みなさまへ。

テーマ:

大変急ではございますが、


本日を以って更新を終了と致します。




ブログを始めて、本当に沢山の方々と出会い、


本当にかわいがっていただきました。


幸せでした。


本当に本当にありがとうございました。




皆様が笑顔で、そして元気でいらっしゃることを願って。




2009年2月11日   じゅん


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*




届けたい 届けたい


届くはずのない声だとしても


あなたに届けたい


「ありがとう」 「さよなら」


言葉では言い尽くせないけど


この胸に溢れてる




花の匂いに導かれて


淡い木漏れ日に手を伸ばしたら


その温もりに


あなたが手を繋いでいてくれているような気がした




信じたい 信じたい


人の心にあるあたたかな奇跡を信じたい


信じたい 信じたい


誰の命もまた誰かを輝かす為の光




”永遠のさよなら”をしても


あなたの呼吸が私には聞こえてる


別の姿で 同じ微笑で


あなたはきっとまた会いに来てくれる




どんな悲劇に埋もれた場所にでも


幸せの種は必ず植わってる


こぼれ落ちた涙が如雨露一杯になったら


その種に水を撒こう




人恋しさをメロディーにした


口笛を風が運んでいったら


遠いどこかで


あなたがその目を細めて聞いている




”本当のさよなら”をしても


温かい呼吸が私には聞こえてる


別の姿で 同じ愛眼差しで


あなたはきっとまた会いに来てくれる




Mr.Children 『花の匂い』 / 作詞: 桜井和寿



AD

思い出す人。

テーマ:

最近パッとしない暗い内容が多くて、


誠に申し訳ございません((人´Д`;


更にコメレスもしてなければ、ペタやコメもしていない。


重ね重ね、誠に誠に申し訳ございません+.((人д`o)(o´д人))゜+.


しかし、まだ参っている状態ゆえご了承くだサイ(人ω<`;)




最近、いろんな人のことを思い出していマス。


家族、地元の友達、大阪時代の友達、こっちの友達、別れた男、恩師、会社の人、とにかく沢山。


最後に会ったのはいつだったっけ?


どんな話をしたっけ?


どんな顔してたっけ?




両親に会ったのは去年の5月。


兄貴もこっちに来てくれて、小倉駅前で解散した。


姪っ子のHANAがかわいかった。




じいちゃんばあちゃんに会ったのは一昨年の夏。


すっごく喜んでた。


ばあちゃんはいつも、ずーっと向こうの


坂を上りきった角を曲がるまで手を振って見送ってくれる。




あの人たちに会ったのは忘年会。


みんな優しくて楽しかった。


あの人は横断歩道の手前で私を抱きしめてくれて、


とってもとっても嬉しかった。




あの人たちに会ったのはお誕生会。


みんなそれぞれ頑張ってるなって思った。


あの人は、いつも私を心配してくれていて、


みんなと談笑しながらこっそり声をかけてくれた。


あの人は、咳が止まらない私の背中をずっとさすってくれてた。


駅に向かう私をみんなで見送ってくれた。


やっぱりみんな大好きだって思った。




あの人に会ったのは去年のお盆。


お土産やお弁当を持たせてくれて、


新幹線の窓のむこうで投げKISSをして笑って手を振ってた。




あの人に会ったのは先週。


いつも愚痴を聞いてくれて、最後に喝を入れてくれる。


「じゅんちゃん、また同じこと繰り返してるよ!」って言われた。


相変わらず色々気にかけてくれてた。




あの人に会ったのは一昨日。


いろんな話をきかせてくれた。


いろんな話を聞いてくれた。


くだらない下ネタで爆笑してた。




あの人に会ったのはついさっき。


疲れきった顔をしてた。


私のせいだって思った。


「頑張るんだよ。」って言われて、


心が痛かった。




みんなが最後にみた私はどんな顔をしてただろう。


笑顔だったらいいな。



AD
親と自分の性格は似てる? ブログネタ:親と自分の性格は似てる? 参加中
本文はここから


先日母から送られてきたメールです。



タイトル:「こすってみよう!」

本文:画面をこすってみてね♪

添付画像
『松中信彦』が大好きな女の日記ですけど、何か問題でも?-STIL0006.gif



この画像を以前見たことがあったため、

どうなるかはわかっていたのデスが、

何故こんなクダランものを娘にわざわざ?

と、頭の中はハテナでいっぱいに。

母とは26年の付き合い(当たり前)デスが、

いまだに掴めない不思議チャンデス(´-ω-`;)ゞ



先日も私にとってはかな~りどうでもいいことを、

メールでかなり軽いノリで「よろしく~♪」とお願いしてきたので、

その時は「考えとくね」と返信をしておきました。

後日電話がかかってきて、

「どう?行ける?」と言われ

どうあがいても仕事の都合上無理だったので、

「仕事で無理やわ。」と答えると、

「アンタ!ふざけなさんなよっ!」ブチッ!!!!!

怒り狂って電話を切られてしまいました。



どうすりゃいいんだよヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/って考えていたら、

母からメール。



これまた凄まじい文面でΣ(±∀±;)!!



「行ってくれんのやったらアンタとは縁を切ります!

 私があんなに頼んだのに!ふざけんな!

 なめんじゃねー!ボケ!」

↑一切脚色なし。まんまデスよ。

(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


これは酷すぎると思い、母に返信。



「あんなに頼んだのにって・・・

 メールで軽~くよろしく~♪って言われただけやろ?

 それに、あんなクダラン事で縁を切るとか意味わからんし。

 こんな汚い言葉で脅される意味も道理もまったく理解できません。

 男と喧嘩したって、こんな汚い言葉のメール

 もらったことも、送ったこともないよ。

 ちょっと冷静になったら?」



親に対して諭すというか、

こんな事を言ってもいいものか

しばらく悩みましたが、

あまりに酷すぎるので送信。



翌日の母からの返信。

「そう言われてみれば、

 あんまり必死でお願いしてなかったかもって

 反省したり、しなかったり、ラジバンダリ☆」



ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!



運転も荒いが気性も荒い。

そんな母デス。



でも、昨日まで巷で大流行の波に乗り、

インフルエンザでタミフルさんにお世話になっていたんデスが、

寝込んだ初日にたまたま母から電話があって、

翌朝には実家から小包が届きました。


『松中信彦』が大好きな女の日記ですけど、何か問題でも?-image.jpg
ピンクの厚手の部屋着とこれまたピンクのモコモコ靴下。

おかゆやら栄養ドリンクやらゼリーやら大量に。

そういうところはやっぱり母親だな~と思いました。



そんな母を見て育った私は・・・

どちらかというと、父の性格に似ている気がしマス(´-ω-`;)ゞ

いや、そうであってほしい!




AD