中野信子オフィシャルブログ「l'esprit d'escalier レスプリ・デスカリエ」Powered by Ameba

お仕事のご依頼はこちらへおねがいします。

株式会社ビッグベン
http://www.bigbenn.jp/


テーマ:
監訳というのをはじめて担当しました。
直訳風の表現からどうやって読みやすくするか、
やはりぎこちなくなってしまったような気もしていて
みなさんにどれだけ本質的な内容をお伝えできるかどうか
心配で心配で仕方ありません。

でも内容そのものは
とても誠実なものになったと思います。

ちょっと大きいサイズでかさばるのですが、
お手元に置いておいて
いざ、気持ちがどうしてもはれない、とか
自分の感情や、周囲の人の思いに振り回されてしまう、とか
自分がどうにかできなくて困っているとき、などに
使っていただけたらなと思っています。


表紙も元気が出そうな色で、とてもいいと思っています。
デザイナーさん、素敵な表紙を、ありがとうございます!




新書の新刊はこちら。
文春新書です。




単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物はこちら


           

いいね!した人  |  リブログ(0)
中野信子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
これはすごい。

あんまりこういうのシェアするほうじゃないんですけど
拡散してもいいかなと思って転載です。

性犯罪が心配な親御さんとか
お嬢さん用にどうですか。
(実際、下記の件では祖父が孫娘に贈ったとのこと)

アンチレイプコンドーム『RapeAXe』

一度威力を発揮すればなんと
自動的に再犯防止にもなってしまうという。

すごい。。
警察の皆さんもどうでしょう配布とか導入を検討されてみては

転載元: http://moccosnoon.com/archives/9171.html

レイプしたらチンコが八つ裂きになるタンポン型レイプ防止用具、実際に強姦魔のチンポを引き裂く

:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1467084592

2013年にこの製品を初めて知った当時『RapeEx』という名前だった製品モデルは、市販化に伴い『RapeAXe』に名称変更されていた。「レイプ大国」の悪名を誇る南アフリカで着想・開発されたこの対レイプ防護器具は、3年の月日を経てついに製品の導入に抵抗のあったアメリカに上陸した。 
ニューヨーカーの18歳の娘の身を案じて祖父が贈ったこの「女性用防護機構付きコンドーム」が遂に現実に活用され、その機能を如何なく発揮した。結果、悪夢のような現実に直面したのは暴漢の方だった。

※画像はイメージ


ミシェルさんによると、暴漢が彼女に挿入したその瞬間、その器具がたった一撃で男の性器を6枚の刃で切り裂いたのだという。さらに男が性器を取り出すときにもう一撃お見舞いされ、男の性器はずたずたにされた。

男はそのまま地面に崩れ落ち、痛みに喘ぎ叫んだ。ミシェルさんはその隙に現場から走り去り、携帯から警察を呼びだすことができた。

 
暴漢の男、38歳のロナルド・ステッドウェイ(Ronald Steadway)は、 
ただちに近くの病院に搬送され、手術によりペニスを完全に切除された。 
警察によると、男の回復を待って男を郡の刑務所に移送し、男は保釈なしの裁判を受けることになるという。











いいね!した人  |  リブログ(6)
中野信子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:


ドキドキするタイトルですねーー
ようするに、これのことなんですが……



読んでみました。
どちらも同じ著者の本です。

なるほどこれはなかなか。
エロテロリストっていう単語がむかーし流行り?ましたが
エコテロリストっていうんですねこういうの。

動物愛護界隈にどういう利権があるのかとか。
白人はクジラをとってよくて
日本人はだめなのはなんでなのかとか。

お子さま方や若い方にもぜひ
こういうの、議論の練習にいいんではないでしょうか。

ていうかヨーロッパに留学すると、
普通にこういう議論ふっかけられるよ。
アメリカはどうなのかな。

WW2ではお前たちは俺たちドイツと一緒に戦ったが
後始末はどうやってんのとか。
それについてどう思ってんのとか。
まったく外交官とかでもなく
その分野の研究者とかいうわけじゃなくても。
誰に対してもさらりとこういう会話を振って来るよね
彼らは……。

その時、日本人として、
日本人の立場でしっかり論陣を張れる人って
どれくらいいるんでしょうね?




新書の新刊はこちら。
文春新書です。




単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物はこちら


           



いいね!した人  |  リブログ(0)
中野信子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
以前からずっとゼリーはたらみさんのファンなのですが
コンビニで見かけると必ず買います。
たらみさんのゼリーが頭一つ抜きんでて美味しいのは
ゼリー部分の絶妙なやわらかさ加減と
リアルな果実感を重視して
甘さが適度に控えめなところがいいんだと思うのです。

中野がいま気に入っていて、つい買ってしまうのはこれです。


なんという果実感

グレープフルーツの苦味、酸味、上品な甘さ、爽やかな香り
をちゃんとこの値段で表現できるっていうのはすごいことじゃないでしょうか。

濃いしぼりシリーズ見かけた分だけ買ってみましたが
桃とぶどうもどれもおいしいです。

特に桃。
ごろっと果実シリーズの桃は歯ざわりがしっかりしていて、
ゼリー部分とのメリハリがあって大好きなのですが
濃いしぼりシリーズの桃はよりとろける感じに。
お口の中でとろーんと桃の風味がとろけながらじんわりと浸み込んでいくのがたまりません。

たらみさんがんばってますねーーー
いつもコンビニで大人買いして応援しております。





新書の新刊はこちら。
文春新書です。




単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物はこちら


           

いいね!した人  |  リブログ(2)
中野信子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
夫婦のすれ違い問題、その原因、対処法はあるのか
ということに光を当てていきます。

「妻が怖い夫たち」というテーマです。

緊張します。




新書の新刊はこちら。
文春新書です。




単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物はこちら


          

いいね!した人  |  リブログ(0)
中野信子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み