渇き。

テーマ:
パチパチする駄菓子を食べているような。
映像の面白さ、俳優の怪演が楽しめました。
刺激はあるものの、同じものを食べていれば、やがては飽き。


行方不明になった娘の加奈子を探す父親。3年前の過去、加奈子を好きになった男子中学生。
この二人が加奈子は何者なのか?を知る物語です。


登場人物が覚せい剤を使用しているのですが、
その設定を外して物語を構成したほうが良かったかな。
娘自身が覚せい剤のような存在なので、
薬そのものが出てしまうと話が単純になり、魅力がなくなってしまうからです。
恋や愛に落ちるのみのほうが理想。


仮面ライダー鎧武のミッチがチャラ悪い感じで出ていたのには驚きました。
作り手は美形男子を汚して楽しんでいるのか。
鎧武でも正義側から離れ悪側に成長しているのですけど、
この作品では捨て駒キャラ、かなり酷い目に遭わされていました。
予想していなかったところであり、鎧武を見ている人なら見所かと。
(変身ヒーローの一人なのにと)


印象が強かったのは、金髪坊主の女学生。
独特の弱さをかもし出し、気になる存在でした。
しかし、あっさり終わってしまい、ちと残念。
サブキャラのエピソードがもっとあってもよかったかな。

AD