廣田信子のブログ

マンションコミュニティ研究会、MSC㈱代表廣田信子より
日々のマンション生活やお仕事に、また人生にちょっとプラスになるストーリーをお届けしています。
一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・


テーマ:
こんにちは! 廣田信子です。

マンションで一括受電サービスを導入するための
全員承認がもらえるかは、
マンションの合意形成の試金石でもあります。

東日本大震災の前の、かなり早い時期から、
一括受電導入を検討したマンションがあります。

かなりやり手の理事長が、
自分の任期中に、何か目に見える成果を出したいと、
検討を始めたのです。

そのマンションでは、削減額が大きいとわかり、
これは乗らない手はないと、
かなり前向きに検討が進み、住民説明会を開いたのですが…

その説明会で、ある人が、強行に反対したそうです。
電力の自由化が進むのに、自分の専有部分の電気をどこから買うかまで
管理組合で制限する権利はない…というのです。

海外の事情とかにも詳しい方だったようで、
自由化されたら自分は
原発とは関係がないクリーンな電力を購入するつもりだから…
というような話をされたようです。

その理事長は、当時の感覚で…
自由化といっても、そんな家庭用まで自由化され、
各個人が好きな電力会社から購入できるようになる
なんてことはありえないでしょう。

しかも、クリーンな電力を買うなんて、
そんな電力供給会社がコスト的に成り立たつ訳ないだろう。

なんて、おかしな夢物語みたいなことを言うんだ。
こんな妄想みないな話で、
マンション全員の利益を損なうことはエゴだと
理事長は憤慨しましたが…

その人の発言が呼び水になったのか、
他にも、もう少し慎重に検討した方がいいという意見が出て、

この状況では、総会決議はできても、全員承認が困難だろうと
導入を断念したのでした。

確か、その当時、私に、
こんな非現実的な人がいるから、
自分たちまで無駄なお金を出費させられるんだ…と
憤慨して話してくれました。


さて、その後、
東日本大震災、福島第一原発の事故を経て、
電力に対する考え方は大きく変わりました。

クリーンエネルギーの開発、運用に対して国が大きな力を入れるようになり、
家庭用の電気の自由化も決まりました。

その元理事長さんに久しぶりにお会いした時に、
一括受電の計画断念のときの話になりました。

う~ん。
あのときは、こんないいプランに反対するなんて
自分勝手で困った人だとしか思わなかったけど、

今思うと、一理あったんだ~。
強引にやらなくてよかった…と。


あり得ないと思ったことが、
数年後には現実となって目の前に現れる…

そういうことは、多々あります。

ですから、みんなの意見は、真摯に聴き、
強引な合意形成はしないということですね。

「絶対にこれが正しい道」というのが
無いのが管理組合運営ですから。

で、「絶対に正しい」がないのは、
管理組合運営に限ったことじゃなくて人生の真理なんですよね。

お釈迦様じゃないですけど(笑)


ランキングに参加しました。
クリックしていただけると励みになります!



マンション管理 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

------------------------------------------------------------------------------

Facebookでもお届けしています!
Facebook

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

廣田 信子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。