岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査の専門家 野田知宏の本音ブログ

岐阜市で探偵社&法務事務所を経営する浮気調査・慰謝料請求・離婚問題の専門家 野田知宏です。
調査部門と法務の部門があり、証拠収集から慰謝料請求・離婚関連の業務まで対応できます。
また、気さくな現役探偵兼行政書士ですのでどうぞ気軽に絡んで下さい!!


テーマ:

岐阜市・浮気調査専門の探偵社&法務事務所 経営者 野田知宏の本音ブログをご覧いただきありがとうございます。

役に立つことから、全く役に立たないおバカな記事まで色々と書いています。

浮気調査なら岐阜県ではどこにも負けないと自負しております!

どうぞよろしくお願い致します。

 

◆◆◆法務's(ほーむず)グループ◆◆◆

 

探偵法務's(たんていほーむず) http://ho-muzu.com/ (全国の浮気調査)←名古屋と一宮にも営業所があります。

 

SPY探偵事務所 http://spytantei.com/ (岐阜県及びその近郊の浮気調査)

 

行政書士TOMO法務事務所 http://tomo-legal.com/ (慰謝料請求・離婚)

 

=====================================

 

DNA親子鑑定には「法的鑑定」と「私的鑑定」があることはご存知でしょうか?

 

 

もちろん、裁判の証拠として認められるのは「法的鑑定」です。

 

そして価格は

 

私的鑑定はだいたい4万円前後

 

法的鑑定は、8円~12万円程度です。

 

でも実は・・・

 

「法的鑑定」と「私的鑑定」の「鑑定方法」は全く同じだというのは知っていましたか?

 

えっ?そんなはずないじゃん!?だってそもそも値段が・・・

 

と思われるかも知れませんが、本当に全く同じなのです。

 

では、何が違うのか?

 

DNA親子鑑定は、ざっくり言うと「父親A」から採取した検体(細胞)と「子B」から採取した検体(細胞)のDNA型を比べ、本当の(生物学上の)親子かどうかを判断します。

 

 

私的鑑定では、鑑定に必要な検体を自分たちで採取して、それを鑑定業者に郵送するなどして行うのが一般的です。

 

ですから、私的鑑定は、「親A」「子B」から採取した検体ですよ、と言いつつ、別の人物から採取した検体を送るという様な「インチキ」が出来てしまいます。

 

例えば「父親A」「子B」「子C」+「Aの妻」の4人家族ががいたとします。

「父親A」は「子B」を自分の子ではないのでは?と疑っています。

実は「子B」は生物学上「父親A」の子ではなく、「子C」は生物学上「父親A」の子です。

当然「父親A」の妻はその事実を知っています。

「父親A」が、DNA親子鑑定をすると言い出したら、妻は焦るはずです。

もしも、妻が「子C」採取した検体を「子B」のものとして業者に提出してしまうという様な暴挙に出た場合、「本当の親子です」と、間違った鑑定結果が出てしまいます。

 

 

 

この様なインチキを防ぐために法的鑑定では「父親A」「子B」から専門のスタッフが直接、検体を採取します。

 

余談ですが・・・

 

夫婦そろってラボ(鑑定所)を訪れ、DNA親子鑑定を申し込まれた後に、こっそり「妻」から「何とか結果を変えられませんか?」という電話がちょくちょくあるそうです。

 

どうやら鑑定をする前に、妻には結果が分かっている様です・・・(^▽^;)

 

当然、インチキはできませんので

 

「鑑定を取りやめることはできますが、結果を変えることはできません。」

 

と答えているそうです。

 

 

ちょっと脱線しかけましたが・・・

 

法的鑑定では、検体の採取など、鑑定に必要な作業を専門のスタッフが行うため、その様なインチキが出来ないので、裁判の証拠等として認められるのです。

 

鑑定内容が同じでも、専門のスタッフが動くので、金額が高いのです。

 

ご参考までに・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岐阜市・浮気調査の専門家・野田知宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。