村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:







(1月31日『日曜はがんばらない』に出演)




ドクター中松は、変な人ではなかった。


誠実な人であった。愛の人だった。




「世界的な発明家」として知られる一方で、

国政選挙や都知事選のたびに「立候補」して、

「人目に立つことが好きな人」なのかと思っていた。

都知事選に7度、参院選に5度立候補している。


実は、中松さんが選挙に出るのは、


藤村義朗海軍中佐との約束を守っているからだ。

藤村中佐は、 終戦間際、スイスで日米和平工作をしていた。 

近所に住んでいたこともあり、家族ぐるみで付き合っていた。

その藤村さんから、

折に触れて日本を立て直してほしいと託されていた。 

選挙は、弔い合戦のつもりで出馬してきたそうだ。




中松さんは、


2014年6月26日、86歳の誕生日に、


「導管がん」という大変珍しい「がん」に罹っていることがわかり、

余命は2015年末までと告知されたことを公表した。


去年末の12月24日、記者会見を開き、

「がん撲滅ロボット」を含む10の「発明」を完成させたと発表した。
効果については、「1月30日に再度、報告したい」として、

「その際には、皆さんの前に私のお棺がある場合と、


私が生きて座っている場合の2通りがある」とジョークを交えて説明。

そして、約束通り昨日、再び記者会見を開いた。


中松さんは、

1928年(昭和3年)、東京都生まれ。

5歳で「航空機自動重心安定装置」を発明。

よく知られる「灯油ポンプ」は中学2年生ときに考えだした。


「学芸大学附属小学校」から「東京大学工学部」を卒業するまで、

無遅刻無欠席の優等生。


東大卒業後は「三井物産」に入社。

ヘリコプターによる農薬散布などを発明し、

ANAの設立や三井グループの再編成に携った後に独立。

1957年、現在の「ドクター・中松創研」の


前身の「ナカマスコープ株式会社」を設立し

紙から音が出る「ナカビゾン」や「コンピュータ・メモリディスク」など

コンピュータ関連特許と発明件数は3500以上で世界一だ。


2005年に、34年間欠かさずに食事の写真に撮影し、


(現在まで45年続いている)

食べ物が脳の働きや体調に与える影響を分析した研究で

「イグ・ノーベル賞」 栄養学賞を受賞した。


中松さんが罹った前立腺導管がんは、


前立腺がん全体の1%に満たない極めて珍しいタイプのがんだという。


医療関係者がいう「顔付きの悪いがん」だった。

希少がんであるため、治療が確立されていない。
先端治療を受けられる医療機関を訪問したが、

すべて「治療法なし」の返答だった。


そこで、自分で「がん」を克服するために、

何をすべきかを計画立案した。


『がん等病気撲滅の発明DNT(ドクター・中松・セラピー)10』として、

10の項目を掲げ、「心を鼓舞する歌」をつくることや、「筋トレ」などの運動、

「がん撲滅ロボット」の開発などが含まれている。


その効果があってか、「余命2年」を超えて健在だ。




『ドクター・中松の最終講義 打ち破る力』(世界文化社)には、


元気の出るメッセージが、たくさん書かれている。


●困難を乗り越えることを 楽しみとしよう。

 「凡人は安易な道を選ぶが、天才は困難な道を選び、


 その過程を楽しみながら発明を生みだす」という意味があるという


 「撰難楽(せんなんらく)」ということばが座右の銘。

 告知当時の心境を


 「月並みながんだったら面白くない。私に治療法発明のチャンスを

 与えてくれたことを天に感謝する思いだった」という。


●単なる思いつきではなく 筋の通った理論が ひらめきのベースになる。

「スジ・ピカ・イキ」が発明の条件。


筋を通し、ヒラメキを社会に生かすもの。


●今まで考えもしなかった異次元のひらめきが


 落雷したように脳天を貫き、その衝撃で全身が震える。

 ヒラメキを引き出す五層のステップを「ヒラメキの五重塔」という。

 「スピリット(精神)」「ボディ(体調)」「スタディ(理論)」


 「経験~高齢者は長経験者」


 「トリガー」~引き金ひいてヒラメキを爆発させる


●失敗を失敗で終わらせない絶対条件は


  決してあきらめない「ネバーギブアップの精神」

 これまで失敗したことがない。失敗を生かせば失敗にならない。


 成功するまで絶対諦めない。 人生も後悔ゼロ。

 失敗を恐れて何もしないのが、いちばん格好悪い。


●人に何といわれようと、地道にコツコツ積み重ねていると、

 やがてそれが「とてつもない天才的なパワー」となる。


●心からまじめに言動する人が 最も信用され、最も確実に成功する。

 自分自身の良心に対しても、心の底から真摯な言葉と行動を徹底。


●創造の根源にあるものは、愛と思いやり。 発明とは、愛の結晶。

  利他的な思いが原動力になって、世の中に役立つ「生きた仕事」が出来る。


●1日24時間を3倍有効に使えば、3倍有効に生きられる。

  睡眠時間4時間、1日1食。45年前から時間を3分の1に節約。

  だから260歳の人生を謳歌している。




どこまでもエネルギッシュ、パワフルな人だ。


その源が、母が100歳の時、古希の中松さんに言ったことばだ。

「あなたは、まだまだ伸びる、超並です。


 並を超えているのです。ガンガンやりなさい」

中松さんの創造の根幹にあるのは、母の慈愛だ。

いかに世の中の人を楽しませ、幸せにするか。

無限の伸びしろがあるのだから、諦めないこと。


どんな壁をも打ち破れる。そうすれば、新たな道が開拓出来る。


いいなぁ。こういう生き方、考え方。




中松さんが6月26日、


鎌田さんが6月28日、


ムカラミが6月30日。


3人で合同誕生会を開こうと盛り上がった。


中松さんも、


昨日の会見で「6月26日まで生きて発明を実証させたい」と語っていた。


超並ぶりを見せてほしい。






AD
いいね!(30)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。