Art and The City

アートホリック(中毒)なcatnoelのつれづれ日記


テーマ:

白隠展 HAKUIN記念「ブロガーナイト 白隠の魅力に開眼せよ!!」


Bunkamuraで絶賛開催中の白隠展・ブロガーナイトに参加して参りました。


ナビゲーター:
山下裕二先生(本展監修者)×広瀬麻美氏(浅野研究所・本展企画協力)&Takさん(アート・ブロガー青い日記帳主催)


六角形のスペースに達磨図がずらりと並ぶ「パワースポット」の中、御座布団に座って楽しいトークを傾聴。

山下先生はチラシに使われているメイン作品「朱ダルマ」を意識した赤いお召し物ww よくお似合いでした。渾身の展覧会だけあって、いつにも増してお話に熱が籠っていた気がいたします! (写真撮影は許可を頂いています)


Art and The City-2013010719310000.jpg

以下忘備録です。


(山下&広瀬)この「白隠展」は実は12年前ぐらい前から企画していたもの。

12年前、松濤美術館&その他でギッターコレクション(アメリカの著名な日本美術コレクター)の中の禅画にフォーカスした展覧会を行ったが、中でも白隠作品を多く取り上げた。その際、日本国内の白隠作品も20点ほど集めて展示したが、その時は「朱ダルマ」は出展交渉を断られた経緯があった。
なので、いつかは「朱ダルマ」を含む白隠展をやりたいと切望。 その後、お寺の代替わりや、花園大学(臨済宗)のネットワーク力もあって、今回の展覧会が実現した。
逆に、「朱ダルマ」が出せなければ白隠展はやれない、とも思っていたそう。


(山下)Bunkamuraザ・ミュージアムは西洋美術をメインにした美術館だが、プロデューサーの木島氏から、お正月に和物をやりたいという相談を受けた。こちらでは国宝・重文を展示できないが、幸いにも?白隠作品に国宝・重文指定はないので、逆手にとってやりたい展示ができた。


(広瀬)ダルマ部屋は新たな渋谷のパワースポットである(笑)
ガラスではなく、アクリルを使ったケース自体が壁となり、6角形のスペースを形作っている。作品まで15センチの奥行なので大変見やすい。


Art and The City-2013010721010001.jpg

ヤマトロジスティクスは美術運搬専門のプロ集団。安全性からトラックや制服はあえて普通のクロネコヤマトと同じ。今回の展示準備は4日間ほどで完成したが、海外だとゆうに1か月はかかるだろう。

本展の湿度調整は60%に設定。いつもは寺や個人宅でほったらかし状態のものが多いので(!)、これだけコンディションを整えるのはかえって過保護状態かも(笑)


会場の様子

Art and The City-2013010719230000.jpg

(山下)今回の出展作は全国45か所から集めた。地方の寺にとっては代々宝として守ってきた作品が殆どなので、長期間の貸し出しは檀家に反対されるケースが大変多い。「渋谷」の美術館に貸し出すというだけで心配されることも....よって巡回展は無理! アメリカからも依頼があったが残念ながら断った。
今回は万寿寺「朱ダルマ」が出るというのが殺し文句となった。


所蔵のお寺での調査風景  Takさんシャンデリアに注目!
Art and The City-2013010720120000.jpg

(山下)白隠と仙厓は対で語られることも多いが、実は全く違う存在である。
白隠は命がけで禅の教えのツールとして画を描いた。師もなく、画の対価として金銭も受け取らなかった。日本の画家で最多作であると言ってもいい。空前絶後、富士山のような存在。
仙厓はそれほど命がけではない。コミカルでユーモラス。


白隠はずっと美術史で部外者扱いされてきて、研究は諸についたばかり。これから熱心な若い研究者が出ることを願っている。


作品スライドを見ながら:


書と絵、共に頭でっかち! 下書きよりも大きく描こうとする。下の方はスペース足らなくなる(笑)

達磨&自画像:達磨も自画像である。目が斜視なのは白隠自身も斜視だったのだろうと推測。
この当時、自画像というのは大変めずらしい。


永青文庫蔵 こちらは過去に見たことあり
Art and The City-2013010721020000.jpg

観音像:唯一、自画像要素がない画題。伏し目がちの色っぽい熟女系→母親追慕のイメージ
絹に描かれたものも多い→紙よりもより丁寧に描く必要がある


Art and The City-2013010720460000.jpg

空中浮遊している蓮→若冲へ影響を与えたのではないか? 白隠の京都画壇(芦雪、大雅etc)への影響は今後の研究課題。


「南無地獄大菩薩」:心の持ちようによって、地獄も天国も同じである。
ジョン・レノン「Imagine」に通じる。 Imagine there is no heaven.
ジョン・レノンはダコダ・ハウスに白隠画を飾っていた。


Art and The City-2013010720410000.jpg

鬼味噌を作っている画(!)すりこぎでゴリゴリされている鬼は人間の煩悩の象徴。ブキミながらほのぼのさも漂う。


Art and The City-2013010720370000.jpg

すたすた坊主。賛は「きたきた又きた」とラップ調!

Art and The City-2013010719200001.jpg

現在の白隠のステータスは60年代の若冲と同じくらい。あと何年か後には重文・国宝指定が相次ぐかも?!?

これだけの白隠展は今後無理かもとのこと。必見です!!


私が一番気に入ったのはこの作品。現存中最大の白隠禅画。「南無天満大自在天神」の文字絵となっているのがすごい~


Art and The City-2013010720520000.jpg

Art and The City-2013010720560000.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

catnoelさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。