Happy Birthday!

テーマ:

今日は、とってもめでたい日なんだよ。

で、何がめでたいのかと言うと、才色兼備な娘の誕生日…しかも、2人もいるわけだからね。

 

まず最初はこちら。

 

DVC00195.jpg

今日は、才色兼備な茉奈chanのお誕生日なんだよ。

茉奈chan、お誕生日おめでとう。

 

 

そして、もう1人はこちら。

 

DVC00195.jpg

今日は、才色兼備な佳奈chanのお誕生日なんだよ。

佳奈chan、お誕生日おめでとう。

 

(って言うか、写真、いっしょやん)。

 

それにしても、茉奈chanと佳奈chan、才色兼備な2人が、同じ日に生まれたなんてこれまたスゴイことだよね(って言うか、双子なんだから当り前だろうが)。

 

ちなみに、茉奈chanが生まれて7分後に佳奈chanが生まれたらしいよ。

 

今さら言うまでもないとは思うけど、茉奈chan、佳奈chanは、10歳のときに「ふたりっ子」でデビューをした。

その後、「双子探偵」や舞台「月の子供」に出演する一方、関西学院大学にも入学…NOBURINの後輩にもなったわけだよ(って、そんなこと、どーでもええやん)

 

DVC00526.jpg

 

そして、関西学院大学を卒業後、「だんだん」で朝ドラ2回目のヒロインに抜擢される。

子役時代を含めても、朝ドラでヒロインを2回やったのは、茉奈chan、佳奈chanだけなんだって。

 

その「だんだん」から生まれたのが、平成の名曲「いのちの歌」ね。

 

2010120700000000.jpg

その平成の名曲「いのちの歌」はこちらで聴けるよ。 

 

 

それまでは、一緒に仕事をすることが多かったが、2011年ごろから、単独での仕事が目立つようになってくる。

 

例えば、

 

DVC00645.jpg

「赤い糸の女」(茉奈chan)や、

 

2012022512550000.jpg

あおによし奈良の都は大和郡山市を舞台にした地域映画、「茜色の約束」(佳奈chan)とかね。

 

こんなこともあってか、2012年の後半には、不仲説が出たり、茉奈chanの熱愛報道があったりで、何か様子がおかしいと思ったんだよね。

 

そして、決定的な事件は、

 

DVC00017.jpg

その年の12月の「ファンのつどい」でおこったよ。

それは、最後の挨拶のとき、佳奈chanが突然泣き出すというもの。

これは、後に茉奈chanが「あのときも、みんな怪しんでた」と言ってたほどだからね。

 

 

で、その真相はその年の末に判明したよ。

それは、忘れもしない、佳奈chanの入籍発表ね。

この報道に全米が泣いた(って、言ってることオカシイってば)。

 

バラバラでの仕事が増えたのも、結婚後の、出産、育児を想定してのことだったんだろうね。

 

 

その翌年のファンのつどいでは、茉奈chanの音頭で、

 

DVC00453.jpg

 

DVC00472.jpg

Smile(注:茉奈佳奈ファンクラブの名称)一同から、ウェディングツリーを贈ったよ。

もちろん、佳奈chanには、ナイショにしていて、最後にサプライズで贈ったんだけど、それでこの年も佳奈chanが泣いてしまったなんていうこともあったよ。

 

 

そんな佳奈chanも、今では2児の母になり、茉奈chanも2児のおばしゃん(って、何、勝手に造語してるねん)になったよ。

そして、茉奈chanは、現在「べっぴんさん」に出演中…これが3度目の朝ドラ出演になるよ。

つい最近では、

 

DVC00481.jpg

 

「結婚なんて、クソくらえっ!」にも出演したよ(佳奈chan曰く、「何度聞いてもすごいタイトル」だって)。

 

その茉奈chan、佳奈chanのバースデーブログは、現在(2月23日6時30分)のところ、まだ更新はされていないけど、後ほど更新される…かもしれないよ(って言うか、「かもしれない」って、何、不確定な情報を流してるねん)。

 

今日、誕生日をむかえた茉奈chan、佳奈chanのブログは、

 

「三倉茉奈のマナペースで行こう!」

「三倉さんちの次女ブログ」

 

こちらを見てみてね。

 

 

では最後に…

 

茉奈chan、佳奈chan、この1年が素晴らしい年になりますように。

 

DVC00392.jpg

AD

私を構成する成分は・・・

テーマ:
 
▼私を構成する成分は・・・
 
 
\あなたはなにでできている!?/
 
…なんだって(だから何が?)。

 

ええっと、今日は、成分分析をやってみたよ。

これは、自分の名前を入力したら、自動的にその人の成分を成分チェッカーで分析してくれるという、アヤシゲなものなんだよ。

 

で、NOBURINの分析結果は上記のとおり…と言っても、ガラパゴスから見ている人は、何のこっちゃ分からないだろうから、分析結果の写真も載せておくね。

 

DVC00485.jpg

 

で、NOBURINの成分は、リーダーシップ10%…ほほぅ、なかなかいいじゃない…。

強い意志20%…いいね、いいね…。

美味しいものが食べたい70%…って、最後に落とすか?

まあ、当たってるけどね(って、それを認めてどないするねん)。

 

でもって、せっかくのリーダーの資質が食欲で台無し。

たまには、我慢も必要です。

 

…ということなのだとか。

これって、アメーバさんケンカを売ってるの?

 

でも、リーダーの資質が食欲で台無しになるくらい我慢が出来ないんだったら、そもそも強い意志って、ないじゃない。

この部分、なんか言ってること、矛盾してない?(って、だからそうやって、アメーバさんイジリをするの、やめってんだ)。

 

というわけで、NOBURINは美味しいものに目がない軟弱リーダーなんだって。

まあ、たしかに、ファーミーでは、これでも一応はファーミリーダーをやってるけど、そのリーダー自身がやる気なしだからね(ほなら何でリーダーをやってるねん?)。

 

DVC00959.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さんにリーダーの資質?

あの頼りないお父さんに、そんなのあるわけないじゃない。

どっちかって言うと、むしろ気の弱いお父さんは、名前だけの役員を押しつけられて、面倒なことを全部やらされた上に、文句を言われるって言うタイプだよねって?

 

そうだったよね。お父さんは頼りないから、リーダーの資質なんてあるわけな…って、コラ、せんとくん。何を言わせるの。

ったく、あんたは、そういう余計な口出しをするんじゃないの。

 

えっ?何だって?…もっとも、ある意味、軟弱リーダーというのは当たってるかもね。

名前だけのリーダーを押し付けられて、その実態はただのパシリというやつね。

でもって、どんくさいお父さんは、チョンボばっかりやって、みんなから怒られるという頼りない名ばかりリーダーというやつね。

第一、本当の意味でのリーダーだったら、こんな頼りないお父さんなんて、選ばれるはずないじゃないって?

 

うるさい。ったく、あんたは、どうしてそういう言い方しかできないの?

 

DVC00960.jpg

ガオー…コラ、ポチも何、せんとくんに同意してるの?

 

ええっと、NOBURINは、これでもNOBURIN家の当主。

当主と言えば一番エライ…はずなんだけど、実際には、なぜかせんとくんのほうが、態度がデカいわけだからねぇ。

おまけに、ポチまでがせんとくんに同調したりしてね。

 

当主というのも、これもある意味リーダーっていうことになるよね。

NOBURIN家当主ということは、NOBURIN家のリーダーであるはずが、実際にはせんとくんのほうが、これだけ舌好調(絶好調の誤記じゃないよ)なわけで…。

 

いやいや、そんなことではイカン。

こんなことだったら、軟弱リーダーなんて言われても文句は言えない。

 

ここは、NOBURIN家当主としての威厳を見せなくては…。

 

…というわけで、余計なことばっかり言うせんとくんは、

 

DVC00509.jpg

壁ドンの刑に処してやったよ。

 

DVC00510.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、これって、児童虐待だよね。

お父さんは、リーダーの資質がないうえに、児童虐待までやって、これじゃあもはやリーダー失格…どころか人間失格だよね。

ぼく、こんなお父さんの息子になるなんて、不幸の星のもとに生まれたんだろうねって?

 

ったく、あんたは、どうしてそういう言い方しかできないの?

 

DVC00378.jpg

コラ、そのうちわもやめなさい。

AD

みんなのQ&A 第15弾

テーマ:

2月は、意外に書くことが多いんだよね…「奈良大立山まつり」(って、それ、1月やん)に、「結婚なんて、クソくらえっ!」(何回聞いてもスゴイタイトルだなぁ)、せんとくんの誕生日に、いのちの日、そして現在書いている「なら瑠璃絵」(って、まだ1回しか書けてないやん)…といった具合にね。

 

でもって、気がついたら、御無沙汰になってしまってたけど、こちらもそろそろやらなくちゃだよね…そう、みんなのQ&Aね。

 

このみんなのQ&Aは、もう15回目だから、説明するまでもないとは思うけど、今日はじめて来てくれた人のために説明をすると、これまでにくれたコメントの質問なんかに、答えていくというものなんだよ。

で、その選考基準なんだけど…目についたものをテキトーに選んでるだけなんだけどね(って、だからテキトーだったらアカンやん)。

というわけだから、自分のコメントが採用されても、採用されなくてもうらみっこなしでお願いね(はぁ?)。

 

それじゃあ、「みんなのQ&A」第15弾、VTR START!(って、VTRと違うやん)。

 

 

 

まず最初はこちらから。

「(平成の名曲「いのちの歌」を)初めて聞いた時人生で一番辛い時期だったから胸に染みた」というもの。

こういうコメントは、ホントにうれしいものだよね。

実は、Smile(注:茉奈佳奈ファンクラブの名称)の会報の中のおたよりの中にも、この曲に救われたというものがあったよ。

もちろん、何があったのか、詳しいことは知る由もないけど、この平成の名曲には、人の心を救うことができるパワーが込められているというのは、NOBURIN自身、よく知ってるよ。

その平成の名曲「いのちの歌」は、こちらから聴いてみてね。

 

2010120700000000.jpg

 

 

 

続いてはこちら。

「ゆるキャラとか言ってるけど、もはやゆるくとも何ともない…みんな売れようとガチ」というもの。

う~ん、たしかにそういう面があることは、否定できないよね。

何しろ、「ゆるキャラグランプリ2016」にエントリーをしたものだけでも、約1400体いるそうで、実際にはもっと多いのは間違いなく、全部で何体いるのか分からないほど。

あおによし奈良の都だけでも60体はいると聞いたことがあるくらいだからね。

そのうち、よく知られているものは、ごくわずか。

さらには、地方では過疎化が進んで、消滅が危惧される自治体もあるほど。

特に、これといった産業も観光名所もない…と言ったら語弊があるけど、一般的に知られていない自治体にとっては、これはもう死活問題なんだろうね。

そう考えると、そんな自治体は、生き残りをかけて、売り込みに必死にならざるを得ないわけで、その手段のひとつがゆるキャラということなんだろうね。

つまりは、地方をとりまく環境は、ゆるくはないということが、ゆるキャラをゆるくなくさせてる要因ということことなんだろうね。

 

 

 

それでは次にいくね。

「パコchanの頭は法隆寺?」というもの。

そのパコchanはこちらね。

 

これはまさに、お見込みのとおり(って、行政の問答集みたいな言い方、やめってんだ)。

このパコchanは、斑鳩町のマスコットキャラクターなんだけど、斑鳩町と言えば、まさに法隆寺のあるところ。

本文でも書いたけど、このパコchanは、正岡子規が法隆寺を読んだ俳句、

 

柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺

 

をイメージして生まれただけに、柿と法隆寺のマスコットキャラクターになったんだよ。

 

 

 

次はこちら。

「カッシーが台車に乗って移動してるなんて、すごい…車内販売みたいに売り出してるんじゃ?」というもの。

まあ、さすがに等身大のカッシーは、販売はしていないけどね(笑)。

でも、小さいものだったら、カッシーに限らず、人身売買されているものも、少なくないみたいだよ。

もっとも、買うときには、よく選んで買うことをおススメするよ。

何しろ、たまに口の悪いヤツが、入ってることがあるみたいだからね。

例えば、

 

DVC00362.jpg

こいつみたいにね。

 

 

 

それじゃあ次に行くね。

「NOBURINのあこがれた苗字はないの?」

「奈良には藤原さんが多いの?」

 

というもの。

あこがれた苗字か…。

それはないか…(笑)。

あこがれた苗字というより、なりたい苗字はあるけどね。

で、その苗字はなにかというと…三倉ね。

こちらの

 

DVC00195.jpg

三倉家に婿養子にいって、三倉NOBURINになるということで…(って、どさくさに紛れて、何、とんでもないこと言ってるねん)。

 

そして、もう一つの質問、奈良には藤原さんが多いのか…こちらは、さっそく調べてみたよ。

 

あおによし奈良の都で多い苗字を調べてみたら、ベスト10は、

1位:山本(約18,100人)

2位:田中(約17,000人)

3位:吉田(約14,800人)

4位:中村(約11,200人)

5位:松本(約10,800人)

6位:上田(約9,900人)

7位:井上(約9,500人)

8位:岡本(約8,700人)

9位:森本(約8,600人)

10位:山口(約8,500人)

 

と言う結果だったよ。

で、藤原さんはというと、88位で約2,500人だったよ。

 

では、全国での藤原さんのランキングはと言うと、46位で約299,000人いるんだって。

人口との兼ね合いもあるから、一概には言えないとはいうものの、あおによし奈良の都に藤原さんは多いとは言えないみたいだね。

では、藤原さんが多い都道府県はどこかというと、

岡山県は第2位(約22,900人)

兵庫県が第4位(約45,600人)

島根県が第4位(約7,200人)

がべスト10にランキングされていた都道府県。

ベスト20にランクインした都道府県は、秋田県(第13位)と岩手県(第15位)だったよ。

 

 

 

では次。

「(四天王が)せんとくんの頭上にいるみたい」というもの。

この写真を見ての感想なのかな?

 

DVC00390.jpg

でも、実際の大立山は、高さ7mある大きいものだから、

 

大の大人が、台座の下に入って引いてりしているわけだからね。

実際には、せんとくんだったら、小さすぎて大立山を引く棒にも届かないわけだから、これはまさに遠近法のなせる業(?)なんだろうね。

 

 

 

それじゃあ、今日はこの辺で…。Adios!

 

 

 

 

 

 

DVC00959.jpg

みんな、おはよう。ぼく、せんとくん。

それじゃあ、ぼくからも、ひとつ、よせられたコメントをしょうかいするね。

「ゆきをこうじつにごまかし?ホントのこといわなきゃ、ダメじゃない」というのもあったよ。

 

これは、お父さんが、ねぼうして、きんきゅうなまちゅうけいをやったときに、きょうはゆきだったからなんて、ゆきのせいにして、いいわけをしたときのはなしね。

 

ホントだよね。お父さんは、そうやって、いいわけばっかりしてるわけで、こんなとき、お父さんは、いつも「うそもほうべん」なんていってるんだよ。

でも、ぼくには、「うそつきは、どろぼうのはじまり」なんていってるわけで、お父さんは、じぶんのつごうで、ぜんぜんちがうことを言うんだよね。

 

こんなんだから、お父さんは、モテないんだよね。

それでなくても、お父さんは、たよりないし、どんくさいし、おバカだし、おまけにぶ男だからね。

それでも、お父さんは、しょうこりもなく、おみあいパーティーにいくけど、あいてがみつかるはずもなく、いつもスゴスゴとかえってくるんだよね。

まあ、こんなお父さんじゃ、そりゃそうだとおもうけ…イテッ!

 

 

 

 

コラ、せんとくん。あんた、何、勝手にQ&Aをやってるの。

勝手に、Q&Aをやったらダメでしょ。

 

それに、その答えは何なの?

あんたは、またあることないこと言って…。

今日は帰ってきたら、たっぷりとお説教をするからね。

それまで、押し入れに入ってなさい。

AD

前回までの「奈良大立山まつり」の話に引き続き、今回からは、「なら瑠璃絵」の話をお届けしていくよ。

もっとも、途中で、他の話も入るとは思うから、不定期更新にはなるとは思うけど…。

 

えっ?他の話って何なのって?…そりゃ、いろいろとあるじゃない。言い訳ブログとか、言い訳ブログとか、言い訳ブログとかね(って、要するに、ただ単に寝坊した時の予防線を張ってるだけかい)。

 

そのなら瑠璃絵のお話の第1弾は、なら瑠璃絵版グルメ編とも言うべき「瑠璃絵マーケット編」をお届けするよ。

 

その瑠璃絵マーケットの会場は、奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~前のこちら。

 

飲食店ブースが立ち並んでいて賑わっていたよ。

 

えっ?せんとくん、何だって?…そんなことより、お父さん、「なら瑠璃絵」の最終日って、2月14日だったじゃない。

もうとっくの昔に終わってるのに、今頃書いてるの?

お父さん、ノロマなのにもほどがあるよって?

 

コラ、せんとくん。しょっぱなからそういう余計なツッコミをするんじゃないの。

はい、なら瑠璃絵に行ったときも、約1名、うるさいヤツが勝手についてきたよ(コラ、そこ、拍手をするんじゃないの)。

 

その瑠璃絵マーケットが開催されていた奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA前には、

 

DVC00443.jpg

こんな提灯もあったよ。

 

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、写真撮ってよって?

ったく、しょうがないなぁ。

 

DVC00445.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、下手くそ。

上の写真と比べて写ってる提灯が少ないうえに、ぼくもなんか暗いじゃないって?

 

ったく、あんたは撮らせておいて、文句ばっかり言うんだから…。

 

それじゃあ、瑠璃絵マーケットで食べたものを一挙紹介するね。

 

DVC00439.jpg

走麺屋さんのラーメン。

あっ、素麺じゃなくて、走麺だからね(って言うか、これ、どう見ても素麺と違うやん)。

走麺というのは、どうやらチャルメラを流しながら移動販売をしているところからきているみたいだよ。

ここ、走麺屋さんには、味噌、塩、しょうゆ、豚骨があったけど、迷った末に豚骨にしたよ。

 

続いてはこちら。

 

DVC00440.jpg

餃子スープ。

こちらは、餃子の入ったスープだよ(って、そのままやん)。

ちなみに、この餃子スープは、富貴包子楼さんで売ってたものだけど、こちらでは焼売も売っていた(過去に食べたことあり)よ。

 

それじゃあ次に行くね。

 

DVC00441.jpg

大和肉鶏の唐揚げ。

鶏の唐揚げは、数多くあれど、こちらはそんじゃそこらの唐揚げじゃないよ。

大和肉鶏の唐揚げというところ

大和肉鶏の唐揚げというところ

 

ここが大事なところね。大事なことだから、2回言いました(って、み〇もんたさんか)。

 

で、大事なところは、赤で書いておいたからな。

ここ、試験に出るから、ちゃんと覚えておけよ(って、先生か)。

 

次はこちら。

 

DVC00442.jpg

ヤマトポークのミンチカツ。

ミンチカツは、数多くあれど、こちらはそんじゃそこらのミンチカツじゃないよ。

ヤマトポークのミンチカツというところ

ヤマトポークのミンチカツというところ

 

ここが大事なところね。大事なことだから、2回言いました(って、み〇もんたさんか)。

 

で、大事なところは、赤で書いておいたからな。

ここ、試験に出るから、ちゃんと覚えておけよ(って言うか、何、上の文章をコピペして、「ヤマトポーク」と「ミンチカツ」に書き換えてるねん)。

 

まだまだあるよ。

 

DVC00456.jpg

タイラーメン。

「スパイシーなアジアの味」なんて書いてあったけど、言うほど辛くなかったなぁ。

あっ、ちなみに、NOBURINはココイチに行ったら、普通に10辛を注文するくらいの辛い物好きだから、辛い物が苦手な人は、ここに書いてあることは、くれぐれも信用しないようにね(って、ほならそういうことを書くなってんだ)。

 

では次、

 

DVC00457.jpg

黒豚フランク。

全部は写せなかったけど、この串がやたらと長かったんだよね。

ちなみに、串だけでなくてフランクの方も、結構長かったけどね。

 

あっ、これ、あるものに形が似ているからと言って、くれぐれも放送に耐えられないことは、コメントに書かないようにしてね(って言うか、そもそもそういう余計なことを書くなってんだ)。

 

続いてはこちら。

 

DVC00458.jpg

ラーメン屋 みつ葉さんの濃豚骨CHIKIラーメン。

ちなみに、ラーメンを販売してるブースは3つあったけど、個々のラーメンが一番人気で、終了間際には、売切になっていたこともあったよ。

 

では次のグルメに行くね。

 

DVC00459.jpg

焼き鳥。

串に刺しているものではなくて、キャベツを下に敷いた器にこのように焼き鳥を入れるのが、ここ、一勝さんのスタイルね。

この一勝さんの焼き鳥は、何回か食べたことがあるよ。

 

それでは次

 

DVC00472.jpg

高菜うどん。

こちらは、十津川食品さんの十津川うどんだよ。

ちなみに、串こんにゃくも販売していて、普通のこんにゃくとゆずこんにゃくの2種類があるよ(ちなみに過去にどちらも食べたことあるよ)。

 

次はこちら。

 

DVC00473.jpg

大和極上唐揚。

こちらは、カラアゲニスト(自称らしいけど)の布川元祥さんが作る唐揚なんだって。

カラアゲニストって、なんかアヤシゲではあるけど…実は、結構おいしかったよ。

 

それじゃあ次に行くね。

 

鯖ポテト。

これは、鯖の唐揚ね。

それとポテト…は言うまでもないよね(って、見りゃ分かるってば)。

鯖の唐揚というのも珍しいけど、実はこれ、平宗さんという柿の葉寿司のブースにあったもの。

柿の葉寿司に使う魚は、鯖が一般的なわけね(もっとも鮭とか他の魚を使うこともあるけどね)。

そんな柿の葉寿司のお店で出してるだけあって、この鯖の唐揚もなかなかよかったよ。

 

そして、なら瑠璃絵のグルメと言ったら、忘れてはならないのがこちら。

 

DVC00460.jpg

なら瑠璃絵のオフィシャルドリンクとも言うべき、しあわせココアね。

このしあわせココアは、1615年創業の黒川本家さんの吉野本葛入りのココアで、なら瑠璃絵会場での限定販売…と言いたいところだけど、実は黒川本家東大寺前店さんでは、なら瑠璃絵で好評だったことを受けて、期間限定ながら、しあわせココアの販売をやったんだって(具体的にいつまでかは不明なので、もう終わってたらゴメン)。

といったわけで、なら瑠璃絵では、これだけのものを食べてきたんだよ。

 

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、「これだけのものを食べてきたよ」って言っても、これ、一度に食べたんじゃなくて、会場に4回行って、4日間で食べたんでしょ。

それを、何、あたかも1回で食べたみたいに言ってるのって?

 

コラ、せんとくん。何、そうやって、人聞きの悪いことを言ってるの。

だいたい、「1回で食べた」なんて、一言も言ってないでしょ。

 

えっ?何だって?…お父さん、それって、消火器のセールスで、「消防署の方からきました」と言って、消火器を売りつけるのと同じじゃない。

あれだって、「消防署からきた」とは一言も言ってないわけだからね。

 

コラ、あんたは、また変なたとえを出して…ったく、あんたは、そういう変なたとえをするんじゃないの。

 

 

それでは、しばらくは「なら瑠璃絵」の話をさせてもらうことにするので、夜露死苦(だから、「夜露死苦」はやめってんだ)。

 

DVC00437.jpg

長らくの間、ご愛顧いただきました「奈良大立山まつり」のお話も、いよいよ今回が最終回…その「奈良大立山まつり」のトリは、なんといっても「大立山巡行」の話になるんだろうね。

 

 

DVC00362.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、「長らくのご愛顧…」なんて、何、寝ぼけたことを言ってるの?

お父さんのくだらないブログを「ご愛顧」する人なんているわけないじゃない。

 

そうだったよね。お父さんのブログを「ご愛顧」する人なんているわけな…って、コラ、せんとくん。何を言わせるの。

ったく、あんたは、オープニングから、また余計なことを言って…。

 

えっ?何だって?…実際、お父さんのこんなくだらないブログでも、何とか持っているのも、ぼくがフォローしてあげてるからなんだからね。

お父さん、ちゃんとぼくに感謝しなよって?

 

ったく、あんたのは、フォローじゃなくて、ただ毒を吐いてるだけじゃない。

もう今日の話を始めるから、あんたは余計なことを言わないで黙ってなさい。

 

 

それじゃあ、今日の話を始める前に、前回までのお話の紹介からするね。

 

奈良大立山まつり~奈良あったかもんグランプリ編 」(2017年2月1日更新)

奈良大立山まつり~奈良あったかもんグランプリ表彰式と立山展示編 」(2017年2月4日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編① 」(2017年2月5日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編② 」(2017年2月6日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編③ 」(2017年2月7日更新)

奈良大立山まつり~砂かけ祭 編 」(2017年2月10日更新)

奈良大立山まつり~その他編」(2017年2月11日更新)

奈良大立山まつり~ゆるキャラ大集合編(前編) 」(2017年2月15日更新)

奈良大立山まつり~ゆるキャラ大集合編(後編) 」(2017年2月16日更新)

 

まだ読んでいない人は、こちらから読んでみてね。

 

 

「奈良大立山まつり」は、1月25日~29日の5日間開催されたけど、そのフィナーレには、連日大立山が第一次大極殿前庭を練り歩く「大立山巡行」を行うというスケジュールになっていたよ。

その「大立山巡行」は、スケジュールでは19時~20時になっていたよ(もっとも、実際には19時15分頃からだったけどね)。

 

それでは、その大立山巡行の模様を紹介…する前に、4基の大立山の紹介からするね。

 

増長天。

ちなみに、昼間撮った写真はこちら。

 

増長天は、南瑠璃埵(みなみるりた)に住んでいて、南の方角、あるいは古代インドの世界観で地球上にあるとされた4つの大陸のうち南贍部洲(なんせんぶしゅう)を守護するとされたことから、南方を護る守護神とされているんだって。

 

そして、

 

DVC00364.jpg

せんとくんが写真のおねだりをしてきたことは言うまでもないよね。

 

 

続いては、

 

広目天。

昼間、撮った写真はこちら。

 

広目天は、白銀埵(はくぎんた)に住み、西の方角、あるいは古代インドの世界観で地球上にあるとされた4つの大陸のうち西牛貨洲(さいごけしゅう)を守護するとされたことから、西方を護る守護神とされているんだって。

 

DVC00372.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、下手くそ。広目天の上の部分、切れちゃってるじゃないって?

 

ったく、あんたは、撮らせておいて、文句ばっかり言うんだから…。

 

 

その次は、

 

持国天。

こちらが、昼間撮った写真だよ。

 

持国天は、東面の中腹である第四層の賢上城に住み、東の方角、あるいは古代インドの世界観で地球上にあるとされた4つの大陸のうち東勝身州(とうしょうしんしゅう)を守護するとされたことから、東方を護る守護神とされているんだって。

 

DVC00388.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、持国天の上の方、また切れちゃってるじゃない。

お父さんって、ホントに役立たずだよねって?

 

うるさい。あんたは、撮らせておいて、文句ばっかり言うんじゃないの。

 

 

最後は、

 

多聞天。

それじゃあ、昼間撮った写真も紹介するね。

 

四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」とよばれるけど、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」とよぶのが通例になっているよ。

多聞天は、仏の住む世界を支える須弥山の北方に位置する水精埵の天敬城に住み、あるいは古代インドの世界観で地球上にあるとされた4つの大陸のうち
北倶盧洲を守護するするとされたことから、北方を護る守護神とされているんだって。

 

DVC00390.jpg

えっ?せんとくん、何なの?…お父さん、その解説って、去年のブログに書いたことをコピペしただけだよね。

お父さん、手抜きをするにもほどがあるよ。

おまけに、ぼくの写真は四天王の上のほうが切れてるし…お父さん、やる気あるのって?

 

コラ、せんとくん。あんたは、また余計なツッコミをして…。

あんたは、そういう余計なことばっかり言うんじゃないの。

 

大立山巡行の前には、連日、

 

倭-YAMATOによる和太鼓の演奏があったよ。

ちなみに、大立山巡行中も和太鼓の演奏を続けて、大立山巡行を盛り上げていたよ。

 

その和太鼓グループの倭-YAMATOは、1993年に結成されて以来、今日まで53か国、3000回以上の公演を行ってきており、600万人を動員してきたんだって。

その倭-YAMATOは明日香村を拠点にしていて、楽器以外はすべてメンバーによって創り出されたものなんだって。

作曲、演出、衣装などはもとより、演奏で使うバチまでもがオリジナルのものだそうだよ。

そんな倭-YAMATOの思いは「独創的でありたい」なのだとか。

 

その倭-YAMATOの演奏に続き、四天王の1つ1つを紹介しながら、あかりが灯されていき、いよいよ大立山巡行が始まったよ。

 

DVC00393.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、何、ウソ言ってるの?

この写真は、日曜日に撮ったものでしょ?

この日は、雨になって、大立山巡行は中止になったじゃない。

お父さん、どうせ、別の日に撮った写真を混ぜて、あたかも同じ日に撮ったものであるかのように見せかけようとしてるんでしょって?

 

コラ、せんとくん。何、バラしてるの。

ったく、それはバラしたらダメでしょ。

それに、特別観覧席から観覧したのは日曜日だけなんだし、他に日は、人がたくさん集まってたから、写真を撮るのも難しかったわけだからね。

しかも、日曜日が最終日だったんだから、どうしようもないでしょ。

 

えっ?何だって?…お父さん、またそうやって言い訳するの?

そもそも、特別観覧席を予約した日に雨で大立山巡行が中止になったのも、こうやって、別の日に撮った写真を混ぜて、あたかも同じに日に撮ったかのように見せかけて、読者を騙そうとしたり、言い訳をしたり、おまけに、四天王の説明は去年の記事をコピペして手抜きをしたり…お父さんの日頃の行いが悪いせいなんだよって?

 

ったく、あんたは、ああ言えばこう言うんだから…。

それに、日頃の行いのことは、あんただけには言われたくないよ…。

 

そして、いよいよ大立山巡行は始まったよ。

 

「そやさ、そやさ」とかけ声をかけながら、大立山を引っ張る。

 

時々、「無病息災」というかけ声も入ったよ。

 

その「奈良大立山まつり」は、まさに1年の無病息災を祈願するイベント。

会場に来たお客さんやその家族、そしてすべての人の無病息災を祈りながら、この大立山は巡行したんだよ。

 

4基の大立山が会場を何度も回ったよ。

時々、演奏をしていた倭-YAMATOのMCから「頑張って」の声もあったよ。

 

ちなみに、この大立山だけど、高さが7mもあるんだって。

 

その大立山は、回したりゆらしたりすることもできるんだよ。

 

その大立山だけど、会場内を回っていたから、写真を撮るほうもいっしょに会場内を回ったわけで、結構疲れたよ(笑)。

 

で、何度か会場内を回った後、大立山は、

 

大極殿ステージと檜ステージの間に集結したよ。

 

 

 

そして、4基の大立山が集結。

 

手前左が多聞天、その右には広目天、奥には左に持国天、右には増長天、さらにその奥の檜ステージでは倭-YAMATOが和太鼓を演奏していたよ。

 

そして、4基の大立山が終結したところで、祈りの時間が設けられる。

この祈りの時間は、各自がそれぞれのスタイルで自由にお祈りをしていたよ。

 

そのあと、大立山は再び巡行を行ったよ。

 

こちらは、巡行に出る前の広目天と檜ステージで演奏をする倭-YAMATO。

 

巡行中の多聞天。

 

そしてこちらは持国天。

 

大立山が2基連なるという場面も撮れたよ。

 

巡行中の増長天。

 

背後から広目天、その前には増長天もいたよ。

 

そして、増長天、広目天、多聞天の3基が連なるところも撮れたよ。

こうして3基の大立山が連なるのはなかなか壮観なものだよね。

まあ、ソウカン(壮観)ではあるけど、ソウ、カンたんには見られないけどね。

 

DVC00417.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、そのくだらないダジャレは何なの?

お父さんが、くだらないダジャレを言ったせいで、まわりが凍りついちゃたじゃない。

それに、何が、「ソウ、カンたんには見られない」なの.?

「奈良大立山まつり」に行きさえすれば、いくらでも見ることできるでしょ?

それを「ソウ、カンたんには見られない」なんて、お父さん、バッカじゃないのって?

 

コラ、せんとくん。そういう余計なツッコミをしたらダメだって何回言わせたら気がすむの。

あんたは、同じことを何回も言わせるんじゃないの…。

 

そして、巡行を終えた大立山は、第一次大極殿前に集結。

 

左から増長天。

 

広目天。

 

多聞天。

そして持国天。

 

 

それじゃあ、第一次大極殿前に集結した大立山の写真をさらに紹介するね。

 

 

 

 

といったところで、みんなの無病息災を祈りながら「奈良大立山まつり」の話はこれでオシマイ。

まだまだ寒い日が続くけど、みんな、風邪をひかないようにね。

 

DVC00411.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…それって、お父さんが言えたことじゃないでしょ?

そういうお父さんは、最終日に雨の中で「奈良大立山まつり」を見たものだから、次の日、ちゃっかり風邪をひいちゃったじゃない。

「奈良大立山まつり」で無病息災を祈りに行って、風邪をひいてるようでは、世話ないよって?

 

コラ、せんとくん。何、バラしてるの。

ったく、それはバラしたらダメでしょ。

 

それでは改めて、今年1年、皆々様が無病息災で過ごせますように…。

 

DVC00306.jpg

今日はいのちの日

テーマ:

2010120700000000.jpg

 

アメーバさんによると「今日は方言の日」のなのだそうである。

ということは、「今日は方言の日」なんていうブログがあちこちで見られるだろうけど…NOBURINは、アメーバさんに逆らって(?)今年も「今日はいのちの日」というブログをやるよ。

 

まぁ、アメーバさんに対抗して、頭にスタンプ…ではなくて、平成の名曲「いのちの歌」の画像を載せておいたけどね(って、何言ってるの?)。

 

では、そもそもどうして2月18日が、「いのちの日」なのかというと…2009年2月18日に平成の名曲「いのちの歌」がリリースされたからである。

 

そして、2月18日を「いのちの日」と制定したのは誰かというと…NOBURINなんだよ(って、それ、勝手に言ってるだけやん)。

でも、来年の2月18日には、アメーバさんの「今日は何の日」が「今日はいのちの日」になればいいな(はぁ?)。

というわけで、

 

今日は「いのちの日」

 

今日は「いのちの日」

 

今日は「いのちの日」

 

とっても大事なことだから3回言いました(ってもう分かったから)。

 

 

テレビのニュースや新聞をみていると、殺人と言った凶悪犯罪や

自殺といったニュースが毎日のように流れているよね。

特に、最近多いなと感じるのは、子供の虐待死といじめを苦にしての自殺のニュース。

 

 

 

生きてゆくことの意味

問いかけるそのたびに

胸をよぎるいとしい

人々のあたたかさ

 

 

 

こういったニュースを聞くたびに悲しくなってくるよね。

そして、たとえ犯人を処罰したところで、失われたいのちが戻ってくることは決してない。

 

 

この星の片隅で

めぐり会えた奇跡は

どんな宝石よりも

大切な宝物

 

 

 

それゆえ、たしかに犯人の処罰も大事であるが、そもそもこういった悲惨な事件や自殺といったことを未然に防ぐための予防ということもそれ以上に必要なことなんじゃないのかな?

 

 

 

泣きたい日もある

絶望に嘆く日も

そんなときそばにいて

寄り添うあなたの影

 

 

 

そんな思いから、まさにそのいのちの尊さ、生まれてきたことや出会いに対する感謝の気持ちをそのまま歌い上げたこの平成の名曲「いのちの歌」がリリースされた今日、2月18日を「いのちの日」として、平成の名曲「いのちの歌」を聴きながら、尊い「いのち」について考えてみる日としたわけね。

 

 

 

二人で歌えば

なつかしくよみがえる

ふるさとの夕焼けの

やさしいあのぬくもり

 

 

 

近年、「いのち」について考える機会というもの自体、なかなかないのではないのかなという気がするよ。

せいぜい学校の道徳の授業くらいのものかな?

それゆえ、こういった「いのちの日」を定めて、「いのち」のことを考えてみる機会もまた必要なんじゃないかなと…。

 

 

 

本当に大事なものは

隠れて見えない

ささやかすぎる 日々の中に

かけがえない 喜びがある

 

 

 

殺人事件の動機などでも「遊ぶ金が欲しかった」なんていうのもよくあるよね。

あとは、保険金目当ての殺人とかもね。

 

「徒然草」のなかにも、

 

名利に使はれて、靜かなる暇なく、一生を苦しむるこそ、愚かなれ。

 

と書かれているよ。

 

この具体の内容としては、

 

利に惑ふは、すぐれて愚かなる人なり。

偏に高き官・位を望むも、次に愚かなり。

身の後の名、殘りて更に益なし。これを願ふも次に愚かなり。

 

と書かれているよ。

 

要するに「徒然草」では、財産や地位、名声を欲することを「愚かなる」ものだと言ってるわけね。

実は、まさにそんなもののために、人が殺されたりするということもあるわけなんだよね。

そんなものよりも、本当に大事なものがあるはずなのだが、そういったものは、隠れてなかなか見えないなんていうこともよくあるよね。

そんな隠れて見えない本当に大事なものを探してみるのも、「いのち」のことを考えるうえでのヒントになるのかもしれないよね。

 

 

 

いつかは誰でも

この星にサヨナラを

するときが来るけれど

いのちは継がれてゆく

 

 

 

人間だれもが、この星にサヨナラをするときがいつかは来るものである。

だが我々の「いのち」も、先人から継がれてきたもの…そして、その「いのち」は、後世へと継がれていかねばならないものである。

そんな後世へと継いでいくためにも、ひとつひとつの「いのち」は、まさに尊いものである。

そんな尊い「いのち」が簡単に奪われる世の中にしてはならないことは、今さら言うまでもないであろう。

 

 

 

生まれてきたこと

育ててもらえたこと

出会ったこと 笑ったこと

そのすべてにありがとう

 

このいのちにありがとう

 

 

 

そのためには、まさに最後のこの5小節を1人1人の胸に刻みつけることが必要なわけで、1人1人がこのことを忘れさえなければ、凶悪事件などおきようはずもない。

そんなわけで、この平成の名曲「いのちの歌」をまだまだ広めていきたい…そう思っているよ。

 

その平成の名曲「いのちの歌」は、こちらから聴くことができるよ。

 

このブログを読んでくれたみんなもこれも何かの縁…この「いのちの日」に「いのち」のことについて、考えて頂ければ幸いである。

 

この出会いにだんだん。

あっ、「だんだん」と言うのは、この平成の名曲「いのちの歌」が生まれる元となった朝ドラのタイトルで、島根弁で「ありがとう」という意味なんだよ。

 

DVC00195.jpg

今日は雪の特異日

テーマ:

雪の日、好き?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
今日は、雪の特異日なんだって。
では、そもそも特異日とは何かと言うと、その前後の日と比べて偶然とは思えないほど高い確率で、特定の気象条件が現れる日のことなんだって。

 

特異日の例としては

 

晴れの特異日:1月16日、3月14日、6月1日、11月3日

雨の特異日:3月30日、6月28日、7月17日、9月12日

花冷えの特異日:4月6日

猛暑の特異日:8月18日

台風襲来の特異日:9月17日、9月26日

 

などがあるんだって。

 

 

ちなみに、10月10日は晴れの特異日なのかというと…実はそうではないんだって。

「10月10日が晴れの特異日だから、東京オリンピックの開会式の日に選ばれた」という人もいるらしいけど、実はこれは間違い。

たしかに、東京オリンピックの開会式の日は、晴れの確率が高い日を選んだというのは事実である。

だけど、特異日とは「その前後の日と比べて」大きな確率で現れる日のことである。

それを踏まえて、10月9日~11日の1971年~2000年のうち、雨がまったく降らなかった日を見てみると、

 

9日:17回

10日:19回

11日:14回

 

で、それほど大きな差はないわけだからね。

 

また、7月7日は七夕であるが、現実には晴れる確率は低いんだって。

でも、雨や曇りの特異日とは言わない。

なぜかというと、この時期はちょうど梅雨の時期であるから、前後の日も雨や雪の日が多いわけだからね。

 

それから、松岡修造さんが日本にいない日も寒波の特異日とは言わないよ。

なぜかと言うと、松岡修造さんが日本にいない日は〇月○日と特定できないからね(って、そういう問題じゃないんだってば)。

 

 

では、特異日はどうしておこるのか?…実は、これははっきりとは分かってないんだって。

もっともいくつか仮説は立てられてはいるみたいだよ。

特異日の仮説としては、

 

・地球の軌道を横切った彗星が残した塵の中を通るときに、地球の気象に影響を及ぼすという説。

・季節変化で、大気の大きな流れのある特別な日に、急に変わることで特異日が生じるという説。

・そもそもそういった原因はなくて、単なる偶然であるという説。

 

でも、いずれの説をとっても、部分的には説明はできても、特異日全部をこれらの説で説明することはできない。

また、偶然と言ってしまえばそれまでかもしれないけど、それほどまでに高い確率で生じるのは、果たして本当に偶然なのかという疑問も生じるわけだからね。

 

というわけで、特異日の原因を明確に説明できる説はないことから、原因は不明とされているみたいだよ。

 

そして、2月17日であるが、年間でもっとも雪が降る確率が高い日らしいよ。

実際に1981年から2010年の東京の2月17日の天気を見てみても、

 

晴れ:53.3%

雪:26.7%

雨:10.0 %

曇り:10.0%

 

で、アバウトな言い方をすれば、4回に1回の割合で雪になるんだって。

そんな2月17日は天使の囁きの日でもあるよ。

これは、北海道幌加内町の「天使の囁きを聴く会」が1994年に制定した日なんだけど、そもそも「天使の囁き」とは何かと言うと、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのことなんだって。

 

1978年2月17日に、幌加内町母子里の北大演習林で氷点下41.2度を観測していて、これは公式記録ではないものの、日本の最低気温であるとされているんだって。

この日本最低気温を観測したことを逆手にとって、このダイヤモンドダストの観察を含めて、厳冬の 一夜を体験する「天使の囁きを聴く会」が1987年以降、幌加内町では開催されているのだとか。

 

どうやら、2月17日は寒くなる確率が高いようで、雪の特異日もそんなことが関係しているのかもね。

 

 

ちなみに、今日2月17日の天気を見てみると、全体的に雪…じゃなくて、雨のところが多いみたいだよ。

あおによし奈良の都の天気で見てみると、曇り時々雨で、最高気温は13度で平年より2度低いものの、最低気温は3度で平年より5度高くなっているよ。

つまりは、平年並みの気温だったら、雪の特異日に雪になっていたかもしれないけど、平年よりも暖かかったゆえに、雪ではなくて雨になったのかもしれないよね。

 

 

では、今日の質問にうつるよ。

「雪の日、好き?」というもの。

 

アメーバさん、それ、本気で聞いてるの?

雪が降ったら、バスは遅れるわ、電車は遅れるわ、さりとて車は雪道の運転は慣れてないものだから、事故を起こしかねないし、やめておいた方が無難。

歩いても、転ばないように気を付けて歩かないといけないわけだし、いいことなんてなにもないじゃない。

雪になると、仕事にしても、生活するにしても、いろいろと支障がでるから嫌いだよ。

 

とはいっても、子供のときは実は、雪の日は好きだったんだけどね。

まあ、子供のときだったら、何も考えてなかったわけだし、雪遊びができるなんていう発想だったわけだからね。

 

 

2月17日は雪の特異日…ということから、今日は特異日について調べてみたけど、2月17日に限らず、特異日って結構あるものだね。

 

DVC00417.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…特異日だったら、お父さんがお出かけをする日は、雨の特異日だよねって?

 

あのねぇ、せんとくん。人の話を聞いてなかったの?

特異日と言うのは、何月何日って、特定の日のことを言うんだよ。

そもそもお父さんがお出かけをする日は、毎年バラバラでしょ?

 

って言うか、そもそもお父さんがお出かけの日は、雨って、それどういうことなの?

 

えっ?何だって?…そりゃ、お父さんの日頃の行いが悪いからに決まってるでしょ。

実際、「火の国・湯の国紀行」で九州に着いた初日は雨だったし、「奈良大立山まつり」の最終日に特別観覧席を予約した日も雨だったでしょって?

 

ったく、あんたは、どうしてそういうことばっかり言うの?

そもそも、お父さんがお出かけの日は、必ずしも雨になるとは限らないでしょ?

晴れの日だって、いくらでもあるわけだし…。

それはどう説明するの?

 

えっ?何?…それは、ぼくの日頃の行いがいいから、晴れになったんだよ。

そういうことだから、お父さん、ぼくに感謝しなよって?

 

ったく、あんたは、ああ言えばこう言うんだから…。

今日は、前回に引き続き、「奈良大立山まつり」で会ったゆるキャラたちを紹介していくよ。

 

…と、その前に、前回までのお話の紹介からするね。

 

奈良大立山まつり~奈良あったかもんグランプリ編 」(2017年2月1日更新)

奈良大立山まつり~奈良あったかもんグランプリ表彰式と立山展示編 」(2017年2月4日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編① 」(2017年2月5日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編② 」(2017年2月6日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編③ 」(2017年2月7日更新)

奈良大立山まつり~砂かけ祭 編 」(2017年2月10日更新)

奈良大立山まつり~その他編」(2017年2月11日更新)

奈良大立山まつり~ゆるキャラ大集合編(前編) 」(2017年2月15日更新)

 

まだ読んでいない人は、こちらから読んでみてね。

 

 

それでは、後半戦スタート!(って、それ、何やねん?)。

 

こちらは、広陵町のマスコットキャラクター、かぐやchanだよ。

一説によると、広陵町は、かぐや姫の舞台になった地…であるとも言われていることから、かぐや姫をモチーフにしたマスコットキャラクターになったんだって。

かぐや姫だけに、竹の中に入っているのが特徴だよ。

 

続いてはこちら、

 

生駒市のマスコットキャラクター、たけまるkunだよ。

生駒市の高山は、茶筅の産地として知られていることから、その材料である竹をモチーフにしたマスコットキャラクターになったんだって。

 

 

続いてはこちら。

 

王寺町のマスコットキャラクター、雪丸だよ。

雪丸というのは、聖徳太子の愛犬だったんだって。

その聖徳太子と縁の深い王寺町にある達磨寺に雪丸の石像があることから、その雪丸をモチーフにしたマスコットキャラクターになったのだとか。

その雪丸は、王寺町の広報・観光大使を務めているよ。

雪丸の誕生日はワンワンで1月1日…おちゃめでうぶな1歳の男の子なんだって。

趣味は、お散歩と日向ぼっこ、好きな言葉は「和をもって貴しと為す」なんだって。

 

 

そして、こちらはたけまるkunと雪丸のツーショット写真。

 

…あっ、後のほうに、かぐやchanもちょこっと写ってるから3ショット写真かな?(って、そんなのどっちでもええやん)。

 

 

それじゃあ、次に行くね。

 

三宅町のマスコットキャラクター、みやっぴぃだよ。

みやっぴぃは、あざさの花の妖精で、誕生日は平成21年10月21日なんだって。

好きな色は、あざさの花の色である黄色で、趣味は遊ぶこと…これはNOBURINといっしょだ。

 

 

そのみやっぴぃの後ろにいるのは、

 

同じく三宅町のマスコットキャラクター、みやぼうだよ。

みやぼうは、忍性菩薩にあこがれる男の子で、尊敬する人も忍性菩薩なんだって。

そんなみやぼうの頭の上にも、あざさの花がのっているよ。

そして、丸い鼻も特徴ね。

そのみやぼうの特技は折り鶴なんだって。

 

 

次のマスコットキャラクターはこちら。

 

五條市のマスコットキャラクター、ゴーchanだよ。

ゴーchanは、2001年記念事業で公募によって生まれたマスコットキャラクターなんだって。

頭の上にあるのは、五條市にある国宝八角堂をかたどったもので、その上には五條市の花であるキキョウの飾りがついているよ。

五條市には、他にもカッキー、星博士というマスコットキャラクターもいて、3体でゴーカスターというユニットも組んでいるんだよ。

 

 

それでは次にいくね。

 

河合町のマスコットキャラクター、すな丸だよ。

すな丸は、砂かけ祭が大好きな子どもの姿をした精霊なんだって。

その頭にある牛のお面には不思議な力がある…らしいよ。

ちなみにその砂かけ祭は、イベントでも紹介されていたよね。

えっ?そんなこと言われても知らないよ…な~んて言った人は、

 

奈良大立山まつり~砂かけ祭 編 」(2017年2月10日更新)

 

こちらを読んでみてね。

そんなすな丸の誕生日は、毎年砂かけ祭が開催される2月11日で、砂かけ祭が行われる廣瀬神社の近くに住んでいる…らしいよ。

そして、すな丸は、気がついたら誰かの近くにいて、たまにいたずらもするんだって。

 

 

まだまだあるよ。

 

橿原市のマスコットキャラクターの さららchanだよ。

さららchanの名前は、藤原京遷都を行った持統天皇に幼名、「うののさらら」に由来しているんだって。

そのさららchanの誕生日は694年12月6日(旧暦)なのだとか。

そして、平成24年5月8日には、新橿原市観光PRキャラクターにも任命されたんだよ。

よく見ると、さららchanの背中には金の羽が生えているよ(写真にもちらっと写っているよね)。

実は、このさららchanの羽は橿原市の市章になっているんだよ。

 

 

では、次のマスコットキャラクターの紹介。

 

葛城市のマスコットキャラクター、蓮花chanだよ。

蓮花chanは、葛城市にある當麻寺で曼荼羅を一夜で織り上げたと伝えられている中将姫をモチーフにしていて、平成の中将姫とも言われているよ。

その蓮花chanの誕生日は、10月1日で、好きな男の子はせんとくん、好きな力士はたいまのけはやなんだって。

 

…と言ってたら、

 

せんとくんが歩いていたよ。

 

 

…ということで、前編、後編と2回に分けてお届けしてきたゆるキャラ編の大トリはやはり、あおによし奈良の都のアイドル、せんとくんにしめてもらうことにするね。

 

DVC00362.jpg

あっ、コラ、せんとくん。あんたじゃないでしょ。

ったく、あんたが大トリじゃ、しまる話もしまりのないものになっちゃうじゃない。

あんたは、引っ込んでなさい。

 

 

もとい。それじゃあ改めて…大トリはあおによし奈良の都のアイドル、せんとくんだよ。

 

せんとくんについては、もう説明するまでもないよね。

2010年に開催された平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターを務めて、その活躍ぶりが認められたことから、2011年には奈良県職員として採用されることになったよ。

そのせんとくんの誕生日は2月12日…先日9歳になったばっかりだよ。

 

 

次回は、いよいよ「奈良大立山まつり」の話のトリ…「大立山巡行編」をお届けするよ。

 

DVC00306.jpg

それじゃあ、久々になってしまったけど、「奈良大立山まつり」の話を再開するよ。

 

DVC00362.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、「奈良大立山まつり」って、1月にやってたものでしょ?

それなのに、もう、2月も半分終わっちゃってるんだよ。

お父さん、遅いのにもほどがあるよって?

 

コラ、せんとくん。オープニングから何、余計なツッコミをしてるの。

だいたいあんたは…。

 

えっ?何だって?…お父さん、ただでさえ遅れてるんだから、そんなこと言ってるヒマがあるんだったら、今日の話、さっさと始めたらどうなのって?

 

うるさい。あんたに言われなくても始めるよ。

 

 

それでは、前回までのお話の紹介からするね。

 

奈良大立山まつり~奈良あったかもんグランプリ編 」(2017年2月1日更新)

奈良大立山まつり~奈良あったかもんグランプリ表彰式と立山展示編 」(2017年2月4日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編① 」(2017年2月5日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編② 」(2017年2月6日更新)

奈良大立山まつり~ステージイベント編③ 」(2017年2月7日更新)

奈良大立山まつり~砂かけ祭 編 」(2017年2月10日更新)

奈良大立山まつり~その他編」(2017年2月11日更新)

 

まだ読んでいない人は、こちらから読んでみてね。

 

 

「奈良大立山まつり」では、「奈良あったかもんグランプリ」も開催していたことは、すでに話したよね。

それぞれの市町村からは、自分の市町村を応援すべく、県内のマスコットキャラクターが、多数応援にかけつけてきたよ。

今回は、そんな「奈良大立山まつり」の会場で出会ったマスコットキャラクターたちを紹介していくよ。

 

まずはこちらから。

 

こちらは、桜井市のマスコットキャラクター、ひみこchanだよ。

ひみこというのは、あの邪馬台国の女王、卑弥呼からきているんだよ。

というのも、桜井市にある、箸墓古墳は、一節によると、卑弥呼の墓ではないかとも言われているからね。

ひみこchanは、2月22日生まれの永遠の12歳なんだよ。

ちなみに、NOBURINも永遠の気持ちは20歳なんだよ(って、そういうのはいらんねん)。

そのひみこchanは、いろんなポーズができるんだよ。

そのポーズは、こちらを見てね。

 

続いてはこちら。

御所市のマスコットキャラクター、ごせんchan(左)と、山添村のマスコットキャラクター、てんまる(右)だよ。

 

それじゃあ順番に紹介するね。

 

まずはごせんchanから。

ごせんchanは、平成25年3月31日に、御所市の市制55周年を記念して登場したんだって。

そのごせんchanは、御所市の西側に聳える葛城山と金剛山をモチーフにしたヘアースタイルで、葛城山ヤマツツジの髪飾り、そして、それらの山麓に数多く点在する由緒ある神社仏閣をイメージした「しめ縄」っぽいカチューシャを着けているよ。

ごせんchanは、明るく元気な女の子…なんだけど、実は神の使いなんだって。

それゆえ、出会った人の願い事を一つだけ叶えてくれる…かもしれないだって。

 

続いては、てんまるの紹介をするね。

てんまるは、神野山に住んでいるという伝説のあるカラス天狗をモチーフにしたマスコットキャラクターなんだよ。

そのてんまるの誕生日は10月9日。

のんびり屋さんの男の子なんだよ。

 

 

それじゃあ、次のマスコットキャラクターの紹介にうつるね。

 

川西町商工会のマスコットキャラクター、ネッピーだよ。

このネッピーは、川西町の特産品、結崎ネブカをモチーフにしたマスコットキャラクターなんだよ。

ちなみに、結崎ネブカは、能面とともに天から降ってきた伝説のネギ…なんだって。

そんな結崎ネブカが特産の川西町は「あったかもんグランプリ」では、毎年結崎ネブカを使った「あったかもん」を出しているよ。

 

それじゃあ、次に行くね。

香芝市のマスコットキャラクター、カッシーだよ。

そのカッシーは、なぜか台車に乗って移動していたよ。

カッシーは、香芝市の市制10周年を記念して平成13年10月1日に誕生したんだよ。

カッシーの顔は、香芝市の市章をモチーフにしているんだよ。

そのカッシーの名前の由来は、市の名前「かしば」をかわいらしくしたもの…らしいよ。

 

 

続いてはこちら。

 

斑鳩町のマスコットキャラクター、パゴchanだよ。

パゴchanの顔は、柿をモチーフにしているよ、

このパゴchanは、正岡子規の有名な俳句、

 

柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺

 

をイメージして誕生したゆるキャラなんだって。

「パゴchan」の名前の由来は、東洋の仏塔のことを、英語でpagoda(パゴダ)ということからきたものなんだよ。

 

 

お次はこちら。

 

吉野町のマスコットキャラクター、吉野ピンクルだよ。

吉野ピンクルは、吉野の桜から生まれた桜の妖精で、誕生日は11月6日なんだよ。

その吉野ピンクルの性格は、優しくていつもニコニコなんだよ。

吉野ピンクルは、見てのとおり、体の色は桜の花と同じピンク色で、桜の花びらをした頭と、胸にある吉野町の頭文字の「吉」マークが特徴なんだよ。

 

 

それでは次、行ってみよう!

 

大和高田市のマスコットキャラクター、みくchanだよ。

みくchanは、平成9年に大和高田市の市制50周年とともに誕生したんだよ。

このみくchanの名前は、「未来へはばたきますように」という願いを込めて、「未来」を「みく」と読ませたことからきているんだって。

そのみくchanは、大和高田市の「未来へはばたき大使」としてPR活動をしているんだって。

 

 

そして、前編のトリはこの子ね。

 

大淀町のマスコットキャラクター、よどりchanだよ。

よどりchanは、100年以上前から梨の大木に生息していた梨の妖精なんだよ。

そのよどりchanは、人なつっこくて甘えん坊なんだって。

しゃべるとき、語尾に「ペアー」ってつけるのが口癖なんだペアー(って、あんたが「ペアー」ってつけて、どうするんだペアー)。

そんなよどりchanの好きな男の子は、せんとくんなんだよ。

 

あっ、コラ、せんとくん。あんたじゃないでしょ。

って言うか、あんた、何、どさくさに紛れて、よどりchanに抱っこしてもらってるの?

 

 

といったところで、そろそろ時間がきたから、今日はこの辺で…。

「ゆるキャラ大集合編」は、後編に続くよ。

 

DVC00411.jpg

えっ?せんとくん、だから何なの?…お父さん、最初は、「ゆるキャラ大集合編」は1回で書き上げるつもりだったんだよね?

それが、時間になったけど、まだ半分くらい残ってるから、あわてて「前編」ってしたんだよね。

って言うか、お父さんは、ただでさえノロマなのに、チンタラ書いてるから、1回で書けないんだよって?

 

コラ、せんとくん。あんたはまた余計なことを言って…。

ったく、あんたは、最後までそういうツッコミをするんじゃないの。

 

DVC00306.jpg

結婚なんてクソくらえっ!

テーマ:

結婚なんて、クソくらえっ!

 

結婚なんて、クソくらえっ!

 

もう一度言うよ。

 

結婚なんて、クソくらえっ!

 

 

えっ?NOBURIN、何回婚活パーティーに参加しても、相手が見つからないものだから、ついに壊れちゃったのって?

 

失敬な!…NOBURINは、いたってまともだよ(自分で「まともだ」と言っる人間に限ってまともではないという説もある)。

えっ?でもさっきから「結婚なんてクソくらえっ!」なんて連発していて、これのどこがまともなのって?

 

ああ、これね。これは、

 

DVC00481.jpg

2月11日に見に行った舞台のタイトルを言ってただけじゃない(って言うか、まぎらわしい書き出しをするなってんだ)。

 

2月11日といえば、建国記念の日だったよね。

そこで、建国記念の日ということで、この「結婚なんて、クソくらえっ!」という舞台を見に行ったんだよ。

で、この舞台、建国記念の日とどんな関係があるのかと言えば…全然関係ないんだけどね(って、何じゃそりゃ)。

 

でもって、今回は名古屋まで近鉄特急で向かい、名古屋からぷらっとこだまで東京へと向かう…。

 

…と、そこまではよかったのだが、名古屋駅に着いたら、

 

DVC00461.jpg

米原のあたりで、大雪のために徐行運転をしていて、新幹線が遅れているのだとか…オーマイゴッド(って、それ、何やねん?)。

10時20分になってるのに、まだ9時台の列車の表示になっていたよ。

舞台が始まるのは14時…で、品川に到着するのは、定刻だったら13時10分だから会場に渋谷にはゆっくり間に合う…という算段だったけど、40分ほど遅れているみたいで、これはマズイ。

これじゃあ、間に合わないじゃない…(泣)。

 

DVC00462.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…こんなときに大雪になって新幹線が遅れるって、これもお父さんの日頃の行いが悪いからだよねって?

 

コラ、せんとくん。あんたはまた余計なことを言って…。

だいたい、日頃の行いのことは、あんただけには言われたくないよ。

はい、この日も、こんなときでも追い討ちをかけるようなことを言う、うるさいヤツがついてきたよ(コラ、そこ、拍手をするんじゃないの)。

 

ようやくNOBURINの乗る「こだま」が来たので、グリーン車に乗り込む(注:ぷらっとこだまのグリーン車は、ノーマルの切符の自由席よりも安い)。

でも、神もまだNOBURINを見捨ててはいなかったみたいで、東京に近づくほど、遅れは短くなって、品川に着いたときには20分遅れまで取り戻していたよ。

そこから渋谷に向かい、なんとか間に合いそう…だが、そこは、なかなかそううまくはいかないもので、会場の場所が分からない(ちなみにNOBURINは遺伝性方向音痴である)。

地図はあるとは言うものの、アバウトすぎて分からないんだよねぇ。

で、ビルの名前も分かってるんだけど、数あるビルの中から見つけ出すのも意外に難しいわけで…。

 

ようやく会場に到着したけど、ホントに滑り込みセーフだったよ。

 

で、その会場である東京カルチャーカルチャーはこちら。

 

DVC00467.jpg

このビルの窓に赤文字が書いてあるところね。

 

DVC00468.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さんがどんくさいせいで、あわや遅れそうになったじゃない。

茉奈お姉ちゃんの舞台に遅れそうになるって、お父さん、ホントにどうしようもないよねって?

 

コラ、せんとくん、時間がないんだから早く来なさい。

 

えっ?何だって?…お父さん、だからって、ぼくがほとんど影になってるこんな下手くそな写真はないでしょ?

…って言うか、この写真、終ってから撮ったものを、あたかも着いたときに撮ったように見せかけてるだけじゃないって?

 

コラ、それもバラしたらダメでしょ。

 

 

そして、会場の入口。

 

DVC00466.jpg

そして、今回の披露宴舞台の会場はこちら。

 

 

で、今回、東京までこの「結婚なんてクソくらえっ!」なる舞台を見に行ったのはなぜか?

もう、分かった人もいるとは思うけど、この舞台の花嫁さんは、才色兼備な茉奈chanだったからなんだよ。

 

テーブル席に着くと、テーブルには披露宴の料理が用意されていたよ。

 

DVC00477.jpg

(って、料理じゃなくてスナックやん)。

で、飲み物はウーロン茶だったんだけどね。

 

本当の披露宴と比べたら、なんだかショボいけど、まあ、御祝儀チケット代が少なかったから、まぁ、こんなものなんだろうね。

 

ほどなくして披露宴舞台は始まったよ。

新郎新婦の入場。

新郎の佐藤英一(古山憲太郎kun)と新婦の野口亜季(もちろん才色兼備な茉奈chan)が入場してくる。

この新郎新婦の入場は、本当に参列者お客さんのテーブルのところを通って入場したよ。

 

実は、この舞台は疑似体験型エンターテイメント舞台であって、お客さんは、あたかも参列者であるような感覚で楽しめる舞台なんだよ。

 

新郎新婦が席について、披露宴が始まる。

晴れの舞台で最高の幸せの瞬間…ではないみたいだったよ。

 

実は、この二人、すぐに離婚することが決まっていたわけね。

表向きは笑顔でも、席に着くなりケンカを始めてしまう。

 

なんて言っても、何のこっちゃ分からないだろうから、そもそもこの二人はどんな関係だったのかということから説明すると、亜季は弱小プロダクションの売れない女優で、英一はそのマネージャーね。

その英一は、亜季の才能がありと思い、亜季のマネージャーに志願する。

 

そんな亜季は、あるとき若いアイドルに仕事を奪われて、酔っぱらってしまう。

そのときに、(英一曰く)誘ってきたことから交際が始まって、入籍までしてしまう。

もっとも、はた目には、亜季が酔っぱらって、英一に絡んでただけにしか見えなかったけど(笑)。

まあ、亜季のほうは、その時のことは、酔っぱらってて覚えていないんだけどね。

 

披露宴のほうは、亜季と英一の事務所の社長、木曽直也(木根尚登さん)の挨拶(なぜか無意味にサックスを持っていた)と亜季の先輩の大御所女優で歌手の、大河内美雪(山野海さん)の挨拶(なぜか自分の曲のPRばかりしてた)に続き、ちくわ笛奏者の佐内ヶ丘音ノ介(吉田ゐさおkun)の乾杯の発声で乾杯をしたよ。

このときは、参列者お客さんも立っていっしょに乾杯をしたよ。

 

で、この二人だけど、入籍したまではよかったけど、実際に一緒になってみると、まったく価値観が合わなかったんだよね。

何をするにものんびりな英一と、せかせかしている亜季。

そして、亜季は披露宴をすること自体にも不満を口にする始末。

実は、この披露宴も、とんとん拍子に決まっていって、いざ離婚することにはなったものの、今さらそれを言いだせる雰囲気じゃなくなって、仕方なしにやることになったものなんだよね。

 

「私がどんなみじめな気持ちでここにいるのか分からないの?」という亜季に、

「これも、経歴に少しでも傷がつかないようにするため」、「事務所のため」英一は言うが、その言葉に余計にイラつく亜季。

そんな亜季に英一は「君は女優だろ?だったら演じて見せろよ。幸せそうな新婦くらい、簡単に。」と言い放つ始末。

 

そんな二人の思いとは関係なく、披露宴舞台は進行していく。

ケーキ入刀の場面。

 

ちなみに、ケーキ入刀の場面のみ、撮影可だったよ。

しかも、SNSへのアップも可と言うことだったから、さっそく使わせてもらったよ。

この粋な計らいをしていただいたのは、木根尚登演劇ユニット「劇団こどもみかん」だよ。

実は、この舞台は木根尚登演劇ユニット「劇団こどもみかん」旗揚げ公演だったんだよ。

それにしても、木根さんもさすがによく分かっているよね。

で、何がよく分かっているのかと言うと…大事な旗揚げ公演のヒロインに茉奈chanを抜擢したことね(って、そこかい)。

 

披露宴舞台では余興もあったよ。

お笑い芸人、アンサンブル永田(永島知洋kun)のネタ。

それがまた、全然面白くないんだよね。

亜季も聞いててあきてるばかり。

 

でも、そのアンサンブル永田の才能を信じている人もいたんだよね。

それが、アイドルのアブラ・ニク(山野海さん・二役)ね。

実は、亜季は英一とそのアブラ・ニクとの仲を疑ってたりもしたんだよね。

たしかに、英一とアブラ・ニクが頻繁に会っていたのは事実だった。

でも、それはアブラ・ニクからアンサンブル永田とのことを相談されていたからであった。

実は、亜季がアンサンブル永田の余興には、不満たらたらであったが、これも英一がアブラ・ニクに頼まれてその真剣さに、断りきれなかったゆえのことだったんだよね。

一方、亜季も木曽との仲を英一から疑われていた。

でも、それも誤解だったんだけどね。

実は、木曽には別に恋人がいたわけで…その恋人とは、実は大河内美雪だった。

これには、さすがに英一も驚きを隠せない。

あっ、これが公になったら、大スキャンダルになるから、文春にはリークしないようにね(だから舞台の話をリークしてどないするねん)。

 

次は、リコーダー奏者の佐内ヶ丘リコ太郎(吉田ゐさおkun・二役)のリコーダーの演奏ね。

これがまた、下手くそなんだよね。

これには亜季も呆れるばかり。

 

そんな亜季に英一は、「君には才能がある」と言い、離婚をしたら、事務所を辞めて芸能界から足を洗うと伝える。

 

そんな英一に亜季は「この仕事しかしたことないのに、これからどうするつもりなの」と心配する。

もっとも、亜季曰く、心配はしてないけど、これで野垂れ死にされたらさすがに後味が悪いだけ…なんて、強がってはいたけどね。

 

そして、木曽社長から、二人に歌が贈られたよ。

その曲は、実はこちらのCDなんだよ。

 

DVC00479.jpg

 

で、このCDは、

 

DVC00478.jpg

この「結婚なんてクソくらえっ!」のパンフレットについていたんだよ。

あっ、このCDつきパンフレットは、お祝儀パンフレット代1,000円で引出物としてもらった買ったものなんだよ。

 

そして、亜季の両親への手紙…と言っても、実は亜季の両親はすでに他界していて、天国に向けて両親に手紙を読んでいたけどね。

続いて、英一のお礼の言葉。

 

これを聞いて、お互いの本音を知る二人。

 

それで、どうしてこんなことになってしまったのかと、考えるてみると…実は、ホントに些細なことの積み重ねだったんだよね。

実際に一緒に過ごすようになって、お互いの悪いところばかりに目が行くようになって、いいところが見えなくなってしまった。

 

で、もうひとつサプライズが…。

二人にはナイショで、亡くなった亜季の母親が生前に撮っていたビデオレターが流される(もっとも会場には音声のみだったけどね)。

 

そこで、結婚する亜季への思いが述べられていて、これにはさすがに亜季も涙をしてしまう。

そして、英一にも何か思うところがあったみたいだね。

 

そんなわけで、披露宴はとどこおりありなく終了。

 

そして、新郎新婦が退場した後、話をする声が…。

どうやらジャンケンをして、英一が勝ったら離婚する。

亜季が勝っても離婚する。

でも、あいこだったら、離婚はやめるということにしたみたいだね。

 

でもって、「最初はグー、ジャンケンポン」という声が聞こえてきて、その結果は…それは分からなかったんだけどね(って、何じゃそりゃ)。

でも、あいこになっていてほしい…そんなことをついつい思ってしまったよ。

 

そして、最後に出演者からの挨拶。

で、実はこの日は、茉奈chanの御両親が本当に来ていたよ。

ちなみに、前日の初日には佳奈chanが来ていたみたいだけどね(その模様はこちらから)。

 

それにしてもいい披露宴舞台だったよね。

結婚式で泣いたなんていう話はよく聞くけど、NOBURINも今回、茉奈chanの披露宴に参列して舞台を見に行って思わず…笑っちゃったからね(って、何じゃそりゃ)。

 

そういえば、今日はバレンタインだったよね。

というわけで、今日はバレンタインということで、結婚の舞台のブログを書いてみたよ。

 

DVC00465.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…お父さん、普通バレンタインだったら、チョコを貰ったとか、デートだとかそんな話題だよね。

でも、お父さんは、モテないから、チョコをくれる人なんていない、ましてやデートする相手もいないから、書きたくても書けないんだよねって?

そうなんだよね。お父さんはモテないからチョコをくれる人もいな…って、コラ、せんとくん。何を言わせるの。

ったく、あんたは、そういう余計なことを言うんじゃないの。

 

というわけで、「バレンタインなんて、クソくらえっ!」…近日公開(って、勝手に舞台を創作するなってんだ)。

 

そして、こちらが引出物ね。

 

DVC00482.jpg

こちらは、帰りにもらったものだよ。

 

 

(おまけ)

帰りの新幹線では、

 

DVC00469.jpg

焼売炒飯弁當を食べたよ。

 

中味はこちら。

 

DVC00470.jpg

 

そして、帰りの新幹線から見た富士山の画像で今日はおしまいだよ。