しあわせ親子になるコミュニケーション術 見方・聞き方・話し方のヒケツ

奈良~関西で、子育ての講座や講演をしています。出張講座、承ります。(旧)いじめの加害者を作らないノブリ式子育て。

【講座開催情報】

詳細はHPからどうぞ


5/26 10:20~11:20
【基礎編】子育てハッピーセミナー(大阪)

6/12 10:20~11:20
【基礎編】子育てハッピーセミナー(奈良)

6/18 10:20~11:20
【基礎編】子育てハッピーセミナー(大阪)

6/26 9:50~11:50
【応用編】しあわせ親子になるコミュニケーション術(大阪)

7/3 10:00~12:00
【応用編】しあわせ親子になるコミュニケーション術(奈良)
NEW !
テーマ:

北海道の行方不明になっている男の子、

全然知らない子だけど、とても心配です。

どうか無事に見つかりますように。

 

山菜取りではなく、しつけとして置き去りにしたとのことですが、

そもそも、その子が公園で人や車に石を投げて叱られたことが

発端だったようですね。

ヤフーニュースより)

 

たしかに、

目の前でわが子が、人さまや車に石を投げつけていたら、

 

おまえーー!!なにすんねん!!

このバカが!!

石なんか投げたらあかんことぐらい、分かってるやろ!!

 

とか言いながらゲンコツの一つでも食らわせたくなるでしょう。

 

石を投げるのは、あかんもんね。

 

そういう「目の前の光景にカーッと頭に血が上って、

罵声と手が出てしまいそうなとき」に備えて、

親は、怒りのコントロールの仕方と、

ルールの伝え方を学んでほしい、と

ホンマに、心から、思います。

 

こういうノウハウは、知るだけじゃだめです。

知っただけでは、使うようにはならない。

知って、何度も使って、自分になじませないとだめです。

知ってても使わなければ、知らなかったときと同じ。

 

まぁそれは置いといて、

 

このご両親は家族そろって車で公園に行ったそうですから

たぶん普通に……悪さをすれば叱って、

よいところを見つけたら褒めて子育てされてるんだろうと思いました。

日常的に虐待していたわけではない、との記事もありましたしね。

 

今回の怒りはどれほど大きかったんでしょう。

お父さんのコメントによると、親の威厳を示したかったとか、

ちょっと怖い思いをさせてやろうと思った、とのことですが。

 

怒って子どもを抑えようとするときは、威厳を示してるんじゃなくて、

自分が怒りに負けて、自分をコントロールできなくなっている、

ということを示してるんですね。

威厳なんて、ないですよ。

 

そういうときこそ、スキルの出番です。

怒りが暴走してしまうときこそ、スキルに頼り、

機械的に、事務的に、冷静に対応するのです。

威厳を保ちたいなら、なおさらです。

 

具体的には、

事務的に深呼吸して、事務的に、普通の口調で

「石を投げたくなるほど、いやなことがあったの?」と聞くとか。

 

家の中なら、とりあえず離れてみるのもいいです。

もちろん、子どもの居場所の安全を確認してから、

トイレや寝室に一時引きこもる、とかね。

 

 

あぁ、ほんまに、子育てって

人それぞれに考え方ややり方があるのだろうけど、

子どもが深く傷つけられるようなニュースを聞くと、

親としての学びがいかに重要かを感じます。

 

 

子どもを罵ったり叩いたりしたくなったとき、

スキルを知っていたら、それが抑止力になるかもしれませんし、

それどころか、スキルのおかげで、

修羅場になったかもしれない場面がハッピーエンドになるかもしれません。

 

そもそも「言うことをきかない子はきつく叱ってやらないと!」

と信じている人ほど、別の接し方を知ってほしいと思います。

これはスキルより、考え方の問題かな。

叱れば叱るほど、(親の気持ちとは裏腹に)子どもは心を閉ざします。

 

 

 

 

◆しあわせ親子になるコミュニケーション術6/26(日) 9:50~11:50
しあわせ親子になるコミュニケーション術(大阪)

7/3(日) 10:00~12:00
しあわせ親子になるコミュニケーション術(奈良)

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

FBで知ったドキュメンタリー映画「みんなの学校」。

ちょっと気になってたところに

友人が誘ってくれたので、見に行ってきました。

 

関西テレビが制作し、

文化庁芸術祭賞のテレビ・ドキュメンタリー部門で

大賞を受賞した作品です。

 

大阪市立大空小学校の、1年間の記録。

 

以下、HPより抜粋。

 

大空小学校がめざすのは、「不登校ゼロ」。ここでは、特別支援教育の対象となる発達障害がある子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学びます。ふつうの公立小学校ですが、開校から6年間、児童と教職員だけでなく、保護者や地域の人もいっしょになって、誰もが通い続けることができる学校を作りあげてきました。

 

校長先生って、組織のTOPとして

先生方に指示命令をする人で、

児童からは、学校の中で遠い存在、という

イメージがありました。

 

でもここの校長先生は、ほかの教師と同じように

ポロシャツを着て子どもたちに直接ふれたり話したり

叱ったり励ましたり、

いい意味でぜんぜん校長先生らしくない感じ。

 

校長先生は、児童たち、ほかの先生たちと

魂をぶつけ合っているように見えました。


子どもたちは、

 

人を人として尊敬し、

人の気持ちを思いやり、

どうすればよいかを考え、

それを行動に移すこと、

協力し合うこと、を、

 

つまり生きる力みたいなものを、

毎日、体当たりで学んでいる感じでした。

 

知識を得る「勉強」では得られない、

人として大事なことをね。

 

公立の学校で、これだけ真剣に細かく

子どものことを見て対応してくれるなんて、すごい。

先生たちのチーム力が、すごい。

 

日本全国の小学校が、現場の先生が、

ここまで徹底して、障害による隔てなく

一人一人に向き合うのが当たり前になったら、

中学・高校の風潮も変わってくるだろうな。

理想だけど。

 

学校と各家庭が同じ方向を向いて

子どもに接していけば、

子どもの心がすくすく成長しないわけがない、

と思いました。

 

 

この映画を見て、

自分はどうしたいか?

自分に何ができるか?と

思って浮かんできたこと……。

 

子どもに

「人を敬い、気持ちを思いやること」

を教えるには、身近な大人がまず、

子どもに対してそうしなければなりません。

 

わたし自身、心がけてはいますが、

実際にうまくできているかどうかは……

うーむ。子どもたちに聞いてみないと分からないな(^_^;)

それはともかく、

そのことを常に忘れずに接すること。

 

それから、子育てしている人たちに、

「子どもの気持ちを尊重し、思いやること」

を、あらためて伝えること。

 

やっぱり、今やってる講座や講演を、

地道に続けていきたい。

うん、また明日からがんばろう。

 

 

【講座開催情報】
詳細はHPからどうぞ


▼6/12 10:20~11:20 【基礎編】子育てハッピーセミナー(奈良)
▼6/18 10:20~11:20 【基礎編】子育てハッピーセミナー(大阪)
▼6/26 9:50~11:50 【応用編】しあわせ親子になるコミュニケーション術(大阪)
▼7/3 10:00~12:00 【応用編】しあわせ親子になるコミュニケーション術(奈良)

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

子育て中のママの外出先って
どこがいちばん多いんでしょうかね。

 

子どもの年齢にもよるけど、
食品買い出しのスーパー、
子どもの送り迎えで行く幼稚園や
習い事、友達の家、あとお医者さんも。
行動範囲は、自宅から15分圏内、とかかな。

 

たまには、生活圏より少し遠出して、
落ち着いたちょっと大人な雰囲気を
味わいたいな~って思いません?

 

わたし自身、

そういう思いが強かったし、

来てくださるママさんにも、

ウキウキしてもらえたら、と思って

 

子育てハッピーセミナーは

あえてホテルカフェで

開催しています(^^)

    

 

 

マダムが参加する

ランチ会とかお茶会は

きらびやかすぎて

気おくれする……

というママ(←自分あせる)にも気軽に

来ていただけるように、

3人限定のミニグループ講座です。

 

前半は、子育ての土台作り(自己肯定感)の学び、

後半は、子育てフリートークで

悩みのプチ相談もOK。

 


6月は下記の日程で開催します。

奈良は 【残りお一人】 の募集です。

迷ってる方はお早めにどうぞ。

 

◆子育てハッピーセミナー●6/12(日)10:20~11:20@日航ホテル奈良
●6/18(土)10:20~11:20@エルセラーンホテル大阪

 


詳細:http://www.noburinomori. com/#!blank-6/ey8j6

 

 

 

 

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今、お子さんはすぐそばに
いらっしゃいますか?

いらっしゃるなら、
どんなご様子でしょう。

いらっしゃらない場合、
離れたときの様子は
どんな感じでした?

今、お子さんの様子を見ながら、
あるいは
離れたときのお子さんの様子を
思い出しながら、

ちょっと想像してみてください。

お子さん、どれくらい
あなたの愛情を
感じてらっしゃると思います?


10段階でどれくらいでしょう。

当然、親は10だろうと思うし、
そうであってほしいですよね。

でも子どもにとっては、意外と
低かったりして。

それこそ、思春期の難しいお年頃には
2とか3とかだったりして……

(勇気ある方は、
いちど聞いてみてください♪
わたしは聞いたこと、
ありません(^_^;))


なんでこんな質問したかと
いいいますと、

先日、子育てハッピーセミナーを
開催いたしまして、
そこで強く感じたんですね。

愛情を「子どもが感じる」ように
伝える
ことが、
もんのすごく大事だなって。

前から思ってたけど、
来てくださった方
(思春期のお子さんが
いらっしゃいます)とお話していて、
あらためてそう思いました。


お腹を痛めて産んだ子なんだから、
親は子どもを愛していて当たり前。
どんなに怒っても、
愛してるに決まってる。

……というのは、親の気持ちですよね。

けど、子どもは必ずしも
そんな深い愛情を
感じているとは限りませんよ。

(と、あえて強めに言ってみる…)

あ、セミナーに来てくださった
ママさんたちのお子さんが
そうだというわけじゃないですよ。

ふつう、親子での愛情は
分かりあっていて当然と
誰もが思ってるだろうと思うから、
あえて言ってるんです。

 



だってね、
赤ちゃんのときは
何をしても、みんな優しくて
ママも抱っこやらチューやら
いっぱいしてくれたのに、

だんだんそういう温かいふれあいが
なくなって、
怒られることが増えていくんですもの。

それこそ思春期になるころには
子どもは怒られても
言うこと聞きませんから、

お互いに口調はどんどんきつくなるし、
まともに会話することが
がくんと減ります。

親が、「大人になって」
おおらかに接するなんてことは、

口を開けばつっかかってくる
わが子を前にすると、
正直、難しいと思います。
(わたしだけか!?)

どっちかが折れるまで根競べに
なったりしてね。

さらに、そうした対立に
拍車をかけるのが、
わが家の場合、成績でした。

まぁとにかく、バトルの原因なんて
探せばいくらでも出てきます。



だからこそ、日ごろから
「あんたは、憎らしいとこもあるけど、
それも含めて大好きなんよ」


ということを、直接間接に
伝えておかなきゃなぁ、と思います。


実は、わたし、
息子にLOVEメッセージを
送ったことがあります。

当時、息子は中1。

毎朝、ゴミ出し手伝いのことで
バトルになって
そばで見ていた娘が怯えるほど
激しく対立していました(恥)。

なんでこんなふうになっちゃうんだろう、
と毎日疲れてたころです。

友人にすすめられて、
気持ちを整理するつもりで
息子にメッセージを書きました。

渡すつもりはなかったのですが、
書いたあと、息子がこれ読んだら
どんな反応するだろう?って
思ってね。

結局、幼いころやっていた
親子日記を引っぱり出してきて
それに清書して渡したんです。


そしたら、読んだ直後は
平静を装っていたけど
やっぱり嬉しかったみたい。

いつもケンカしていた妹に
優しくなったし、
いつも言われるまで出さない
テストの結果を
自分から見せてくれました(笑)





子どもが小さいうちは、
怒りたくなることが
いっぱいあるでしょうけど、
愛情表現できるチャンスも
いっぱいあると思います♪
照れることもないしね。

日ごろからたくさん
「大好きよ~」って
子どもに分かるように、
子どもが感じるように、
伝えてあげてくださいね!



**********お知らせ***********

 

◆しあわせ親子になるコミュニケーション術 ●6/26(日)9:50~11:50@大阪ドーンセンター
●7/3(日)10:00~12:00@奈良Women's Future Center

 

大きくなったら、
直接「大好きよ~」なんて
言うのは難しいですよね。
照れくさいし。
マジで腹立つときもあるし(笑)

でもね、日ごろの何気ない会話で
自己肯定感を上げることが
できるんです。

あるポイントをおさえれば、
今までフツーだった会話が、
自己肯定感を上げる会話に
グレードアップ!

日ごろの会話にちょっと
スパイスを入れるだけ。

うふふ。

スパイスを入れたからといって、
毎日ニコニコ、らくらく子育て
というわけにはいきませんが、

その知識は、行き詰ったときの
強力な助っ人になります。

親子でしあわせになりたいママさん、
ぜひお越しください!

詳細:http://www.noburinomori. com/#!blank-7/vzvp8

 

 

◆子育てハッピーセミナー●6/12(日)10:20~11:20@日航ホテル奈良
●6/18(土)10:20~11:20@エルセラーンホテル大阪

 

子どもの人生の土台となる
自己肯定感を知り、
フリートークで子育てのモヤモヤを
スッキリさせる講座です。

落ち付いたホテルカフェの雰囲気も
お楽しみに。

詳細:http://www.noburinomori. com/#!blank-6/ey8j6

 

 

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんな素敵なカフェで開催できるのがうれしい♪

 

【子育てハッピーセミナー】

子どもの人生の土台となる
自己肯定感を知り、
フリートークで子育てのモヤモヤを
スッキリさせる講座です。

落ち付いたホテルカフェの雰囲気も
お楽しみに。

6月は
12日(日)10:20~11:20 奈良
18日(土)10:20~11:20 西梅田

にて開催予定です。

 

詳細:http://www.noburinomori.com/#!blank-6/ey8j6

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ウキウキしたまま、
思うままに書いてますので
ちょっと読みにくいかもしれませんが
ご容赦ください(^_^;)

 

 

 

アドラー心理学が流行ってますね。
たまたまベストセラー書
「嫌われる勇気」を
2回目の読書中ですが、

 

(読んでない方にも
役立つ内容で書いてますので
どうぞ読み続けてくださいね♪)

 

 

 

 

昨日のNHKアサイチでも
今朝のNHKニュースでも
アドラーの特集が組まれていて、
そんなに流行ってるのか、
とちょっとびっくりしました。

 

 

で、「嫌われる勇気」を読んでいると、
わたしが翻訳した
「やさしいママになりたい!
ギノット先生の子育て講座」

共通点がいっぱいあって、もう、
テンションが上がりっぱなしです!

 

とくに、「評価しない」ということ。

 

大人が子どもを「ほめる」のは
大人が子どもより上の立場にある
という前提のやりとりです。

 

人は、年齢や立場の違いにかかわらず
人間として対等だと考える
アドラー心理学では、


「ほめる」は、
上から下への評価となるので、
否定しています。

 

 

ギノット先生は、
こどもをほめるときは、
「すごい!」「上手だね!」などの
評価するのではなく、


具体的に見たままを言いましょう、
と言ってます。

 

子どもの行動を良し悪しで判断したり、
出来栄えを上手下手で評価するのはなく、

 

子どもや物事のようすを見て、
それをそのまま描写しましょう、と。

 

「おぉ、約束した通り、
7時にゲームをやめれたね」

 

「これは、ひらがなの「あ」だね。
ちゃんとこの枠の中に書けてるね」

 

など。

 

そういう言葉を聞いて、
子どもが自分で


「そう、わたし、
ちゃんと約束守れるの!」とか


「ぼくはちゃんと『あ』書けるんだ!」


と思えたら、
それが子どもの自信につながります。

 

これが、ギノット先生のほめ方。

 

「評価しない」という点で、
アドラー心理学と同じ。

 

 

これ以外にも、
アドラーでいえば
「課題の分離」にあたる箇所も
ありました。

 

朝、子どものきれいな(洗濯済みの)
靴下がない、というとき。

 

とっさに、母親は
「仕事で忙しくて洗濯できなかった」
という罪悪感から
「パパの靴下をかりて!」
と提案するけど、

 

子どもは不機嫌になり、
靴下をはかずに行ってしまいます。

 

ギノット先生のアドバイスと、
アドラー心理学の「課題の分離」
で説明すると、

 

「洗濯をしておく」
のは母親の仕事だけど、

 

「今この場でどうすべきかを考える」
のは子どもの仕事、

 

なぜなら、
靴下がなくて最終的に困るのは
子どもだから、

 

となります。


ギノット先生の素敵なところは、
ここで「困るのはあなたなんだから、
あなたが自分で考えなさい」と
突き放すのではなく、

 

「子どもにとっては重大なこと」
であることを認め、見守りましょう、
と言っていること。

 

あくまで、
「子どもの気持ちを汲んで、
それに寄り添う」
のがギノット流。

 

洗濯しなかったという罪悪感については、


「この失敗を無駄にせず、
これからは靴下だけは必ず、
遅くとも前夜には洗う!」のように


心に決めて実践していくことで、
なくしていけばいいのです。

 

あるいは、信頼できる誰かに
話を聞いてもらうと
少し気がラクになるでしょう。

 

子どもに罪悪感を知らせる必要は
ないのですね。

 

子どもが罪悪感を知れば、
親を責めるばかりで、
解決策を自分で考えることは
ないでしょう。

 

つまり、自主性を発揮する機会を
つぶすことにもなります。

 

親にとっても子どもにとっても、
いいことはありません。

 

繰り返しますが、

洗濯をしそびれたことは、親自身の問題。

今、キレイな靴下がないから
どうすればいいかを考えるのは、
子どもの問題。

 

子どもが、自分で考えた策を実行して、
問題なく学校で過ごせれば、
子どもの自信にもつながります。

 

親が解決しない、見守るだけ、
という姿勢はドライに聞こえますが、

 

子どもが自主性を伸ばし、
自信をつける絶好のチャンス。

 

子どもが伸びるからこそ、
子どもの問題は子どもの手に渡すのです。

 

つい口や手を出したくなるから、
それを我慢する、というのは親の問題。

 

 

うむ。簡単ではないけど、
大事なことだな。

 

 

「しあわせ親子になる
コミュニケーション術」講座
では、


こんな話も含めて、
具体的な接し方と、
なぜそれが子どもを伸ばすことに
なるのか、をお伝えします。

 

わたしの失敗・成功の事例を
あちこちに入れますので
参考になるとのご感想をたくさん
いただいている講座です(^^)

 


6月26日(日)は大阪市で、
7月3日(日)は奈良市で開催します。


詳細はリンク先をご覧くださいね。

ただ今、受講生大募集中です!

 

6月26日→詳細・お申込み
https://www.mshonin.com/sp/?id=552046500

7月3日→詳細・お申込み
https://www.mshonin.com/sp/?id=552046501

 

 

 

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

わたしたち親が子どものころは、

当たり前に存在するものと思われていた

「自己肯定感」。

 

実は当たり前に存在するのではなく、

しっかりと意識して育てなくては

ならないものなのです。

 

子どもから「どうせ」という言葉が出ていたら、

自己肯定感が低くなっているサイン

 

1時間ほど、じっくりと

自己肯定感の大切さや上げ方について、

学んでみませんか。

 

【第3回 子育てハッピーセミナー】
明日10:20~11:20 西梅田にて 開催します。
あとお一人さまの募集です。

(受講料2160円、別途ドリンク代かかります)

 

詳細・お申込みはこちら。
https://www.mshonin.com/sp/?id=552046147

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【しあわせ親子になるコミュニケーション術】

 

両日とも同じ内容です。ご都合のよいほうにご参加ください。

 

◆ 6月26日(日)9:50~11:50
京阪・地下鉄谷町線「天満橋」、JR東西線「大阪城北詰」 下車.
(お子様連れご遠慮ください)

 

7月3日(日)10:00~12:00
JR奈良駅下車
(お子様連れOK、託児はありません)

 

=内容=

0.アイスブレイク(専任講師予定)
1.自己肯定感ってなーに?
2.自己肯定感の上げる方法(傾聴と共感)
3.自己肯定感を下げない方法(罰や脅しの代わりに使える方法)
 
=こんな方に=
* 怒ってばかりで、心も体も疲れる
* ちょっと怒るそぶりを見せると子どもが委縮するようになった
* もっと笑って子育てができるようになりたい
* 親が厳しかったせいか、自分もわが子に厳しくしてしまう
* 上の子にどうしてもキツクなってしまう
* 子ども自身がすぐカッとなる性質で困る
* 短時間で、本当に大切な子育てスキルを学びたい
 
子どもの年齢は幼稚園児~小学校低学年ですが、目安ですのでそれ以外でもOKです。
 
受講されると、きっとこうなります
*怒りの爆発が減り、穏やかな会話が増える
*子どもの乱暴な言動が減る
*子どもの反応が楽しみになる
*親にも子どもにも笑顔が増える
*子どもが自分で考え、行動していくような言葉かけができる
   
 
◆ 講座概要 ◆受講費 :6480円(税込、休憩込で120分)
◆支払方法:銀行振込(お申し込み後、詳細メールをお送りします)
◆定員:各日程10~12名
 
◆キャンセル規定
開催日の前日を1日前として、下記の通りキャンセル料を申し受けます。
(または、他日程への振替も、空きがあれば可能です)
 
・開催日の8日前まで……受講料の0%
・開催日の7日前~4日前まで……受講料の50%
・開催日の3日前~当日まで……受講料の100%
 
返金の際の振込手数料は、お客様のご負担となります。

 

 
 

 

 

 

 

 

講師 森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
   
 
   
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

小学校1年生って、

最初にひらがなの書き方を習いますよね。

宿題で、ひらがなのプリントが出たりしてね。

 

そのプリントを、

泣きながらがんばってる息子くんと、

息子くんがやる気を出せるように

声をかけていらっしゃるママさんの、

すてきな記事があります。

新1年生、宿題絶叫中~!

 

執筆者のSHIHOさんは、

大阪交野市でママのためのアロマサロンを

経営されている、

3人の男の子のママさん。

 

実はSHIHOさん、

去年の夏から3カ月ほど、

わたしの子育て個人レッスンを

受けてくださいました。

 

 

何かを学ぶことと、

学びを実生活に活かすことは

別問題です。

 

学びを咀嚼して自分の中に取り入れないと

「ここで、あれが使える」と

気づきませんからね。

それに、方法を知っても

継続するには根気がいります。

 

だから、SHIHOさんが、

講座が終わってしばらくたつのに、

しっかりと実践されているのを拝見して、

ものすごーーく嬉しくなりました♪

 

しかも、絶叫泣きしてた息子くんが、

「自分で褒めながら、宿題終了~」

ですってニコニコ

 

今でもときどき、リアルで

お会いするのですが

子どもさんとの様子を聞くのが

とても楽しみです。

 

この個人講座は、5月から

「~子育て力3倍UP!~
しあわせ親子になるコミュニケーション術」

(6か月個人講座)

としてリニューアル♪

 

詳細ページ

 

子どもの気持ちに寄り添うやさしい子育てを

学ぶ講座です。

 

やさしいだけでなく、

子どもの自主性を育てる言葉かけもしっかり習得。

 

スキルと考え方を理解し、身につけると、

子どもが巣立つまで

きっと役立てていただけます。

 

 

お問い合わせは

随時受け付けていますので

お気軽にどうぞ。

 

詳細ページ

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、あるママと子どもの
動画を見ました。

子どもが幼稚園に行きたくないと泣いて、
ママが困っている様子が映ってます。

ママはとっても優しい口調で
背中をさすりながら語りかけます。

「怖いの?心配なの?」
「なんで泣いてるの?」
「イヤなの?」

「幼稚園行かないの?」
「幼稚園行かないと、
小学校も行けないよ」
「幼稚園も小学校も
行かなくていいの?」
「赤ちゃんといっしょだよ」

「さみしくなっちゃったの?」

質問の形にはなっているけれど
子どもの答えを待つことなく、
優しい口調で質問を繰り返します。

子どもは泣きべそかいてるので
即答できません。

「怖くないよ、全然」
「お友達といっしょだよ」
「幼稚園、がんばれるひとー?」
「『はーい』は?」

最初から一貫して優しい口調。
背中もさすってあげて、
一見ほほえましく見えます。


……けど、子どもの気持ちを
すっとばして、
行かせよう、行かせようとしている
ことが、見ててよーく分かります。

きっと、ママの意図は
子どもにも伝わってます。

これじゃ子どもの不安は
消えるどころか強くなってしまいそう。

子どもは、幼稚園に
行かなきゃいけないことは
分かってます。
分かってるから泣いてるんです。

「こわい」「不安」の気持ちの方が、
今は大きいのでしょう。

動画は結局、ママさんが気長に付き合い、
最後に笑顔が出て終わりました。

これはこれで一つのやり方だし、
笑顔で終わったから
いいのかもしれません。


でも、もし
「不安なの?」じゃなくて
「不安だよね、怖いよね」
って言ってあげてたら、
このやりとりはどう変わっただろう?
と思いました。


同じハッピーエンドでも
そこへのプロセスが違うと、
子どもの成長も違ってくるはず。


プロセスの中に
「気持ちを受け入れ、認める」
を忘れずに入れたいものです。

大事なので、もう一回。

「気持ちを受け入れ、認める」




実は、このステップは、
自己肯定感を育むためには
とても、とても重要です。

自分の気持ちを大事にしてもらった子は
自分の気持ちを大事にしてもいいのだ、
ということを経験します。

そういうことかというと、

「こんな(ネガティブな)気持ちに
なってもいいのだ」


「こんなふうに感じても
ママに嫌われたりはしないのだ」


という安心感を得られるということです。

そうやって安心感をもらってはじめて
「幼稚園に行く」などの”難題”に
挑戦する意欲がわいてくる
んですね。


子どもに何かをさせたいのに
子どもが応じないとき、

親は焦ったり怒ったりしがちですが、
その目標はいったん脇へ置いておいて、

子どものNOと言う気持ちに
とことん寄り添ってあげてみてください。

親が怒ってしまうと、子どもは、

「こんな気持ちになる自分は
悪い子なのだ」

と、思い込むことがあります。
(そういうやりとりが
積み重なっていったら……

自己否定が強くなります)

だから、子どもがNOと言うときは、
まずは寄り添って、
子どものモヤモヤが晴れてきたら、
あらためて背中を押してみてください。

そうやって、信頼感や安心感を
たくさん与えてやりましょう!

 



子どもが成長するにつれて、
やってほしいこと、
やらせなくてはならないことが
たくさん出てきます。

「しあわせ親子になるコミュニケーション術」では、
怒ったり命令したりしないで
子どもの気持ちを尊重しながら
伝えるべきことを伝えるスキルも
お伝えしています。

この講座は「応用編」ですが、
「基礎編:子育てハッピーセミナー」
を受講していなくても
ご受講いただけます。

ご予約受付は5月23日から、

こちらのブログでご案内いたします(^^)


=================

『しあわせ親子になるコミュニケーション術』

=日時=

両日とも同じ内容です。
ご都合のよいほうにご参加ください。 

 

▼6月26日(日)9:50~11:50

大阪市内 (お子さま連れご遠慮ください)

 

▼7月3日(日)10:00~12:00

奈良市内 (お子様連れOK、託児はありません)

 

=内容=

0.アイスブレイク(専任講師予定)

1.自己肯定感ってなーに?

2.自己肯定感の上げる方法

(傾聴と共感)

3.自己肯定感を下げない方法

(罰や脅しの代わりに使える方法)

 

=こんな方に=

* 怒ってばかりで、心も体も疲れる

* ちょっと怒るそぶりを見せると
  子どもが委縮するようになった

* もっと笑って

  子育てができるようになりたい

* 親が厳しかったせいか、

  自分もわが子に厳しくしてしまう

* 上の子に

  どうしてもキツクなってしまう

* 子ども自身がすぐカッとなる性質で困る

* 短時間で、本当に大切な
  子育てスキルを学びたい

などなど。

   
子どもの年齢は
幼稚園児~小学校低学年ですが、
目安ですので
それ以外でもOKです。

 

 

ご予約受付は5月23日から

開始いたしますね。

 


=================


ミニ講座「子育てハッピーセミナー」も
引き続き募集中です(^^)
詳細は下記サイトへ。


5/26(木)大阪▼残1
スマホ用:https://www.mshonin.com/sp/?id=552046147
携帯用:https://www.mshonin.com/i/?id=552046147

6/12(日)奈良▼残2
スマホ用:https://www.mshonin.com/sp/?id=552046524
携帯用:https://www.mshonin.com/i/?id=552046524

6/18(土)大阪
スマホ用:https://www.mshonin.com/sp/?id=552046525
携帯用:https://www.mshonin.com/i/?id=552046525

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)