モロッコの肩の力を抜いた日々の暮らし。

マラケシュのアトリエで子育てしながらモロッコ雑貨や服を作る日々。

ローカルな庶民の暮らしに密着した子育て・仕事を徒然に。
お店はこちらからどうぞ↓

AtelierFOUAKRIウェブショップへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-19 21:59:49

子供たちの夏の日常

テーマ:家族・子育て

メディナ探検

今週に入り、ようやく40度を下回るようになり、久しぶりにメディナの中へ買い物に行きました。
子供にとってはリアル迷路。
カラフルな色の洪水の中、いろんなお店を巡りました。
ナショナルデーがあったためか、国旗がびっしり!

メディナとアバヤ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

夏休みの間、毎日やっているお勉強タイム。
何でもお兄ちゃんと一緒にやりたがる次男坊アミル、
卒業式の帽子をかぶってやる気満々です。
とにかく夏休みの宿題が無いので、
私が教えられる算数やひらがなやフランス語などをやっています。
量よりも、勉強する習慣を付けることを目的に。

お勉強


それでも、やればやっただけ出来るようになります。
宿題が無い長期の夏休み。良いように取れば日本語をたっぷり教えられるチャンスです。

太陽が傾いてきたら、ここではようやく子供たちが外で遊ぶ時間です。

夕方・外遊び


アパルトマンの裏の空き地で遊ぶ子供たちと近所のおばさん達。
だいぶ前から私は家にいて、他の子たちと同じように息子たちだけで外で遊ぶようになりました。
誰かしら大人の目があって、大声で泣けば聞こえる距離なので、
気配を感じながら、私は家でご飯を作ったりしています。
泣かされて帰って来ることもままありますが;

晩御飯を食べたら、他の子供たちがまだ外でキャーキャー遊んでいる声を聞きながら、仲良く就寝。
2人は朝起きた瞬間から夜眠りに落ちる瞬間まで、食べて遊んでケンカして、いつも一緒。

記録的な猛暑だった今年の夏。
日本に帰国しないという選択に後悔や寂しさを感じたこともありましたが、
何でもない日常を楽しそうにしている子供たちを見ていると、
どこにいたって、幸せな気持ちになれるものだとつくづく思いました。


 ラクダと旅する日常  
にほんブログ村  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-12 21:11:47

トヨタCMのマラケシュ撮影に参加

テーマ:モロッコ日常
去る6月のラマダン前日。
トヨタのCM撮影でアジア人を探していると言われ、長男と共にエキストラに参加しました。

朝4時半に集合して解散が夜10時近くという長時間に及ぶロケ。
しかも炎天下のマラケシュスタジアムでカンカン照りの日差しに照らされながら何度も何度もやり直し!×数シーン。
沢山の外国人&モロッコ人が集められ、みんながみんな、何をするのかもよく分からないまま
撮影がスタート。炎天下の下、大人数を動かすには指示が本当に下手で、
ああでもないこうでもないと何度もやり直ししたから大変でした。
(撮影クルーはモロッコ人、監督は欧米人、そしてエキストラは多国籍です。)

スタジアム撮影



CM内容はオリンピック開催に伴い、スタジアムで金メダルを取った選手から手を繋ぐ輪ができ、
それが観客席にも繋がってスタジアムを飛び出し、
街をめぐり海から空へ繋がり、他の国に行き、モロッコのメディナから砂漠まで、
手を繋いだ輪が世界を一周するというコンセプト。
完成品を見てみたら、あの撮影がよくこんなにきれいにまとまったもんだと感心してしまいました。





私はメダルを受け取る選手の背景で、他の選手にインタビューするプレスの役どころを振られ、
ここ最近こんなに頑張ったことない!というくらい日差しと長時間撮影に耐えましたが、
一瞬映った点にしかなっていませんでした。苦笑
イリヤスも手を繋ぐシーンに参加しましが、その他大勢と同じく点にも映らず、、!
まぁそういうものですよね。

スタジアム外


大変だっただけに、普段やっている仕事が一番自分に合っているということを
再確認したという意味では良い体験でした。

それにしても、お金の掛かったCMです。さすがTOYOTA!!



 ラクダと旅する日常  
にほんブログ村  
AD
2016-08-05 22:36:19

10月まで授業がない!?

テーマ:家族・子育て
毎日ほんっとうに暑いです!

日中は暑くて子供を連れて外を歩くこともできず、家でばかり過ごしてしまいます。
モロッコ人家庭の子供たちは、幼児でも(!)夜中1時過ぎまで外で遊んでいるので、完全に夜行性。
日本では信じられないけど、昼間外で遊べないからこうするしかないのでしょう。
先日、気温の下がった日を見計らって昼11時ごろに子供向けのテーマパークへ行ったら、
営業時間が午後2時から午前2時まででした。
さらに沢山の遊具があるカフェに行ってみたら、そこは午後5時から、、、、;
早寝早起きという子育ての基本が全く通用しない!!

メナラモール

(ブレてますが)日が暮れてから外出する人々


さらに先月、長男の小学校に入学登録に行き、新学期はいつから始まるのか聞いたところ
驚きの返事が、、。
「9月7日には登校できるわよ。でも、授業は10月から。」
「なんですと!?」
「だってライード(犠牲祭)があるからね。」
「ライード休暇って2週間とか?」
「いえ5日間。」
「、、、、、、。」
モロッコの学校は夏休み明け、9月初旬まで生徒の入学登録があり、
教科書や備品の一覧を渡され数日かけてそれを準備するため授業開始は15日くらいから。
それが今年はライードが14日あたりに来るというので、そこからまた休暇になると言うのです。
でも休暇が5日間ならまだ9月後半から授業できるはず。
それがどうして10月からになるのでしょう。
そもそもこれだけ長い夏休みを過ごしたんだから、ライード休暇分、繰り越し授業しようとは思わないのか。(そういう発想自体無さそうだ。)
私立の中でも授業料の高い学校に入れようとしてこの状態、、、9月分だって支払うのに!!

公立私立に関わらず、すでに6月からまともな授業は無く、7月、8月が完全な夏休み。
そして9月も授業なしとは、4か月間、授業も宿題も、まして部活もないモロッコの子供たちは一体何をやって過ごすの!?
毎日、遅寝遅起きで日中は家でごろごろテレビやスマホ、、、
これでまともな大人が育つの!?と今更ながら危機感を覚えてしまいました。
(今までは幼稚園だったので、授業のあるなしはさほど気にならなかったんですね、、)

どんなに高い学校に入れても親がフォローしなくてはならない。とフランス人学校にお子さんを通わせている
日本人の方に言われたのを思い出しました。
今はまだ、私が十分教えられるからいいけど、中高生になったらどうなるんだろう。。
日本でもネット・スマホ依存率は高そうですが、それでも色んな選択肢の中にいる。
こちらは外に出られない気温の中、選択肢が唯一ネットだけになりかねない。
プールに連れて行ったり、ドリルをやったり、カルタやトランプをやったり、ひらがなを教えたり、
クッキーを焼いたり、、、と色々しているつもりですが、それでもYOUTUBEには敵いません。
せめて早く学校が始まってくれれば、、、
夏休みがあと一か月プラス授業のない一か月、、長いです!!

郊外のプール


 ラクダと旅する日常  
にほんブログ村  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。