村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

論語知らずの論語塾(7月11日)から。

512にある論語の章句は、教訓的なものばかりでない。

取るに足らないものもある。

というか、孔子の人間らしさを感じるものがある。

そんなエピソードの一つ。

孔子の家には、いろんな客人が来た。

孔子ほどの人物だから、分け隔てなく、来るもの拒まずで、

誰とも面会した・・・わけではない。

会いたくない人には居留守まで使った。

陽貨という身分は高いが暴れん坊な人が訪ねてきた。

会うと面倒になると思った孔子は、居留守を使った。

諦めた陽貨が土産を置いていったので、御礼を言わねばと、

陽貨の留守を見計らって出かけていく。

ところが、道すがら出くわしてしまい、決まりの悪い思いをする。

おまけに陽貨のご高説を延々聞かされる羽目になる。

孔子の心中を察すると、いささか可笑しくなる。

 
別の客人の話。
居留守を使った上に、その人が諦めて帰って、まだ家の近くにいることを見計らって、楽器を奏でたこともある。「私は家にいるけど、あなたには会いたくない」と伝えるために。
結構イヤミなおじさんの一面もあったようだ。
だから、論語は、自戒のためのものでもあったのかもしれない。
 
安岡塾長は、そういうことも包み隠さず、
大らかに笑いながら伝えてくれる。
だから、この塾は敷居が低い。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。