大阪小学生ソフトテニス大会が開催されました。

先日の西日本大会予選で結果が出せなかったマサ&ケンタにとって、一矢報いる絶好の機会でした。

予選リーグからしっかり自分達のテニスで格下に圧勝。リーグ抜けをかけた西日本大会予選一位のペアに必死で挑みました。

マサが苦手としてきた雁行陣でしたが、前衛に触られないようコースを打ち分け、チャンスボールはいつものシュートボールが効いてました。

結果ファイナルを制しみごと一位を倒して決勝トーナメントへ。

この時点でマサ&ケンタは大きく手を突き上げて最高のガッツポーズを決めてくれました。

一番輝いた瞬間でした。


決勝トーナメント一回戦も難なく勝ち抜き、いよいよ決勝。

全日本予選大阪一位、西日本大会予選も二位の実力あるペア。

1ゲーム、2ゲームと追い詰めるものの先にミスでやられる。

ラリー力のある六年生とガチンコしても勝負どころでツイストされ、拾っても攻められるパターン。

3ゲーム目にやっと頭を使ったゲームの組み立てと攻めで1ゲーム奪取。

4ゲーム目も一進一退でしたが最後にミスで終わった。


頑張ったが最後及ばずの準優勝。


一位になって西日本大会に出場する選手達に奮起してもらいたいとこでしたが、実力不足ですね。

ただ、雁行陣への対応力が付いてきたのは確かです。専属コーチに散々言われ続けて練習してきたことが身体の成長と共に出来てきた模様。


次は五年生以下シングルス大会で優勝出来るよう練習あるのみ。

前衛で攻められることもないので、カットサーブ、ツイストへの対応と共に、雑なプレーをしないこととシュートボールだけでなくいろんな球を出せることだと理解して闘いの幅をもって欲しい。
AD
西日本予選は負けてしまいました。

なんとも言葉が出て来ません。


やはり、シュートボールだけでは勝てません。

持ち玉が少なすぎます。

これまでは、皆にもとれなかったがやはり力を周りも付けだし、シュートを何本も打たなければ決まらず。

そのうち決めたろうと力が入り、ネット、バックアウトの連発。また、焦って取りに行ったシュートを前衛にボレーされる。

相手も、そんなミスをしてくれるマサ狙い。

そんなことを考えず、ミスを続けて自滅しました。

少しは考えて、中ロブやコースに変化をもてばよいものを・・・。

ケンタの調子も良くなく、これまでの二人で一本がギクシャク。


いい薬になったのでは。


二人とも少しおごっていたところもあり、いい薬になりました。

マサはもっといろんな持ち玉で勝負することを覚えて欲しい。

今日から新たな気持ちで、
練習!練習!


朝のスポ少のメニューから、ボレーで決める!シュートで決める!ロブで決める!コースで決める!の4つの課題で試合をさせ、いろんなボールや変化で勝負することを全員で取り組んだ。

個々にいろんな事をチャレンジしていたように見える。

マサもシュートボールだけではなくいろんなボールで闘っていた。

こらを続けて、新たなマサ&ケンタになって欲しい。

次に向かって・・・!
AD
大阪では、小学生のソフトテニス西日本大会の予選です。


堺SPのメンバーは1チームでも多く、そして、マサ&ケンタは必ず出場出来るよう、夏にやって来たことを全て出して頑張れ!
AD
昨日、信州上田城にいく予定でしたが、片道5時間の強行軍はキツイという事で、大阪にある真田ゆかりの地を歩いて巡ることとしました。

まずは、玉造神社。

豊臣秀頼公が鳥居を寄進した神社です。

真田丸が何処にあったのかも紹介されていました。



この玉造神社の近くには、その昔千利休や細川家、前田家等の屋敷がありました。

そのため細川ガラシャが自決した細川家屋敷の台所の井戸も近くにあります。

その近くにはキリシタンだった細川ガラシャが正面に描かれているマリア大聖堂があります。



立派な大聖堂でした。

その後、先ほど描かれていた真田丸な跡地である明星中学・高校から真田山の辺りまで歩き、そのまま鶴橋まで散策。

鶴橋では、焼肉ランチでパワーアップ!
ジューシーなお肉でした。

パワーアップ後は、玉造の幸村ロードを抜けて真田の抜け穴がある三光神社に向かいました。

三光神社も大河ドラマ「真田丸」の影響で数名の人が訪れていました。

また境内では真田グッズを売り出す露店も出ています。



大阪城まで続いていると伝えられている真田の抜け穴。

真田の抜け穴を通って大阪城にでて来ました??と言いたいとこですが、抜け穴の入り口は固く閉ざされていました。

大阪城を訪れましたが、「ここは中国?」と思うくらい周りは中国人ばかり。日本語を話す人を探す方が難しかった。

大阪城天守閣から見た大阪の景色は見晴らしがよく、当時の秀吉や徳川将軍が城下を見て天下を感じていたんでしょう。



結局15kmを歩いて真田ゆかりの地巡りは終わりました。

今年の盆休み中は、真田の策にはまったノブ熊家は、真田や豊臣、徳川などをより深く理解しました。

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」。

みなさんご覧になられていますか。ノブ熊家は、「龍馬伝」に続いて、はまっています。

特に中1のショウは夏休みの宿題として、感想文もレポートも「真田」をテーマにすると張り切っています。

そこで、真田昌幸、信繁(幸村)、大助が徳川家をいつの日か屈服させようと雌伏(しふく:将来に活躍の日を期しながら、他の下に屈従すること。)の時を過ごした、和歌山県の九度山を訪ねてみました。

IMG_20160813_091521067.jpg
九度山は小学校の遠足でハイキングに行った時以来の訪問。

町をあげて真田をテーマにした、張り紙や旗で飾られていました。
IMG_20160813_091523705.jpg
IMG_20160813_091524280.jpg
IMG_20160813_091526971.jpgIMG_20160813_091524938.jpg
IMG_20160813_091526309.jpgIMG_20160813_091525686.jpg

まず訪れたのが、「真田庵」(善名称院)。元々お寺が立つ前にこの場所に真田昌幸、信繁の屋敷跡に建てられたお寺です。
IMG_20160813_091523061.jpg
中に入る前に一礼、中では合唱が合言葉と掲げられていました。

続いて、「九度山 真田ミュージアム」を訪れました。
IMG_20160813_091521749.jpg
IMG_20160813_091522503.jpg
中では、真田昌幸、幸村、大助の三代の物語がパネルや映像で紹介されていました。
 
特に、大坂夏の陣、冬の陣それぞれの陣形といつどのように陣が動いたかを映像で見れたのでより深い理解ができました。

テレビでも出てくる真田の屋敷が、忍者屋敷のような場所であったことを実際のからくりを再現して紹介していました。
 
IMG_20160813_091527843.jpg
 
また、伝説の真田十勇士も上のようなパネルにかわいいキャラクタで紹介されていて、小学生のマサも興味深く見ていました。
 
ミュージアムを出た後は、真田古墳(別名真田の抜け穴)に行ってきました。

IMG_20160813_091528668.jpgIMG_20160813_091529726.jpgIMG_20160813_091529228.jpg
 
伝説では、幸村はこの抜け穴を進んで大坂城までたどり着いたとも言われています。
 
帰りに、道の駅「柿の郷くどやま」に寄り、直売所の野菜やお惣菜を買って帰ってきました。
IMG_20160813_091528211.jpg
 
小さな町ですが、町を挙げて真田の赤に染まっていてなかなか有意義な時間を過ごせました。
 
明日から大河ドラマでは、秀吉没後の戦乱の世が始まり、この九度山の地がメインに描かれだしますね。
 
幸村が多くの時間を過ごしたこの九度山の地に一度訪れてみてはいかがですか。