みんなのQ&A 第7弾

テーマ:

あ~、ネムいよ~(って、朝から何言ってるねん)。

しかもブログに書くこと、何も思い浮かばないし…(って、知らんがな)。

ドラえも~ん、何とかしてよ~(って、のび太kunか)。

 

…な~んて思ったりしたけど、よく考えたら、結構質問なんかもたまってきたんだよね(って、よく考えなくても、それくらい分かるやろ)。

 

というわけで、今日はどうせ書くこともないわけだし(って、その言い草、何やねん)、みんなのQ&Aをやっちゃおうかな、三倉佳奈(って、それ、何やねん)。

2010120317180003.jpg

(って言うか、何、画像までアップしてるねん)。

 

 

それでは、さっそく、「みんなのQ&A 第7弾」、VTR START(って言うか、VTRじゃないだろうが)。

 

 

まずはこちら。

「柿の葉寿司じゃない?確か奈良の名産だったような…」

 

このコメントは、

DVC00055.jpg

この右上のお寿司を見てのコメントね。

さらに、お寿司の中味を見てみると…

 

DVC00057.jpg

たしかに柿の葉寿司とよく似ているよね。

そして、柿の葉寿司あおによし奈良の都の名産というのも、卓球…じゃなかった、ピンポ~ン(って、そんなネタはいらないし…)。

 

でも、これは、残念ながら柿の葉寿司ではないんだよ。

 

ちなみに、こちらが柿の葉寿司ね。

 

DVC00563.jpg

 

DVC00565.jpg

柿の葉寿司は、柿の葉に包んで押しずしにしたものね。

先日食べたものは、中味はよく似てるけど、柿の葉に包んでいないから、柿の葉寿司ではないんだよ。

でも、これ、結果的には違ってはいたけど、同じことを思う人はほかにもいるだろうし、いい質問だったのかなと…。

 

 

 

それでは、次、いってみよう!

「コンセントがあるところにはせんとくんは来ないのかなぁ?来んせんと。」

 

…山田kun、1枚持ってきて(って、言うか、それ、質問の答えと違うやん)。

 

 

 

それでは次に行くね。

爆笑韓国語奮闘記に出てくる「山田」なる人物は誰なのか?

 

これは結構反応が多かったところね。

結論から言うと、この山田というのは、まったくの架空の人物ね(って、何じゃそりゃ)。

テレビの中継で、カメラの前で悪ガキが(って、もっとマシな言い方ないんかい)、「お~い、山田、見てるか?」な~んてやってる…あれとまったく同じ発想ね。

 

 

 

それじゃあ、次。

「携帯だと不携帯電話になるけど、スマホだったらなんになるんだろう?」というもの。

 

う~ん、なんだろう?

スマホを忘れたら、電話にも出られないし、メールやLINEも返せないよね。

だとすれば、その日電話やメールやLINEをくれた人に対して、申し訳ないよね?

…というわけで、「スマーヌフォン」(って、だからそういうボケはアメーバ大喜利でやれってんだ)。

で、略して言ったら「スマホ」(って、一緒やん)。

 

 

 

まだまだいくよ。

「モスラの歌を歌ってるのもピーナッツだったっけ?」

 

That's right!(って、何で急に英語になるねん)。

たしかに、ザ・ピーナッツは「モスラの歌」を歌っていたよ。

この曲は、1961年の東宝映画「モスラ」の中で使われていた曲ね。

この映画には「ザ・ピーナッツ」の二人も小美人役で出演していたんだって。

もっとも、この曲は、当初はこの曲はレコード発売がなかったのだとか。

そして、レコード発売をされたのは、映画公開から17年後の1978年のこと…ちなみに、そのときは、既にザ・ピーナッツは解散していたよ。

 

 

 

というわけで、「みんなのQ&A 第7弾」はこれでオシマイ…バイビー!(って、そのあいさつ、何やねん)。

 

 

 

 

 

 

DVC00510.jpg

しょうがないなぁ。お父さん、また、くだらないブログをかいてるよ。

 

それじゃあ、ぼくも、みんなのしつもんにこたえるね。

 

まずは、「お父さんは、ほうこうおんちだったの?」というしつもんがあったよ。

これは、まさに、そのとおりね。

お父さんのほうこうおんちは、そうとうヒドイものだから、こまったものだよ。

まあ、あのどんくさいお父さんのことだから、なっとくしてもらえるとはおもうけどね。

 

もうひとつ「2つも忘れ物したんだし、これは初の逆お説教パターン?」というのもあったよ。

 

いやいや、「初の」なんてものじゃないよ。

それでなくても、お父さんは頼りないうえに、どんくさいから、わすれものするのも、こんかいがはじめてのことじゃないし、ホント、みていてイライラしてくるからね。

マジせっきょうをしてやりたいっていうのは、いつもおもっていることだよ。

それだから、お父さんはモテないわけだしね。

きのうも、お父さんは、しょうこりもなく、お見合いパーティーにいってきたけど、また、あいてがみつからないで、スゴスゴとかえってきたわけだしね。

まあ、お父さんは、ただでさえぶおとこなうえに、あれだけたよりないわ、どんくさいわ、おバカだわだったら、そりゃ、あいてがみつかるわけ、ないだろうけどね。

 

そんなお父さんのせいで、ぼくにもいつまでたっても、お母さんができないわけだから、そりゃ、ぼくが、お父さんにせっきょうしたくなるのもわかるよね?

 

とは、いいながらも、あのお父さんじゃ、せっきょうしたところで、モテるわけがないのもじじつ…ぼくに、おかあさんがいないのは、あのお父さんのむすこになったのがふうんだとおもって、あきらめているけどね。

 

ねぇ、ポチもそうおもうよね?

 

DVC00511.jpg

ガオー。

AD

まほろばキッチン

テーマ:

今日は、土曜日の話をするよ。

土曜日には、こんなところに行ってきたよ。

 

DVC00061.jpg

 

あおによし奈良の都は橿原市にあるまほろばキッチンね。

まほろばキッチンは、JAならけんが直営する、全国最大級規模の売り場面積を有するファーマーズマーケット(農産物直売所)を中心にして、産直レストラン・フードコート等で構成されているんだよ。

 

DVC00062.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、土曜日に行ってきたなんて、あたかも昨日行ったみたいに言ってるけど、ここに行ったのは、昨日じゃなくて、その前の土曜日だったよね。

お父さん、これ、1週間前の話なのに、あたかも昨日行ったみたいな言い方をして、読者を騙そうとするって、どういうことなのって?

 

コラ、せんとくん。あんた、何、人聞きの悪い言い方してるの?

たしかに土曜日に行ったとは言ってるけど、昨日行ったとは一言も言ってないでしょ。

土曜日に行ったと書いただけで、いつの土曜日なのかは書いてないわけだし、ウソは一言も書いてないでしょ?

 

えっ?何だって?…お父さん、昨日とは一言も書いてないから、だましてないって、それは、「消防署のほうから来ました」って言って、消火器の押し売りをするのと同じようなものじゃないって?

 

ったく、あんたは、そうやって、変なたとえを出すんじゃないの。

 

えっ?何?…それと、お父さん、この下手くそな写真は何なの?

肝心な「まほろばキッチン」って書かれた部分が切れちゃってて、これじゃあ、まほろばキッチンに行ってきたよって言わなかったらどこの写真なのか、さっぱり分からないじゃないって?

 

うるさい。この日も、残念ながら、このうるさいヤツがついてきたんだよ(コラ、そこ、拍手するんじゃないの)。

 

ここ、まほろばキッチンは、3棟の建物に分かれているよ。

そして、それぞれの建物には名前がついているよ。

 

DVC00063.jpg

こちらは西に建っている「みみなし」。

 

DVC00064.jpg

そして、こちらは東に建っている「かぐやま」。

 

DVC00065.jpg

さらには、中央に建っている「うねび」。

 

ちなみに、この「みみなし」、「かぐやま」、「うねび」というのは、まほろばキッチンのある橿原市にある大和三山の名前なんだよ。3

この大和三山は、中大兄皇子や持統天皇などが、数多く和歌に詠んだ山々としても知られているよ。

 

その中でも、もっとも有名なのは、百人一首にも選ばれた持統天皇のこの和歌なんだろうね。

 

春過ぎて 夏来るらし 白たへの

衣干したり 天の香具山

 

DVC00066.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…それよりも、お父さん、この下手くそな写真は何?

「うねび」の紹介のときに使った写真は特にヒドイじゃない…下の部分は切れてるわ、左右はちゃんと入ってないわ、お父さん、やる気あるのって?

 

うるさい。もう中に入るから、あんたは余計なこと言ってないで、さっさと来なさい。

 

さて、まほろばキッチンには、産直バイキングレストラン「かぐやま」があるんだよ。

 

DVC00050.jpg

ここでは、あおによし奈良の都で収穫された旬の野菜をはじめ、産地から直送された農作物を使った料理なんかが食べ放題なんだよ。

 

DVC00051.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…でも、ぼくたちが行ったときには、バイキングの受付は終わってたんだよね。

お父さんが、モタモタしてたせいで、バイキングを食べそこなっちゃったじゃない。

お父さんは、ホントにノロマで使えないよねって?

 

コラ、せんとくん。あんたはまた余計なことを言って…。

仕方ないでしょ。京奈和道路が出口のところで思ってた以上に渋滞したんだから。

 

えっ?何だって?…お父さん、またそうやって言い訳をして…。

そもそも、こんなときに、あれだけの大渋滞になるのは、お父さんの日頃の行いが悪いせいでしょって?

 

ったく、渋滞するのと、日頃の行いは関係ないでしょ。それに日頃の行いのことは、あんただけには言われたくないよ…。

 

というわけで、バイキングを食べそこなったから、フードコートに行ってみたよ。

 

そこで食べた物がこちら。

 

DVC00055.jpg

あすか天そばのセット。

このそばには、古代米が練り込まれているんだって。

そして、セットのお寿司は、

 

DVC00057.jpg

中味はこんな感じだったよ。

 

フードコートの隣は、観光案内所になっていて、入口の前にはこんなポスターが貼ってあったよ。

 

DVC00058.jpg

平城京跡資料館で、企画展をやるみたいだね(実はもう始まってるけど…)。

この企画展では、平城京にくらした人々の食に関わるトピックを取り上げて、関連する出土品や、研究成果なんかを紹介するんだって。

そしてもう1枚。

 

DVC00059.jpg

「三笠の山にいでし月かも」。

こちらは「阿倍仲麻呂遣唐1300年」で制作されたプロジェクト映像だよ。

この映像は、こちらで見ることができるよ。

 

そのまほろばキッチンには、

 

DVC00052.jpg

あおによし奈良の都のアイドル、せんとくんもいて、お客さんのお出迎えをしているよ。

せんとくん、まほろばキッチンにお客さんがたくさん来るように頑張ってね。

 

DVC00053.jpg

あっ、コラ、せんとくん。あんたじゃないでしょ。

それに、あんた、何、(本物の)せんとくんと一緒になって、お出迎えしてるの。

ったく、あんたは頑張らなくてもいいから、余計なことをしないようにしなさい。

 

そして、まほろばキッチンの農産物直販所は、1,236㎡あって、全国最大規模の面積を有するファーマーズマーケットだよ。

その農産物直販所では、こんなものも売っていたよ。

 

DVC00067.jpg

やまと茶ね。

下にいる子は、

DVC00121.jpg

にこにこだいちゃんだよ。

 

大和茶の由来はこちら。

DVC00120.jpg

大和茶には、こんな由来があったんだね。

 

DVC00054.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、「大和茶には、こんな由来があったんだね」じゃないでしょ。

大和茶の由来の説明、何、説明の文章を写真に撮って、載せるなんていう手抜きをしてるの。

お父さんは、すぐそうやって、手抜きをしようとするんだからって?

 

うるさい。それを言うなら、あんたは、そうやっていつも余計なことばっかり言うんだからでしょ。

 

 

まほろばキッチンは、中和幹線沿いにあるよ。

所在地は橿原市常磐町605-1

営業時間は施設によって異なるから注意してね。

詳しい行き方や営業時間は、まほろばキッチンのホームページで確認してね。

AD

米騒動

テーマ:

お米はいつも何キロのやつを買う?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
今日、7月23日は米騒動の日だよ。
1918年(大正7年)の7月23日に、富山県魚津の漁家の主婦たちが、米の県外移出を阻止する集団行動を行った日なんだって。
これが、全国に広がって、1918年米騒動へと発展していったんだ
ったんだって。 それでは、どうして米騒動がおこったのかというとひとくちで言うと、米の価格が急騰したから。
大阪の堂島米会所の相場で見てみると、1917年1月の米1石の価格は約15円であった。
この当時、周りの物価は、少しずつ上昇していっていたが、米の価格だけは、3年ほど、ほぼ変わらない値段で推移していたんだって。
 
それが、6月には、1石20円を超えて、翌年7月には1石30円を超えるようになったのだとか。
参考までに言うと、当時の一般的な社会人の月収は18円~25円だったみたいだよ。
 
さらには、7月末~8月初めにかけて、各地の取引所で立会の中止が相次いだことも、小売価格の急騰に拍車をかけることになったよ。
それでは、どうして米の価格が急騰したのかというと、その背景には、急激な資本主義の発展があるみたいだよ。
第一次世界大戦の影響による好景気によって、都市部の人口の増加、工場労働者の増加がもたらされた。
その当時の労働者は、激務のために、1日1升(1.8lね)の米を消費したと言われているよ(当時は少ない副食で大量の米を食べるのが一般的だったのだとか)。
そして、農家も養蚕などによって、収入が上がったために、これまで麦やヒエを食べていたのが、次第に米を食べるようになっていたんだって。
その一方で、農家が減少して、米の生産量が伸び悩んだのに加えて、第一次世界大戦の影響で、米の輸入量も減少して、供給が需要に追い付かなくなっていったのだとか。
 
これに加えて、米の価格が高騰するようになると、地主や商人たちが、米穀投機をするようになっていって、米の売り惜しみ、買い占めをするようになっていった。
それによって、さらに米価は高騰するようになっていったのだとか。
これに対して、政府は1917年9月1日に暴利取締令を出して、米、鉄、石炭、綿、紙、染料、薬品の売り惜しみ・買い占めを禁止したけど、効果はなかったんだって。
 
ちなみに、余談になるけど、常軌を逸した商魂を表現する言葉に「ぼる」、「ぼられる」、「ぼったくる」というのがあるけど、これはこの「暴利取締令」の「暴利」に由来する言葉らしいよ。
 
閑話休題。これに加えて、新聞が連日、米の高騰を知らせて煽ったことや、シベリア出兵が発表されたことによって、戦争特需による高騰を狙った流通業者や商人がさらに売り惜しみをしていったことも背景にあると言われているよ。
 
この米騒動は、全国に波及して、はじめは米の移出の取りやめや安売りの哀願だったものが、次第に強要、そして打ちこわしに発展していったよ。
 
このときの米騒動は、約50日間におよび、発生したのは1道3府37県で369か所、参加者は数百万人にも及んだといわれているよ。
この騒動の鎮圧には、警察のみならず、軍隊も出動する事態になり、3府27県に10万人以上の軍隊が投入されたんだって。
このとき検挙された者は25,000人以上、うち7,786名が起訴されて、第一審での判決は、死刑2名、無期懲役12名、10年以上の有期刑59名という厳しい判決も出されたんだって。
 
このときの米騒動によって、全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会)が、治安の悪化を理由に中止になるという影響もあったんだって。
ちなみに、今の高校野球が中止になったのは、前身時代も含めても、第二次世界大戦のあった1941年~1945年を除けば、この米騒動のあった1918年だけ…これを見ても、この年の米騒動がいかに社会に大きな影響を及ぼしたのか分かるよね。
 
そして、米騒動の影響により、世論は寺内内閣の退陣を求めるようになり、1918年9月21日に辞表が出されて、寺内内閣は総辞職する。
その後任の首相が、原敬であり、初の平民出身の首相、そして日本初の政党内閣が誕生したよ。
 
 
 
一般的には、米騒動と言えば、この1918年の米騒動のことを指すが、もともとは、米騒動というのは、米の流通量の減少や価格高騰によって、民衆が米が入手しづらくなるが要因となっておこる騒ぐのことを言うんだって。
 
この米騒動は、日本だけでなく、海外でも発生していて、2007年2008年にかけて、米価が50%以上高騰した頃には、
 
米を買うために長い行列ができる(フィリピン)。
今までなかった米泥棒が多発する(タイ)
米のかわりにイモを食べるように軍が指導(バングラディッシュ)
 
といったこともあったんだって。
 
ちなみに、フランスで王妃が「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言ったとされる頃におこった暴動は、「パン騒動」とは言わないので念のため(って言うか、それはフランス革命だろうが)。
 
日本でも、1918年以外にも、1890年と1097年にもやはり米騒動があって、このときもやはり暴動がおこって、特に1890年の米騒動のときには、軍隊も出動しているよ。
 
そして、実は平成の時代になってからも、日本で米騒動はあったんだよ。
その米騒動があったのは1993年(平成5年)のこと。
この年は、長雨と日照不足の影響によって、日本全国の作況指数は74(ちなみに「著しい不良」は90が水準でありそれを大きく下回る不作)だったよ。
さらに、東北地方では、やませの影響も加わって、さらに悪く、作況指数は56、さらに言うと、青森県は28、岩手県は30で、下北半島に至っては、地域によっては作況指数0という地域もあるほどだったわけ。
そのため、米の生産量が需要に追い付かない事態になって、当時の細川首相は、アメリカ、中国、タイからコメの輸入を行うことにしたわけね。
 
ところが、当時は和食の原点回帰や食の安全に強い関心が向けられていた時代であって、農薬の問題で輸入米に強い不信感を持つ人も少なくなかったんだって。
 
そのため、ジャポニカ米には根強い人気があって、品薄感から、売り惜しみ、買い占めが発生して、米屋の店頭から米が消える事態にまで発展したんだって。
そして、翌年1994年には、米屋の前に行列が延々と続くといった社会も発生したよ。
 
そして、このときの米騒動の影響は日本国内だけでなく海外にも波及したよ。
当時の世界の米の貿易量は1,200万トンであったが、そのうちの約20%を日本が調達したために、国際的な米価の高騰を招いたと言われているよ。
そして、米輸入自由化にも影響を与えたよ。
従来は、国内の農家の保護のために、米の輸入を全面的に禁止していたけど、緊急輸入をせざるを得なくなり、米の輸入により、この年の米騒動はなんとか乗りきった。
だが、米の緊急輸入を行ったことにより、米の国際市場を混乱させたという批判を受けて、段階的に米の輸入解禁を受け入れざるを得なくなった。
そして、最終的には米の輸入自由化を受け入れることになったんだって。
 
もっとも、この年の米騒動は、国内外に混乱を引き起こしたとはいうものの、暴動にまでは発展していないから、「米騒動」といわれても、ピンとこないかもね。
 
米の収穫量は、どうしても天候に左右される面が大きいから、今後もこういった米騒動が発生しないとは限らない。
自然的な要因は、どうにもならないとしても、米騒動には人的な要因が加わって拍車をかけるという一面もあるわけだから、このときの米騒動を教訓を生かして、食料をいかに安定して供給していくのか、その対策を、凶作になる前にしっかりと立てていく必要があるのだろうね。
それが、騒動を未然に防ぐころにもなるのだろうからね。
AD

本日は晴天なり…

テーマ:

え~、本日は晴天なり。
本日は晴天なり。
本日は寝坊なり(って、それはアカンやろ)。

というわけで(って、どういうわけやねん)、今日は寝坊して、家でブログを書く時間がないから(って、またかい)、緊急生中継でお届けするよ。

朝、駅に着いたら、せんとくんのイラストが書いてあるバス(路線バスね)が停まっていたから、さっそく写真を撮ろうと思ったら、撮る前にバスが発車しちゃったよ(って、何やってるねん)。
…というわけで、かわりにこちらの画像を載せておくね。


DVC00334.jpg
みんな、おはよう。
ぼく、せんとくん。
しょうがないなぁ、お父さん、また、ねぼうしたの?
お父さん、やるきあるの?
そんなきょうは、お父さんとぼくとの、二元生中継でおとどけするよ。



あれ?なんか、急につながらなくなっちゃったじゃない…スタッフ、ちゃんとしなきゃダメじゃない…。
えっ?本番中?…ただいま、放送中に、お見苦しい点がありましたことを、お詫び申し上げます。

で、もって、緊急生中継恒例の(?)コーヒータイム(って言うか、時間がないと言ってる割にコーヒータイムはあるってどういうことやねん?)。


DVC00109.jpg
今回は、コーヒーといっしょにアップルパイも…ちなみに、円の面積は、πr(パイアール)の2乗だったよね(って、関係ないやん)。

そして、ここのカウンター席は、


DVC00110.jpg
コンセントもあるよ。
というわけで、NOBURINもコンセントを…写真に撮ってみたよ(意味不明)。

そして、今日のあおによし奈良の都の空の写真。


DVC00108.jpg
今回は、鰹のたたきの幟といっしょに空の写真を撮ってみたよ。



ここでお詫びとおことわり。
今日は、仕事の都合上、昼休みにブログ訪問ができないため、コメントまわりは、夕方以降になるから、あらかじめご了承のほどを…。

そして、このブログも、帰宅後、編集をするよ。
なお、この文章は、編集後に消させてもらうね。

(って言うか、取消線で消すんじゃなくて、ちゃんと削除しておけってんだ)



それでは、今日はこのへんで…Adios!





DVC00510.jpg
しょうがないなぁ、お父さん、また、くだらないブログをかいてるよ。
しかも、お父さん、くだらないことをかくばかりか、じかんがないからって、手抜きもしてるし…。
お父さん、こんなくだらないブログを書くくらいだったら、ぼくにあたまをさげて、きょうのブログ、ぼくにかくようにたのみなよ。
ぼくだったら、お父さんのブログよりも、はるかにすばらしいブログをかくじしんがあるからね。

それとも、いっそうのこと、お父さんはいんたいして、ぼくにブログをゆずったらどう?

どうせ、お父さんは、くだらないブログしか、かけないことだからね。

ねえ、ポチもそれがいいとおもえよね?


DVC00511.jpg
ガオー。

あ~夏休み~

テーマ:

今日からNOBURINは、夏休みに入ったよ。

…と言っても、今日も仕事はあるから、休みじゃないけどね(って、どっちやねん)。

実は、夏休みになったのは、韓国語教室のほうだからね。

韓国語教室が夏休みに入ったからって、仕事が休みになるわけじゃないし…(って、当たり前だろうが)。

それゆえ、休みにはなったけど、休みではないということね(って、だから、そういうややこしい言い方をするの、やめってんだ)。

 

…というわけで、昨日は、今学期、最後の授業だったよ。

その昨日の授業の最後に、夏休み前のプリントをもらったよ。

 

DVC00103.jpg

はい、山田、これを読んで訳してみて(って、だからそれ、誰やねん?)。

 

えっ?ハングルで書かれたプリントを出されても読めないよって?

そう?…まあ、NOBURINも読めないけどね(って、それはアカンやろ)。

 

それじゃあ、この裏の日本語訳の方も載せておくね。

 

DVC00104.jpg

そして、11月には韓国語のスピーチ大会もあるのだとか。

参加希望の人は、原稿を準備しておくようにだって。

もっとも、NOBURINは、参加希望の人じゃないけどね(はぁ?)。

スピーチと言われても、日本語でもできないのに、韓国語でなんて、なおさらだよ(って、ヘタレだなぁ)。

それに、スピーチの原稿と言われても日本語で作文を書くのも苦手なのに(それ、ブロガーにあるまじき発言だってば)、韓国語でとなったら、言わずもがなだからね。

 

それに、ちょうどこの頃、マナカナファンのつどいがあるかもしれないから、その日程は死守しないといけないからね(って、それでスピーチ大会サボるか?)。

 

その現在使ってる韓国語教室のテキストはこれね。

 

DVC00934.jpg

こちらが、テキストの本文ね。

 

DVC00105.jpg

はい、山田、読んで訳してみて(って言うか、何でいつも山田やねん?)。

 

では、解説をすると、一番左にいるのが、ピエールさんね(って、そんなこと、どーでもいいんだってば)。

そして、一番右にいる女性は、ノッペラボーじゃないよ(って、たしかに顔はほぼ写ってないけど…)。

 

どうやら、ピエールさん、韓国に来て、最初は辛い物が食べられなかったけど、今では辛いものも大丈夫になったみたいだね。

そのピエールさんは、テンジャンチゲとピビンバが好きなんだって。

 

ちなみに、NOBURINも辛いものは好きだよ(って、聞いてないってば)。

NOBURINも、ココイチのカレーの10辛を普通に注文するくらいだからね(って言うか、それ、韓国料理と違うやん)。

 

というわけで、2016年韓国語教室の1学期は、無事修了したよ…もっとも、授業の中味はといえば…チンプンカンプンだったけどね(って、ほなら「無事」と違うやん)。

 

韓国語教室の2学期は、9月からスタート…そして、授業再開とともに、NOBURINの爆笑韓国語奮闘記も再スタートするよ。

 

というわけで、今日はこれでオシマイ…안녕히 가세요.(アンニョンヒ カセヨ)。

これ、関西弁に訳すと「サイナラ」っていう意味ね(って言うか、何で関西弁訳やねん?)。

DVC00510.jpg

みんな、おはよう。ぼく、せんとくん。

みんな、きょうも1にち、がんばろうね。

ちなみに、いちばんがんばらないといけない、お父さんは、まだねてるけどね。

 

そのお父さんだけど、きのうは、また、やらかしてくれたんだよ。

きのう、お父さん、しごとにいくときに、また、携帯をわすれていったんだよ。

これじゃあ、携帯でんわじゃなくて、ふ携帯でんわだよね。

 

まあ、携帯にかぎらず、お父さんは、どんくさいから、わすれものをするのは、しょっちゅうだけどね。

 

そんな、お父さんが、いちばんわすれてくるのは、かさなんだよ。

それも、お父さん、いえをでるときに、あめがふってたら、かえりにかさをわすれてくるんだよ。

しかも、かえりに、あめがふりだしたら、そういうひにかぎって、おりたたみかさを、もっていくのをわすれるんだよ。

だから、うちには、いいかさがなくなっていって、ビニールかさが、ふえていってるんだよ。

それで、かさをわすれてくるたびに、お父さんは、おばあちゃんにおこられているんだよ。

 

しかも、お父さんは、わすれものをするだけじゃないんだよ。

 

きのうも、お父さんが、かえってきたとき、ぼくが、「お父さん、携帯、わすれたでしょ?」っていったら、じぶんがどんくさいことを、たなにあげて、ぼくに、「それだったら、どうしておしえてくれなかったの?」なんて、おこりだしたんだよ。

 

それで、ぼくが、「携帯わすれたのに、きがついたのは、お父さんが、でかけたあとだった」といったら、お父さん、なんていったとおもう?

 

お父さんは、「だったら、携帯にでんわして、おしえてくれたらいいじゃない」なんて、しんじられないことを、ぬかしたんだよ。

 

その携帯をわすれていったのに、携帯にでんわしても、いみないじゃない…そんなことも、わからないなんて、お父さん、バッカじゃないの。

 

お父さんは、わすれものばっかりして、どんくさいうえに、おバカ…おまけにたよりないうえに、ぶおとこだから、そりゃ、モテるはずないよね。

お父さんは、お見合いパーティに、なんかいいっても、いつもあいてがみつからないで、スゴスゴとかえってくるからね。

 

まあ、あのお父さんだったら、そりゃそうなるのも、わかりきったことだけね。

そんな、モテないお父さんのせいで、ぼくには、いつまでたっても、おかあさんが、できないんだよ。

お見合いパーティにいくまえには、いつも、お父さんは、「こんどこそ、おかあさんになってくれるひとを、みつけてくるからね」っていうけど、お父さんは、いつも口だけだからね。

 

もっとも、あのお父さんに、きたいするだけむだっていうことくらい、ぼくもわかってるけどね。

あの、ダメダメなお父さんの息子になってしまったことが、ふこうだとおもって、ぼくも、とっくのむかしにあきらめてるけど…。

 

あっ、マズイ…お父さん、おきてきたかな?

 

DVC00511.jpg

ガオー。

 

なんだ、ポチか。ポチ、おはよう。

それよりも、お父さんかとおもって、いっしゅんあせったじゃない。

もう、おどかさないでよね。

 

でも、お父さんは、どんくさいから、わすれものばかりして、こまったものだよね?

 

ガオー。

 

ポチも「ホントにそうだよね」って、いってるよ。

 

そんな、お父さんは、きょうは、なつやすみまえ、さいごの、かんこくごきょうしつの日なんだよ。

そのお父さんだけど、あれだけ、かんこくごきょうしつに、かよってるのに、いまだに、ハングルのよみすら、アヤシイわけだからね。

 

お父さんは、ただでさえ、できがわるいのに、よしゅう・ふくしゅうもサボりまくってるから、そりゃ、万年しょきゅうのはずなんだろうけどね。

 

ねぇ、ポチもそうおも…ポチ、どうしたの?

えっ?うしろって?

うしろがどうし…いたい!

 

 

 

 

 

コラ、せんとくん。あんた、また、勝手にブログ書いてるでしょ?

あっ、やっぱり。

あんたは、勝手にブログを書いたらダメだって、何回言わせたら気がすむの?

それに、このブログは何なの?…あんたは、また、あることないこと書いて。

いつもいつも、あることないこと書いて、あんたは、一体、何考えてるの?

  それに、あんた、何、携帯を忘れたこと、バラしてるの?それもバラしたらダメでしょ。

それと、あんた、まだ8歳で、漢字の読み書きもできないくせに、ブログなんて書くんじゃないの。

あんたのブログは、ひらがなばかりだから読みにくいっていう苦情も殺到してるんだからね。

 

って言うか、あんた、タイトルでは、「携帯」っていう漢字が書けないで、ひらがなになってるのに、本文では漢字で書けるって、オカシイでしょ?

それに、「携帯」は漢字で書けるのに、どうして「電話」は、漢字で書けないの?

ほかのところも、あんたの書ける漢字、チグハグだし、あんた、どういう基準で漢字を覚えてるの?

 

それに、ポチまでいっしょになって、何、「ホントにそうだよね」なんて言ってるの?

あんたも、せんとくんと一緒になって、勝手にブログに参加するんじゃないの。

 

今日は、2人ともお夕ご飯は抜きだからね。

それと、今日は、帰ったら、2人ともみっちりとお説教をするからね。

 

それまで、2人とも押し入れに入ってなさい。

針TRS

テーマ:

今日は、この間の日曜日の話をするよ。

この間の日曜日は、名阪国道を東に向かい、針インターを降りて、すぐのところにある

 

 

道の駅 針TRS(テラス)に行ってきたよ。

 

この名阪国道は天理~亀山間を結ぶ一般国道自動車専用道路であって、天理から先は西名阪、亀山から先は東名阪(いずれも有料道路)に直結しているよ。

名阪国道は、無料で通行できて、制限速度も70km/h(一部区間60km/h)に制限されているけど、西名阪、東名阪の延長で走っている人が多いのか、かなりの速度を出している人が多くて、事故も結構多いみたいだよ(実は、この日の帰りも事故の影響で大渋滞が発生していたよ)。

 

その名阪国道のすぐそばにある針TRSも名阪国道の利用者が圧倒的多数を占めるんだろうね。

 

今回は、そんな針TRSへと颯爽とやってきたよ。

 

DVC00070.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、颯爽とやってきたなんてよく言うよ。

お父さん、名阪国道に行くのに道は間違えるわ、針TRSに入るのにも、うっかり通りすぎてしまうわで、颯爽とどころか、ほうぼうのていでようやく着いたというべきじゃない。

お父さんって、本当に方向音痴だよねって?

 

コラ、せんとくん。何バラしてるの。それは、バラしたらダメでしょ。

それに、お父さんの方向音痴は、おばあちゃんからの遺伝なんだから仕方ないでしょ。

 

えっ?何だって?…まあ、それもそうだよね。お父さんの方向音痴も相当ひどいけど、おばあちゃんの方向音痴はそれに輪をかけてヒドイからね。

おばあちゃんだったら、針TRSにたどり着くことすらできないんだろうねって?

 

ったく、あんたはそこまで言うか?

 

その針TRSの場所はこちら。

 

DVC00073.jpg

見にくくてゴメン。

奈良市内(地図の上のほうの鹿さんのいるあたりね)から針TRS(地図の赤丸のところ)に行くには、奈良市から一旦南に向かって、天理インターから名阪国道に入って、針インターまで行きすぐのところね(ちなみにNOBURINは抜け道を使って天理東インターから入ったよ)。

 

…でも、この針TRS、実は奈良市にあるんだよね。

もっとも、もともとは都祁村にあったのだけど、都祁村が奈良市に合併されて針TRSの所在地も奈良市になったというわけね。

でも、同じ奈良市内だというのに、天理市を通って行くとは…(笑)。

 

その針TRSは、

 

DVC00096.jpg

標高460mのところにあるよ。

このあたりは、大和高原が広がっているところで、さほど高い山があるというわけではないものの、奈良盆地と比べたら、標高は高く、比較的涼しいところだよ。

 

DVC00097.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、これのどこが涼しいって言うの?

涼しいどころかメッチャ暑いじゃないって?

 

あのねぇ、せんとくん。いくら涼しいといっても、今は夏でしょ。いくら大和高原が涼しいといっても、夏なんだから暑いに決まってるじゃない。

 

えっ?何だって?…お父さん、ぼくのこの格好を見たら分かることじゃない。

ぼくのこの格好を見たら、暑いってこと、すぐ分かるでしょって?

 

ったく、あんたこそよく言うよ。あんたは、暑い寒いに関係なく、年中その格好じゃない…。

 

それじゃあ、針TRSの中を紹介していくね。

 

 

DVC00083.jpg

こちらがサウスリリィだよ。

このサウスリリィには、

DVC00074.jpg

針テラス食堂さんにロッテリアさん、そして、

DVC00075.jpg

イタリアンのお店、Mercato Rossoさん、ほかにも、

 

DVC00076.jpg

天理スタミナラーメンさん、つるまるうどんさん、かまどやさん、ファミリーマートさんなんかもあるよ。

 

DVC00084.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…それで、お父さん、どのお店に行ったのって?

 

そ…それは…。

 

えっ?何だって?…お父さん、サウスリリィは、写真を撮っただけで、どこにも入ってないんだよね。

お父さん、そのことを言わないで、写真だけを撮っていかにも行ってきたよっていう記事を書こうとしてたんでしょって?

 

コラ、せんとくん。あんたはまた余計なことを言って…。

それにあんた、どこにも入ってないことを知ってて、わざと「どのお店に行ったの?」なんて聞くんじゃないの。

 

そしてこちらが、

 

DVC00077.jpg

無料休憩所だよ。

この手前にはトイレもあるよ。

道路情報を知りたい人もこちらへどうぞ。

 

DVC00078.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さんは、方向音痴なんだから、ちゃんと道路情報を聞いておきなよって?

 

コラ、せんとくん、あんたはまたそういう言う余計なことを言って…そういうのを余計なお世話っていうんだよ。

 

えっ?何だって?…あっ、そうだったよね。お父さんは、記憶力も悪いから、道路情報を聞いたところで、覚えられないから意味なかったよねって?

 

コラ、そういうことじゃないでしょ。ったく、あんたは、どうしてそういうふうに受け取るの?

 

その無料休憩所の入口では、

 

DVC00079.jpg

せんとくんがお出迎えをしてくれたよ。

 

DVC00080.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、相変わらず写真撮るの下手くそだよね。

せんとくんの頭の部分、光が差し込んで光っちゃってるじゃないって?

 

うるさい。それに、あんたは、一緒になってお出迎えをするんじゃないの。

 

そしてこちらが、

 

DVC00081.jpg

こちらには、フードコートやおみやげなんかのショップ、自動販売機、そして団体専用のレストランなんかがあるよ。

 

そのフードコートでNOBURINが食べたのはこちら。

 

DVC00098.jpg

ヤマトポークのカツ丼ね。

これ、見た目もすごそうに見えるけど、実際も見た目のとおりのボリュームだったよ。

最初はカツ丼だけで足りるのかなと思ったけど、その心配は無用だったよ。

さらには、ヤマトポークを使ってるだけに、まろやかな味で野菜も新鮮そのものだったよ。

 

そして、

 

DVC00099.jpg

こちらは食後のコーヒーね(注:カツ丼とは別料金なので念のため)。

 

そして、隣のおみやげ屋さんでは、あおによし奈良の都のおみやげをはじめ、伊勢や大阪、京都、神戸のおみやげも売っていたよ。

針TRSにはあおによし奈良の都に来た人だけではなくて、大阪、神戸、京都に行った人も立ち寄ったりするんだろうから、あおによし奈良の都以外のおみやげも置いているんだろうね。

 

DVC00082.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、ここに行ったのって、帰る前だったよね。

それを編集して、何、時系列を無視して書いてるのって?

 

ったく、あんたはそういう余計なツッコミばっかりするんじゃないの。

 

そして、こんなものもあったよ。

 

DVC00085.jpg

はり温泉ランドだよ。

ここは、温泉のほかにも、カラオケもあるよ。

まあ、NOBURINは温泉だけでカラオケは行かなかったけどね。

 

DVC00089.jpg

えっ?せんとくん、だから何?…って言うか、お父さんはカラオケは言ったらダメだよ。

そもそもお父さんの歌は、歌とはいえない…あれはむしろ騒音公害だからね。

お父さんが歌おうものなら、営業妨害になるわけだからねって?

 

そうだったよね。お父さんの歌は騒音公害そのも…って、コラ、せんとくん。何を言わせるの。

あんたは、どうしてそういう余計なことばっかり言うの?

 

そして、その針温泉ランドの店員さん(?)

 

DVC00090.jpg

こんなカワイイ店員さん(?)が、お店の前で、客引き(?)をしていたよ。

しかも、一緒に写真を撮れるみたいで…

 

DVC00091.jpg

あっ、コラ、せんとくん。あんた、どこに登ってるの。

ったく、あんたはそういうオイタをするんじゃないの。

 

そのはり温泉ランドには、刺青をした人は、入館お断りなんていう張り紙もあったよ。

ほかにも、

 

DVC00086.jpg

こいつも入館お断りだったよ。

なぜかというと、温泉に入るのには服を脱いで入らないといけないわけだけど、こいつは…

 

DVC00087.jpg

服を体に縫いつけていて、脱げなかったわけだからね。

であんた、服を体に縫い付けて痛くないの?

 

というわけで、NOBURINが温泉に入ってる間は、ロッカーの中に閉じ込められるハメになったせんとくんは、すっかりふてくされちゃったよ。

 

そのはり温泉ランドには、大浴場のほか、サウナと露天風呂もあったよ。

 

そして、風呂上りにはこれも食べたよ。

 

DVC00088.jpg

ほかにも、

 

DVC00092.jpg

 

DVC00094.jpg

針テラス情報館や、

 

DVC00071.jpg

イチゴ狩りができるイチゴ農園もあるよ(こちらは要予約)。

 

ドライブの途中に、休憩を兼ねて、そんな針TRSに立ち寄ってみるのもいいんじゃないのかな?

 

DVC00100.jpg

えっ?せんとくん、何だって?…お父さん、シートベルトを着用して、安全運転で、休憩しながら無理のない運転をだよね。

その休憩には、是非とも針TRSを利用してもらいたいよねって?

 

ホントにそうだよね。あんた、たまにはいいことを言うじゃない。

 

えっ?何だって?…でも、お父さんの運転だったら、そんなレベルじゃないよね。

お父さんは、運転が下手くそだから、いのちがいくつあっても足りないよって?

 

そうだったよね。お父さんは運転が下手くそだか…って、コラ、せんとくん、何言わせるの?

 

って言うか、あんたは、そもそもぬいぐるみだから、いのちがいくつあってもっていうのはオカシイでしょ。

 

えっ、何だって?…お父さん、そうやって、都合が悪くなったら、急にリアルになるんだよねって?

 

ったく、あんたは、ああ言えばこう言うんだから…。

海の日

テーマ:

海に行く予定ある?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
今日は何の日なのかな?…今日は海の日なんだそうである。
…って言うか、アメーバさん、そのままじゃない(って、そういうツッコミはいらないんだってば)。
国民の祝日に関する法律第2条では、海の日は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」日とされているよ。
 
海の日が国民の祝日になったのは1996年(平成8年)のこと。
このときは、海の日は7月20日とされたんだって。
それが、2003年の祝日法改正で、ハッピーマンデーが導入されて、海の日も7月の第3月曜日になったというわけね。
 
その海の日が祝日になる前は、7月20日は海の記念日という記念日だったんだって。
それではどうして、7月20日が海の記念日になったのかというと、1876年(明治9年)に明治天皇が東北行幸をされた際に、それまでの軍艦ではなくて、灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をされて、7月20日に横浜港に帰着なされたことから、1941年(昭和16年)に逓信大臣であった村田省蔵がこのことにちなんで、7月20日を海の記念日にすることを提唱したのがはじまりなんだって。
 
海の日を含む7月1日~7月31日は「海の月間」と定められているよ。
この海の月間には、国土交通省海事局が中心となって、関係省庁や地方公共団体や海事関係団体とともに、海フェスタをはじめ、さまざまなイベントが行われているんだって。
 
その海の日であるけど、2014年に「海の恩恵に感謝する日だったはずが、単なるお祭りになってしまった」として、超党派議員からなる海事振興連盟によって、海の日を元の7月20日に戻す議案が出されたりもしたんだって。
 
それでは、海のない県はどうしているのかというと…実は、海の日と同じ7月第3月曜日を山の日・川の日にしている県もあるんだよ。
 
その県はどこかというと…実は、NOBURINのお膝元である奈良県なんだけどね。
 
実はこれ、「奈良県山の日・川の日条例」で条例化もされていて、その第1条で「奈良の山と川が県民をはじめ奈良を訪れる人々にとって共通の貴重な財産であることにかんがみ、県及び県民が山と川の果たす役割の重要性及びこれらがもたらす恩恵について認識を新たにし、これらが有する様々な魅力について関心と理解を深めるとともに、山と川の環境保全、再生及び適正な利用を図るため、奈良県山の日・川の日を設け、もって県民が誇りと愛着を持つことのできる奈良の美しい山と川をはぐくみ、次世代に引き継ぐ」ことを目的としていることが定められているんだよ。
 
しかも、今年から山の日も8月11日に定められたわけだから、あおによし奈良の都には、こと、山の日について言えば、7月第3月曜日と8月11日と2回あるわけなんだよね。
 
その奈良県では、実は2014年には「全国豊かな海づくり大会」が開催されたりもしているんだけどね。
 
DVC00214.jpg
 
DVC00258.jpg
 
 
ちなみに3枚目の写真は、さかなクンが描いたもの、4枚目の写真は「全国豊かな海づくり大会~やまと」のマスコットキャラクターのせんとくん、前年の開催地だった熊本から駆けつけて来てくれたくまもん、翌年開催地となる富山県から来てくれたきときとkun、そしてなぜかよどりchanも加わっての1枚。
 
このときの大会のテーマは「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」だったよ。
 
もっとも、この大会は海の日ではなくて、11月に開催されたんだけどね。
 
そして、NOBURINはというと…今日は海の日でも、山の日・川の日でもなくて、仕事の日なんだよ(って、何じゃそりゃ)。
 
つまりは、今日は祝日出勤と言うことね。
 
で、アメーバさん、何だって?…「海に行く予定ある?」だって?
 
だから、今日は仕事の日なんだから、海なんて行けるわけないじゃない。アメーバさん、これから人が祝日出勤だっていうのに、何言ってるの?ないよ。
(って言うか、アメーバさんに八つ当たりするのやめってんだ)。
 
というわけで、海の日をたっぷり楽しむ人も、山の日・川の日を満喫するぞという人も、仕事の日だよという人も、今日、7月18日が良い1日になりますように…。
 
そして、今日が海の日ということにちなんで…かどうかは知らないけど(はぁ?)、今夜22時から「特集ドラマ 喧噪の街、静かな海」が放送されるよ。
そして、このドラマには、才色兼備な
 
2010062300430000.jpg
茉奈chanも出演するのでお見逃しなく…。

オーケストラ

テーマ:

昨日の「らららクラシック」(NHK Eテレ 土曜日 21:30~22;:00に放送中)は、神奈川県秦野市で行われた公開収録の第1回目だったよ。

今回は、MCと東京フィルハーモニー交響楽団がステージ上で対面するという豪華なもの。

 

そして、何よりもこの日のゲストは、あの才色兼備な

 

2010062300430000.jpg

茉奈chanだったとあれば、そりゃ見ないわけにはいかないよね。

 

それで、どうして茉奈chanが、クラシック番組のゲストになったのかといえば、やはり才色兼備だから、クラッシック番組のゲストにふさわしい…というのもあるんだろうけど、それだけじゃないんだろうね。

実は茉奈chan、高校のときは、吹奏楽部に所属していたということもあったんだろうね。

 

ちなみに言うと、佳奈chanもやはり吹奏楽部で、茉奈chanはトランペット、佳奈chanはテナーサックスをやっていたんだよ。

 

そして、もう一人のゲストはクリス松村さんだったよ(って言うか、茉奈chanと扱いが違い過ぎるやん)。

 

実は、NOBURINもこの公開収録には行きたかったんだよね。

でも、この公開収録があったのは平日、しかもその日はどうしても外せない仕事があったもので、休むわけにもいかず泣く泣く断念…テレビの観覧と相成ったというわけ。

 

今回の「らららクラシック」では、視聴者からの疑問を、オーケストラを使って実験をしてみて、その疑問に答えていこうという何とも大胆な(?)企画だったんだよ。

 

何しろ茉奈chanも「(オーケストラを使っての)実験だなんてぜいたくですよね。いいんですか?」と言ってたくらいだからね。

 

 

 

それでは、最初の質問。

「弦楽器はどうしてバイオリンに人数が多いの?」というもの。

オーケストラの弦楽器は、時代によって違いはあるとは言うものの、現在では、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスを使うが一般的。

その弦楽器は高音の楽器になるほど人数は多くなり、特にバイオリンは第一バイオリン、第二バイオリンに分かれているほど。

ちなみに、現在のオーケストラの標準的な編成は、第一バイオリン:16、第二バイオリン:14、ヴィオラ:12、チェロ:10、コントラバス:8なのだとか(これと異なるケースもないことはないみたいだけどね)。

というわけで、さっそく実験してみたよ。

同じ曲を通常の人数で演奏、弦楽器を同じ人数にして演奏の2パターンで聴き比べてみたよ。

 

その結果は、同じようにも聴こえるけど、なんかビミョーに違うんだよね。

同じ人数だと、低音の楽器の音が大きくて何か違和感があるような…。

実は、バイオリンは主旋律を担当しているから、その主旋律であるバイオリンの音が鮮明に聴き取れるようにするために、人数を多くしているみたいだよ。

 

もちろん同じ人数にしても、違いはビミョーなものだから、できないわけではない。

でも、料理にたとえると、同じ人数だと、「なんか味が薄いなぁ」というところに、塩味を足してみる(バイオリンの人数を増やしてみる)と、「これは美味い」ってなるようなものなのかな?

 

東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターである三浦章宏さんによると、「これぐらいの人数の割合だと一番メロディーが美しく響くと、先人たちの試行錯誤の結果でこうなったのだろう」ということなんだって。

ニャルホド、オーケストラの人数一つにしても、先人たちがいろいろと試してみたからこそ、今の人数がベストであるということが分かってきて、今の形に定着するようになったんだね。

 

 

 

では、次の質問。

「クラリネット奏者の足元に、演奏に使っているのとは別にもう1本~2本クラリネットを置いているにはなぜ?」というもの。

 

いや~、NOBURIN自身、オーケストラ自体は見たことはあるけど、足元にクラリネットを置いているのは気がつかなかったよ。

それにしても、よく見ているよね。

 

これって、予備のクラリネットなの?…というわけで、茉奈chanがクラリネットを見せてもらうと…クラリネットの長さが違ったよ。

オーケストラで使うクラリネットには、変ロ調管(B♭管)のものと、イ調管(A管)のものがあるんだって。

この2本のクラリネットは、長さが違うということで、同じ音を出すときも、指の押さえ方がまったく違うんだって。

それじゃあ、どうして、わざわざまったく違う2本のクラリネットを使うのかというと、曲調(ハ長調とかニ短調とかいうやつね)によって吹きやすいほうを使っているからなんだって。

 

でもって、曲によって、クラリネットを変えてる…と思いきや、なんと、曲の途中で変えることもあるんだって。

何しろ曲によっては、途中で変調(例:ニ短調→ハ長調というようにね)する曲もあるわけだからね。

でも、クラリネットは変えても、マウスピースは同じものを使っていて、クラリネットを変えるごとにマウスピースを付け替えているんだって。

 

それじゃあ、どうして、マウスピースはクラリネットを変えるたびに付け替えるのかというと、マウスピースについてるリードは、乾燥しやすくて、演奏の途中で置いておくだけでも乾燥してしまい、いざというときに音色が出なくなることがあるということと、クラリネットは変えても音色は統一する必要があるから同じマウスピースを使うんだって。

 

その後、実際に演奏をしてみて、クラリネットの取り換えとマウスピースの付け替えをするところを見てみたよ。

 

 

続いての質問。「指揮者って本当に必要なの?」というもの。

ええ~、それ言うか?それって、いくらなんでも失礼なんじゃないの?

下手すれば、指揮者が怒って帰っちゃって、番組がメチャクチャになりかねないんじゃないの?

 

というわけで、この質問は、当の(?)指揮者である川瀬賢太郎さんに聞いてみたよ。

「そんなの必要に決まってるじゃない、何言ってるんだ、失敬な!」…という答えが返ってくると思いきや…(って言うか、いくらなんでも公開放送でそういう言い方をするわけないってば)。

 

川瀬さんの答えは意外にも「グレーゾーン」なんだって。

つまりは、指揮者がいなくても、オーケストラはできないことはないみたい。

何しろ、オーケストラの演奏をしているのは、みんなプロだからね。

それゆえ、みんな演奏する曲を解釈するだけの能力はあるはず。

 

ただ、プロであるゆえに、演奏者は個人個人の解釈があったりするわけで、それをバラバラに演奏されたら、オーケストラは成立しなくなる。

そこで、どのように演奏するのか、どんな味付けをするのかをまとめる指揮者が必要になってくるというわけ。

それが示されるのがリハーサルのときで、指揮者の仕事の8割~9割は、リハーサルのときなのだとか。

 

そりゃ、いくらなんでも本番のときに、「このパートはこういう感じでいく」なんて言えないから、リハーサルのときに演奏者に入念な指示を出しているんだろうね。

 

極端に言えば、同じ曲を同じオーケストラが演奏しても、指揮者が違えば、まったく違う感じの演奏になることもあるんだって。

 

さらには、指揮者がしっかり合図を出さないとアンサンブルしにくい曲もあるんだって。

 

その典型的な曲が、ベートーベンの交響曲第5番。

 

…と言っても、どんな曲かさっぱり分からない人もいるかもね。

それじゃあ、もっと分かりやすい言い方をすると、ベートーベンの「運命」ね。

 

こういえば、さすがにほとんどの人は、どの曲なのかもう分かったと思うけど、まだ分からないという人のために、もっと分かりやすく言うと、ベートーベンの「ジャジャジャジャ~ン」っていう曲ね。

 

こういえば、いくらなんでもさすがに分かったよね。

これでもまだ分からないという人は…知らん(って、何、匙を投げてるねん)。

 

このベートーベンの交響曲第5番第1楽章の出だしのところ…まさに、「ジャジャジャジャ~ン」のところは、川瀬さんのようなベテランの指揮者ですら毎回苦戦しているほどなんだって。

 

それを聞いたクリスさんは、「いちばん簡単そうだけど、違うの?」だって。

というわけで、そこまで言うならと、クリスさんにその出だしの部分の指揮をやってもらったら…なんかテンポがずれていて変。

これには、会場も爆笑だったよ。

 

それじゃあ、どうして、ベートーベンの交響曲第5番第一楽章の出だしの「ジャジャジャジャ~ン」のところはそんなに難しいのかというと、最初が休符記号から入っているから。

つまりは、楽譜の最初が8分休符から入って、演奏は2音目からになるから、最初のところで指揮棒を上から下に一気に振り下ろさないと、演奏者も合わせにくいというのが、この曲が難しい理由なんだって。

 

特に、クリスさんみたいに、最初が休符記号で始まってることを知らないで指揮をしたら、そりゃ合せるのは至難の業なんだろうね(もっとも、プロの指揮者だったら知らないはずはないけど)。

 

その「らららクラシック」の公開収録の模様は、来週土曜日7月23日21:30~NHK Eテレで後半の模様が放送されるよ。

そして、前半を見逃してしまったけど、見てみたいという人は、7月21日(木)の10:25~10:55に再放送があるよ。

 

後半にも、もちろん才色兼備な茉奈chanは登場するよ。

 

DVC00814.jpg

欲しい商品に投票して、豪華グルメをGETしよう♪

 

なんでも、アメーバさんでは、お取り寄せして食べたい豪華グルメが当たるキャンペーンをやってるんだって。

その投票に参加したら、抽選で各5名に投票した豪華グルメが当たるみたいだよ。

 

というわけで、さっそくNOBURINも参加することにしたよ。

で、どうして参加したのかと言えば…豪華グルメを食べたいからなんだけどね(って、そのままやん)。

 

それでは、どんな豪華グルメがあるのか、紹介していくね。

 

① 松坂牛サーロインステーキ 200g×2…おっ、いきなりお肉、きたね~。

 

② 生ずわい蟹 1.2kg…ト~レ ト~レ ピ~チ ピ~チ カニ料理~(って、か〇道楽さんの回し者か)。

 

③ 宮崎完熟マンゴー 2個…どげんかせんといかん(って、東〇原氏じゃあるまいし)。

 

④ 国産うなぎ蒲焼 3枚…土用の丑の日も近いことだし、これもいいかも。

 

⑤ 新潟南魚沼産コシヒカリ 10kg…日本人はやっぱりお米だよねぇ~。

 

⑥ 黒毛和牛霜降りハンバーグ化粧箱入り10個…ハンバーグと言っても侮ることなかれ。100円マ〇クのハンバーガーとは訳が違うからね(って、比べる基準、間違ってるってば)。

 

⑦ 北海道産最高級ウニ 200g…やっぱり北海道と言えば、ウニだよね。

 

⑧ 北海道産生牡蠣殻つき 10個…やっぱり北海道と言えば、牡蠣だよね(って、さっきはウニって言ってたやん)。

 

⑨ 極上本マグロ中トロ 200g…トロは中トロ コハダ アジ(ヘイ・ラッシャイ~スシ食いねェ スシ食いねェ スシ食いねェ!(って、シブガキ隊の歌はいらないんだってば)。

 

以上がエントリーされたよ。

これ、食べたいものばかりだから、どれを選ぶかホントに迷うよね。

 

で、NOBURINがほしいものはどれかというと…大和牛サーロインステーキだよ。

 

えっ?何だって?…NOBURIN、大和牛サーロインステーキはないじゃないって?

 

あれ?ホントだ(って、今さら何、白々しいこと言ってるねん)。

でも、どうして大和牛サーロインステーキがないの?(って、知らんがな)。

 

というわけで、大和牛がなかったから仕方なく(って、だからもらう立場でそういう言い方はないやろ)、こちらに投票をしたよ。

 

 

▼あなたが投票したお取り寄せ

夏のお取り寄せ総選挙はこちらから

 

はい、松坂牛サーロインステーキに1票を入れたよ。

やっぱりお肉が一番だよね…これが大和牛だったらなおいいんだけど(って、まだ言うか?)。

 

でも、これって、抽選なんだよね。

せっかく、こうやってブログに書くわけだから、ブログでプレゼンをやって、厳正な審査の結果、より欲しいというアピールをした人が、当たるってしたらどうなのかな?

 

NOBURINだって、これだけアピールしたんだから、その部分は評価してほしいな~って思うわけだし…。

 

えっ?NOBURIN、アピールしたのって、むしろ大和牛じゃない。これだったら、かえってマイナス評価になるよって?

あっ、そうか。それもそうだよね。だったらやっぱり抽選でいいや(って、何じゃそりゃ)。

 

で、松坂牛も2枚あるわけだし、この子と2人で食べるのにはちょうどいいよね。

 

DVC00510.jpg

何しろ、せんとくん、まだ8歳なのに舌がこえてるからね。

何しろ、好物は奈良のうまいものというくらいだし…。

 

ちなみに、本物のせんとくんも、

 

2010103016310000.jpg

 

2010103016310001.jpg

相当なグルメなんだよ。

 

あっ、そうそう…

 

DVC00511.jpg

ポチもいたよね。

でも、ポチは草食系ライオンだからねぇ…。

ポチはライオンなのに、肉は食べないし、ましてや生肉なんかはもってのほか…そのくせ、なぜかミスター飲茶は好きなんだけどね。

そのかわり、ドーナツは大好きなわけで…ポチって、うちに来る前は、どんなところで暮らしてたんだろう?(って、それを言うか?)。

 

というわけで、松坂牛が当たったら、ポチにも大好物のポンデリングを買ってきてあげないとね。

 

とまあ、あれこれ書いてきたけど、NOBURINが声を大にして、大にして、もひとつおまけに大にして(って、くどいんだってば)言いたいことは何かというと…

 

アメーバさん、NOBURINに松坂牛サーロインステーキをちょうだい

 

…ということね(って、だからって、文字を大にしてどないするねん。それと、そういうお願い文を書くのもやめってんだ)。