若冲の流れで上野動物園に(東京都美術館の隣)

 

若冲でも描かれる鶴

 

 

そして象

 

 

君も描かれているかもしれん

 

 

 

 

客待ち中のペンギン

 

 

近づくと泳いでくれる

 

 

パンダは設備を見に行った感じ

 

 

 

AD

先週のこと・・・若冲展に行きました。

 

 

早朝、5時半くらい

 

 

 

7時

 

 

 

 

8時くらいに開門、

少し少しと進み、しばらくした後に入館できました。

ほとんどの人が最初の順路には入らず、脇道から上に。

順路通り、ゆるりと見てからエスカレーターで上に行くと

・・・すでに、たくさんの人だかりが。

 

 

今回の目玉のがありました。

「釈迦三尊像」(しゃかさんぞんぞう)3幅

「動植綵絵」(どうしょくさいえ)30幅

 

 

このエリアは円形。

コンセプトとしては中央の釈迦を見せて、左右の動植綵絵は自由に見せたい。

客の任意で並びが出来て、動きが生まれる。

2列目、3列目から入り込む人もいる、混乱のエリアでした。

 

スタッフは「自由に見ていい」と言う人と、

前の動きが止まるために「左に進んで」と言う人がいました。

入り口は左、出口は右のため、そのまま左から右に進む流れがあり、

結局、ぶつかってしまいました。

渋滞が起きてみんな停止。交通整理のプロがいれば。

 

 

「石峰寺図」(せきほうじず)は驚かされました。

本やネットでは小さいため、地味で良さがわからなかったのですが

実物の絵は大きめ、ひとりひとりに細かな表情があり、

つまらなそうなお堅い集団、その後ろに楽しんでいる集団など

マンガのような面白さがありました。

 

 

美術館はお高くとまった感じがして、入りにくさがありますが、

これだけ人が多いので、そんな感じはゼロ。

若冲の絵は誰が見てもいいとわかります。

しばらくは見られない可能性があること、多くのメディアで取り上げられたこと、

混雑話題も加わり、さらに多くの人が集まったのだと思います。

 

若冲展は、せめて整理券があれば・・・

他の美術館に流したくないのでしょうね。

あさましさも含めての展覧会。

 

 

若冲チケットの半券で入れる「公募団体ベストセレクション」は

様々な芸術団体の、今を生きる芸術家の作品が見られました。

全体的には答えが出ない、暗いトーンが多いのかな。

若冲だと「蓮池図(れんちず)」。

彫刻や立体作品もあり、ジョジョに出てくるようなスタンド風のもありました。

 

 

 

午後

 

 

 

 

 

AD
音の作りの良さを感じられました。
映像はラフでリアル、ミニチュア的な幻想的な場面もあり見応えがありました。
役者も含めて作品の質は高かったです。


物語は…人間も植物も動物も生きにくい、
人間が閉鎖した湿地帯。そこに人が違法に住んでいる島がある。
嵐が来て島が沈んでも、
なんとか生きようとする父親と女の子。島の仲間たち。



現実にある問題も、過酷な状況の中で生まれる空想も
すべては作り手の世界。
アニメや絵本など、完全にファンタジーに変換すれば、
受け入れやすい、面白いものになるのかなと感じましたが…
すでに宮崎アニメがあるわけで。
この感じは以前に経験している、という印象は受けました。


ラストが華麗であり、後味が悪く…
救いとして「夢オチ」でもいいんじゃないかとさえ思いました。
タイトルのかわいらしさに、だまされたような気も。



AD

特撮博物館にて

テーマ:

tokusatsu


「館長庵野秀明 特撮博物館
 ミニチュアで見る昭和平成の技」(東京都現代美術館)に行きました。


音声ガイドを借りたので、一つ一つを見るのに時間がかかり、見回った時間は3時間半。


最後の写真スペースでの撮影、グッズ販売コーナーを含めれば4時間。


会場に入ると、モスラの東京タワー、特撮映画で使われた兵器、乗り物・・・。
知らないものばかりでしたが、懐かしさを感じました。

そして、ウルトラマン、様々なヒーローの仮面、平成ガメラや日本沈没の建物ミニチュア・・と続き、
目玉の「巨神兵東京に現わる」へ。



「巨神兵東京に現わる」、特撮映像は凄い。

話の構成としては、エヴァっぽいモノローグや文字を入れているのですが
難解な作りで物語や世界感の理解はできませんでした。
ちなみに3回観ました。特撮映像を集中して観るのでOKかと・・。
会場を先に進むと、メイキングがありました。このメイキングは面白かった。


(そういえば、ガメラ3もメイキングが面白い)


美術、特撮技術のスタッフの力が大きい。


どう素材を撮影して、組み合わせているのかがわかりました。


使う材質や方法によって表現が変わる。ビルの崩壊の方法の違いは関心をそそられましたね。

空を舞う光の粒子は発泡スチロール、爆発のキノコ雲は綿というのには、
一般で手に入るものでできる凄いアイデア。


本編では電飾、犬が微妙だなと感じるのですが、そこもメイキングで語られていました。



会場を進み、倉庫、合成技術(オプチカル合成)を見て終了。



様々な造形が堪能できました。
ミニチュアの作り物っぽさを感じさせる表現はいいですね。
ストップモーションアニメとも違いますね。



音声ガイドは、まあ、会場スタッフの方が説明すればいいのになと。


(音声ガイドはイヤホンを自前で持っていくのが吉)


後半は破壊に特化されていくので、トラウマにはなるかも。
快獣ブースカのチャメゴン(ブースカの弟分)がいましたが、


そんなユニークなものが最後にあっても良かった。





「宇宙人ポール」「ミッション:インポッシブル」「仮面ライダー」「ヒミズ」を観ました。


「宇宙人ポール」は想像していた以上に面白かったです。
作りのレベルが高い。ネタは大人向け。

宇宙人を見たことで失神している間、
友人の方が宇宙人と仲良くなっていたり、疎外感からすねてしまうなど
感情の変化がうまく作られていました。
あるあるという感じで、感情移入がしやすい。

キリスト教の教育を受けている女性が仲間になりますが、
宇宙人の存在を受け入れてもらうにはどうするのか。
宇宙の情報を与えること、自分にもリスクがある奇跡を起こすこと、
納得させられる設定が効いていました。


宇宙人を見て失神しない方、主演の一人であるサイモン•ペグは
「ミッション:インポッシブル」にも出演しています。

スパイ+チームが使う道具を管理しているようですが、ここでもどこかダメ感がただよっている。
たいてい道具が壊れるというアクシデントが起こる。
誰も道具のチェックをしてないので、困難も自作自演的。

世界戦争が起こるのを止めると
語っていることは大きいのですが、TVシリーズっぽい作りでした。
やはり…TVの連続ドラマの方が面白そう。


「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX」は
放送中のTVシリーズの兼ね合いも考えられ、うまく作られていました。
人間のアクションが取り入れられているのがいいところ。
仮面ライダー フォーゼでは人のアクションがほとんどなかった。

仮面ライダーたちの派手で面白いアクションの連続なのですが…マンネリになるなとも感じました。
役者はWの探偵物語っぽさがいい。変身は片方が謎。
Wは観ていなかったのでレンタルでチェックしよう。



「ヒミズ」は原作は雑誌連載中に読んでいたのですが、
想像を越えて歪んだ作品になっていましたね。