主催者から告知をお願いしますとのことでご紹介をします。

イベントの詳細とお申し込みはこのページにあるようです。
http://www.asahi.com/eco/awf/?cid=awf_sn_nn

帝国ホテル。
クラシックな雰囲気を楽しみがてらぜひいらしてみてください。


単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物です。

            



監訳を担当しました。


夜のプレイリスト

テーマ:
今週から、再放送しています。ラジオです。

http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/





単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物です。

            



監訳を担当しました。


宮島達男さん

テーマ:
ずっとファンでした。宮島達男さん。
ご夫妻にお会いすることができました。
感激でいっぱいです。
思えば私と主人が結婚したのも宮島さんの存在があったからともいえる…
お礼を申し上げなくては。

宮島さんの作品、直島で見た時に大きな衝撃を受けました。
こんなことやれる人がいるんだなと思った。
直島を手がけられた時の
福武總一郎さんとのやり取りなども興味深く伺いました。

ところで奥様のお洋服と私の服の色が完全に一致(笑)
ご縁を感じました。

奥様のお隣にいるのは
古い友人でロンドンで売り出し中のサウンドアーティスト、島田学さん。
http://manabushimada.com/

画像に含まれている可能性があるもの:4人、テーブル、室内



単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物です。

            



監訳を担当しました。



深泥丘奇談・続々

テーマ:
『八つ墓村』の収録でご一緒した綾辻先生の新刊。
御献本いただいてしまって
夫婦とも恐縮しきりです。



拝読しました
なんかもう、水墨の抽象画を鑑賞するような感じ。
達人ってこういうことをいうのだろうな……。

日常からほんの数ミリだけズレたところにある異界と
そこを行ったり来たりすることによる
不思議な酩酊感。

とはいえ、どっぷり泥酔させるような
アルコール度数の高い酒のようではありません。

ほろ酔い加減の精妙さを楽しめる適度な度数。
ちょっとほっとする隙を読者に与えてくれます。

そんな余裕がまたさすがというか
先生かっこいい……。





単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物です。

            



監訳を担当しました。



WDLCのインタビュー記事です

テーマ:
こちらからご参照ください。
https://advertising.aolp.jp/tieup/msn2016/mfpc/heardnakano/





単著の新刊はこちら。
青春出版社からです。





これまでの出版物です。

            



監訳を担当しました。