先週のこと・・・若冲展に行きました。

 

 

早朝、5時半くらい

 

 

 

7時

 

 

 

 

8時くらいに開門、

少し少しと進み、しばらくした後に入館できました。

ほとんどの人が最初の順路には入らず、脇道から上に。

順路通り、ゆるりと見てからエスカレーターで上に行くと

・・・すでに、たくさんの人だかりが。

 

 

今回の目玉のがありました。

「釈迦三尊像」(しゃかさんぞんぞう)3幅

「動植綵絵」(どうしょくさいえ)30幅

 

 

このエリアは円形。

コンセプトとしては中央の釈迦を見せて、左右の動植綵絵は自由に見せたい。

客の任意で並びが出来て、動きが生まれる。

2列目、3列目から入り込む人もいる、混乱のエリアでした。

 

スタッフは「自由に見ていい」と言う人と、

前の動きが止まるために「左に進んで」と言う人がいました。

入り口は左、出口は右のため、そのまま左から右に進む流れがあり、

結局、ぶつかってしまいました。

渋滞が起きてみんな停止。交通整理のプロがいれば。

 

 

「石峰寺図」(せきほうじず)は驚かされました。

本やネットでは小さいため、地味で良さがわからなかったのですが

実物の絵は大きめ、ひとりひとりに細かな表情があり、

つまらなそうなお堅い集団、その後ろに楽しんでいる集団など

マンガのような面白さがありました。

 

 

美術館はお高くとまった感じがして、入りにくさがありますが、

これだけ人が多いので、そんな感じはゼロ。

若冲の絵は誰が見てもいいとわかります。

しばらくは見られない可能性があること、多くのメディアで取り上げられたこと、

混雑話題も加わり、さらに多くの人が集まったのだと思います。

 

若冲展は、せめて整理券があれば・・・

他の美術館に流したくないのでしょうね。

あさましさも含めての展覧会。

 

 

若冲チケットの半券で入れる「公募団体ベストセレクション」は

様々な芸術団体の、今を生きる芸術家の作品が見られました。

全体的には答えが出ない、暗いトーンが多いのかな。

若冲だと「蓮池図(れんちず)」。

彫刻や立体作品もあり、ジョジョに出てくるようなスタンド風のもありました。

 

 

 

午後

 

 

 

 

 

AD