NEW !
テーマ:

県内の小学校PTAで講演をさせていただきました。

40人のママさんたち、そして校長先生と教頭先生も

聞いてくださいました。

 

 

1時間で、

 

1.自己肯定感ってなーに?

2.自己肯定感を上げる方法

3.自己肯定感を下げない方法

 

をお伝えしました。

 

専門的な話はせず(てか、できないし(^_^;))、

すぐに実践していただけるよう、

わたしの子育てエピソードをできるだけ盛り込みました。

 

いただいたアンケートを一部、ご紹介。

「今度こんな場面でこんな風に言ってみよう」と

具体的に落とし込みをされた方もいらっしゃり、

話す側としては手ごたえを感じて嬉しい限りです。

 

塾へ行く途中の車内での話や、息子さんが友達とケンカした時のことなど、先生のお子さんのお話すべてが印象に残りました。1時間あっという間で、眠かったはずが、涙あり笑いありでとても楽しかったです。いいママスイッチが入りましたドキドキ

 

いちばん上が中学生の男の子でいろいろ悩むことも多く、先生のお話の中のカッターシャツの話を聞いて、息子さんの気持ちやお母さんの気持ちがよく分かり、涙が出そうになりました。ほかの話もすごく身近で、日々あることばかりで、あっという間の一時間でした。

 

子どもの「どうせ無理」という言葉は要注意で、「自信がない→人目が気になる」ということが自分の子どもにあてはまり、さっそく、受容と共感など、学んだことを使ってはたらきかけたいと思った。どうせ無理、を連発する息子に腹が立ち、はがゆかったが、今日から違う目線で息子と向き合えると思います。

 

どもに怒ったあと、怒りすぎたな、もっといい方法はないのかな、といつも悩んでいたから、そうか、こういう風に言えばいいんや!と、子どもに接するのが楽しみになりました。

 

コップの経験談で、ママが事実を言うことにより、ケンカしていた兄妹2人に解決させることができたのが、すごいと思いました。

 

私メッセージを使って、今度は「おかあさんは、ごはんをいっぱい食べてほしいなあ」と言ってみる、書く・描くスキルも使って、「今日は10時までにねよう!」とポスターを作って貼ってみる……などなど、試したいことがたくさん浮かびました

 

 

わたし自身、子育てはいつも試行錯誤です。

うまくいった!と自画自賛するときもあれば

失敗して自己嫌悪したこともいっぱい。

 

渦中にいるときはしんどいけれど、

そうした経験のすべてが、今こうやって

ママさんたちにシェアできる宝物になっています乙女のトキメキ

 

そんな経験をさせてくれている

子どもたちに、感謝ですビックリマーク

 

 

今年度も、PTA様や子育て支援団体様に

お話に行かせていただきます!

 

講演者を探していらっしゃる方は

どうぞご連絡くださいニコニコ

 

 ↓↓↓

 

 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 

 

無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもが成長するにつれて、やってほしいこと、

やらせなくてはならないことがたくさん出てきます。

 

そのとき、どんな言葉をかけたらよいのでしょう? 

親の言うとおりにしてくれたら嬉しいけど、

親の言いなりロボットにはなってほしくない……ですよね。

 

そんなママさんにお知らせです。

 

しあわせ親子になる親子関係アドバイザー

&中高校生2人の母である 森かほり による

 

【しあわせ親子になるコミュニケーション術

見方・聞き方・話し方のヒケツ】 講座

 

にいらっしゃいませんか?

 

 

 

この講座では、「子どもの気持ちを尊重」しながら、

子どもの心を傷つけずに伝える方法をお伝えします。

 

イライラが爆発する前の声のかけ方、

爆発してしまった後のフォローの仕方を知って

あなたも子どもさんも、もっとハッピーになってくだささい(^^)

 

 

大阪(6/26)、奈良(7/3)ともに、参加者募集中です!

 

●受講された方のコメント●

親子関係が1番しんどかった去年に受講して、どれだけ救われたか…。
受講せずにあのままいってたら、今頃めっちゃしんどかったやろな。

小手先じゃなく、綺麗事だけじゃなく、子供との向き合い方を学べます。

(交野市、Yさま)

 

 

◆ 6月26日(日)9:50~11:50
京阪・地下鉄谷町線「天満橋」、JR東西線「大阪城北詰」 下車.
(お子様連れご遠慮ください)

 

7月3日(日)10:00~12:00
JR奈良駅下車
(お子様連れOK、託児はありません)

 

 

=内容=

0.アイスブレイク(専任講師予定)
1.自己肯定感ってなーに?
2.自己肯定感の上げる方法(傾聴と共感)
3.自己肯定感を下げない方法(罰や脅しの代わりに使える方法)
 
=こんな方に=
* 怒ってばかりで、心も体も疲れる
* ちょっと怒るそぶりを見せると子どもが委縮するようになった
* もっと笑って子育てができるようになりたい
* 親が厳しかったせいか、自分もわが子に厳しくしてしまう
* 上の子にどうしてもキツクなってしまう
* 子ども自身がすぐカッとなる性質で困る
* 短時間で、本当に大切な子育てスキルを学びたい
 
子どもの年齢は幼稚園児~小学校低学年ですが、目安ですのでそれ以外でもOKです。
 
受講されると、きっとこうなります
*怒りの爆発が減り、穏やかな会話が増える
*子どもの乱暴な言動が減る
*子どもの反応が楽しみになる
*親にも子どもにも笑顔が増える
*子どもが自分で考え、行動していくような言葉かけができる
   
 
◆ 講座概要

◆受講費 :一般6480円(税込)、モニター5940円(税込)
 モニターでは、受講1週間後に、お子さんとのやりとりやご感想をご提出いただきます。

◆講師: 森かほり(しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。当ブログ管理人)


◆支払方法:当日現金にて
◆定員:各日程10~12名

 

 

 

 

 

 

講師 森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
   
 
   
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ひとことで「ほめてのばそう!」
とよく言うけど、
どんな言葉でほめたらいいのか、
って考えたこと、ありますか?

 

 

6/22日のNHKあさイチでも、
「ほめて伸ばす!子どもの発達障害」
というテーマで
「ほめましょう!」と
繰り返し言ってましたね。

 

でも「どんな言葉で」という説明は、
ほとんどありませんでした。

 

うまくできたら瞬時にほめるのが大事、
とのことですが、

 

「すかさず『上手、ステキ、最高!』
って言うのは、ほめるというより、
おだててるような気がする」

 

というツッコミがありました。

 

わたしも同感!と思ったのですが、
お医者さんの答えは
「できることを増やす」のが
目的なのでOK、でしたね。

 

ふーん。

 

ギノット先生の子育て講座を記録した本
(&ワタシが翻訳させてもらった本)
「やさしいママになりたい!」では、

 

「具体的に、
見たまま、感じたままを言う」

 

という方法が紹介されています。

 

「上手、ステキ、最高」のような
評価言葉を言うのではなく、
見たままの状況や感じたことを
描写するのです。

 

たとえば、
「言われたモノを間違えずに
指差しする」ことができたら、

 

「上手、ステキ!」と言わなくても、
「できたね、うれしいね」
でいいんじゃないかな。

 

ママの笑顔や口調で、
それがよいことだということが
分かるでしょう。

 

 

「上手」のような評価言葉には
次のような欠点があります。

 

よい評価をもらうことに
慣れてしまったら、
よい評価をもらえないとき
(ほめ言葉がないとき)に、
不安になってしまうこと。

 

要するに、ほめられ慣れてしまって、
ほめられないとできない、
という悪循環にはまること
(これは、実体験として
視聴者からのFAXで紹介されてました)

 

さらに言うと、


評価言葉でほめていると、
その基準に達しなければ、
ほめてもらえない、
ほめてもらえる価値がない、


というプレッシャーを、
子どもは感じるようになります。

 

だけど描写言葉なら、
子どもは、親の言葉や様子
(口調や表情)から、


「ママが関心をもってくれている」
「ママが見てくれているから
もう一回やろう♪」


みたいな気持ちを持ちやすくなります。

 

たとえそんな気持ちにならなくても、
不安やプレッシャーを与える、
というような、
マイナス要素はありません。

 

まあ、わたしは発達障害の
専門家じゃないから、
TVを見た違和感しか書けませんが、

 

世間一般の「ほめてのばそう」という
考え方については、いつも、
そんなほめ方でいいのかなぁ?
と感じています。


人に評価されて喜びを感じるより、


人の描写言葉をきっかけに、
「私ってこんなことができるんだ!」
と発見して喜びを感じるほうが、


能力や自信を伸ばすことになる
と思うんやけどなぁ。

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ストレスは、大人だけの問題ではありません。
自覚はないかもしれませんが、子どもも抱えます。

 

家で怒られてばかり、命令されてばかりで、自分の気持ちは聞いてもらえない。

そんな家だったら、大人だってストレスがたまります。

 

でも親は、「まあ、ちょっと口うるさいかもしれないけど、子どもがストレスためるほどではないと思うわ。ほめるときはちゃんとほめてるし」

そんなふうに思っている人も少なくないでしょう。

 

自分の言葉が、子どもの心にどう響いているか、日ごろから気にする親ってあまりいないんじゃないかな。

 

だからこそ、気づいてほしいのです。

親が何の気なしに言っていることが、子どもには「アンタはダメな子」というメッセージに聞こえているかもしれない、ということに。

 

無料メルマガ「ノブリの森」。子どもの心が育つ、突っ込んだ話とか、ちょっとブログでは言いにくいこととか。ご登録はこちらからどうぞ!
https://www.mshonin.com/sp/?id=552045541

 

 

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

子どもの自己肯定感を下げない心得。

それは、

 

「子どもが一見
ふさわしくない行動をしたとき、
行動だけに注目するのではなく、
その行動を引き起こした気持ちにこそ
注目する」

 

例えば、親が管理するゲーム機を
子どもがいつの間にか隠し持ち、
勉強していると言いながら
こっそり遊んでいた……
のを発見したとき。

 

「何やってんの!」と
頭ごなしに怒ってゲームを取り上げ、
しばらくゲーム禁止!
ってのがありがちなパターン。
(実はわたし、経験済みあせる)

 

「ウソついたらアカンやろ!」
「何度言ったら分かるの!」


こういうのは、
行動だけに注目しているから
出てくる言葉。

 

言われた子どもは、
よけい頑なに口ごたえしたり
言い訳したりするでしょう。

 

だから、「隠れてゲームをしていた」
という行動より
「そうさせた気持ち」
に目を向けるんです。

 

そういうときほど、
「行動じゃなくて気持ち!」
と呪文のように唱えて、
気持ちを考えてみるんです。


なぜ「勉強している」と
ウソをついてまでゲームしたいのだろう。

いけないと分かっていても

止められないのかな。

後ろめたい気持ちと戦いながら

ハラハラしながら遊んでるのかな。

ゲームを知っておかないと、
友達の輪に入れないのかな。 
もしかしたら、すでに
仲間外れの雰囲気になっているとか? 

 

そうであれば、コトは
ゲームだけで済まなくなりそうです。 

 

子どもには子どもなりの理由があるはず。


まずはそれを知らいないと
ダメなんですね~。

 

そうでないと、対応策を考えたところで、
親の思惑ばかりが先行して
ぜんぜん的を射ない対策を
強要してしまうかもしれません……


そうすると悪循環……

 

現場を目撃したら
感情的になってしまうのは
ある程度は仕方ありません。

 

もしそうなったら、
あとで穏やかに気持ちを聞いて、
話し合いをしてくださいね。


↑↑
こういう、
自己肯定感を下げない接し方って、
めっちゃくちゃ大事です。


なぜかというと、感情的になったら、
子どもの自己肯定感を下げる言葉
(責める言葉)が、自然に
どんどん出てきます
からねガーン

 

どうしたら、そういう言葉を出さずに
言いたいことを言えるか。
その方法を、下のセミナーでは
詳しくお伝えしています。

 

5名様限定で、モニター募集開始しました。

一般価格6000円(税別)のところ、

モニター価格5500円(税別)でご受講いただけます。

 

 

◆しあわせ親子になるコミュニケーション
各日程、モニター募集!【受講料500円引き】
モニターでは、受講1週間後に、お子さんとのやり取りやご感想を、ご提出いただきます。

6/26(日) 9:50~11:50
ドーンセンター(大阪天満橋)

7/3(日) 10:00~12:00
Women's Future Center 
(JR
奈良)

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

高2の息子からお父さんへ。

お父さんの大好物です。

 

クールに受け取ったお父さん、

かなり嬉しいはず!

「ほら、写真撮って、ブログにあげて」と。

はいはい(笑)。

 

お父さん、いつもありがとね♪

 

 

 

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

『子育てハッピーアドバイス』著者の明橋大二先生、子育てハッピーアドバイザーの方々と久しぶりにお会いできました。

 

↑「子育てハッピーアドバイス」などのご著書以外にも、先生セレクションのCDも。

おいしいご飯をいただきながら、ぶっちゃけガハハトーク 笑い泣き+ 真剣トーク目

その中で心に残った言葉。

「自己肯定感が低い自分でもいいんだ、と思えることが大事」

そう、そうなのです!
ママさんたちはがんばって子育てして、思うようにいかなくて落ち込んで、わたしが講座で自己肯定感の話をすると、「わたし自身の自己肯定感が低くて……」とおっしゃる方、多いです。

でも、子育てに一生懸命がんばってるんだから、大丈夫ですよ、とお伝えしています。
少しでも良い子育てをしたいと思って学びに来てらっしゃる。それで十分です。

そして、子どもへの新しい接し方スキルをお伝えすると
不安だったお顔がだんだんと笑顔になり、「やってみます!」とおっしゃいます。
わたしも新しいスキルを知ったときは、早く使ってみたくてワクワクしたものでした(^^)



「会社の経営者のような人でも、じつは自己肯定感が低い。
立場上、強く見せざるを得なくて、だれにも相談できない人が多い」


へー、そうなんだ……
なんとなく、起業してバリバリやってて自己肯定感が高そうな人たちの顔が思い浮かびました……


「今の大人は、ダメ出しされて育てられてきた。だから保育園や幼稚園でも、とんでもなく厳しい方針を貫いているところもある。そういう先生は、自分の信念からそのようにしているので、なかなかそれを変えていくのは難しい……」

新しい先生が「子どもの(甘やかしでなく)甘えを大事にしよう」と思って入ってきても、前からの強い先生が「厳しいのがよい」というタイプの先生だと、なかなか変えられないようです。

子どもの人格形成は、家庭が第一だとは思いますが、一日の長い時間を過ごす幼稚園や保育園などで、先生が子どもにどう接するか、というのはとても大事なことです。「厳しくすべき」「統率され、子どもたちがピシッとしているのがよい」という考え方を見直す余裕をもっていただければ、と思います。

 

 

森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

メルマガ第26号「『勉強しなくて困る!』こう考えてみた」を読んで下さった方からメッセージ。


「失敗にそなえて強い心を、というのはなるほどと思います。でもそれって、勉強などで努力しないわが子をそのままにしておけばいい、ということでしょうか? 見守るというと聞こえがいいけど、放っておくこととは違うのですか?」


ごもっともな質問です。第27号(今日お昼12時配信)にて続きを書きました。
前号もあわせて読みたい方は登録のコメント欄に「No.26配信希望」とお書きくださいね。

https://www.mshonin.com/sp/?id=552045541

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
しあわせ親子を増やす
親子関係アドバイザーの
森かほり です。

子育てを個人レッスン(女性限定)で
学んでみませんか?
  
なんで個人レッスンをやろうと
思ったかというと……

今までグループ講座や講演会をやって、
受講生の方に参加の理由をたずねると、
「子育ての方法が知りたい」
「やさしくなりたい」というのが
TOP2でした。

子育てを学ぶ場は、探せばありますが
学んだあとに活かせるかどうか、
がポイントですよね。…

・「講演会」では一つのテーマについて
体系的に学べます。
でも
個別のケースに落とし込めるか
どうかは
聴く人次第。

・「講座」は学びに加え、複数のママの
子育てを聴けて役立つこともあるけど、
逆に落ち込むこともある。単発講座の
場合、聞きっ放しで終わりがち。

・「悩み相談」は、アドバイスは
もらえるけど、その場しのぎの感じが
する。それに、相談に行くのは
「深刻なケース」のような気がして
敷居が高い……

・「ママ友とおしゃべり・サークル」は
気楽だけど、ホントに悩んでることは
話しにくい。雑談で終わる。
そもそも人見知りでサークルに
行きにくいママもいる……。


これまで子育ての講座や講演を
やってきて、そういう声を聞いたり
見たりしてきました。

そこで、

気楽に行って、じっくり学んで
ホントに活かせる場

=個人レッスン

を始めようと思ったのです。




講演や講座の「体系的な学び」と、
悩み相談の「ケース別アドバイス」と、
ママ友との「共感おしゃべりが合体!




「学び」 + 「相談」 + 「ママ目線」

=ノブリの森 個人レッスン



です!


個人レッスンだから

・一方的に話を聴くだけじゃ
ありません。お話を伺いながら
お伝えします。

・子どもの年齢や性別にかかわらず、
長く続く子育てに大事なポイント、
役立つポイントを
順序立てて学べます。
その場しのぎの知識じゃありません。

・ママ目線、現場目線でお伝えするから
難しい話はありません。
理屈だけで終わることもありません。
わたしの失敗例・成功例を
たくさんお伝えします。
(現在も高2・中2の子育て真っ最中

・受講される方の状況や悩みに合わせて
いっしょに接し方を考えていきます。

じっくりと学んで、
しっかりと落とし込んでいただくため、
6か月の長期コースです。

毎月1回お会いして、
レクチャーと振り返りで
接し方を少しずつ自分のものに
していただきます。

ご予約、随時受付中です\(^o^)/






森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
   





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お子さん、
「どーせムリ」と言ってませんか?

 

こんな言葉が出てきたら、
自己肯定感が下がっているサイン。

自分に自信がもてなくなっている
ということです。

 

 

 


「子育てハッピーセミナー」は、
子どもの自己肯定感がメインテーマ。

 

子育ての基本姿勢や考え方について
お話するのですが、

受講されるママさんは、
それぞれのお子さんの場合に当てはめて
じっくりと聴いてくださいます。

 

自己肯定感が高い人、低い人の特徴を
説明すると、
「うちの子、自己肯定感が低い……」と
愕然とされる方がほとんどです。

 

その感覚が、とても大事なのです。


なぜなら、そう感じないと
子どもへの接し方を変えようとは
思えないから。

 

今のままだとマズイぞ、と
思えるのは、ある意味ラッキーなのです。

 

知らずに今のまま、
子どもを子どもとして
(親によっては見下して)扱い続け、
あとで問題が深刻化したら
親も子も、辛いですから。

 


先日のセミナーでは、

 

「子どもを変えるのではなく、
親が変わらないと
いけないのですね……」

 

とママさんがつぶやかれました。

 

はい、そうですね。
子どもを変えようとして疲れ果てるより

ご自分を見つめて、

必要なら変えていきませんか?

 

それが、しあわせ親子になるための
スタート地点です。

 

しあわせ親子になる子育ては、
今のご自身の親子関係に
気づくことから始まります。

 

子育てハッピーセミナーは、

3人までの小グループですから、

じっくりと自己肯定感を学ぶうちに、
子どもとの関係が見えてくるのです。

 


次回は次の日曜日です。

 

 

◆子育てハッピーセミナー6/18(土) 10:20~11:20
ホテルエルセラーン大阪
 
 
 
 
森かほり プロフィール
しあわせ親子を増やす親子関係アドバイザー。認定子育てハッピーアドバイザー。しあわせ親子を増やしたら、いじめがなくなると本気で思っていて、子育ての講座・講演・執筆などで活動中。1999年と2002年生まれの子どもと夫の4人家族。もと英語講師で翻訳者。カメラとコーヒーと英語とピアノが好き。下2冊は、わたしの分身(翻訳書)。最新情報はこちら

   
【左】『やさしいママになりたい!ギノット先生の子育て講座』(筑摩書房)
【右】『子どもを上手に叱っていますか? しあわせな親子関係を作るコツ教えます』(筑摩書房)
 
無料メルマガ 「ノブリの森」
しあわせ子育てをしたい!というママさん、無料メルマガ「ノブリの森」にぜひご登録ください。子育てのコツやエピソード、セミナー情報の先行案内、ブログには書けないホンネも書いてます(^^)
 
保護者向け講演会
小学校や幼稚園で、保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
  • 自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
  • 自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
  • 自己肯定感を下げない接し方(怒りのコントロール、子どもを傷つけずに伝える方法)
 
 
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)