2009-12-22

JIN-仁 今年民放最高視聴率25.3%瞬間最高視聴率は29%以上 心に残る名台詞

テーマ:ドラマ


JIN-仁が前回の放送で最終回を迎えました。


奇形腫瘍の謎とか、タイムスリップの謎


等、明かされることは事はありませんでしたけど。


原作も続いていることですし、


原作を変にいじってないという点では評価できる最終回だったと思います。


オリジナルキャラクターの未来さんの件は


とりあえず解決したので安心しました。


納得できないという人も多いですけど、


登場人物たちの後日談なんかも


えがかれていて


そこが良かったですよ。


大沢さんが、全ての人が救われる最終回ですって


番宣で言ってましたけど、


確かに、そういう最終回でしたね。


「救われなかったのは視聴者だけ」


なんて、いじわるなタイトルの記事をどこかの


週刊誌が書きそう(笑)ですけど、


もう一度、よくよく


最終回を見れば救われるはずです。


それに、大好きなドラマの続きが


どんな形にせよつくられるってことは、とっても嬉しいことですもの。


仁先生の頭痛が復活して、胎児が目をパチッ


で終わっちゃいましたね。


私が知ってる中では、大好きなイギリスドラマ


「時空刑事 ライフ・オン・マーズ」


に似ているような気がします。


こちらのドラマは、3部作で、


やっぱり1作目では、ちょっと


悲しい終わり方だったんですけど、3作目で


全ての謎が明かされるんです。


だから、JIN-仁も気長に待とうと思います。


楽しみを先延ばしにしたって


いいじゃないですか。


上記のイギリスドラマは


現代では敏腕警部なんですけど恋人が事件にまきこまれ、


行方不明のまま、タイムスリップしちゃうんです。


タイムスリップした先には、自分が生まれるかどうかや


恋人の存在、両親の事など


未来で自分が知っている事実を


自分が事件にかかわることで変えてしまうのではないか


というジレンマに陥る場面が何度もあります。


結局、現代では主人公はこん睡状態であったんですけど、


1970年代に生きがいを見つけた主人公は、


現代より過去で生きることを選びます。


ちょっと、シチュエーションとか似てるところがあるでしょう。


さて、JIN-仁の


最終回ですが、


野風さんのために封印した、


未来さんとの写真、消えてしまいました。


一体どういうことなんでしょうっていうのは


野風さんが旅立った後の咲さんの言葉に


集約されています。

allyのEntertainmentブログ

結納から、行かねばならぬところがありますと、


ドタキャンした咲さんが


困らぬよう、


いつもの恭太郎さんとも思えぬ演技


で、咲さんを救いました。


それが功を奏して、野風さんの手術を


邪魔しようとしていた輩を追い払うことができました。


allyのEntertainmentブログ

それにしても、咲さんの覚悟には驚かされます。


咲さんと仁先生の姿に、


完全に失恋してしまった野風さんでしたけど、

allyのEntertainmentブログ

自分自身で強く生きていく決意をしたのでした。


花魁特有の草履を脱いで空を見上げ、


空が遠くなったといった野風さんにもジーンときましたけど、


なんてったって、旅立ちのシーンは


忘れられない名シーンになりました。

allyのEntertainmentブログ

旅立とうとしている野風さんを見送っていると


急に空から粉雪が。


龍馬さんが、「野風、まだ雪になりたいがかー


というと野風さんが振り向いて


まっぴらごめんでありんす。



これからは、己の足で行きたい所へ行くでありんす。



そこで誰かと出会い誰かを慕い慕われ



誰よりも幸せになるでありんす。



南方先生の手で生まれ変わらせていただいたのでありんすから。



南方先生。



ほんにほんに



ありがとうござりんした。」



仁先生が


「良かったです。



私はあなたを助けられて、良かったです、野風さん」


と涙を流す仁先生に


咲さんが、


「水というのは不思議なものでございますね。



雨になったり、湯気になったり、氷になったり、雪になったり。



様々な姿になるけれど、本当はすべて水。



そして、わたくしたちの目には見えずとも、



この世から消えてなくなることはない。



わたくしは、そう思います。」

allyのEntertainmentブログ

つまり、写真という形で、未来さんの未来を知ることはできなくても。


仁先生の知っている未来さんではないかもしれなくても、


必ず存在しているのでは?!


ということなのでしょう。


あいまいだけれど、いい説明。


視聴者のそれぞれの解釈に任せるって事でしょうか。


本来ならば現代の恋人の元へ戻るのが筋でしょうけど、


江戸の町の人たちと、これだけ真剣な関係をつくりあげてきたのに、


それを簡単に投げ出すことも


仁先生には選べないでしょうから。


だから、龍馬さんが選ぶから結果は


龍馬さんのせいにしていいといった、龍馬さんは


やっぱり、大人物ですね。


後日談では、野風さんが塾を開くべく、


募集広告を配っていました。


自立したカッコイイ女です。


私も、野風塾に入りたいです。


鈴屋のおやじ様に


太夫ほどの、高い教養を身につけさせてもらった


野風さんなら、


塾の先生にピッタリだと思います。


そのカリスマ性は天性のものでしょうし。


そして、どうやら


現代の未来さんは


学校の先生になっていたみたいですね。


仁先生は仁友堂に


緒方先生から、いただいた言葉をかざっていました。


仁先生という人が江戸の町では欠かせない人物になっていました。


続編が早くも期待されますが、


これだけのキャストをおさえるのが一番大変な作業かもしれません。


最終回に当たって、番組宣伝に大沢さんが駆け回ってたんですが、


王様のブランチで内野さんのインタビューが公開されました。


龍馬=内野さん


ってかんじなんですけど、


普段は全く違うんですね~


驚きました。


通常は


超イケメン系じゃないですか。


あそこまで、顔崩せるってすごいな~。


今回のドラマで、誰もが好きになってしまった


龍馬さん役の内野さん。


凄い演技力ですね。


それから、野風さん役の


中谷さんにも


インタビュー。


好きなシーンはときかれると、


咲さんが仁先生のことで野風さんに相談に来る場面があって


野風さんが「わたくしは、咲様のことが 大好きでありんすよ」


っていうセリフがあって、


実際に綾瀬さんの事が大好きなんだ~って実感したんですって。


それから、


綾瀬さんは、花魁でもないのに


ありんす言葉を使いたがって心配だっていって、


お武家のお姫様は、そんな言葉を使ってはだめでありんす


みたいな撮影裏話も披露してくれました。


番組宣伝までこんなに真剣に見たのは久々ですね。


普通、番組宣伝だけで


お腹いっぱいになっちゃうんですけど


JIN-仁は何度見てもあきませんね~。


全部保存しておいてよかった。


良いドラマの視聴率がアップして良かった。


平均視聴率こそ、MR.BRAINには


及びませんでしたけど、


あちらは回数も少ないし、


最高視聴率はJIN-仁の勝ちですね。


こんなに老若男女に愛されたドラマも


しばらくぶりでしょう。


MR.BRAINも、土曜のあの時間帯にしては


快挙だとは思いますが。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

allyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■続編が~

>なんちゃってセレブさん

ヤフートピ見たときは
続編がないなんて、なんてこと発表してるんだか(=`(∞)´=)って思いましたよ~。ワザワザ出てたって事は、当然2作目があると誰しも思ったってことのような・・・・。

綾瀬はるかは、誰もが愛すべき女優さんな気がします(*^o^*)
話してても、綾瀬はるかが嫌いだって、聞いたことないし!
私も、出演作品はほとんど見ています。

内野さんの龍馬は、すごかったですよー。
強烈に記憶に残ってるので、違う龍馬を見たら否定したくなるかもしれません。


既に、篤姫の龍馬は私の記憶から抹殺されちゃいました(笑)大好きな玉木宏にもかかわらず・・・・。
記憶にある中だと、新撰組の江口洋介の龍馬も好きでしたけど・・・・JIN-仁の龍馬が本当の龍馬だって、思いこみそうなくらいでしたから・・・。

篤姫→天地人と良いバトンが渡ってきてるので、来年の大河も成功するといいですねぇ★
福山さんのファンは星の数ほどいるでしょうから、大丈夫だと思います!!
美しい龍馬!いいじゃないですか( ̄▽+ ̄*)

5 ■未来さんと原作

>よったんさん

未来さんは、まったくのオリジナルなんだって最初はHPの中谷さんのインタビューで知ったんですが、
原作を読んでみたら本当にいませんでした∑(゚Д゚)

だから、原作の仁先生は、
現代に対する執着はそんなにないようですね~ヽ(;´ω`)ノ

このことを考えると、今回のドラマは、ものすごくロマンチックな展開だと思いますよ!

原作読んだからってドラマみたいに泣けないし・・・ドラマは音楽も良かったですものね♪
なんか、こう、高まる気持ちを、
もっと盛り上げてくれるっていうか:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

最終回も終わったのに、まだまだJIN-仁の余韻が続いております。

TBSは続編を否定しているそうですけど、2作目がなかったら、ある意味、期待をしてる視聴者への裏切り・・・くらいに思っちゃいますね。
これも、視聴者の期待を盛り上げるTBSの作戦かなぁ(笑)

4 ■バック・トゥ・ザ・フューチャーと春日

>サフィラさん

写真が変化していくとこ、私も思い出しました(^○^)
マーティー・マクフライは必ず現代にもどれるけど、仁先生は戻れませんでしたね・・・。
戻ることがハッピーエンドって位置づけられてなかったし、これはこれでいいのかしら。
余談ですが、オードリーの春日の服装はバック・トゥ・ザ・フューチャーでマーティーが父親の高校生時代にタイムスリップした時、
父親のジョージがしていた恰好をまねしたらしいですよヘ(゚∀゚*)ノコンビ名はオードリー・ヘップバーンからだし・・・・映画好きなんでしうか・・・。

内野さんは、「ふたりっ子」の印象が強いです。
そういえば、ラブジェネにもでてましたねぇ~。色気のある硬派な役柄が多い気がしてたので、今回は、なんとも泥臭い、いい味を出してる龍馬さんでした★
役者さんってすごいもんですねぇ♪

3 ■ものすごく

盛り上がったようですね~
なんかヤフートピックスで「続編はありません」とかワザワザ出てたし…

綾瀬さんは今日本の女優で一番数字取れる人じゃないでしょうか
竜馬役がそんなにハマっていたのなら、来年大河の福山くんもやりづらいかも(;^_^A

2 ■本当に

あれだけ次回が楽しみで、何度見ても飽きない日本のドラマは初めてかも…\(^^)/


最終回は原作が続いてるから、僕的には納得した終わり方だったけどな~(`・ω´・)b

納得出来ないって声がネットでは多いみたいですね。

ところで未来さんは原作にはいないキャラクターなんですか?ドラマのオリジナルなの?(o・・o)/~


なんにせよ、シーズン2なり映画なり、続編が楽しみですね♪v( ̄▽+ ̄*)

1 ■いいドラマでしたね♪


写真という形で未来の身近な人の消息を知ると
いうのは、バックトゥーザ・フューチャーを思い出しました(*^_^*)

脚本もとても良くできたドラマだったし、
大沢さん、綾瀬さんはもちろん、
内野さんの竜馬と中谷美紀の演技が光ってましたね。
内野さんはラブジェネのキムタクのお兄さん役でしたよね。シリアスな役が多かったので
今回の竜馬には驚きました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。