値動き 荒く

テーマ:

先週末の大幅なユーロ安を引き金に
円とドル買いから一転

一気に円安に反発、しかも強烈

ここから先はしばらく円は荒れそう。

各取引会社とも取引量は細っているはず。


こういう時は大きな流れに注目して
今後の方針を決める

ドル円     92.39円

ユーロ円   117.30円

ポンド円   136.53円

ユーロドル  1.2700ドル

ポンドドル  1.4784ドル

日経      10411円

ダウ      10785ドル

ポンド売り継続、株なんかももう一段下げそう。

ポンド売りドル買&ポンド売り円買い


AD

円高 ドル高 強烈

テーマ:

昨晩から強烈な円高&ドル高

ポンドに関しては売り続けた甲斐があった。

しかしユーロは甘くみていた。

120円から118円の段階的な
防衛ラインをあっさり超えた。

これがあるから油断は禁物。

ユーロドルも1.28以下のライン防衛が
功を奏した。

さてここからどうするかが大切。

単純に考えると株から資金が撤退し
現金・債権にシフトしている。

月内一杯は冷え切った動きになるが
景気が回復し始めると激しい物価高。

なので今株や商品を仕込み始めるのが得策

通貨ではポンドは戻り売り

ユーロは辛抱して買、特にユーロドルで買い進む。

ドル円        91.76円

ユーロ円      115.78円

ポンド円      136.01円

ユーロドル     1.2621ドル

ポンドドル     1.4820ドル

日経         10294円

ダウ         10520ドル

台風で注意するのは吹き返し
週明けくらいまでは上を下への動きに注意





AD

ドル高 円高

テーマ:

GW中に大きく情勢が動いている

ギリシャの問題を皮切りにユーロ圏は
大変な騒ぎになっている。

しかしそれ以前に資金の動きが出ている。

ユーロに関しては含み損を抱えてきているが、
ユーロはポジション維持。

ドル円      93.73円

ユーロ円    120.40円

ポンド円    141.95円

ユーロドル   1.2840ドル

ポンドドル   1.5140ドル

日経      10714円

ダウ      10868ドル

ポンドはそんなに良い状況ではないのに
ユーロにつれ安もせずしっかり。

次に売られるのはポンドかドル。

どう考えてもポンドとしか思えない。

株や商品・為替・債権と
全体の動きを見ると大きなポジション調整に見える。

6月以降夏場にむけての景気回復と
それに伴う物価上昇に今仕込む時期と読む。



AD

円安 ドル次第 

テーマ:

大幅な円高&ドル高となった。

この辺りからは短期で見るか
中長期で見るかでポジションは変る。

取り合えず短中期で買えるのはユーロ。

売れるのはドルと円。

今晩から明日にかけて一旦戻りが入る

そしてもう一度安値をトライして来ると思う。

そこからが本当の勝負どころ。


ドル円93.25円

ユーロ円123.05円

ポンド円142.30円

ユーロドル1.3198ドル

ポンドドル1.5260ドル

日経10935円

ダウ10991ドル

ユーロは買っていく。

ユーロドル1.33以下、ユーロ円124以下はかなり強いはず。

もし1.31以下・122円以下になってきたら
守りに徹し眠れない休日となる。

ポンドはまだまだ買えないので、
値段戻した所を順張りでポンド売り。

円は長期を見越して少しづつ
コソコソっと売っていく。

注視すべきはドルの動き。




円高 警戒 

テーマ:

円高の条件がととのいつつある。

今日・明日あたり以降で円高を警戒。

少しばかりの円安の流れで
買わされない様に注意。

相場全体に様子見ムードを感じるし、
この後の流れで転換点になると思う。

ドル円93.89円

ユーロ円125.64円

ポンド円145.15円

ユーロドル1.3383ドル

ポンドドル1.5455ドル

日経11128円

ダウ11205ドル

目先は円高を警戒し、
ポンド売り。

中期的ポジションでユーロ買。

ポンドは売りで、ドルは流れに合わせる。


目先
ユーロ円124.50円あたりを買目標。

ポンド円は今から売って142円以下で決済。

ユーロドル1.33割れがあるかもしれないが
1.33以下は買う。

ポンドドルは1.53~1.52を予想。



高レバレッジで取引をするなら集中して
画面に張り付いてやる

安定運用を目指すならあせらず
流れに合わせてやる。

いずれにしてもやり方にあったルールを守る事。

http://www.fx-winner.jp/