☆俳優・モデルとして活動中☆


人気ブログランキングへ       

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-15 23:31:00

【劇団インフルエンザ旗揚げ公演!始動!!】~チケット予約開始~

テーマ:舞台出演情報
 【劇団インフルエンザ旗揚げ公演!】
    
    《感動は感染する!》


     ~Rock Circus Theater~
ゴーリキー原作、黒澤映画「どん底」を下敷きに今、青春サーカス劇が甦る!

【演目】『華氏102°F~ドン底幕末伝~』

幕末、争乱の世。
世をすねた男、武士を夢見る百姓の倅、歌舞伎役者を目指す女形、そして娼婦や病人たちが屯するドン底旅籠。そこへある日、ふらりとその男はやって来た。

「あの男に出会ってさえいなければ…俺たちは…」

時代に翻弄されながらも、一人の男は言舌に乗って死に向かって疾走して行く。幕末青春群像。

  《君もまた輝くゴミとなれ!》


【公演日程】
6/6(金)開演19:00~
6/7(土)開演13:00~、開演19:00~
6/8(日)開演12:00~、開演16:00~

※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。

【会場】
横浜にぎわい座、B2階[のげシャーレ]
(横浜市中区野毛町3-10-1、TEL:045-231-2525)
※JR根岸線桜木町駅~徒歩3分
※市営地下鉄桜木町駅~徒歩2分

http://nigiwaiza.yafjp.org/access/



【チケット料金(全席自由)】
前売:3500円
当日:3800円

~予約フォーム~
チケット予約←クリック

【特別出演&ゲスト出演】
堀越彰(ドラム&パーカッション)
氏神一番(歌舞伎ロックス)
穂積ユタカ(FM横浜 DJ)

【演出】
大輪茂男


【岡田直輝より皆様へ】
前回の土方歳三伝から約6か月。年末からずっとこの舞台を目標に生きてきました。今までなら次も目標に見えるのですが、今回は全く見えません。自分の中で、今回の舞台によって進む道が変わるんだろうという直感があります。東京に来て4年、今まで素晴らしい経験を皆様と共にしてきました。では何故、今までと違うのか、そう言われるとなぜかわかりません。ただ、4年間。いえ、今まで生きてきて学んだことをすべてぶつけようと思える機会に出会ったというのが一番近いのかと思います。それは技術もそうですが、「何故芝居をしてるのか」この答えにつきます。僕は芝居はうまくありません。そんなことは百も承知です。確かに、芝居をしていく上で上手くなることは必要不可欠ですので、そんなことは問題になりません。前回の舞台を通して、「技術がいる!」 そう思い、それを軸として学んでいます。ですが、今回はある劇団の旗揚げ公演です。その名も【劇団インフルエンザ】。聞くところによると、この劇団ができるきっかけとしては、僕らがやった土方歳三伝を観て感動し、この感動を広げたい。その想いからうまれたと聞いています。【感動】とは感じて動くこと。感じるだけなら感動ではありません。行動に移すところまでいって感動なのです。感動を共有することは難しいことだと思います。しかし、演劇にはその力があると思っています。感動が感動を生み、その感動をまた愛している人たち、仲間と共有していく、そしてより多くの観戦者を呼び、その波が日本全土に広がり、後には世界を包むところまで。そういうビジョンがみえます。

『大袈裟なこといってら!』って思ってる人もいるでしょう。ですが、僕は今回の舞台には『現実となる』と『大袈裟なこと』と両方の未来が見えます。予感よりもっと確かなものです。だから僕は現実にしていきたい!今まで夢みた大きな世界へ進みたい。目の前に道が見えるから。では、何故2パターンなのか。

それは、僕らはインフルエンザのウイルスだからです。観戦者がいなければ、世に知られることはありません。エンターテイメントを提供する側も、エンターテイメントで楽しむ側も一方通行では何も後世に残せない。後世に残したいと言い伝える人たちがいる、幕末の志士のように。たった一回の人生なら、人に幸せ残したいじゃありませんか。教員、警察官、政治家、人に幸せを提供できる仕事は人の数だけあると思います。が、取り柄のない僕にはこれしかなかった。演劇しかなかった。それだけです。…正直、僕は芸能界が嫌いです。理由はうまく言えませんが。ですが、これから僕が進んでいく道はきっと芸能界とも違う、新たな道を生み出せると本当思っています。

そこで、今までは舞台来れたら来てくださいだったのですが【できるだけ沢山の人を連れてきてください】と皆さんに呼び掛けたいと思っています。自分勝手なことはわかっていますが、それでもそんな夢追い人に協力しようと思って下さる方、共に感動し、人の心に残るような道を歩みましょう。


長くなりましたが、僕が今言えるのはこれだけです。

『世界で最初のインフルエンザの観戦者になってください。』


ご連絡心よりお待ちしています。そして、宣伝するよと言って下さる方、よろしくお願いいたします。

【2014  4/15 岡田直輝】

※4/15 12:00よりチケット予約開始しました。今回は出演者が多いため、早々と売り切れると思いますのでお早めにご予約お願いいたします。










PR
2014-03-24 17:03:00

夢の叶えかた

テーマ:1000の言葉~童話・詩
【三年】


昨日で東京に来て三年が経過した。自分で描いていたことはやはり何一つ実現させることはできていないが、やりたいことはやれている。その素晴らしい環境にまず感謝。そして、自分よりも僕の夢が叶うと信じ、僕よりも奔走してくださっている人たちに感謝。



3.11から約10日、地震も続き、食べ物もない。もしや、演劇は、エンターテイメントはなくなるのか。夢はなくなるのか。そう思ったが、夢、感動の力はさらに強くなりこの国に力を与えた。



しかし、3年という月日は平坦に過ごすには長く、何かを成すにははるかに短い。自分の役者人生もまだまだ未熟で始まったばかりの領域なのだろう。けど、一流かどうかわからないがお前はプロだ。そういう言葉を今は胸に抱くにいたった。



そして、今回のリーディング、6月の舞台、一流の人達と共に学ぶなかで、一流といわれる道を歩もうと決心した。そう決心する期間、自分の3年間はこの二文字。



いや、決めたのではなくもう歩みだしたといえる。
 

今は横にいきる人が増えている。それはいいことだと思う。しかし、皆が横では『―(マイナス)』になってしまう。そして、縦にいきる人だけなら『 | (壁)』になってしまう。だからこそ、自分は芝居を通して縦に生きる。また、今の日本を動かし、作り、支えてくださっている皆さんには長く持続する横であってほしい。



そして、芝居や映画、ライブ、等々、いろんな縦を観に来てくれるお客様であってほしいと思う。また逆もある。そして縦と横が合わさり『+(プラス)』になればと。



だからこそ、一流の表現者になろう。



そして、親孝行はできていないけど、生んでもらったこの命、思う存分使わせてもらってるから!と言ったときそれが一番嬉しいと言ってくれた両親に感謝。人生は一回だけ、どんな生き方をしてもいつか死ぬなら、思いきり命を使わないともったいない。二度と使えなくなるのだから。



さて、春が来た。





【そっちはどうだい?】

2014-03-02 12:21:00

【ハローグッバイ~運は運ぶから運という~】

テーマ:1000の言葉~童話・詩
【ハローグッバイ】






昨日、知り合いがやっているお店にお邪魔した。自由が丘にある『magico』というお店。人が多い自由が丘で駅付近とはいえ6Fにあるので落ち着いた雰囲気があって好きです。初めて飲んだ『レモンジンジャーティー』なんて洒落た飲み物、からだの中から温まり眠たくなった。台本読んでたのに。







そして、心優しいスタッフさんの多いお店で4月のリーディングライブの宣伝をしてくれると。いいお店。(笑)







さて、もう一軒六本木のイタリアンレストラン【TEIENN TOKYO】ここは明治時代からある大きな一軒家を改装して和と洋をミックスしたお店。テラスで100人ぐらい入れて、六本木とは思えないくらい落ち着いてるので、このテラスで芝居したいとちょっと思っています。






で、ここのチラシ置き場のど真ん中に芥川龍之介。こうやって広げてくれる人たちがいることに感謝してます。






他にもお店おいで!っていってくださる方、チラシもって一番安いもの注文しにいきます。(笑)




では、3月、まだ東京来て2年11ヶ月の若僧が春の訪れと夢を届けに駆け回ります。



※イメージで描いてみた。

【運は来る来ないではない、運ぶもの。人に運を届けて初めてそれが自分の運となる。運ぼう、足があるのだから】

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>