性を回復させることをお勧めします^_^
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇