村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

なんと形容したらいいのだろうか・・・。

パワフル・・・ちがうなぁ。

鬼気迫る・・・ちょっとちがうなぁ。

暗闇を切り裂くような・・・ちょっと近づいたかなぁ。

社会の底辺から世界を見詰め、

腹の底から、ありったけの想いを絞り出すような歌声。

うん。これかな。彼女を形容するとしたら。

でも、形容なんてしなくていいこと。

還暦なのに可愛げを感じるトークとは裏腹に、

ひとたび歌い出すと、ことばのつぶてが胸に突き刺さる。

聴く人を一気にハコワールドへ連れ去っていく。

会場全体を、ことばがミラーボールのように、

あちらにもこちらにも浮遊している感じ。

いやはやKOされた感じ。

でも、心地よいKOだ。

 

フォークシンガー、山崎ハコさんが、まもなく還暦を迎える。

カ・ン・レ・キ・バースディライブに行ってきた(13日)。

1957年5月18日生まれ。

丁酉(ひのととり)が60年かかって巡ってきた。

18歳でデビュー、20歳くらいで辞めると言われたこともあったが、

42年歌ってきた。

イメージ戦略で「暗さ」を演じていた時代もあったが、

暗さを売りにしているうちに、それは「深さ」に代わったように思う。

 

大分から上京。

高校3年生で『飛・び・ま・す』でデビューした。

世間知らずの「ハコ」入り娘は、事務所の方針に従っていた。

だが、22年所属した事務所が、ある日突然倒産した。

ハコさんは、まさに路頭に迷う。

40歳にして、家も仕事もなくなり途方にくれた。

そんな時、捨てる神あれば拾う神あり~「縁」がハコさんを救った。

この日も、傍らでギターを奏でる安田裕美さんは、

人生のパートナーでもある。これも「縁」。

会場の観客も、ハコさんとともに歩んできた、

いわば同志のような「縁」で結ばれた人たちばかり。

 

いつもはジーパンのハコさん、

「カ・ン・レ・キ」仕様の真っ赤なドレスが似合っていた。

終演後、間隙縫って、ハイタッチしてきた。

 

カ・ン・レ・キ・バースディライブは、

きょうも開催。

渋谷にある大和田伝承ホールで、17:00から。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。