1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-22 04:13:20

シンクロニシティとパラレルワールド

テーマ:日常
久々にビリヤード友達とカラオケに行ってきた。

本当に久しぶりだったので、行く前日にはyoutubeを巡って歌えるレパートリーを確認していた。今まで歌ったことがないのも入れないとなぁー、と思いながらあちこちクリックしていると、吉幾三の「ドリーム」という曲が出てきた。 新日本ハウスのCMソングで、イントロを聴けば誰でも「あ、この曲か」と分かる曲だ。

簡単な曲だし、みんな必ず知ってるからこれはウケるわ、と思ってほくそ笑みながら何回か練習して覚えた。テレビ番組で本人が歌っている映像を見てちょっとした振り付けまで真似てみた。

いざ当日、何曲か歌って、そろそろこの曲でウケ狙いのタイミングだな、と見計らいリモコンで探してみる。ところががなかなか出てこない。「吉幾三の」でも「ドリーム」でも見つけられなかったので、「やはりCMソングだから入ってないのか」とあきらめ、他の曲を入れた。

ところが、なんとその直後にそのイントロが流れてきたのである。

「見つからなかったのになんでこれが流れてくるんだ?」と訳がわからなかった。自分が無意識のうちに入力していたのか?自働で入れてくれる補間機能でも付いたのか?

すぐにSさんが「住みなれたー」と歌い始めたので、「あ、これはSさんが入れたんだな」ということは分かったのだが、まだ混乱状態である。本当に自分が入れようとした直後だったし、まさかこの曲でかぶるとは思ってもいなかったからである。

「いやぁ、これ、今入れようとして見付からなかったのでびっくりしましたよ」、と準備してきた経緯なんかも熱弁してみたが、そんなことは皆知る由もないので空回りの感は否めず。

そんな混乱状態をひきずったまま、銭湯によって帰ろうと、H君と駅に向かう。

最近はこの辺りには来ていないが、学生の頃は住んでいた場所なので銭湯の場所は知っている。「そこの銭湯に寄ってから帰るよ」と言うと「ああ、一の湯ですね」とH君。

「え?そこは「清水湯」じゃないか?」と言うが「一の湯ですよ」と譲らない。

3年あまりそこに行っていたんだから間違えるわけがないだろう、と行ってみると壁に大きく「一の湯」とある。

あれれ?ここは「清水湯」ではなかったのか・・・。もしかして改名でもしたのかと思い、帰ってググってみたがそのような情報は無い。昭和20年代の創業から「一の湯」だったようだ。

「清水湯」は近くにもう一軒ある別の銭湯だったが、昨年廃業している。この2軒は姉妹店で、という情報があり、もしかしたらそれを聞いて混同していたのかも知れない。

ちょっと気になったのは「一の湯」の場所を「清水湯」として紹介してるブログの書き込みがひとつだけあったことである。あるいは自分とこの書き込みをした人は同じパラレル・ワールドから移動してしまったのかも知れない。

今日起こったこのような奇妙な現象を解明する手がかりが思いついた。

「若年性認知症」

AD
2014-11-09 17:19:25

中野区でハクビシン?に遭遇

テーマ:いきもの
ウォーキング中に電線の上を歩いていく動物を発見。
猫よりだいぶ大きくしっぽがすごく大きい。
タヌキは電線の上は歩かないらしいので多分ハクビシン。




中野区で他にも目撃されているようだ。

急いでスマホで撮影してみたが、街頭で照らされている辺りしか写らなかった。
AD
2014-11-08 05:54:17

ネズミとの仁義なき戦いに終止符

テーマ:日常

バタバタする音で目が覚めたので、これは粘着シートにかかったな、と思って起きた。
明かりを点けてみると、意外と逃げようとせず、こっちを見ている。

窮鼠つぶらな瞳で見つめてくる。

つい助けたくなってしまうが、
さいとうたかをの「サバイバル」で読んだとおりの恐ろしさ。
この前のスピーカーコードを齧って切った件でもその片鱗はうかがえる。

とは言っても、とどめは刺し切れずに、この粘着シートで挟んでレジ袋に入れ、
そのままゴミに。南無阿弥陀仏。

シートの上から少し外へ移動していたが、ネバネバが床から離れずに動けなくなっていた。
アース製薬「スーパーチューバイチュー」をもう一度紹介しておこう。

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>