こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2017/7/16 朝鮮日報

巨額投じた韓国製機動ヘリ、問題だらけで戦力化中断へ

 

 

 

 

 


 韓国軍が「名品国産兵器」と宣伝してきた韓国製機動ヘリコプター「スリオン」の開発・戦力化の過程が非常にずさんだったことが監査院の監査で明らかになった。スリオンの開発・量産にはこれまでに2兆2700億ウォン(約2700億円)が投じられている。監査院は17日、スリオン事業を総括している防衛事業庁に対し、欠陥を修正するまで戦力化(納品)を中断するよう通告する予定で、これに伴い今後の量産と輸出にも大きな支障が出る見通しだ。

 監査院は「スリオンのエンジン・機体・搭載装備などに多くの問題があり、機体内部に水漏れすることが確認された。すでに戦力化された約60機も基本的な飛行の安全性すら確保できないまま運営されている」と指摘した。特に監査院は「飛行の安全性に直結する結氷(防止)性能が検証されないまま開発が終了し、これは2015年に3回発生した墜落・不時着事故の直接・間接的な原因となった」と説明した。結氷の問題はヘリコプターの安全性に直結するにもかかわらず、防衛事業庁は12年6月「結氷テストは今後海外で実施する」とした上で「戦闘用として適合」との判定を下した。結氷テストは戦力化から3年が経過した昨年1月に米国で実施されたが、不合格となった。問題を改善するためには部品の設計変更など最低でも2年を要するとの結論が出たが、防衛事業庁はこれを無視し、昨年12月に戦力化を再開した。

 監査院は結氷問題を解決しないまま戦力化再開の決定を下した防衛事業庁の張明鎮(チャン・ミョンジン)庁長ら関係者3人について、大検察庁(最高検に相当)に捜査を要請した

 
李竜洙(イ・ヨンス)記者 

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/16/2017071601722.html

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。

 

 

 とうとう韓国も初の国産ヘリ(棒)が使い物にならないことを認めましたか。

 

 2013年3月30日の東亜日報は”防衛事業庁は29日、06年から1兆3000億ウォンを投入して韓国産の機動ヘリコプター(KUH)「スリオン」の開発を完了したと発表した・・・これで韓国は世界で11番目のヘリ開発国になった。 超音速高等訓練機のT-50、基本訓練機KT-1の開発に続き、ヘリの中核開発能力まで確保したことで、航空先進国水準の技術力を保有することになった”・・・という目の眩むようなホルホル記事を書いておりました

 

 そんなのが嘘であることは越後の片田舎に住む隠居老人でも知っていましたけどね。

 

 そもそもスリオンなんぞは韓国製ではありませんしねえ。

 

 開発はアメリカとヨーロッパの会社がやったものなんですな。しかし組み立てたのは韓国ですから、記事にもあるように欠陥がボロボロと・・・・・・

 

 そして欠陥が判明しても、韓国は自分で開発したものじゃないから自分では直せないんですよね。

 

 ”飛行の安全性に直結する結氷(防止)性能が検証されないまま開発が終了し”・・・昨年9月23日の朝鮮日報も書いていましたが”韓国軍が「韓国製の名品兵器」と宣伝してきた韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)=写真=が、今年初めに米国で実施された結氷テストを通過できず、第一線部隊への納品が全面ストップしていることが22日までに確認された”・・・ということでしたな

 

 要するに何度も書いてきた、お笑い韓国軍ですな。韓国には兵器を開発できる技術なんぞはありませんから、開発は外国に丸投げし、軍の偉いさんの仕事は賄賂を取ることだけなんです。

 

 その結果としての製品なんぞは、輸出どころか国内でも買い手が見つからないのです

 

 これが韓国の現住所というものですが、韓国の翻訳掲示板などを見ると、韓国坊やには現実が認識できている様子もなく・・・・・・愚民とはしょうがないもので。

 

 

 

 

 

 

 

 戦闘ヘリコプター「チコ」・・・・・ではなかったか。

AD
いいね!した人  |  コメント(38)  |  リブログ(1)

ご隠居さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。