特撮博物館にて

テーマ:

tokusatsu


「館長庵野秀明 特撮博物館
 ミニチュアで見る昭和平成の技」(東京都現代美術館)に行きました。


音声ガイドを借りたので、一つ一つを見るのに時間がかかり、見回った時間は3時間半。


最後の写真スペースでの撮影、グッズ販売コーナーを含めれば4時間。


会場に入ると、モスラの東京タワー、特撮映画で使われた兵器、乗り物・・・。
知らないものばかりでしたが、懐かしさを感じました。

そして、ウルトラマン、様々なヒーローの仮面、平成ガメラや日本沈没の建物ミニチュア・・と続き、
目玉の「巨神兵東京に現わる」へ。



「巨神兵東京に現わる」、特撮映像は凄い。

話の構成としては、エヴァっぽいモノローグや文字を入れているのですが
難解な作りで物語や世界感の理解はできませんでした。
ちなみに3回観ました。特撮映像を集中して観るのでOKかと・・。
会場を先に進むと、メイキングがありました。このメイキングは面白かった。


(そういえば、ガメラ3もメイキングが面白い)


美術、特撮技術のスタッフの力が大きい。


どう素材を撮影して、組み合わせているのかがわかりました。


使う材質や方法によって表現が変わる。ビルの崩壊の方法の違いは関心をそそられましたね。

空を舞う光の粒子は発泡スチロール、爆発のキノコ雲は綿というのには、
一般で手に入るものでできる凄いアイデア。


本編では電飾、犬が微妙だなと感じるのですが、そこもメイキングで語られていました。



会場を進み、倉庫、合成技術(オプチカル合成)を見て終了。



様々な造形が堪能できました。
ミニチュアの作り物っぽさを感じさせる表現はいいですね。
ストップモーションアニメとも違いますね。



音声ガイドは、まあ、会場スタッフの方が説明すればいいのになと。


(音声ガイドはイヤホンを自前で持っていくのが吉)


後半は破壊に特化されていくので、トラウマにはなるかも。
快獣ブースカのチャメゴン(ブースカの弟分)がいましたが、


そんなユニークなものが最後にあっても良かった。





AD