未だにわからないのがオレンジジュースとダイエットの関係です(・o・)




というのも、私は過去に2回ほど100%オレンジジュースばかり飲んでかなり痩せた経験があります。




もちろん、他のものも普通に食べていたのですが、



飲み物はすべてオレンジジュースでした。




水のようにがぶがぶ飲んでいたのです。









りんごジュースやグレープジュースでは全く効果がなく




いつも決まってオレンジジュース・・・





これは七不思議のひとつです。








インターネットで検索してみると、





ときどき「オレンジジュースダイエット」というものを見かけることもありますが




だいたい断食をするような要領で




オレンジジュース以外のものを摂らないケースが多いようです。




そして、そのようなサイトではオレンジジュースを摂取する理由として【ビタミンCを摂取できるから】



としています。






確かに柿の葉茶健康法などにもあるように、私たちの体はすぐにビタミンCを消耗してしまうので、




こまめに摂ることは必要です。






ですが、直接ダイエットに効果があるのか・・・!?







私が長年考え続けている問題です。








AD

最終的に私がお伝えしたいのは



菜食主義になったからと言って必ずしも痩せるわけではない!



ということです。





もし、あなたが動物性食品を完全に絶ち、ダイエットをしたい!



とお考えでしたら、今一度考え直してみてください。








ベジタリアンの方でも太っている方もたくさんいらっしゃいます。






私の知人は毎日青汁しか飲んでいませんが、




お世辞にも細いとは言えない体型をしています。







ダイエットなんてそんなものなんです。




もちろん菜食主義を否定するつもりはありません。





彼らが動物や環境を思いやる気持ちは痛いほど理解できます。





しかし、それはダイエットと安易に結びつけてはいけない、ということを言いたいのです。









・・・この続きは、また考えがまとまりましたら更新します(・ω・)















AD

お疲れ様です!



今日は肌寒い一日でしたね・・・(・ω・)


そんな日には、温かいものが恋しくなるもので・・・




brownrice cafeでマクロビディナーをしてきました♪


こちらは食前にいただいたハーブティーですリラックマ


NO ダイエット!ダイエットは明日から・・・・やめましょう!


シナモンのクッキーも付いてくるのが幸せ・・・(o>ω<o)




ちなみにこの紅茶の名前は「ビューティースキン」キラキラ






美肌に効く成分がたっぷりつまった女性に嬉しい一杯です♪





ただ・・・・





あんまり味は・・・・(苦笑)






でも、シナモンクッキーは美味しいですキラキラ





そしてこちらが私の大好物!玄米INARI!(・ω<)






NO ダイエット!ダイエットは明日から・・・・やめましょう!



おあげを縦にカットしているので、縦長タイプのおいなりさんなんです( ´艸`)きらきら!!



左のおいなりさんは味噌とねぎがのっていて・・・・





これがまた絶品なんですよLOVE





塩加減が最高ですっっWハート




右側のはラタトゥユ風のものがのっていて、こちらもクセになる味ですキラキラ






実は今回、はじめて祖母とこちらのお店を訪れました!






菜食レストランということもあり、普段は一人でお食事しています。。








祖母は食べることが大好きなのに、とっても細いです!



まぁ、年齢も多少あるかもしれませんが、若い頃から太ったことが一度もないと話していました。






ただ、祖母をはじめやせの大食い体質の方を見ていると、




食欲にメリハリがあるといつも感じます。







この日はランチも祖母といただいているのですが、





彼女は私の3倍くらい食べていました。(冗談ではなく、本当に大食いなのです。バイキングでもものすごい食べます。)





しかし、brownrice cafeでは半分残していました。







食べたいときには食べる!




食べたくないときには無理に食べない!






当たり前のことですが、これができるようになると、ダイエットも順調に進んでいくはずです。





ちなみに、同じ内容が夏目先生の著書にもあります。




ダイエットやめたらヤセちゃった―アンチダイエット・スリミングの魔法 (sai books)/夏目 祭子
¥1,680
Amazon.co.jp


この本は、かなり前に手にしましたが、本当に歴史に残る名作だと思います。




巷のダイエットにことごとく挫折していた当時の私にとって、どれだけ支えになったことか・・・





そんな思い入れのある一冊です。








<つづく>




AD