村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

大阪・高槻市芥川公民館で種まき(14日)。

市内を流れる芥川に近くにあるのだが、

一方通行のような細い道を曲がり曲がった先に、

はたして公民館はあった。

住宅街の中に、まさに住民の集いの場所として。

 

「おはなしのつどい」というのがいい。

講演会のような堅苦しさがない。

「社会を明るくする運動」の一環の会だから、

嬉しいことばは、もってこいのテーマ。

夜7時からの始まりだが、会場は満席。

家事を早めに終えて駆け付けた女性が8割。

仕事帰りの男性が2割といった感じだ。

 

今回は、なぜか母の話をたくさんした。

母やボクが生まれた京都が近いせいだろうか・・・。

30年以上前に若くして亡くなった母の妹が入院して

いたのが高槻の病院だからだろうか・・・。

母との温度差がなかなか埋められず、

母との距離感を計りかねていたことを正直に話した。

頸椎のヘルニアで苦しむ母の口から出ることばは、

「イタイ、ツライ、シンドイ、サミシイ・・・」とマイナスことばばかり。

「イタイネェ、ツライネェ、シンドイネェ、サミシイネェ」と寄り添えばいいものを、「痛いのは生きてる証拠」と、ひどいことをいう息子。

言った本人も、言われた母も嫌な気持ちになる。

売り言葉に買い言葉はよくない。

母は、嬉しいことばの反面教師だったのかもしれない。

 

会場には、おかあさんがたくさんいた。

腹を痛めて生んだ我が子に、ついついマイナスことばを口にしてしまう

自分を責めてしまうおかあさんが多い。

そんなおかあさんに、がんばっている自分に嬉しいことばをかけて、

自分を褒めてと声をかけた。

『おかあさん、だいすきだよ』という絵本も読んだ。

「ぐずぐずしない!はやく!はやく!」と急き立てず、

「一人で出来てえらいね」と言ってくれたら、ぼくもっとおかあさんのこと好きだよ。

と、マイナスことばをプラスことばに変えることを教えてくれる絵本。

わが胸に手を当てながら涙しているおかあさんもいた。

 

口で言うのは簡単だ。

ボクも母も「親子という信頼関係」に安住して、

お互いなかなか嬉しいことばが使えなかった。

親しいからこそ、油断してしまう。

油断して、お互い傷つけてしまう。

だからこそ、

かなり意識して「嬉しいことば」を使う努力をしなければならない。

母へのザンゲの想いを込めた「おはなしのつどい」であった。

 

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。