モロッコの肩の力を抜いた日々の暮らし。


マラケシュのアトリエで子育てしながらモロッコ雑貨や服を作る日々。


ローカルな庶民の暮らしに密着した子育て・仕事を徒然に。
お店はこちらからどうぞ↓


AtelierFOUAKRIウェブショップへ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-23 04:10:00

モロッコで武道を習う

テーマ:家族・子育て

ここ数日雨がよく通り過ぎていくマラケシュ。

モロッコでは日本のように一日中雨が降ることは無く、(そうなったらすぐ道路が冠水、、)

通り雨のような雨雲が行っては止み、また通り過ぎては止み、、という感じ。

雨季(冬)ももう終盤。

天気が良ければ汗ばむような陽気になり、春がすぐそこまで来ているのを感じます。

 

さて、ずっと習わせたいと思っていたカラテ教室に、ついに長男が通い始めました。

家から一番近くの教室で、ここは合気道とテコンドーを教えていました。

合気道はディフェンスなので、子供にはテコンドーの方がいいと夫が言って、

テコンドークラスに入門。

見学してみると、みんなしっかり胴着を着こんで、場所いっぱいに子供たちがいました。

 

 

モロッコでは空手・柔道・合気道・テコンドーなどがポピュラーな習い事としてあります。

護身術として需要があるのと、身一つで出来る習い事なのが広まった理由でしょう。

 

ここは週3回、18時半~19時半の1時間で月謝は100DH(1300円ほど)。

初めての集団の中に入ると必ず「シノワシノワ」と騒がれるのですが、

ここでは本物が来た!笑 という雰囲気で息子も2回目でかなり打ち解けたようです。

これで少しはモロッコの手強い子供達と渡り合えるようになれば良いのですが、、、

 

一方の次男坊。

近所の年上の子供達とも物怖じせず遊び、日々腕白ぶりに磨きをかけています。

ある日、外でぎゃははは!と笑い声が響いていると思ったら、、、

 

 

うちの正面に住んでいる女の子(2歳)を地面に寝転がって笑わせていました。

 

そして最近、子連れで建物の階段掃除に来ているおばさんの子とすっかり友達になり、

毎日のように一緒に遊んでいます。

 

 

 

遊び相手が出来て良かった。

色々あるけど、兄弟力を合わせて逞しく育って欲しいです、、!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ ラクダと旅する日常
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-15 03:05:00

もやもやさせられ続けるモロッコの小学校

テーマ:家族・子育て
 
長男が小学1年生として開校したばかりの学校に通い半年。
実は始まった当初から、持参する大量の教材の中に連絡ノートが漏れていたことが理由で、
最初の保護者説明会のお知らせを受け取れず、何も分からないままスタートしたのでした。
どのみち日本のように説明プリントはないし、始まったばかりの学校でまだ決まってないことも多いだろうし、
一年通いながら要領を掴んでいくしかないだろうとやってきましたが、、、。
日々、日本とは全く違うシステム、科目、内容に戸惑うばかり。
 
例えば毎日あるMATHS(算数)という科目では、当然足し算や引き算など数の勉強をしていると思いきや、
今までにやっている内容はほとんどフランス語とアラビア語で「数を書く」というもの。
1から50くらいまでの数をひたすら2言語で書いているのです。
確かに書けなきゃ困るんだけど、これって「算数」じゃなくて、「語学」じゃないの??
 
 
そして肝心の計算の方は時間割を見る限り週1で、
引き算もやっとやり始めたらしいのですが、
息子は一桁の引き算も分からないというので休暇中に私が教え、ようやく引き算を理解しました。
 
授業内容に関しては他の学校と同じことをやっていると思うし、
小中それぞれに子供を通わせている近所の奥さんは「よく勉強している良い学校よ!」と満足気。
ということは、モロッコの学校は概ねこんな内容なのでしょう。(不安;)
 
送迎時はどこの学校も車の列ができます。
 
私立の中でもこの地域では授業料の高い学校で、こんな荒野にあるのに外国人も複数いて、
今までアラビア語を話せば喜んでくれたローカルな先生たちとは違う雰囲気に、
私は最初から気負いがあり、不安を抱えていました。
実際、中途半端なアラビア語を話すより、正しいフランス語を話した方が丁重に扱われます。
学校からのお知らせはフランス語のみで、口語とかけ離れた堅苦しい文章の意味を掴むのにも苦労します。
まぁそれは親の問題で、先生の雰囲気が良くて、息子本人が楽しそうに通っているなら良いと思っていましたが、、、
なんと、最近この学校がまだ許可を取得していなかったことが判明し、保護者の間で騒ぎになりました。
無認可ということは卒業証書に意味がないということ!?
結局息子はまだ一年生なので問題は無く、今年問題なのは最終学年の子供達ですが、
修了までに許可が取れるのでしょうか。
 
この学校には始まって以来ひたすら、もやもやさせられていますが、
送り迎えできる範囲で学校を変えても、そこにこれ以上の良い環境と先生と保護者への対応があるのかと思うと、、
変えるもの悩ましいことです。
 
とにかく語学以外の学力に関しては、学校に期待出来ない。
おまけに体力作りも全く期待できない。(スポーツは週1、狭い校庭でサッカーやバスケなど。)
素直に親の言うことを聞いてくれるうちに、色々やっておかないと、
何だか手遅れになる気がする、そう思って最近息子に腹筋させ始めましたw
私も相当運動不足なので、これから一緒に運動しよう!歩こう!と思う今日この頃です。
 
 
にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ ラクダと旅する日常
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-07 23:54:00

エッサウィラのたこ焼き

テーマ:モロッコ旅行・観光
たこ焼き屋は日が暮れてから開店するので、海に夕日が落ちるのを見た後、
メディナの中を歩いてたこ焼き屋へ。
まだやっているか心配しながら道を進むと、たこ焼きの提灯が見えました!
 
 
なんだか立派な看板が付いて、一年前よりパワーアップしていました。良かった!!
この日はタコは無く、イカ焼きwでした。
 
 
ひとつ4DH。
なかなか良い値段なので他の観光客もひとつ買って味見していく感じです。
私たちもアツアツのたこ焼きを皆でほおばりました。
子供達も夢中で食べ、姪たちにも好評。
外がカリッとしていて中はトロトロ。中身がイカでも気にならない美味しさでした。
こんな異国情緒ある街に日本仕込のたこ焼き屋があるなんて、やっぱり不思議。
 
 
その後もエスカルゴの屋台や綿あめ等、メディナの中の屋台をはしごする姪たち。
そこへジャックスパロウのコスプレさんが歩いていたので、記念撮影。
 
 
モロッコ人って地顔がそもそも似てるから、ほんとそっくり!
 
翌日は浜で遊んだ後、港でカニや魚を仕入れ、マラケシュへ。
 
 
前回大きなカニを買ってあまり身が入っていなかったので、
今回は小さなサイズを3杯買ったのですが、
ほとんどスカスカ、、、。小さくて箸も入らず身が取れない!!
そのまま食べるほど身が取れなかったので、カニあんかけチャーハンにしました。
作業量に見合っていなかったけど、久しぶりの磯の味は美味しかったです。
 
 
猫もカモメも魚でたっぷり肥えて、犬もマラケシュと違い皆に可愛がられて、
美味しい魚介と可愛い雑貨、アートと音楽に溢れたエッラウィラは
やっぱり素敵な街でした。
 
 
にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ ラクダと旅する日常
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。