こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2017/4/20 中央日報

トランプ氏「韓国が中国の一部だったと聞いた」韓国外交部「一考の価値もない」

 

 

 

 

 

 韓国外交部は、ドナルド・トランプ米大統領が中国の習近平国家主席から韓国が中国の一部だったと聞いたと述べたことに対し、韓国外交部が「一考の価値もない」と低評価した

  19日、外交部当局者は「報道の内容が事実かどうかとは関係なく、数千年間の韓中関係の歴史で韓国が中国の一部ではなかったということは、国際社会が認める明白な歴史的事実」とし、「誰も(これを)否認できないだろう」と話した。

  これに先立ち、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、トランプ大統領がインタビューで習近平主席が米中首脳会談で中国と韓半島(朝鮮半島)の歴史について話し、韓国が中国の一部だったと説明したと報じた。

  外交部は、このような発言がインタビューから出ただけに、習近平主席がトランプ大統領に関連した発言をしたのか、トランプ大統領がインタビューでどのように話したのかなどに対する事実関係をさらに確認する方針と伝えられている。

 

http://japanese.joins.com/article/259/228259.html?servcode=A00&sectcode=A20&cloc=jp|main|top_news

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。

 

 

 別にどうでもいいんですが、今朝のエントリのネタに使った昨日付の聯合ニュースの記事に、今日の中央日報も朝鮮日報も火病を起こしていますなあ。

 

 火病患者の寝言ですんでどっちをネタにしたっていいんですが、朝鮮日報の方は記事が1週間で消えますので中央日報の方を。

 いえ、こちらの方が火病度が高いとか反証がしっかりしているとか、そういうことは全く関係ありませんから。

 

 そもそも何の反証にもなっていないし。

 

 古代からシナの華夷秩序に参加したことさえない日本としてはどうでもいい話でも、華夷秩序の優等生で、西洋的法体系から見れば属国そのものだった韓国としてはそうはいかないんでしょう。

 

 ただ新聞記者も学校でマトモな歴史を学んだ経験がないものですから”数千年間の韓中関係の歴史で韓国が中国の一部ではなかったということは、国際社会が認める明白な歴史的事実”・・・とかやってしまうんですね。

 

 欧米なんぞは特殊な学者でない限り古代東アジア史なんて知りませんし、中国でも南北朝鮮でも事実に基づく歴史教育なんぞはやっていません。

 

 一番公正・正確に東アジアの古代史についての知識を持っているのは日本人なんですね。

 

 まあ韓国人というのは古代史学者と自称する人物が”古朝鮮滅亡(西暦前108年)後に漢が設置した郡県は、どこにあったのか”・・・という争点について

 

 

 

 

 

 ”北東アジアにおいて、歴史は安全保障の始まりであり、漢四郡が韓半島にあったとすると、中国の東北工程に反論し難い”・・・という政治的理由で、そうだ、中国領内にあったことにしよう・・・・・とやってしまう方々なんです

 

 そうすると漢四郡以前の衛氏朝鮮とかはどうなるのか?楽浪郡とか帯方郡とかはどうなるのか?

 

 日本に関係のあることで言えば、正直な高句麗人が石碑に残した新羅も百済も日本の属国・・・・・という碑文はどうなる・・・・・改竄ニダ!

 

 まあ建国以来60数年そうやって来たんだからしょうがないですね。

 

 しかし正直な朝鮮日報の論説委員は”1895年の清日戦争(日清戦争)で韓国が独立国になるまで、韓国を訪れた中国の使臣たちは、主人であり、恐れの対象だった”・・・と書いていたぞ

 

 つまり論説委員は、日本が朝鮮を独立させるまで朝鮮はシナの属国、もしくは一部であると認めていたんですけどね。

 

 今の朝鮮日報はそうは認めていないようですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今は天国で自立して・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(1)

ご隠居さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。