こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2017/6/18 朝鮮日報

ペットの死骸はごみなのか、韓国で論争

 

 

 

 

 

 「ハオヒャン里の犬の火葬場の建設に決死の覚悟で反対する!

 

(中略)

 

 「動物の葬儀施設」をめぐる問題がいろいろな地域で発生している。動物をまるで家族のように考える人々が1000万人を超え、動物の死骸処理施設の需要は急増しているものの、住民たちが「有害施設」と考え、これに反対しているのだ。事業の認可権を持っている自治体も、住民の世論に押されて許可を下しておらず、業者との訴訟も起こされている。

 

 

(中略)


 このようなことが影響し、行政機関の正式な許可を受けていない無許可の動物葬儀施設も相次いで建設されている。業界によると、現在全国に正式な許可を受けた動物の葬儀施設は19カ所存在しているが、無許可の施設も17カ所に上っている。無許可の企業は取り締まりに引っ掛かっても罰金を支払いながら運営を続けている。ある動物葬祭業者の関係者は「無許可の業者の場合、汚染物質の排出基準をしっかりと守っているかどうか分からず、環境汚染も懸念される」という。

 動物の葬儀施設の不足により、死骸を不法に処理するケースも増えている。農林畜産食品部によると、毎年出る犬や猫などのペットの死骸は15万匹と推算されている。このうち、葬儀施設で処理されるのはわずか2万匹にすぎない

 今年3月、12年間育てた愛犬「マルチーズ」が死んだチョンさん(29)は「家の辺りに愛犬の火葬場がなかったため、違法であることを知りながらも近くの山に埋めた」と話す。現行法上、動物の死骸を個人が焼却したり地面に埋めたりすることは違法だ。葬儀施設を利用しない場合、主人は動物の死骸をごみ袋に入れて捨てなければならない。民法上ペットは「品物」と位置付けられているためだ。動物病院に委託する方法もあるが、この場合も各種の廃棄物と共に焼却される。チョンさんは「長く育てた子犬をごみのように捨てられるわけがない」と首をうなだれる。

 済州道に住むイさん(52)は、育てた子犬が死んだが、死骸を処理する施設がなく、腐敗を防ごうと冷凍庫にしばらく入れておいた。イさんは「3日間動物の葬儀施設を探したものの、結局見つけることができず、野山に埋めた」と話す。現在済州には動物の葬儀施設が一つもない。韓国社会問題研究院のヒョン・テクス院長は「まだ動物の葬儀施設を『共益施設』として認めるほど社会的コンセンサスが十分に形成されておらず、葛藤を呼んでいる」とした上で「しばらくはペットに関する社会的葛藤がさらに増えることが予想されるため、対策を講じる必要性がある」と説明した。

 
キム・ミンジョン記者 , オ・ロラ記者 

 

 

1 

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/16/2017061601660.html

 

2 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/16/2017061601660_2.html

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。

 

 

 分かってはいましたが韓国の行政はお粗末なもので。

 

 私も過去数年間でロン、チコ、ミケを相次いで失いましたが、ウチのような田舎でも”3日間動物の葬儀施設を探したものの、結局見つけることができず、野山に埋めた”・・・なんて心配はする必要がありませんでした。

 

 ゴミの焼却施設に付設して立派な動物の火葬場があるのです。

 

 

 

 

 

 

 思い出すと今でも涙が・・・・・・・火葬場の職員はきちんと頭を垂れて一緒にミケを見送ってくれました。

 そして火葬が終わると骨箱の用意もしてありまして

 

 

 

 

 

 

 仏壇の前に供えて線香・ろうそくをあげて。

 

 しかし日本でも地域によっては焼却はするものの、お骨は引き取れないところもあるようで。

 

 ”長く育てた子犬をごみのように捨てられるわけがない”・・・チョンさんに同情しますよ。家族同然のペットをごみ扱いとは。

 

 葬儀施設建設の署名活動があったら協力させて貰いますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 死んでる暇はないぞ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(43)  |  リブログ(0)

ご隠居さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。