モロッコの肩の力を抜いた日々の暮らし。

マラケシュのアトリエで子育てしながらモロッコ雑貨や服を作る日々。

ローカルな庶民の暮らしに密着した子育て・仕事を徒然に。
お店はこちらからどうぞ↓

AtelierFOUAKRIウェブショップへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-23 07:13:00

羊肉オンパレードと食べ物の恨み

テーマ:食べ物 

ライード休暇が終わり、本格的に学校が始まりました。

今度の学校はお弁当を持って、朝8時登校、15:45分お迎えです。

今まではお昼に一旦帰ってきてお昼を食べてまた登校していたので

一日に4回も送り迎えがあり、それにかなりの時間と労力を取られていました。

それが徒歩5分の場所で朝と夕方だけになり、送り迎えの負担は激減。

慣れないお弁当作りに手間取り、慌ただしい朝が次から次からやってきて、

一週間があっという間に過ぎました。

 

その前のライード休暇中はほぼ毎日羊肉を消費。

羊料理のオンパレード一部をどうぞ。

 

 

マラケシュの郷土料理タンジーヤ。壺に肉を入れ、炭火にかけてコトコト数時間煮込みます。

トロトロやわらかな肉の煮込み料理です。

 

 

スペアリブというよりはアバラ骨そのまんまをオーブン焼きにしてランチ。

夜はおにぎりを作ったものの、具は焼肉味に炒めた羊肉みじん切りと野菜、、。

 

 

こちらは弟の家でご馳走になったクスクス。

 

どれも美味しいけど、連日羊肉三昧でさすがに飽きたので、

次の日は炊き込みご飯とみそ汁を作って気分転換。

その炊き込みご飯を炊いた日。

夫が隣で羊脂と「安い米」で犬用の羊臭いご飯を炊いていました。

動物に博愛な夫は野犬に餌を与え、子犬の頃から可愛がって注射も行い、

すっかり子供たちとも仲良しの犬が一匹いるのです。

この犬用に炊いた「安い米」の正体が、実は私が大事に大事に取って置いた、

一年前日本から持って来た地産の米で、大事に取って置いた貴重品をよもや犬に食べられようとは、、、。

ゆ・る・せ・な・い、、、!!

今年帰らなったために、私の中の日本食材価値は過去最大になっています。

あまりのショックに本当に目眩がし、本当に泣きました、、、。

しかも、肉ばかり食べてご飯残してるし、、、!!せめてきれいに食べて、、、!!

 

一年前の米はすでに見た目も古く、ビニール袋に小分けになっていたので、

モロッコで量り売りで買った米だと思われたようです。

(速攻保管場所を食品棚から寝室へ移動!)

使われたのは1/4ほどだったけど、確かに古くなっているし、

もう寿司にでもしてとっとと食べてしまおう!!そしてその寿司は夫にはあげません!!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ ラクダと旅する日常
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-14 18:36:00

生きた羊を肉にするまで

テーマ:食べ物 

欝々と悩む暇もなく、今年も犠牲祭がやって来ました。

 

土曜日、郊外の羊市場に行って、羊を購入。

去年のコルデス(内臓乾物)もまだ残っている状態なので、出来るだけ小さい雄を選びました。

毎日値が上下しますが、今年の相場は雄で一頭1400DH~2500DH(2万~3万)程度。

 

 

厳しい日差しの下、土煙が立ち込め、羊とその売主が列を作って買い手を待つスーク。

独特の活気に圧倒されます。

あっちでもこっちでも買われた羊が運び出され、

道路にも羊を乗せたバイクや荷台が溢れるのが犠牲祭直前の風物詩です。

 

 

家のベランダに連れて来ました。

明後日この子を食べるのかと思うと、、複雑。

 

 

━─━─━─━─━─

日曜日。

犠牲祭後は一週間程度野菜が流通しないので、野菜を仕入れに田舎のスークへ。

ここでも羊市場があり、犠牲祭を前日に控え最後の買い出しのため、人がごった返していました。

すでに街では野菜が高騰していますが、ここでは若干安くまだ新しい野菜が手に入りました。

 

 

━─━─━─━─━─

月曜日。犠牲祭当日。

我が家の羊を車に乗せて、弟の家へ。

 

早くひつじ食べたい。と言ってはいたものの、

羊を屠るおじさん達がやって来て、何が起こるか分かっている長男は

小さいながらも羊を思って葛藤しているようです。

 

 

義弟の羊と私たちの羊、2頭がテラスで屠られましたが、

あふれ出た鮮血が羊の白い毛皮にべっとり付いて、切り取られた頭部も血塗れ、、

それを何とはなしに見る次男、、。と凄惨な絵になってしまったので写真は自粛します (-"-;A

まさに日常の中の狂気。

現代社会の便利な暮らしの中で忘れてしまう現実の、

最も原始的で生々しい部分が目の前で繰り広げられているわけですが、

お祭りとして和やかな雰囲気の中行われるものであれば、

小さな子供に見せても全く問題ない、むしろ率先して見せるべきだと毎回思います。

お昼は子供たちも手伝って作った肝臓のブロシェットを食べ、

そこから休みなく夕方まで内臓を洗って、洗った内臓を一部煮込み料理にします。

男性陣は頭部と足を丸焼きにして毛を落とす作業。

内臓料理を食べるころにはもうくたくたで、家に帰ってぐったり就寝。

 

━─━─━─━─━─

火曜日。

再び弟の家に行き、一晩おいて血の抜けた肉の解体作業。

 

 

一番柔らかいもも肉は、今日のお昼のブロシェットに。

あばら肉は骨の間に包丁を入れ、骨2本をセットに切り取り塩漬けの保存肉にします。

弟の奥さんと、2人で夕方まで保存食作り。

 

 

これでようやく、一段落。

丸2日かかって肉の処理に追われましたが、あとは冷蔵庫いっぱいにある肉をどうにか食べて、

冷凍できる量まで減らすという作業を残すのみ。

今年のライードも無事に終わりました。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ ラクダと旅する日常
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-10 21:14:00

悪いことの連鎖反応

テーマ:家族・子育て

うまくいかないことが起こると、あっちもこっちも色んな悪いことが重なることがあるものです。

 

沢山ある内の2例ほどを紹介すると、先日購入したプリンター。

使い始めから一度も紙がまっすぐ機械に入って行かず、

買って一度も印刷できずに修理送りになり、その後修理もできていない様子。

 

そして長男の入学手続きで健康診断書が必要なため、顔見知りの医者へ行って

診断書を一筆書いてもらったのですが、聴診器も当てず、子供に触れもせず、

本当に一筆書いて終了。

この医者のサインにお金を払う必要があるのだろうか?

家電にしろ医療にしろ、ここではお金を払っただけのサービスが受けられるとは限りません。

 

9月からようやく小学生になった長男。

自宅から徒歩5分の場所にある、9月から開校した学校へ入れることに。

新しい集団の中へ入れば、最初は必ず周囲から「シヌウィ、シヌウィ(中国人)」と連呼されます。

幼稚園時代は周りからもそれほど意識されずに穏やかに過ぎたのだけど、

小学校、そして思春期になるにつれ、学校でも、道端でもそうやって絡まれることは必至でしょう。

「シヌウィ」に限らず、ここでは男子たるもの、ケンカを上手くさばけて一人前という社会です。

 

シノワと言われることを気にしちゃだめだよ。

だから何?って堂々としてれば何も言われなくなるからね。と話して帰宅した日の夕方。

 

外で遊んでいた次男が、キャーと悲鳴を上げて逃げてきたのを聞いて外へ飛び出すと、

女子3人に長い棒きれで追いかけられて逃げているではありませんか。

2歳、6歳、9歳程度の3姉妹で、私が棒を取り上げても、大きい2人は全く悪びれず、

殴ったろかと思ったけど下はまだ赤ちゃんだし!!(−_−#)まったく、、。

そのあと長男も同じ子に棒で威嚇され、ベソをかいて帰って来ました。

ここでは石を投げたり、棒を振り回したりというのは基本。

外国人だからとかいじめとか言うよりは、信じ難いけど遊びなのです。

やられたらやり返せと言ってみたけど「僕、できないよ、、!」とまた泣かれてしまいました。

そうだよね。しないよ普通は。イリヤスはいたって普通だよ。

 

教育も医療も信じられず、子供にもいらぬ負担をかけているのかと思うと、

それなりに楽しく暮らしていたはずのモロッコのすべてが悪く思えてきます。

私が欝々としていると、長男は「僕、つよくなりたい」「カラテをやりたい」と言いました。

モロッコはむしろ日本よりも空手教室が沢山あって、

以前から気の弱い長男を案じて、空手教室に通わせようかと話していたのです。

 

この社会に順応することが果たして子供にいいのかどうかという、

悲しい問いもありますが。苦笑

やりたいと思ってくれるなら、なんでもやらせてみよう。

どうなるか分からない将来のことを案じないのが、イスラム、そしてモロッコの信条。

なるようになるしかないし、生活していればまたモロッコの暮らしが楽しくもなるだろう、

と今日は言い聞かせて、明日は神様の思うがままに。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ モロッコ情報へ ラクダと旅する日常
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。