火の国・湯の国紀行~天草編③

テーマ:

♪ ジングルベル ジングルネル 鈴が鳴る

 

…ということで、今年も12月になったよね。

今年ももうわずかだけど、みんな、今年のことは、今年のうちにやっておこうね。

 

DVC00235.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…それ、お父さんが言ったらダメなことでしょ?

そもそもこの「火の国・湯の国紀行」は9月~10月の話じゃない。

それなのに12月に入ってもまだ書き終わってないってどういうことなの?

お父さん、人に「今年のことは今年のうちに」って言う前に、まずは自分が「火の国・湯の国紀行」をちゃんと書き上げなよって?

 

コラ、せんとくん。それは言ったらダメでしょ。

ったく、あんたは、そういう余計なツッコミばっかりして…。

 

えっ?何だって?…お父さん、そうやって、余計なことばっかり書いてるから、いつまでたっても書き終わらないんだよ。

そんな暇があるなら、さっさと今日の話を始めなよって?

 

うるさい。あんたに言われなくても始めるよ。

 

 

それでは、今日のブログを始める前に、前回までのお話の紹介からしておくね。

 

火の国・湯の国紀行~緊急(?)生中継 」(2016年9月29日更新)

火の国・湯の国紀行~別府ロープウェイ・鶴見岳編 」(2016年10月1日更新)

火の国・湯の国紀行~別府ロープウェイ・鶴見岳編 その2 」(2016年10月2日更新)

火の国・湯の国紀行~別府ロープウェイ・鶴見岳編 その3 」(2016年10月4日更新)

火の国・湯の国紀行~海地獄編」(2016年10月7日更新)

火の国・の国紀行鬼石坊主地獄・かまど獄編 」(2016年10月8日更新)

火の国湯の国紀行~鬼山地獄・白池地獄編 」(2016年10月9日更新)

火の国・湯の国紀行~血の池地獄・龍巻地獄編 」(2016年10月10日更新)

火の国・湯の国紀行~別府タワー編 」(2016年10月11日更新)

火の国・湯の国紀行~ホテル白菊編」(2016年10月12日更新)

火の国・湯の国紀行~うみたまご編Ⅰ」(2016年10月14日更新)

火の国・湯の国紀行~うみたまご編Ⅱ」(2016年10月16日更新)

火の国・湯の国紀行~うみたまご編Ⅲ」(2016年10月17日更新)

火の国・湯の国紀行~うみたまご編Ⅳ 」(2016年10月19日更新)

火の国・湯の国紀行~高崎山編」(2016年10月20日更新)

火の国・湯の国紀行~高崎山編(続編) 」(2016年10月21日更新)

火の国・湯の国紀行~久大本線編」(2016年10月25日更新)

火の国・湯の国紀行~山水館編」(2016年10月27日更新)

火の国・湯の国紀行~由布院編 」(2016年10月28日更新)

火の国・湯の国紀行~ゆふいんの森編」(2016年11月5日更新)

火の国・湯の国紀行~「A列車で行こう」編 」(2016年11月8日更新)

火の国・湯の国紀行~天草宝島ライン編 」(2016年11月13日更新)

火の国・湯の国紀行~天草編① 」(2016年11月20日更新)

火の国・湯の国紀行~天草編② 」(2016年11月30日更新)

 

火の国・湯の国紀行~熊本城編 そして鳥取地震 」(2016年10月22日更新)

 

まだ読んでいない人は、こちらから読んでみてね。

 

 

さて、天草上島から松島橋を渡って松島へ…。

その松島で立ち寄ったのがこちら、

 

DVC00252.jpg

天草ビジターセンターである。

 

その天草ビジターセンターでは、天草の自然を中心に紹介していたよ。

具体的には、天草の地形、地質、天草に生息する生物、植物なんかの展示ね。

ちなみに、入場は無料だよ。

 

DVC00253.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…それで、お父さん、展示してあった中味の詳しい説明はないのって?

 

そ…それは…。

 

えっ?何だって?…お父さん、せっかく中を見て来たのに、詳しい内容、覚えていないからできないんだよね。

せっかく見に行ったのに、覚えていないって、お父さん、何しに行ったのって?

 

コラ、せんとくん。何、バラしてるの。

ったく、あんたは、それを知ってて、わざと聞いたんでしょ…。

そういうときは、何も言わないでスルーするようにしなさい。

 

その天草ビジターセンター前から見た天草の海。

 

DVC00248.jpg

 

DVC00249.jpg

 

DVC00250.jpg

 

DVC00251.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、この下手くそな写真は何?

よくこんな下手くそな写真をブログにアップできるよね。

木に隠れて、肝心な海が画像の半分くらいにしか写ってないじゃないって?

 

コラ、せんとくん。あんたは、また余計なツッコミをして…。

仕方ないでしょ。勝手に木を切るわけにもいかないし、どうしても木も写っちゃうのは避けようがないことなんだし、こればっかりはどうすることもできないでしょ?

 

えっ?何だって?…お父さん、また言い訳なの?

お父さんの言い訳は、もう聞き飽きたよって?

 

ったく、あんたはどうして、そういう言い方しかできないの?

 

 

さて、松島から、前島橋、中の橋、大矢野橋を渡って大矢野島に来たよ。

その大矢野島で立ち寄ったのがこちら。

 

DVC00256.jpg

天草四郎メモリアルホールである。

天草四郎メモリアルホールは「天草・島原の乱」の歴史的背景や南蛮文化の影響を受けた当時の模様を資料と映像でわかりやすく紹介しているよ。

そんな天草四郎メモリアルホールは、天草四郎の真の姿と民衆の熱き思いを今に伝える体験的テーマ館なんだよ。

その天草四郎メモリアルホールの前にあったボード。

 

DVC00260.jpg

まあ、天草四郎メモリアルホール内には、こんなものがあるけど分かったかな?(って、こんな写真で分かるわけないやん)。

 

そして、天草四郎メモリアルホールの前には、鐘があったよ。

 

DVC00258.jpg

 

DVC00259.jpg

あっ、コラ、せんとくん。あんた、どこの登ってるの?

ったく、こんなところに登ったら、鐘を鳴らしたとき、うるさくてたまらないでしょ。

もう中に入るから、さっさと降りてきなさい。

 

入口で入場料を支払い、入場券とパンフレットをもらって中に入る。

 

DVC00977.jpg

 

DVC00978.jpg

エントランスホールには、「大航海の始まりの絵の模写があったよ。

 

DVC00979.jpg

ちなみに、本物はイギリス国立海洋博物館にあるんだって。

 

あっ、それと、館内は撮影禁止で、写真は撮れなかったから、天草四郎メモリアルホールの写真は、すべてパンフレットの写真で代用させてもらうのであらかじめご了承のほどを…。

 

展示室内には、南蛮船の模型もあったよ。

 

DVC00980.jpg

こちらの船は初期の小型ガレオン船「ゴールデン・ハインド」を復元したものなんだって。

ちなみに、この模型は実物の1/2の大きさなんだって。

日本との貿易に使われた南蛮船は500~1,000トンのものが使われていたんだって。

DVC00983.jpg

こちらは、ザビエル(手前)と信長(奥)の実物大の像なんだって。

真ん中には中世ヨーロッパで作られた地球儀のレプリカと、後には同じく中世ヨーロッパで作られた世界地図もあったよ。

ほかにも、南蛮屏風絵やキリシタン九州3大名、天草少年遣欧使節団、天草コレジオ、天草本などの展示もあったよ。

 

DVC00982.jpg

1549年にザビエルがキリスト教の布教をして以来、その布教を許可する大名も多く、中には自らキリシタンになった大名もいた。

そして、信長も布教を認めたことから、キリスト教は広まっていったよね。

もっとも、信長がキリスト教の布教を認めたのは、キリスト教に理解があったからというよりも、むしろ西欧との貿易が目当て…特に鉄砲が欲しかったからなんだろうね。

 

だが、秀吉や家康の時代になると、貿易は認めたものの、キリスト教は禁止したよね。

もっとも、26聖人の処刑なんかは行われたとはいうものの、さほど厳しい取り締まりをしていたわけでもなく、特に目につくものでもない限り、さほど厳しい弾圧をすることもなかった。

それが、時代がたつにつれて、徐々に取り締まりが厳しくなり、島原・天草でもキリシタンの弾圧が行われるようになったよ。

特に、島原領主となった松倉勝家は、キリシタンに対して厳しい拷問、処刑を行ったことで有名だよね。

それだけでなく、年貢の取り立ても厳しく、年貢を納められない農民に対しても拷問、処刑を行ったと言われているよ。

さらには、飢饉も重なったことから、圧政に苦しめられたキリシタンに農民も加わって天草・島原の乱が勃発したよ。

 

このとき、総大将となったのは、言うまでもなく天草四郎ね。

 

DVC00986.jpg

天草四郎の誕生日は分かっていないから、正確な年齢は不明とは言うものの、天草・島原の乱当時、天草四郎は15歳か16歳であったと言われているんだって。

四郎の父は、小西行長の遺臣の益田甚兵衛で、四郎の本名は益田四郎時貞なんだって。

どうやら、四郎というのは幼名で、時貞というのは元服してからの名前ではないかと考えられているみたいだよ。

で、天草四郎という名前も、乱の記録には出てきてはいるが、実際に自分で天草四郎と名乗っていたのかどうかは分からないんだって。

 

その天草四郎であるが、先ほども書いたように天草・島原の乱のときには、まだ15~16歳…今でいうと、高校生かもしかしたら中学生かもしれない。

当時でも、元服してまだ間もないくらいの年なんだろうね。

それじゃあ、どうして、元服したばかりくらいのまだ人生経験の浅い若者をこれだけ大きな乱の総大将にしたのかというと、どうやらこの天草四郎という人物、若いながらも相当な異才ぶりで評判が高かったみたいだよ。

 

天草四郎の異才ぶりとしては、5歳で大人顔負けの書を書いた、海の上を歩いて渡った、病人の頭に手を置いて治したなど、数多く語られているみたいだよ。

 

もっとも、これらの話が本当なのかどうかは、今となっては確かめようがないとは言うものの、天草四郎が群を抜く美貌と才知によって人々を強くひきつけたことは間違いないみたいだよ。

特に、病人にふれて病気を治すという話は、イエス・キリストも行ったことが聖書の中にも出てきているわけだから、もしかしたらキリシタンからは、イエス・キリストの再来と思われても不思議はないだろうね。

DVC00981.jpg

こちらは、原城の攻防のジオラマ。

天草四郎は、原城の攻防で「四郎法度書」を発して団結をよびかけたんだって。

それによって、一揆勢の結束は強く、鎮圧に向かった幕府軍も手を焼いて、幕府側の総大将である板倉重昌が討死するほどであったとか。

だが、松平信綱が125,000の軍で兵糧攻めを行い、兵糧が尽きるのを待って総攻撃を行った結果、原城は落城して、乱の勃発から4カ月で鎮圧されたよ。

 

映像ホールでは、

 

DVC00984.jpg

「わが心の天草四郎」では、細川藩のある若侍の目を通して、天草・島原の乱は何のための戦いだったのかを訴えていたよ。

この映画は、乱が鎮圧された後、細川家で乱の記録をするのに、主人公の若侍が記録をしながら乱のことを考えさせられるという設定になっていたよ。

 

天草四郎は、「天地同根萬物 一体 一切衆生不撰貴賤」という思想を人々に説いていたんだって。

この言葉の意味は「世の中のすべての生き物は、同じ根を持つ平等な存在であり、生きとして生けるものに身分の違いはないのだ」ということで、一言でいうと「自由と平等」の思想ね。

 

実は、この自由と平等」という思想は、当時としては斬新なものだったんだよ。

参考までに、欧米では、イギリスで清教徒革命がおこったのは1641年~1648年、名誉革命は1688年~1689年のことであり、フランス革命は1789年のこと。

そして、アメリカ独立戦争は1775年~1783年のことであるから、清教徒革命、名誉革命、フランス革命、アメリカ独立戦争よりも前に、天草四郎は「自由と平等」思想を説いていたわけだからね(ちなみに天草・島原の乱は1637年~1638年)。

 

天草四郎は、幕府側とも矢文でやりとりをしていたが、幕府に送った矢文にも、この「自由と平等」の思想を書いたものがあるんだって。

細川家の家臣からすれば、それは理解を超えたものだったんだろうね。

しかし、一揆軍の抵抗は激しかったとは言うものの島原の乱は幕府によって鎮圧され、一揆軍は山田右衛門作(幕府軍に内通していたと言われているよ)を除いて皆殺しにされてしまう。

そればかりか、天草四郎の家族も乱後に全員捕まえられて処刑されているよ。

乱に関与した者の家族で、処罰された者は、おそらく天草四郎の家族以外にも多くいるんだろうね。

 

もっとも、乱後に処罰されたのは、一揆軍の者だけではなかったよ。

 

島原藩主の松倉勝家も、領民の生活が成り立たないほどの過酷な年貢の取り立てをして、一揆を招いた責任を問われて改易処分となったうえ、勝家自身は斬首刑となった。

大名が切腹ではなく、斬首刑となったのは、極めて異例のことであり、江戸幕府が開かれて以降では、この1例だけみたいだよ。

何しろ後年、浅野内匠頭が庭先での切腹とされた(通常大名が切腹するときは座敷で行う)ときですら、厳しい処分と言われたくらいだけど、この場合は切腹自体が許されなかったわけだから、幕府も相当事態を重くとらえていたということなんだろうね。

 

また、天草の領主であった寺沢堅高も天草の領地を没収された。

その後、堅高は、精神に異常をきたして自害し、寺沢家も断絶となっているよ。

 

展示を見た後は2階へと行く。

その2階には、こんな部屋があったよ。

 

DVC00985.jpg

瞑想空間である。

この部屋の中は、魂のオブジェと光と音楽の中で、見てきた「時の旅」を静かに思い起こして、ゆっくりとくつろいで心も体もリラックスするところなんだって。

 

NOBURINもこの瞑想空間で、しばし静かに瞑想にふけることにするから、今日はここまで。

この続きは、次回お届けするね。

 

DVC00257.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…なんて言う口実で、お父さん、またこんな中途半端なところで終わらせて…。

それに、お父さん、瞑想にふけるなんていいながら、本当はただ単に寝てたんじゃないの?

お父さんが、大きなイビキをかきやしないかと思って、ぼくはずっとヒヤヒヤしてたんだからねって?

 

コラ、せんとくん。何、人聞きの悪いことを言ってるの?

それに、そういうことを瞑想空間の中で大きな声で言うんじゃないの。

ったく、あんたのせいで、まわりの人がみんなこっちを見て睨んでるんじゃないの…。

 

というわけで予定変更…瞑想空間を足早に出て、余計なことばっかり言うせんとくんに、みっちりとお説教をすることにしたよ。

AD

緊急生中継

テーマ:
みなさん、おはようございます。
ノブステーションの時間がやってまいりました。司会のノブリ慎吾です。
あおによし奈良の都は今日も寒いですね。
今朝もノブステーション、あおによし奈良の都から、もちろん生放送で…。



DVC00959.jpg
しょうがないなぁ。
お父さん、何、スマステのパクリをやってるの?
そうじゃなくて、お父さん、またねぼうして、いえで、ブログをかくじかんがなかったから、緊急生中継としょうして、つうきんとちゅうに、くだらないブログをかいて、ごまかしてるだけの話でしょ。



あれ?また、急につながらなくなっちゃったじゃない。
スタッフ、ちゃんとしてくれよ。
えっ?本番中?…はい、クルリンパ(って、今度はダチョウ倶楽部かい)。

ええ~、それじゃあ、ノブステーション…じゃなかった、緊急生中継を始めるよ(って、まだ言うか?)。

西大寺駅に着いたら、橿原神宮前へ行くビスタカーが停まっていたよ。

DVC00973.jpg

ダブルデッカーになっているのは、2両目と3両目ね。
その2両目と3両目の写真は…ゴメン、撮ろうと思ったら、発車しちゃったもので、撮れなかったよ(って、何やってるねん)。

そして、タイムズプレイス西大寺は、

DVC00975.jpg
クリスマスの飾りつけに…。
ところで、NOBURINの今年のクリスマスの予定はというと…ないよ(って、何じゃそりゃ)。
クリスマスと言っても、一緒に過ごす彼女がいるわけでもなし(って、情けないなぁ)。

あなたに伝えたいの
この胸のときめき
雪の上に そっと書いたLetter

遠い教会の鐘の音
古いオルガンが聞こえる
白いクリスマスイブ
私一人ぼっちよ

誰にも言えないほど
小さな物語 叶わぬ夢
あなたを愛してから
はじめてきた冬は
北の風がつめたい

はい、菊池桃子chanの「雪の上に書いたLove Letter」ね。
ちなみに、この胸のときめきを伝えたい娘は、才色兼備なこの娘たちね。

DVC00195.jpg
(はいはい…)。
そして、緊急生中継恒例のコーヒータイム。

DVC00976.jpg
もっとも、風邪の後遺症で喉が痛めてしまったから、今回は紅茶にしたけどね(って、ほならティータイムでええやん)。
あっ、寝坊してブログを書く時間がないのに、何呑気にティータイムをやってるの?という、ツッコミはくれぐれもしないようにね…まあ、今回は、せんとくんはいないから、大丈夫だとは思うけど…。

そして、今日のあおによし奈良の都の空の写真。

DVC00974.jpg
…といったところで、今回の緊急生中継はこれでオシマイ。

ちょっと、スタッフ、何、グズグズしてるの?早く撤収!






DVC00510.jpg
やれやれ、お父さん、また、くだらないブログをかいてるよ。
お父さんがくだらないブログばっかりかくせいで、ぼくまで、はずかしい思いをするんだから、お父さん、ホントにいいかげんにしてよね。
それに、お父さん、ブログをかくじかんがないなんていいながら、なに、のんきにティータイムなんかやってるの?
お父さん、やるきがないんだったら、いんたいして、ブログをぼくにゆずりなよ。
そうしたら、ぼくが、まいにち、お父さんのこんなくだらないブログより、はるかにすばらしいブログをかいてあげるからね。
お父さん、こんなことばっかりやってるんじゃ、そりゃ、クリスマスをいっしょにすごす彼女もできないはずだよ。
それでなくても、お父さんは、たよりないわ、どんくさいわ、おバカだわ、おまけにぶ男なわけだからね。
それなのに、茉奈お姉ちゃん、佳奈お姉ちゃんって、お父さん、じぶんのかお、かがみでみてみなよ。

ねぇ、ポチもお父さんになにか言ってやりなよ。

DVC00511.jpg
ガオー。
AD

マナカナファンのつどい Ⅷ

テーマ:

マナカナファンのつどいの話も、いよいよ今日が最終回だよ。

この間、ファンのつどいに行ってきたと思ったら、もう最終回の話に…。

いや~、早いものだね。

 

 

 

DVC00521.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、「いや~、早いものだね」なんて何、寝ぼけたことを言ってるの?

寝言を言うんだったら寝て言ってよね。

お父さん、もう今日から12月なんだよ。

ファンのつどいがあったのは10月のことじゃない。

10月の話を12月になってもまだ書いてて、どこが早いものなの?

お父さん、早いものどころか、書くのが遅すぎるよって?

 

コラ、せんとくん。あんたはまたオープニングから余計なツッコミをして…。

だいたいあんたは…えっ?何だって?

 

お父さん、そんなこと言ってる場合じゃないでしょ。

お父さんは、ただでさえ書くのが遅いのに、今日だって時間があんまりないんだから、そんなこと言ってないで、さっさと始めたらどうなのって?

 

うるさい。あんたに言われなくても始めるよ。

 

それでは、今日の話の前に、前回までのお話の紹介からさせてもらうね。

 

マナカナファンのつどい Ⅰ 」(2016年11月3日更新)

マナカナファンのつどい Ⅱ 」(2016年11月4日更新)

マナカナファンのつどい Ⅲ 」(2016年11月7日更新)

マナカナファンのつどい Ⅳ 」(2016年11月12日更新)

マナカナファンのつどい Ⅴ 」(2016年11月19日更新)

マナカナファンのつどい  Ⅵ」(2016年11月23日更新)

マナカナファンのつどい Ⅶ 」(2016年11月26日更新)

 

まだ読んでいない人は、こちらから読んでみてね。

 

そのファンのつどいであるが、関西学院グレースバリ秋葉原店の2か所で開催されて、今回は両方とも行ったけど両方で共通している部分も多いので、基本的にまとめて書かせてもらうね。

 

とはいえ、違う部分もあるから、

 

関西学院での話:「KGU」と表記して青色で記載

グレースバリ秋葉原店での話:「AKB」と表記して赤色で記載

共通する話は黒色で記載

 

このような形で書かせてもらうことを最初におことわりしておくね。

 

 

 

お楽しみ抽選会の後、名前をよばれた人が、ステージに上がったよ。

 

今回、名前をよばれたのは、

 

(KGU) 6名

(AKB) 3名

 

だったよ。

 

そして、ファンクラブ入会10年目の表彰式が行われたよ。

 

その10年前と言えば、茉奈佳奈が「2月のわた雪」をリリースして、歌手デビューした年ね。

そのとき、販売記念のミニライブもやってたみたいだから、それをきっかけに入会したのかな?って、茉奈chanは言っていたよ。

 

それにしても、今回は10年目の表彰者、多かったよ。

例年、各会場とも1人か多くても2人くらいだからね(もっとも、ファンのつどいに参加しない人で10年目という人もいるみたいだけど…ちなみに参加しなかった人は、表彰状を郵送しているみたいだよ)。

 

ちなみに、「だんだん」に出た年は、入会者が多かったみたいだから、NOBURINが入会10年目のときには、もっと多くなるのかもね。

 

続いては、20回目のファンのつどいということで、茉奈chan、佳奈chanが手紙を書いてきて、それを読みあげたよ。

 

まずは茉奈chanから。

 

いつも応援してくれてありがとう。

ファンクラブが発足してから20年。

長いこと応援してくれてる人も、最近の私たちを見て入会してくれた人も本当にありがとう。

この20年は、濃密な20年だった。

最初の頃は、毎日が楽しくて、遠足みたいだったけど、だんだん楽しいだけではなくて、不安も出るようになった。

このまま続けられるのか?これで大丈夫なのか?

そんなときに、引き戻してくれるのが、ファンのつどいだった。

年1回のファンのつどいで、自分はこれでいいんだ。もっと頑張れるんだと感じることができた。

Smile(注:茉奈佳奈のファンクラブの名称)は、家族みたいなもの。

佳奈、いつもありがとう。

佳奈は、昔はライバルだったけど、今は同志であり、仲間である。

子育てと仕事をがんばる自慢の妹である。

佳奈さん、これからもよろしく。

 

茉奈chanの手紙は、こんな内容だったよ。

 

続いては佳奈chan。

 

いつも応援ありがとう。

Smileを続けて20年…楽しいことがあったり、一緒に戦ってきたこともあった。

CDの販売記念イベントでは、遠くまでかけつけてくれた人もいた。

過激な役を演じたときには、見るのが苦しいと思わせたりしたのではないかと思ったりもした。

そして、結婚するとき、すぐに浮かんだのがみんなの顔だった。

みんなを傷つけたんじゃないのか、悲しませてしまうのではないかと思ったりもした。

でも、結婚してから、最初のファンのつどいのときに、「おめでとう」と言ってもらって、サプライズでウェディングツリーをプレゼントしてもらったときは、うれしすぎた。

まわりをみることは得意ではなく、茉奈にたよってばかりいるけど、こんな不器用な私ではあるが、みんなに支えられてここに立つことができた。

20周年は一つの節目である。

これからも仕事を頑張っていくので応援よろしく。

 

佳奈chanの手紙はこんな内容だったよ。

 

そして、ちょうど結婚のところを読んでいるときに、KGUAKBともに、佳奈chanはその時のことを思い出したのか泣いてしまう。

AKBのときには、「今日は泣かないつもりだったのに…」なんて言ってたっけ。

 

そして、ファンのつどいのラストは、もちろん平成の名曲「いのちの歌」だったよ。

これを聴かないことには、ファンのつどいは終れないからね。

 

それにしても、母校で聴く平成の名曲「いのちの歌」はまた格別なものだったよ。

東京で聴く平成の名曲「いのちの歌」もよかったけどね。

 

そして、「ファンのつどい」のステージは終了したけど、まだ終わりじゃないんだよ。

 

ステージの後は、スリーショット撮影会もあったよ。

この3ショット撮影会は、

(KGU) 入口のところに撮影場所で

(AKB) ステージに上がって

茉奈chan、佳奈chanと一緒に記念撮影をする。

 

その後、茉奈chan、佳奈chanと一言、二言言葉を交わして握手をするというものね。

 

もちろん、1人ずつね。

 

DVC00847.jpg

お父さん、なに、ぼくをさしおいて、じぶんだけ茉奈おねえちゃん、佳奈おねえちゃんといっしょに、しゃしんをとろうとしてるの?

 

あっ、1つ訂正。NOBURINのときだけは、このオジャマ虫も入ってきたんだったや。

 

そして、帰路につく。

 

(KGU)

阪急、阪神、近鉄と乗り継いであおによし奈良の都まで帰ったよ。

 

(AKB)

新幹線であおによし奈良の都まで帰ったよ。

その新幹線の中では、

 

DVC00850.jpg

焼売炒飯弁當を食べたよ。

 

その中味はこちら。

 

DVC00851.jpg

 

DVC00519.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、AKBのときは、帰りに食べたものの写真を載せてるけど、KGUのときも、たしか、今津で降りて食べて帰ったんだったよね?

でも、どうして、そのときの写真は載せないのって?

 

そ…それは…。

 

えっ?何だって?…お父さん、要するに写真を撮り忘れたんでしょ?

しかも、1ヶ月以上たったから、何を食べたのかも忘れちゃったんだよね。

ホントにお父さんって頼りないし、どんくさいよねって?

 

コラ、せんとくん。それはバラしたらダメでしょ。

ったく、あんたは、そのことを知ってて、わざとそういうことを聞くんじゃないの。

 

というわけで、「マナカナファンのつどい」の話はこれにて終了。

 

DVC00516.jpg

 

DVC00841.jpg

AD

火の国・湯の国紀行~天草編②

テーマ:

前回から少し時間が経ってしまったけど、今日は久々に「火の国・湯の国紀行」をやるよ。

 

DVC00224.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、前回やったのは、もう10日も前じゃない。これだったら、「少し」じゃなくて、「大分」だよって?

コラ、せんとくん。あんたはそういう余計なツッコミをするんじゃないの。

だいたいあんたは…えっ?何だって?…お父さん、今日もあんまり時間ないんでしょ?

そんなこと言ってるヒマがあるんだったら、さっさと始めなよって?

 

うるさい。あんたに言われなくても始めるよ。

 

 

それでは、今日の話の前に、前回までのお話の紹介からするね。

 

火の国・湯の国紀行~緊急(?)生中継 」(2016年9月29日更新)

火の国・湯の国紀行~別府ロープウェイ・鶴見岳編 」(2016年10月1日更新)

火の国・湯の国紀行~別府ロープウェイ・鶴見岳編 その2 」(2016年10月2日更新)

火の国・湯の国紀行~別府ロープウェイ・鶴見岳編 その3 」(2016年10月4日更新)

火の国・湯の国紀行~海地獄編」(2016年10月7日更新)

火の国・の国紀行鬼石坊主地獄・かまど獄編 」(2016年10月8日更新)

火の国湯の国紀行~鬼山地獄・白池地獄編 」(2016年10月9日更新)

火の国・湯の国紀行~血の池地獄・龍巻地獄編 」(2016年10月10日更新)

火の国・湯の国紀行~別府タワー編 」(2016年10月11日更新)

火の国・湯の国紀行~ホテル白菊編」(2016年10月12日更新)

火の国・湯の国紀行~うみたまご編Ⅰ」(2016年10月14日更新)

火の国・湯の国紀行~うみたまご編Ⅱ」(2016年10月16日更新)

火の国・湯の国紀行~うみたまご編Ⅲ」(2016年10月17日更新)

火の国・湯の国紀行~うみたまご編Ⅳ 」(2016年10月19日更新)

火の国・湯の国紀行~高崎山編」(2016年10月20日更新)

火の国・湯の国紀行~高崎山編(続編) 」(2016年10月21日更新)

火の国・湯の国紀行~久大本線編」(2016年10月25日更新)

火の国・湯の国紀行~山水館編」(2016年10月27日更新)

火の国・湯の国紀行~由布院編 」(2016年10月28日更新)

火の国・湯の国紀行~ゆふいんの森編」(2016年11月5日更新)

火の国・湯の国紀行~「A列車で行こう」編 」(2016年11月8日更新)

火の国・湯の国紀行~天草宝島ライン編 」(2016年11月13日更新)

火の国・湯の国紀行~天草編① 」(2016年11月20日更新)

 

火の国・湯の国紀行~熊本城編 そして鳥取地震 」(2016年10月22日更新)

 

まだ読んでいない人は、こちらから読んでみてね。

 

 

さて、天草下島から天草瀬戸大橋を渡って天草上島に渡り、さらに松島有明道路を経て、こんなところに着いたよ。

 

DVC00236.jpg

松島展望台ね。

 

DVC00237.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、松島展望台に着くまでの話、サラッと書いてるけど、途中で、変なところに入り込んで、道に迷ってしまって、だいぶ時間をロスしたんだよね?

しかも、カーナビまでついてたのに、道に迷うって、お父さんって、相当な方向音痴だよねって?

 

コラ、せんとくん。何、バラしてるの。それはバラしたらダメでしょ。

それに、お父さんの方向音痴は、おばあちゃんからの遺伝なんだから、しょうがないでしょ。

 

えっ?何だって?…それもそうか。お父さんの方向音痴も相当ひどいけど、おばあちゃんの方向音痴は、それに輪をかけてヒドイからねって?

 

なんかせんとくん、変に納得してしまったよ。

 

その松島展望台からの風景。

 

DVC00230.jpg

天草は、風光明媚な多島海と、ケスタ地形に現れる特徴的な地質・地形を持っていることから、日本ジオネットパークネットワークから、天草全体が天草ジオパークとして認定されているんだって。

 

DVC00231.jpg

天草の島々には、

1億年の大地の記録…多種にわたる多様な地質。

豊富で多種多様な化石…主として白亜紀、古第三紀の多種多様な化石。

風光明媚な島の景観…地質・地形がつくりだす島々と碧い海が織りなす絶景。

豊かな生態系…豊かな自然環境に育まれた生き物たち。

地下資源と「石」文化…陶石や石材に利用される地下資源と、人々の生活に根付く天草独自の石文化。

 

という5つの特徴があるんだって。

 

DVC00232.jpg

では、そもそも「ジオパーク」とは何かというと、「地球・大地(Geo)」と「公園(Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味していて、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所のことを言うんだって。

 

DVC00233.jpg

大地(ジオ)の上に広がる、動植物や生態系(エコ)の中で、私たち人(ヒト)は生活し、文化や産業などを築き、歴史を育んでいるわけね。

そして、これらの「ジオ」「エコ」「ヒト」の3つの要素のつながりを楽しく知ることができる場所…それが「ジオパーク」なんだよ。

 

DVC00235.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…そんなことより、お父さん、この下手くそな写真は何なの?

手前の木がジャマで、肝心な景色がよく写ってないじゃないって?

 

あのねぇ、せんとくん。お父さんのジオパークの説明を聞いてなかったの?

あんたがジャマって言ってる手前の木も含めて、天草の風光明媚な景色が形成されているんだからね。

この手前の木も、天草ジオパークの重要な要素なんだからね。

 

えっ?何だって?…お父さん、何、言い訳してるの?それだったら、その手前の木も含めて「上手い」って言われるような写真を撮りなよ。

ジオパークうんぬんより、これはお父さんの写真の腕が悪いっていうことだけの話じゃないって?

 

ったく、あんたは、ああ言えばこう言うんだから…。

 

そして、こちらが、

 

DVC00238.jpg

魚藍観世音菩薩像と鐘ね。

こちらは、航海の安全と観光の発展と町の繁栄を願って造られたものなんだって。

 

DVC00239.jpg

そして、せんとくんが写真のおねだりをしてきたことは言うまでもないよね。

 

それでは、方向を変えて撮った展望台からの風景をどうぞ。

 

DVC00240.jpg

 

DVC00241.jpg

 

DVC00242.jpg

 

DVC00243.jpg

 

DVC00244.jpg

以上、世界の展望台から…今回は松島展望台からお届けしました。

富士通の提供でお送りしました。

 

DVC00245.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、「だから何?」じゃないでしょ?

お父さん、また「世界の車窓から」のパクリをやってるの?

しかも、「世界の展望台から」って、これ、無理矢理じゃない。

それに「富士通の提供でお送りしました」って、何、勝手にスポンサーにしてるの?

だいたい、お父さんのくだらないブログにスポンサーなんてつくわけないでしょって?

 

コラ、せんとくん。あんたは、また余計なツッコミをして…。

あんたは、そうやって、一々ツッコミをするんじゃないの。

 

そしてなぜか、

 

DVC00246.jpg

お殿様がいたよ。

 

…と言ったところで、時間になったから今日はここまで。

この続きは次回、お届けするね。

 

DVC00247.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…えっ?お父さん、ここまでしか書けなかったの?

話、ほとんど進んでないじゃない。

それに明日から12月だよ。

これ、9~10月の話なのにとうとう12月に持ち越しになっちゃったよね?

お父さん、ノロマなのにもほどがあるよって?

 

うるさい。あんたは、最後までそういうツッコミをするんじゃないの。

逃げるは恥だが役に立つ

テーマ:

内田理央「逃げ恥」出演決定 新垣結衣らに波乱をもたらすポジティブモンスターに<コメント到着>
【内田理央/モデルプレス=11月28日】モデルで女優の内田理央が、高視聴率で話題のTBS系連続ドラマ..........≪続きを読む≫

 

今日は、「逃げるは恥だが役に立つ」の日だよ(はぁ?)。

このドラマは、職なし、彼氏なし、居場所なしの森山みくり(新垣結衣chan)が、父の紹介で、津崎平匡(星野源kun)の家事手伝いに就職する。

ところが、父が転勤で東京を離れることとなり、父についていくか、東京に残るか決断を迫られたみくりは、なんと津崎と結婚してしまう。

 

…とはいっても、実はこの結婚で二人は夫婦になったのではなく、2人の関係は雇用主と従業員というものだった。

つまりは、表向きは夫婦であるが、その実態は、家事の仕事を住み込みでするというもの…そして、津崎からは給料も支払われている。

まあ、早い話、契約結婚というわけね。

 

だが、津崎の同僚である風見涼太(大谷亮平kun)に偽装結婚を見破られ、みくりの伯母、土屋百合(石田ゆり子chan)にも疑いをもたれてしまう。

 

そこで、火曜日はハグの日として、2人でハグをすることにする。

みんな、今日はハグの日だよ(って、知らんがな)。

でも、NOBURINには、そのハグする相手がいないんだけどね(って、情けないなぁ)。

NOBURINとハグしたい人は、どんどん応募してね(って、どさくさに紛れてブログで婚活するのやめってんだ)。

早く応募しないと、すぐ相手が見つかって締め切っちゃうからね(ウソつけ、すぐ見つかるくらいなら、ブログでまで募集することもないだろうが)。

 

あっ、その火曜日だけど、津崎家の地域では、資源ごみの日なんだって(って、そんなこと、どーでもええやん)。

 

で、みくりなんだけど、どうやら津崎のことが好きみたいだよね。

でも、津崎の方はプロの独身を自称するだけあって、なかなかみくりのことを受け入れてはくれない。

でも、本当は津崎の方も、みくりのことが好きなんじゃないのかなと思えるんだけどね。

ただ、それを素直に出せないだけ…まぁ、そこが、プロの独身というべきところなのか…?

 

そんなわけで(って、だからどんなわけやねん?)、みくりは、実はけっこう肉食みたいだけど、津崎の方は草食系…どころか絶食系なわけだからねぇ。

 

そんな津崎にしびれを切らせて(?)、みくりは津崎家を飛び出してしまうところで、前回は終わったよね。

そして、今回は第8話。

おそらくは、みくりの「実家に帰らせてもらいます」事件(って言うか、勝手に事件名をつけるのやめってんだ)も、おそらくは丸く収まるのだろうけど…。

…なんて言ってるけど、実はNOBURIN自身、第8話の展開は知らないんだけどね(って、何じゃそりゃ)。

もっとも、ここでそのまま実家に帰ってしまったら、そもそも話が終わっちゃうからね。

ここは、ムリにでも丸く収めてもらわなければ困るというわけで(って、そういうご都合主義みたいな言い方するの、やめってんだ)。

 

で、冒頭の内田理央chanが登場するのは来週ね。

今回、理央chanが演じる五十嵐杏奈は、ポジティブモンスターで、風見に猛烈にアプローチをかけるみたいだよ。

それが、風見はもちろん、津崎やみくりにまで波乱をもたらすことになるんだって。

 

さて、「逃げるは恥だが役に立つ」も残すところあと3回。

津崎とみくりは、この後、どんな展開をむかえるのかというと…それはNOBURINにも分からないよ(って、何じゃそりゃ)。

でも、NOBURINの個人的な希望であるが、津崎が素直にみくりに好きという気持ちを伝えて、契約夫婦ではなくて、本当の夫婦になるハッピーエンドで終わってほしいと思うよ。

 

タイトルは「逃げるは恥だが役に立つ」だけど、津崎kun、ここは逃げたらダメだよ。

ちゃんと、みくりchanの気持ちを受け止めてあげてね。

 

その「逃げるは恥だが役に立つ」だけど、今日は、Jリーグチャンピオンシップ決勝戦の中継の影響で、20分遅れの22時20分からの放送だよ(って、誰がそんな告知をせぇって言ったんや)。

今日は太平洋記念日

テーマ:

船旅、したことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 今日は太平洋記念日なんだって。
では、どうして今日は太平洋記念日なのかというと、1520年のこの日、マゼランがマゼラン海峡を通過して太平洋に出たからなのだとか。
このとき、天候が良くて平和な日が続いたためこの海をPacific Ocean(太平洋)と名付けたんだって。
その後、マゼランはフィリピンで原住民に殺されたけど、マゼランの船ははじめて世界を1周して帰国して、地球が丸いことを証明したというわけね。
 
太平洋の面積は、約179,700,000㎢で、これは世界の海の総面積の約46%のあたり、また地球のすべての陸地を足したものよりも広いんだって。
そして、これは日本の面積の473倍ほどあるんだって。
 
太平洋にある島は、約25,000であって、これは太平洋以外にある島の数をすべて足したものよりも多いんだって。
その太平洋は、プレートテクトニクス(プレートが、海溝に沈み込む事によって、その重みが移動する主な力になり、対流するマントルに乗って互いに動くことね)によって、1年に2~3cmほど狭くなってきているんだって。
ちなみに面積でいうと、1年で約0.5キロ平方メートル狭くなっているのだとか。
これに対して、大西洋の面積は広がってきているんだって。
 
で、今日の質問は、「船旅、したことある?」だって。
まあ、船に乗ったことくらいはあるけど、どこからが「船旅」に当たるのか?…そう考えたら、思わず筆が…いや、キータッチが(って、そんなのどっちでもええやん)止まってしまったよ。
そもそも「船旅」の定義は何なのか?
例えば、豪華客船で世界一周をしてきたら、もちろん船旅と言えるだろうけど、公園の池のボートに乗ったとしても、船に乗ったとは言っても、さすがにこれを「船旅」とは言わないだろうからね。
 
で、辞書を見てみても「船でする旅行」としか書いていなくて、「そのままやん」っていう感じだからねぇ。
もっとも、飛行機に乗ったときって、機内放送で「それでは、空の旅をお楽しみください」って言ったり、列車で移動するときの「鉄道の旅」と言ったりするよね。
 
ちなみに、「クルーズ」ともなれば、船に乗ること自体が目的と定義されていて、移動の手段として船に乗るのは含まないけど、「船旅」というのであれば、もう少し広い意味でとらえてもいいんじゃないかと思うんだよね。
 
そこで、勝手ながらここでいう「船旅したことある?」とは、「旅行に行く(クルーズを含む)のに船に乗ったことがある?」と解釈することにしたよ。
 
つまりは、クルーズ船に乗るのはもちろん、旅行の移動手段として船の乗るのも含む。
ただし、いくら旅行と言っても、現地で遊覧船に乗るなどは含まない(ただしクルーズ船に乗るのは、出発地に戻ってくるものであってもこれに含む)とさせてもらうよ。
もっともクルーズ船でも、ランチクルーズやディナークルーズは、「旅行」という感覚はないだろうから、ここで言うクルーズは1泊以上(船内だけでなく、滞在地での宿泊も含む)、もしくは移動手段になっているものとさせてもらうよ。
 
これを踏まえて、「船旅」をしたことがあるかといえば…何度かあるよ。
 
主なものでも、小学生のとき、四国と九州にそれぞれ1度ずつ船で行ってるし、高校の修学旅行も船で大阪~志布志(宮崎県)に行ったよ。
さらには、韓国に行ったときも、博多からBEETLEで釜山まで行ってるよ。
 
それでは、ここで問題です。
かつて、国鉄時代には、青函連絡船、宇高連絡船など、いくつか連絡船がありましたが、そのほとんどは、現在は廃止されています。
しかし、JRになった今でも、唯一残っている連絡船がありますが、その連絡船はなんでしょうか?
〇〇連絡船とお答えください。
ヒントは、有名な観光地を結んでいる連絡船だよ。
では、大サービスでもうひとつヒントを…この連絡船にはNOBURINも乗ったことがあるよ(って、それ、ヒントになってないってば)。
 
 
 
それでは、正解を発表するね(って、早っ)。
 
正解は…CMの後(って、そんなくだらないボケはいらないってば)。
 
じゃあ、本当に正解を発表するね(って言うか、じらさないでさっさとやれってんだ)。
 
正解は…
 
NOBURINの別荘-2010050109350000.jpg
   宮島連絡船だよ。
こちらは、山陽本線の宮島口~宮島を結んでいる船(連絡船)ね(って言うか、写真を出しても分からないってば)。
ちなみに、さきほど韓国に行くときに、BEETLEに乗ったと言ったけど、実はこれもJR九州が運行している。
でも、こちらは、連絡船とは言わないんだけどね。
ちなみに、この宮島連絡船には青春18きっぷでも乗れるよ。
でも、連絡船ではないBEETLEには、もちろん青春18きっぷでは乗れないけどね。

「みつきうまし祭り」の話も、今回がいよいよ最終回だよ。

それにしてもここまで長かったなぁ。

それでも、ようやく最終回を迎えることができて、まずはホッとしているよ。

こうやって無事に最終回を書くことができたわけだから、これは自分を誉めてあげたいよ。

 

DVC00705.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、「自分を誉めてあげたい」なんて、何、甘っちょろいことを言ってるの?

「みつきうまし祭り」が終わってからもう20日ほどたってるでしょ?

それを今頃になってようやく最終回って、ノロいのにもほどがあるよ。

それに「ホッとしているよ」って、そんなこと言ってる場合じゃないでしょ。

「みつきうまし祭り」は書き終わったけど、まだ「火の国・湯の国紀行」と「マナカナファンのつどい」の話がまだ残ってるでしょ?

特に「火の国・湯の国紀行」はもう2か月近く前の話じゃない。

早いこと書いちゃわないと、年を越しちゃうよって?

 

コラ、せんとくん。あんたはまたオープニングから余計なツッコミをして…。

だいたいあんたは、いつもそうやっ…って、だから何なの?

 

お父さん、そんなこと言ってる場合じゃないでしょ。

ただでさえ遅れてるんだから、そんなこと言ってるヒマがあるならさっさと始めたらどうなのって?

 

うるさい。あんたに言われなくても始めるよ。

 

それじゃあ、せんとくんにお説教するのは後回しにして、今日の話を始めることにするよ。

 

あっ、その前に前回までのお話の紹介をしなくちゃだよね。

 

みつきうまし祭り~バサラ祭りin天平祭パレード編 」(2016年11月2日更新)

みつきうまし祭り~韓国の伝統舞踊編 」(2016年11月6日更新)

みつきうまし祭り~奈良の酒と食の天平マルシェ編 」(2016年11月9日更新)

みつきうまし祭り~花のアート編(其の1) 」(2016年11月16日更新)

みつきうまし祭り~花のアート編(其の2) 」(2016年11月21日更新)

みつきうまし祭り~花のアート編(其の3) 他 」(2016年11月24日更新)

 

まだ読んでいない人はこちらから読んでみてね。

 

 

 

さて、今年は航空自衛隊奈良基地が開設してから60年目になるんだって。

そこで、開設60周年の記念して、あおによし奈良の都の上空をブルーインパルスが飛んだんだよ。

そのブルーインパルスはこちら。

 

DVC00946.jpg

 

DVC00947.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、これって、写真のブルーインパルスだよね?

実際にブルーインパルスが飛んでるところの写真はないのって?

 

そ…それは…。

 

えっ?何だって?…お父さん、「シェフェスタ」の会場から「みつきうまし祭り」の会場に行くのに、バスが渋滞に巻き込まれて、結局間に合わなかったんだったよね。

お父さんが、無計画で行動するせいで、結局ブルーインパルスが実際に飛んでるところ、見られなかったんだよねって?

 

コラ、せんとくん。それは言ったらダメでしょ。

それに、あんた、そのことを知っててわざと聞くんじゃないの。

 

そのブルーインパルスの飛行しているところであるけど、探してみたら…あったよ。

ブルーインパルスが平城宮跡でフライト

 

ブルーインパルスが平城宮跡の上空を飛行する模様は、上のタイトルをクリックして見に行ってね。

 

そして、自衛隊奈良地方協力本部のマスコットキャラクター、

 

DVC00940.jpg

そらしかくんも来ていたよ。

 

一方、第一次朝堂院跡には、あおによし奈良の都のアイドル

 

せんとくんも来ていたよ。

 

せんとくんが第一次朝堂院跡を歩いているところ。

そして、

 

ブルーインパルス(?)もやっていたよ。

 

そのそらしかくんとせんとくんの…

 

ツーショット写真。

 

 

 

そして、

 

自衛官とせんとくんの記念写真。

 

こちらはせんとくんが、基本のポーズをしているところ。

 

ナイショのポーズをするせんとくん。

 

こちらは、あのねのポーズだよ。

 

困ったなぁのポーズをするせんとくん。

 

そのせんとくんの後ろにはそらしかくんが…。

 

…でもって、再びそらしかくんとせんとくんのツーショット写真。

 

せんとくんはまた、あのねのポーズをしているよ。

 

そらしかくんとせんとくんがハグ…?

でも、ハグする日って火曜日(ちなみに資源ごみの日)じゃなかったっけ(って、誰が「逃げるは恥だが役に立つ」の話をせぇって言ったんや)。

 

せんとくんがブルーインパルスをやってるところ…?

 

今度はせんとくん、敬礼をしてるよ。

 

今度はせんとくん、感謝のポーズをしているよ。

 

そして、せんとくんと一緒にそらしかくんも、あのねのポーズをしてるよ。

 

でもって、せんとくん、また困ったなぁのポーズを…せんとくん、一体何を困っているんだろう?

 

あっ、コラ、せんとくん(うちの息子のほうね)。あんた、何、せんとくん(本物のほうね)に抱っこしてもらってるの。

ったく、あんたは、ちょっと目を離すとこれなんだから…。

どおりでせんとくん(本物のほうね)、困っていたわけだよ。

 

せんとくん(息子)を抱えてピースをするせんとくん(本物)。

 

せんとくん(バカ息子)をかかえて…

 

頬ずりするせんとくん(本物)。

 

そして、キスシーン(?)。

 

同じせんとくんでも、これだけ大きさが違うんだよね。

もっとも、うちのバカ息子は、態度だけはデカイけどね。

 

…って言うか、あんた、せんとくん(本物)に、いいように遊ばれてるじゃない…。

 

…って言うか、あんた、喜んでるの?

なんだ、こんなことで喜ぶんだったら、お父さんがいくらでもやってあげるのに…。

 

DVC00970.jpg

はい…

DVC00971.jpg

はい…

 

DVC00972.jpg

高い、高い、高い…。

 

DVC00378.jpg

ったく、どうして(本物の)せんとくんのときとは、こうも違うわけ?

 

…といったところで、「みつきうまし祭り」の話はこれにて閉幕。

次回は、平成29年5月に開催(予定)の春の平城京天平祭でお会いしましょう。

 

DVC00588.jpg

マナカナファンのつどい Ⅶ

テーマ:

ファンのつどいの話もいよいよ後半戦

茉奈佳奈対決コーナーで繰り広げられた大熱戦

後半もなにがあるのかフタを開けるまで分かりません

そしてブログもついつい熱が入ってしまいなかなか終わりません

 

DVC00527.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…しょうがないなぁ、お父さん、何、くだらないことを言ってるの?

それにブログがなかなか終わらないのは、ただ単にお父さんの手が遅いからっていうだけのことでしょ。

しかも、ただでさえお父さんは、手が遅いのに、余計なことばっかり書くからますます遅くなるんだよって?

 

コラ、せんとくん。あんたは、また余計なことを言って…。

だいたいあんたがそうやって、余計なことばっかり言うから遅くなるんでしょ。

 

えっ?何だって?…お父さん、またそうやって、自分がノロマなのを棚に上げて僕のせいにするのって?

 

うるさい。もう今日の話をはじめるから、あんたは黙ってなさい。

 

それでは、今日の話を始める前に、前回までのお話の紹介からするね。

 

マナカナファンのつどい Ⅰ 」(2016年11月3日更新)

マナカナファンのつどい Ⅱ 」(2016年11月4日更新)

マナカナファンのつどい Ⅲ 」(2016年11月7日更新)

マナカナファンのつどい Ⅳ 」(2016年11月12日更新)

マナカナファンのつどい Ⅴ 」(2016年11月19日更新)

マナカナファンのつどい  Ⅵ」(2016年11月23日更新)

 

まだ読んでいない人は、こちたから読んでみてね。

 

そのファンのつどいであるが、関西学院グレースバリ秋葉原店の2か所で開催されて、今回は両方とも行ったけど両方で共通している部分も多いので、基本的にまとめて書かせてもらうね。

 

とはいえ、違う部分もあるから、

 

関西学院での話:「KGU」と表記して青色で記載

グレースバリ秋葉原店での話:「AKB」と表記して赤色で記載

共通する話は黒色で記載

 

このような形で書かせてもらうことを最初におことわりしておくね。

 

 

では、ここからが本題(って、やっとかい)。

 

次は、恒例のお楽しみ抽選会のコーナーだよ。

このお楽しみ抽選会は、茉奈chan、佳奈chanが座席番号を書いたくじを引いて、そのくじの座席番号の人が、茉奈chan、佳奈chanからの豪華賞品(?)が当たるというもの。

 

ちなみに、これまでのNOBURINのお楽しみ抽選会の結果はというと…

第13回(2009年) 「だんだん」のポスターが当選

第14回(2010年) 何も当たらず

第15回(2011年) 「Mother」のポスターが当選

第16回(2012年) 何も当たらず

第17回(2013年) (和歌山会場)「赤い糸の女」のトートバックとポストカードが当選

第17回(2013年)(鎌倉会場)極麺が当選

第18回(2015年、または2014年度) 何も当たらず

第19回(2015年) 何も当たらず

 

となっているよ。

で、前回のファンのつどいのブログでは、こんなことを書いたのを覚えているかな?(って、何、ムチャ言ってるねん)。

 

ついに、ジンクスは破られてしまったよ。

つまりは、これまでの流れは、単なる偶然だったのか?あるいは、何か流れが変わったのか?

 

いや、ちょっと待てよ。前回のファンのつどいが、2015年に開催されたものととらえたら、2年に1回当たってるということはまだ言えるか(開催のなかった2014年はカウントしないものとするとね)。

つまりは、このジンクス、まだ首の皮1枚つながっているろいうことになるのかな?

 

ということは、次回は何かが当たる年ということ…?

しかも、次回は記念すべき20回目…これは、期待してもいいかもね(って、楽観的だなぁ)。

 

緑色の文字で書いた部分ね。

つまりは、今回関西学院、東京のどちらかででも何か当たれば、かろうじてジンクスは続いていたと言えるわけだし、不幸にしてどちらでも当たらなければ、完全にジンクスは破られたということが確定してしまうよ。

 

そのNOBURINの座席番号は、

 

(KGU) P-1

(AKB) C-1

 

ということで、茉奈chan、佳奈chanがこの抽選番号を読みあげたら当選ということね。

しかも、今回は20周年ということで、懐かしいものをいろいろと探して賞品にしたんだって。

 

それでは、その抽選会の模様をレッツラゴー!

 

DVC00847.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、「だから何?」じゃないでしょ。

そのかけ声は何なの?

そんなくだらないこと言ってないで、さっさと始めなよって?

 

うるさい。あんたに言われなくても始めるよ。

 

 

 

(KGU)

それじゃあ、お楽しみ抽選会の賞品を紹介していくね。

 

・「チチヤスヨーグルト」のときのポスター

実は、チチヤスヨーグルトのCMは、茉奈chan、佳奈chanが「ふたりっ子」でデビューする前の5歳のときからやってたんだって。

ちなみに、このCMは11歳のときまでやってたみたいで、このポスターはいつのときのものかは…当選しなかったから分からないよ(って、何じゃそりゃ)。

こちらは2名が当選。

 

・「岐阜の米」のポスター

こちらは3種類あって、当選も3名だったよ。

どれが当たるのかは、当選してからのお楽しみ…だって。

 

・「ハウスバーモンドカレー」のポスター

こちらは1名。

ちなみに、このCMをきっかけにイチロー選手と知り合ったみたいで、自分でもなつかしいなんて言っていたよ。

 

・「いのちの歌」のポスター

こちらは2名。

このポスターを持ってる人は多いせいか、「いらんわという人は誰かにあげてね」と言っていたほど。

そして、NOBURINは…いらんわどころか、喉から手が出るほど欲しい…なんだけどね。

茉奈chan、佳奈chanのポスターも、「ふたりうた」シリーズや「Sweet Home」、「Mother」や「泣いて笑って」はあるけど、なぜか肝心な平成の名曲「いのちの歌」だけはないわけで…。

このときばかりは、神にもすがる思いだったよ。

 

・「ふたりうた2」のポスター

こちらは1名。

 

なんだか、当選者の出るテーブルが固まってるみたいで…茉奈chanが「ふろう」と言って、抽選箱の中をマゼマゼしていたよ。

 

・「だんだん」のポスター

こちらは当選は3名。

 

・地球温暖化のポスター

…というよりも、ストップ地球温暖化のポスターということね(って、そんなこと一々言わなくても分かるってば)。

こちらは1名が当選。

 

・「しまねしまい」のポスター

1名が当選

 

・「2月のわた雪」のポスター

こちらも1名

 

続いては恒例の私物シリーズ

 

・茉奈chanのニット帽

これは、けっこうかぶったものみたいだよ。

 

・茉奈chanのストール

今回は、クリスマスカードの写真をとったときに巻いてたものなんだって。

この茉奈chanのストールも毎年好評で、とある当選者の声によると、ストール本来の使い方とは違う、驚くべき使い方(?)をしてる…らしいよ。

 

・茉奈chanが「地獄八景亡者戯」のときに使っていたブランケット

茉奈chanは、「おしろいの匂いがついてるかも…」な~んて言っていたよ。

このブランケットも当選者によっては(?)、ブランケット本来の使い方とは違う使い方をされてたりして…(って、だからどんな使い方やねん?)。

 

・「私の頭の中の消しゴム」のボード

茉奈chanは、「この舞台楽しかった」って言ってたよ。

ちなみに、佳奈chanは、ちょうど出産日が重なってこの舞台は見れなかったんだって。

 

・「ふたりっ子」、「だんだん」、「べっぴんさん」のポストカードのセット。

こちらは6名に当たったよ。

 

・オリジナルテレホンカード

今では、あまり見なくなったテレホンカード。

ちなみに、NOBURINも昔は結構もらったっけ(なんて書いたらトシがバレるか)。

佳奈chanは、「オークションに出したらダメだからね」なんて言っていたよ。

NOBURINだったら、これは勿論永久保存版にするけどね。

こちらは5名に当選。

 

・「ふたりっ子」のときの写真

こちらは、実家に飾ってあったものを大放出(?)したものだとか。

ちなみにサイン入りね。

 

・「ふたりっ子」のときのカレンダー

こちらのカレンダーには昔のサインも入っていて(ちなみにひらがなのサインね)、そこにさらに今のサインも入れて賞品にしたのだとか。

ちなみに人生唯一…かもしれない水着写真もあるんだって。

 

そして、特賞の

・茉奈chan、佳奈chanからクリスマスプレゼントが届く権利

 

以上がお楽しみ抽選会の賞品ね。

 

で、NOBURINの結果はというと…

 

第20回(2016年)KGU 何も当たらず

 

これは、首の皮1枚つがっていたジンクスもいよいよ破れるピンチ…?

 

…でも、終了後に急に茉奈chan、佳奈chanが会場に戻ってきて、「賞品を1つ忘れてた」と言って、改めて抽選をすることに…。

 

これで、敗者復活のチャンスが巡ってきたよ。

その敗者復活をかけた賞品は、

 

・ウエルカムボード

 

DVC00516.jpg

これね。

 

そして、敗者復活の抽選を終えての結果は…

 

第20回(2016年)KGU 何も当たらず

 

以上のように、確定したよ。

 

DVC00519.jpg

えっ?せんとくん、だから何なの?…お父さん、勿体ぶって書いてる割には、結果は何も当たってないじゃない。

だったら、そういう余計なことをしないでサラっと書きなよって?

 

コラ、せんとくん。あんたは、また余計なツッコミをして…。

あんたは、そういう余計なことを言うんじゃないの。

 

 

 

(AKB)

というわけで、今回の「お楽しみ抽選会」の運命はAKBに持ち越しとなったよ。

そのAKBでの賞品を紹介していくね。

 

・「チチヤスヨーグルト」のポスター

解説はKGBのところを参照してね。

 

・「岐阜米」のポスター

解説はKGBのところを参照してね。

 

そして、Gテーブルでの当選が続いたから、茉奈chanは、「Gが続いたからふろう」と言って、抽選箱の中をふっていたよ。

 

・消防署のポスター

こちらは昔のサイン入りのものね。

ちなみに今のサインも入るんだって。

 

・「しまねしまい」のポスター

解説はKGUのところを参照してね

 

茉奈chanは「私の歴史をたどる感じでいいね」なんて言っていたよ。

 

・地球の環境を守るポスター

 

・「踊るポンポコリン」のポスター

こちらにも昔のサインが入っているよ。

 

茉奈chanが「今のサインは高校生のときからやったね」と言うと、佳奈chanも「そうやった」って言っていたよ。

 

「いのちの歌」のポスター

解説はKGUのところを参照してね。

 

DVC00840.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、さっきから何、「解説はKGUのところを参照してね」なんて言って、手抜きをしてるの?

しかも「しまねしまい」のポスターのところは、参照するも何も「1名が当選」って書いてあるだけだし…。

こうやって、手抜きばっかりして、お父さん、やる気あるのって?

 

うるさい。あんたはそうやって、余計なツッコミばっかりするんじゃないの…。

 

・「ふたりうた2」のポスター

茉奈chanは、個人的にこのポスターが好きなんだって。

その茉奈chanも好きな「ふたりうた2」のポスターはこちら。

 

DVC00968.jpg

たしかに、2人で公園でピクニックという感じでなかなかいいよね。

 

DVC00969.jpg

あっ、コラ、せんとくん。あんた、何、参加してるの。

ったく、あんたは、カワイイ子を見るとすぐこれなんだから…。

 

・「だんだん」のポスター

こちらは3名が当選だよ。

 

ところで、この抽選会の番号だけど、アルファベットと数字の組み合わせなんだけど、アルファベットがMなのかNなのか、BなのかDなのかが分かりづらいときがあるんだよね。

で、茉奈chanはLが出たときは「LoveのL」、Mが出たときは「茉奈のM」なんて言ったりしていたよ。

 

実は、これは欧米でも間違い防止のためにやられていることで、例えば「A of America」、「B of British」、「C of China」なんて言うことはよくあるらしいよ。

 

・「ふたりっ子」、「だんだん」、「べっぴんさん」のポストカードの.セット

こちらは当選は6名。

 

今度は茉奈chanは、「なうのN」、「デスノートのD」、「じぇじぇじぇのJ」、「ビックリのB」、「FantasticのF」なんて言っていたよ。

 

・テレホンカード

このテレフォンカードは「ふたりっ子」から数年後に作ったものなんだって。

「使うもよし、かざるもよし…でも売らないでね」だって。

 

今度はKが出たから茉奈chanは、「これはいけるね。佳奈のK」なんて言っていたよ。

 

続いては私物シリーズ。

・会報の体験コーナーで使ったエプロン

これを使ったのは、「佳奈かな?」、「茉奈ちゃう?」なんて言っていたよ。

で、どちらが使ったのかは「会報に載ってるんで」だって。

 

・佳奈chanのニット帽

茉奈chanは、「HappyのH」と言っていたよ。

 

・佳奈chanの帽子

茉奈chanは「Dで始まるもの?ディズニー?」な~んて言っていたよ。

 

・佳奈chanのストール

こちらもストール本来の使い方とは違う驚くべき使い方がされるの…佳奈?

 

DVC00827.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、何、くだらないダジャレを言ってるの?

お父さんがくだらないダジャレを言ったせいで、会場が凍りついちゃったじゃないって?

 

コラ、せんとくん。あんたは、また余計なことを言って…。

あんたは、そういう余計なことを言うんじゃないの。

 

・「私の頭の中の消しゴム」のパンフレット

このパンフレットの茉奈chanのページのところにサインが入ってるんだって。

茉奈chanは、「(この舞台)楽しかった」と言って、佳奈chanは「見に行きたかった」って言っていたよ。

そしたら茉奈chan「見に行ってたら劇場で産んでたよね」なんて言っていたよ(実際は舞台の前日に出産)。

 

・桂由美さんのファッションショーにでたときの写真

こちらの写真は実家にあったものなんだって。

 

・ウェルカムボード

そのウェルカムボードは

 

DVC00841.jpg

これね。

今度は茉奈chan、「ジャッキーチェンのJ」と言ったら、佳奈chanに、「Japanでええやん」ってツッコミを入れられていたよ。

 

そして特賞の

・クリスマスにプレゼントが届く権利

 

以上がお楽しみ抽選会の賞品ね。

 

そして、NOBURINの結果は…

 

第20回(2016年)AKB 何も当たらず

 

だったよ。

 

 

 

はい、KGUAKB2会場とも何も当たらず。

これで、2013年の鎌倉でのファンのつどいで極麺が当たったのを最後に4回連続で何も当たっていないということになってしまったよ。

これで、隔年当たりというジンクスも完全に破られたということになってしまった。

さらには、今回はNOBURIN自身が何も当たらなかっただけでなく、NOBURINと同じテーブルの人全員が何も当たらないという珍現象(?)までおこったよ。

それも2会場ともね。

これがどちらか1会場だけだったら、「まあ、こんなこともあるか」ということなんだろうけど、2会場ともになると、「これ、何なんだろうね?」ってなってくるよね。

で、これ、いったい何なんだろう?

 

DVC00521.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…それは、お父さんの日頃の行いが悪いっていうことなんだよ。

お父さんは、日頃の行いが悪いから、こんなとき何も当たらないんだよ。

そればかりか、お父さんの日頃の行いがあまりにも悪いせいで、同じテーブルの人まで、そのとばっちりを喰ったわけだからね。

お父さんって、ホントに疫病神だよねって?

 

あっ、そうか、なるほど。お父さんが疫病神だからなん…って、コラ、せんとくん。そんなわけないでしょ。

それに日頃の行いのことは、他の人にだったらまだしも、あんたにだけは言われたくないよ。

 

と言ったところで今日はオシマイ。

この続きは次回、お届けするね。

 

DVC00385.jpg

お父さんは、やくびょうがみ…。

コラ、せんとくん。あんた、まだそんなこと言ってるの。

それに、そんな格好をして、そういうことを言うんじゃないの…。

OLの話

テーマ:

仕事で「制服」着たことある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
今日はOLの日なんだって。
全国のOLのみんな、おめでとう(はぁ?)
このOLの日は、働く女性の異業種間交流ネットワーク「OLネットワークシステム」が1994年に制定したものなんだって。
では、どうして11月25日がOLの日なのかというと、1963年11月25日号の「女性自身」にはじめて「OL」という言葉が載ったからなんだって。
 
では、そもそも「OL」とは何か?
「OL」というのは、office ladyの略で、実はこれ、和製英語なんだって。
だから、欧米に行って、OLとかoffice ladyなんて言っても、通じないわけね…もっとも、「OL」という和製英語を知ってる外国人やoffice ladyと言われて、察しのいい外国人だったら、何を言ってるのか理解してもらえるかもしれないけどね(って、どっちやねん)。
ちなみに、和製英語であるけど、日本文化の影響を受けている台湾や香港でも「OL」という言葉が使われることはあるらしいよ。
 
その「OL」というのは、企業の補助的な業務を担当する一般職の女性社員もしくは女性事務員のみを指す言葉であって、同じ女性の会社員であっても、総合職であったり役職についていたりする場合は、「OL」とは言わないんだって。
そのほか、婦人警官、自衛官、女医、看護師、弁護士、公認会計士など、高度に責任を有する職種、または高度な国家資格を要する職業についてる場合も「OL」とは言わないんだって。
 
もっとも、最近では、職種に関わらず、「オフィスで働く女性全般」を指す言葉として使われることもあるんだって。
 
この「OL」という言葉が使われる以前には、「BG」(business girl」という言葉が使われていたんだって。
ところが、東京オリンピック…と言っても、昭和39年に開催されたほうのもので、2020年の東京オリンピックじゃないからね(って、そんなこと一々言わなくても分かるってば)、の前年の1963年に、「英語で『BG』というのは、bar girlの略称で売春婦の意味だ」という根拠のないうわさが流れて、その年の9月にはNHKはこの実態のないうわさから、「BG」という単語の使用をやめるという事態にまでなったんだって。
 
このとき、「女性自身」が、「東京オリンピックで来日する外国人の誤解を防ぐため」に、「BG」という単語を使用しないようにすることを提案して、代替語の誌上公募を行ったというわけね。
 
その公募の結果は、
 
1位 オフィス・レディー
2位 オフィス・ガール
3位 サラリー・ガール
4位 キャリア・ガール
5位 ビジネス・レディー
(以下略)
 
という結果となり、もっとも多かったOL(オフィス・レディー)を選出したと11月に発表されたんだって。
ちなみに、この公募では、「BG廃止反対」というのも意外に多くて、8位に入っていたんだって。
 
その「0L」であるが、選出はされたものの、すぐに浸透したわけではなく、完全に定着したのは1973年~1975年の間だと言われているみたいだよ。
 
さて、今日の質問だけど、「仕事で制服を着たことある?」というもの。
これはあるよ。
もっとも、今の仕事は、作業服はあるものの、制服そのものはないから、作業をするのに作業服を着ることはあっても、普段は私服なんだけどね。
 
でも、学生のときには、頭に「マ」のつく某ハンバーガーショップ(って、どこなのか丸分かりやん)や警備のアルバイトをしたことがあるから、そのとき制服を着たことはあるよ。
 
ちなみに、あおによし奈良の都のアイドルのこの子は、
 
DVC00533.jpg
 
これが制服…?

今日は、「みつきうまし祭り」の話だよ。

その「みつきうまし祭り」であるが、前回までのお話は、

 

みつきうまし祭り~バサラ祭りin天平祭パレード編 」(2016年11月2日更新)

みつきうまし祭り~韓国の伝統舞踊編 」(2016年11月6日更新)

みつきうまし祭り~奈良の酒と食の天平マルシェ編 」(2016年11月9日更新)

みつきうまし祭り~花のアート編(其の1) 」(2016年11月16日更新)

みつきうまし祭り~花のアート編(其の2) 」(2016年11月21日更新)

 

…まだ読んでいない人は、こちらから読んでみてね。

 

次に紹介するのはこちら、

 

DVC00920.jpg

五色ののぼりである。

 

では、角度を変えてもう1枚。

 

DVC00921.jpg

この「五色ののぼり」であるが、それぞれ意味があって、

 

DVC00922.jpg

紫は、「大円鏡智」…鏡のように、現世の全てのものを差別なく映し出す智慧を表わす。

方角で言えば東を、如来で言えば阿閦如来を表わしている。

ちなみに、本来は青なんだけど、今回のように青の代わりに紫を用いることも多いんだって。

 

DVC00924.jpg

赤は、「平等性智」…すべての現世のものが平等であることを知る智慧を表わす。

方角で言えば南を、如来で言えば宝生如来を表わしている。

 

DVC00926.jpg

黄色は「法界体性智」…物事の本質を明らかにして統合させる絶対なる智慧を表わす。

方角で言えば中心を、如来で言えば大日如来を表わしている。

 

DVC00928.jpg

緑は「成所作智」…すべての現世のものを完成させる智慧を表わす。

方角で言えば北を、如来で言えば不空成就如来を表わしている。

 

DVC00930.jpg

白は「妙観察智」…すべての現世のものを正しく見極める智慧を表わす。

方角で言えば西を、如来で言えば阿弥陀如来を表わしている。

 

仏教では、それぞれの色に、こんな意味あいがあるんだって。

 

DVC00923.jpg

えっ?せんとくん、何だって?

無知なお父さんにムラサキ式部の話をするには馬の耳に念仏。

 

DVC00925.jpg

お父さんは、頼りなさすぎてアカん。

 

DVC00927.jpg

お父さんはあまりにおバカで、もはやキちがい。

 

DVC00929.jpg

どんくさいことばっかりやってるお父さんは、ツッコミどころがよりどりミドリ。

 

DVC00931.jpg

お父さん、自分が頼りないのを棚に上げてお説教ばかり…いい加減にシロ。

五色には、こんな意味あいもあるんだよって?

 

そうだったよね。五色にはこんな意味あいも…って、コラ、せんとくん。そんな意味あい、あるわけないでしょ。

ったく、あんたは、勝手に意味あいを創作するんじゃないの。

 

続いてはこちら。

 

DVC00932.jpg

こちらは、「歓迎装飾:ねのうわさ」である。

こちらは、前回紹介した5つの花玉の要素をすべて含んだ素材で制作しているんだって。

 

それじゃあ、その花玉を再掲してみるね。

 

DVC00906.jpg

五行説の「土」テーマにした花玉。

 

DVC00909.jpg

五行説の「火」をテーマにした花玉。

 

DVC00912.jpg

五行説の木」をテーマにした花玉。

 

DVC00915.jpg

五行説の「水」をテーマにした花玉。

 

DVC00918.jpg

五行説の「金」をテーマにした花玉。

 

それぞれの花玉の意味は、前回紹介したとおりね。

 

この5つの要素をすべて含んだ作品になっているんだって。

 

DVC00933.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…それでお父さん、5つの花玉の要素をどこにどんな形で含んでいるのって?

 

そ…それは…。

 

えっ?何だって?…お父さん、その解説は会場になかったからできないんだよね?

何しろ、お父さんの5つの花玉の説明も、会場にあった解説のパクリだったわけだからねって?

 

コラ、せんとくん。それは言ったらダメでしょ。

ったく、あんたは、そういう余計なことばかり言うんじゃないの。

 

続いては、奈良時代体験コーナーに行ってみたよ。

 

DVC00934.jpg

こちらは投壺。

この壺の中に離れたところから矢を投げ入れる遊びに使われた壺と矢なんだって。

 

DVC00935.jpg

操り人形…実は、これは破片しか残ってなくて、何に使われていたのかは、まだ分かってはいないのだけど、もしかしたらこんな使われ方をしていたのではないかと想像をして、こんなものを作ってみたんだって。

 

DVC00936.jpg

打鞠の道具…鞠を打つスティック(?)である。

そして、こちらは、

 

DVC00937.jpg

実際に投壺(手前)と打鞠(奥)を体験できるコーナーだよ。

 

そしてこちらが、

 

DVC00948.jpg

駒を回しているところね。

 

DVC00950.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…でも、お父さんはどれも体験してないんだよね。

まぁ、どんくさいお父さんだったら、大勢の人がいる前で体験などしようものなら、わざわざ恥をかくようなものだけどねって?

 

コラ、せんとくん。あんたは、また余計なことを言って…。

あんたは、そういう余計なことを言うんじゃないの。

 

では、今日はこの辺で…この続きは次回、お届けするよ。

 

DVC00588.jpg